Wednesday, April 29, 2015

アイリス・チャン:レイプ・オブ・南京の著者 ― 中国のエージェント update

以前、チャンは中華人民共和国のエージェントだと書いた。
グローバルアライアンス(世界抗日戦争史実維護連合会:Global Alliance for Preserving the History of WW II in Asia)― 中国の情報戦争の部隊 ― は、チャンをサポートし、彼女の名前を日本に対する憎しみの感情をあおるために利用し続けた。自らの口に銃口を入れて発砲するまでチャンは情報戦争のエージェントだった。このことは自由の女神がそこにあることと同様に明々白々な事実だ。数時間WEBで調べただけで、チャンとグローバルアライアンスの強い結びつきを示す証拠はいくらでも見いだすことができる。
チャンは、グローバルアライアンスに雇われていたことを隠していない。
彼女の言葉だ:
「それは非常につらい経験だった。1994年に開催された中国-日本戦争の史実を維護する連合会のカンファレンスに参加した。カンファレンスホールでは、斬首された死体やレイプされたあとで手足を切断された女性の写真がいたるところに張り出されていた。私は衝撃を受けてしまった。(国立公文書館と)エール大学のディバイニティ・スクール図書館での調査で、はじめに私が日本軍の残忍な振る舞いについての一文を読んだとき、そのページから目をそらさなければならなかった。… しかしながらすぐにそのような気持ちにはならなくなった、なんて人は簡単に残虐さになれてしまうのかということに本当にぞっとした。繊細すぎると言うかもしれない。しかし残虐さを目の当たりにして、それに対処し、なんとか精神的に持ちこたえるためにはそうするしか無かったのだ。… それらの残虐性を受け入れて何とも感じないようになるのはとても簡単だった。この経験は、我々がいかに簡単に残虐さに鈍感になれるかというこについてと、悪の本質についての洞察を与えてくれた。」


昨日、アイリス・チャンの秘密をあばくことについて書いていると、エリオット(Doug Elliot)からメールをもらった。
「あなたは今は亡きアイリス・チャンと、彼女の受賞作品「レイプ・オブ・南京」を:「著者は中国系アメリカ人で、精神的に病気だ。彼女は拳銃自殺した」と言った。素晴らしいアメリカ人の著者が中国系であることがなんの関係があるというのだ。それとも人種差別的な偏見に基づいて彼女の歴史認識について疑うように我々を誘導しようとしているのか?
ついでだが、その本は1997年に出版された。私は1998年の3月にアイリス・チャンに会い、彼女が良識があり聡明で美しく、チャーミングであることに感銘を受けた。彼女の講演のあとで日本人学生が立ち上がり、こみ上げてくる感情に声をつまらせながら言った「私達の祖先が恥ずかしい」。チャンは同情の念を持って彼女に、祖先を恥ずかしく思って欲しいわけでは無く、真実を受け入れ、二度とこのようなことがおこらないようにしてほしいのだと言った。彼女は当時まったく正気だったし、それから何年か後に彼女に会ったときも正気だった。彼女の精神的な病はバターン死の行進の生き残りにインタビューをしたときに発症したものだ。2004年の11月に悲劇的な自殺を遂げる。彼女は私が会った中でも素晴らしい人だった。なのにあなたは非常に尊敬されている彼女の仕事を攻撃するために彼女を非難攻撃している、とても悲しい。」

私からエリオットへの返事:
はっきりさせておこう。一度会っただけで彼女が正気であることをテストしたと言っているのか?あなたが何年にもわたって彼女を良く知る人と親友なのかどうか、この点について言うだけの資格があるのかどうか、私は知らない。

彼女の日本人に対する人種差別は別に隠されたものでは無い。彼女は美しかったと言ったが、それは人種差別というよりも性差別を暗示させるものだ。美しいと言うことが信頼性とどう関係があるんだ。彼女は美しいだろう、それは疑いない、だからこそ中国人達は日本に対するあからさまな嫌悪の感情を巻き起こすために彼女を使ったんだ。

あなたは、「日本人学生が立ち上がり、こみ上げてくる感情に声をつまらせながら言った「私達の祖先が恥ずかしい」」と書いた。その「日本人学生」が仕込まれた学生だということを考えなかったのか?中国人はこの点について非常にうまい。

アイリス・チャンはグローバルアライアンスの操り人形だ。日本をねらった中国の情報戦兵器だ。
チャンは中国のエージェントで広報役で、そのことを隠してもいなかった。


===記事より===
チャンの問題点は日本での調査をしなかったことだ。現代の日本が戦争をどのようにとらえているのかについての彼女の描写に対する批判に耐えることはできない。他の問題は彼女が活動家なのか歴史かなのか疑問視されたことだ。会場に彼女が現れると、きまって中国人と中国系米国人のグループの代表者がリーフレットを配る。グループの中には彼女の本のネタとなった写真を見ることとなったクパチーノでのカンファレンスのスポンサーでもあるグローバルアライアンス(世界抗日戦争史実維護連合会)のメンバーもいた。

「多くの人が私を著者としてだけではなく、生まれつつある大きなムーブメントのリーダーとして見ている」。チャンは言った。イリノイ大学でジャーナリズムを専攻し、1989年に卒業してからシカゴトリビューン紙やアソシエイトプレス紙のレポーターとして短期間働き、1990年にジョンズホプキンス大学の修士課程に入学した。彼女は自分自身を依然として「著者」であると考えていたが、大きな社会的なムーブメントの、正されていない誤った歴史への怒りについての気持ちを共有していたことを認めている。
========

バターンの生き残りにインタビューをしたせいで、彼女が急に正気をうしなったと言うならば、-- ただのインタビューで自殺したと言うならば ― この中国人エージェントは私が目にするような文章を1行も書かなかったろう。

あなたの言葉が意味していることはこうだ ― 今ここで言ってやるが ― 彼女はバターンの生き残りが受けた厳しい試練の話を聞くことに耐えきれないほど弱かったと言っているのだ。

拳銃くわえて自殺しなければ酷い話を聞くことができないほど弱い人間の言葉を誰が信じるというのだ?それが普通だとしたら我々は皆死んでる。我々は酷い話をいっぱい聞く、酷い話と共に生きていく人もいっぱいいる、にもかかわらず我々は嫌悪せずに生きていけるし愛することもできる。

くわえて多くのアメリカ人が自殺することによって話に疑いが増すというよりも信憑性が増すと考えることは正気の沙汰では無い。

彼女は著者として不適格で正気では無く銃で自殺した。彼女は美しかったとしても、そして非常に知的であったとしても、日本人に対して偏見を持っていて、歴史(history)では無く嫌悪(hatred)を生み出す工場であった。

嫌悪の情は人を精神を異常にする。嫌悪は、するほうとされるほうの両方に痛みをもたらす。嫌悪の情は痛みだけをもたらすのだ。アイリス・チャンは痛みで病んでいた。彼女が拳銃をくわえる前に書いたノートを見てみろ。酷い言葉ばかりがならんでいる。

チャンの嫌悪の情は彼女が書いた著作に残った。
今、彼女の魂はおだやかだろう。
誇りを取り戻した日本は米国のパートナーとして我々と肩を並べるのだ。

http://www.metroactive.com/papers/metro/12.12.96/cover/china1-9650.html

翻訳:ソメイヨシノ
Donation:


Iris Chang: Author of Rape of Nanking -- Agent for China 
I have written before that Chang was an agent for the People's Republic of China. Global Alliance -- an arm in the Chinese war machine -- supported Chang and continue to use her name to evoke hatred against Japanese. Chang was an agent in the information war until she shot herself in the mouth. None of this is hidden any more than the Statue of Liberty is hidden. Even a few hours of web searching will return great evidence of Chang's tight relationship with Global Alliance. 
Chang does not hide that she was recruited by Global Alliance. 
Her words:
"It was very difficult. The Global Alliance for Preserving the Truth of the Sino-Japanese war had put together a conference in December of 1994, which I attended. I remember being in that conference hall looking at all these photos of decapitated bodies and women who had been horribly mutilated after rape. I was walking around in a state of shock. [During research at the National Archives and] at the Yale Divinity School Library, in the beginning, when I would read a passage about a Japanese atrocity, I had to look away from the page. ... It's really frightening how fast you get used to the atrocities, because after a while I stopped having that reaction. Part of you wants to stay sensitive, but the only way to deal with the atrocities and to protect yourself psychologically is to numb your mind to it ... It's very, very easy to just accept these atrocities and almost see them as banal. It really gave me insight into the true nature of evil and how easily we all can become desensitized."

And so yesterday I revealed more about Iris Chang, which evoked this response from Doug Elliott 
"You say of the late Iris Chang and her award-winning book The Rape of Nanking: "The author of the book was Chinese-American, and mentally ill. She committed suicide by shooting herself." Of what relevance is the ancestry of this great American writer, unless you wish us to draw the racist assumption that it somehow makes her historical account suspect? As for the rest of it, the book was published in 1997. I met Iris Chang in March 1998, and found her to be not only sane, but brilliant, beautiful and charming. After her talk, a Japanese student stood up, and choking with emotion said, "I am ashamed of my ancestors." Ms. Chang responded with compassion, telling him that she didn't want anyone to be ashamed of their ancestors, but to acknowledge the truth and try to prevent it from happening again. She was entirely sane then, and seemed so when I met her again several years later. Her mental illness struck suddenly when she was interviewing survivors of the Bataan death march, and she tragically ended her life in November 2004. She was as fine a human being as I have ever met, and it saddens me that you would impugn her memory to attack her highly respected work."
My response to Mr. Elliot: 
To be clear, are you saying you tested her sanity after a single meeting? I am unclear whether you are close friends who knew her for years, and are qualified to make this point. 
Her racism against Japanese was not hidden, and that you throw out that she was beautiful does not hint at racism but sexism. What does beauty have to do with credibility? She was beautiful, there is no doubt about that, which made her easy for the Chinese to promote unveiled hatred against Japanese.
You wrote, "a Japanese student stood up, and choking with emotion said, "I am ashamed of my ancestors." Did you entertain the idea that 'the student' might be a plant? Chinese are masters at this.
Iris Chang was a puppet of Global Alliance, the Chinese information machine that targets Japan: 
Chang was an agent and mouth for China and did not hide it:
===quote from article===
"One problem for Chang is that she didn't conduct research in Japan, making her vulnerable to criticisms of her portrayal of how modern Japan is facing up to the war. Another problem is the question of whether she is primarily an activist or a historian. At her appearances, there are often leaflet-distributing representatives of Chinese and Chinese American groups, including the Global Alliance for Preserving the History of World War II in Asia, which sponsored the Cupertino conference where Chang saw the photos that inspired her book.
"A lot of people see me not just as an author but as a leader of an emerging movement," said Chang, who majored in journalism at the University of Illinois and worked briefly as a reporter for the Chicago Tribune and Associated Press after graduating in 1989 and before entering a master's program at Johns Hopkins University in 1990. But she says she still considers herself primarily as an "author," while acknowledging that she shares the movement's "sense of outrage that there's been a wrong that has not been righted."
===end quote from article===
If you are saying that this woman suddenly lost her mind based on interviewing survivors of Bataan -- and then actually killed herself due to mere interviews -- this Chinese agent has not written a single word that I care to read. 
You imply -- or I infer from your words -- that she was so weak that she could not even hear stories from people who actually survived the ordeal. 
Why would anyone put weight on the words of someone so weak that she cannot even hear bad stories without shooting herself in the mouth? By that standard, we all would be dead. We all have heard terrible stories, and many of us have lived many terrible stories, and we are still alive and able to love, not hate.
Further, it has become insane in and of itself that many Americans increasingly look at suicide as something that underlines credibility rather than reducing it. 
She was a bad writer, insane, and she shot herself. She was beautiful however, and very intelligent, and racist against Japanese, and she was a factory of hatred, not history. 
Hatred drives some people to insanity. Hatred brings pain to the hater and to the hated. Hatred brings only pain. Iris Chang was in pain. Read her notes before she put the gun in her mouth that said so many hateful words.
Chang's hatred lives on in the ink she put down.
May her soul rest in peace. 
And may Japan regain its pride and stand shoulder to shoulder as an equal partner with the United States.

40 comments:

Moguro Fukuzo said...

I have written and continue to write about the lies of the Rape of Nanking by Iris Chang. More contents will follow from time to time.

Lies of the Rape of Nanking by Iris Chang
ttp://www.howitzer.jp/nanking/page01.html

Moguro Fukuzo said...

I believe “Rising Sun and Soaring Eagle” is the best alliance ever appeared in the history of mankind that functions as the foundation of peace and prosperity of the world.

There is no room for the Communist one-party dictatorship to interfere with the alliance.

Anonymous said...

Thank you for your post.

> http://www.sfgate.com/.../Wars-of-Memory-When-Iris-Chang

In the article, the above does not seem to link. The below is OK.

http://www.sfgate.com/news/article/Wars-of-Memory-When-Iris-Chang-wrote-The-Rape-3000210.php

Tale Fairy said...

All of the pictures used in the book "Rape of Nanking" were proved to be falsefood.

Anonymous said...

1944年に、アメリカ在住の元慰安婦が電気ショックなどの虐待を受けたとアメリカで証言というニュースがありました。

1944年は、日本中で大空襲があったとき。東京大空襲も1944年です。

こんな頃に、日本軍が拉致する余裕はないと思う。

電気ショックは、どうだろう。空襲を避けるために、電気を消した時代。電気も攻撃の為、途絶えた時代だと思うが。。

-----------------------------------
「性関係を拒否すると電気ショックなどの虐待受けた」 元慰安婦が米国で証言

 米国を訪問中の元従軍慰安婦イ・ヨンス氏(87)が日本の謝罪を要求した。AFP通信が23日(現地時間)、報道した。

 イ・ヨンス氏はこの日、米国の国会議事堂で記者たちに会い「関連問題が解決される時まで死なない」と述べた。イ氏は20万人以上と推定される慰安婦の生存者53人のうちの一人だ。

 これは日本の安倍晋三首相の米国訪問日程で、上・下院合同演説に出席する予定の中で進行された。イ氏はまた、「わたしは韓国の誇る娘であり、慰安婦ではない」と明かした。彼女は2007年、米国下院聴聞会に日本が犯した蛮行を証言した。

 イ・ヨンス氏は16歳だった1944年、日本軍に引きずられて船などに乗った後、台湾内の日本軍部隊に行ったと伝え、「2年間、強姦に遭い、性関係を拒否するという理由で電気ショックなどの虐待にあった」と述べた。

 イ氏は「わたしはほとんど死んだものと同じだった」とし、「歴史の証人として、安倍(首相)の前に立つことが目標」だと強調した。そして、「目を大きく開いて、わたしを見てほしい」と訴えた。

 韓国では、日本の総理としては初めて来る29日に米国両院合同演説を控えた安倍首相に対し、謝罪追求する声が拡大している。

Anonymous said...

つづきです

ネット検索したら、イ・ヨンス氏は、2002年を境に、日本軍に強制連行されたという証言にコロッと変えたそうです。

ネット情報なのでわかりません何でもアリな世界です。

Anonymous said...

当ブログ「ビルマにて」コメントの Yong-Soo Lee (李 容洙)婆さんですね。1944年から3年間強制されたとか言っちゃった人。今回の会見では寝てる間に日本兵に拉致されたで来ました。拉致だけで何パターンあるんだか。

Moguro Fkukuzo said...

イ・ヨンス(Lee Yong-soo)は、自宅を出た状況について口を開くたびに前と違うことを云うことで有名な婆さんです。そのことは谷山雄二郎さんがScottsboro Girlsでも触れています。

私はイ・ヨンスの過去の証言を徹底的に調べ上げ、そのうち、新聞記事や出版物など書面で立証できるものだけを元にして下記サイトにまとめています。

False Accusations of Comfort Women
http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

今回は議員を前にしての証言ではなくて記者会見のようですが、アメリカ人はもう、こういう婆さんたちを相手にするのはやめたほうがいい。

この世でもっとも唾棄すべきことは、無知な人の善意を自分の目的のために利用することです。イ・ヨンスは自分があっちこっちでテキトーなことを云い歩くことが、どんなにみっともないことか、日本人の心を傷つけ、日韓二つの国の間に亀裂を生み、両国の若者の未来を奪っているか、全く自覚はないでしょう。後ろで婆さんをけしかけて操っている連中こそ問題なのだ。

Moguro Fukuzo said...

Translation (with some modifications):

On the circumstance in which she got out of her home, she says different testimony every time she opens her mouths. In one occasion she said “My friend appeared outside of my home and I tip-toed out of my home,” and in the other “Japanese soldiers took me away at bayonet point,” etc. Mr. Yujiro Taniyama touches upon this point in the movie “Scottsboro Girls” he created.

I made a through investigation on the testimonies she made in the past and, based upon only the written testimonies such as newspaper articles and publications, I summarized them in the following webpage.

False Accusations of Comfort Women
http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

This time, it seems she made her testimony in the press conference and not before the house representatives. Whatever the chance it may be…… Americans should stop listening to what those old birds are saying to them.

What we should despise the most in this world is to use the goodwill of the ignorant people for one’s own ends. She may not know what she is doing. Saying this and that about her prostitution past and the story her parents had sold her into indentured prostitution at every chance she gets is the shameful act, the act that injures the hearts of the Japanese people who have nothing to do with the past wars, the act that would cause fissures in the relationship between the two countries of South Korea and Japan, and the act that deprives the future of young people of both nations. She would not have self-consciousness on what she is doing.

Who is manipulating her? That perpetrator is to blame.

Anonymous said...

Iris Chang...She was considered one of the country's best young historians
(英文記事の一節)

彼女が”歴史家”と呼ばれるのが不思議です。ただのモノ書きじゃありませんか。歴史家には事実を冷静に検証する能力が求められます。TV番組で在米日本大使にくってかかるような人間には無理です。もともと精神不安定で、精神病院への入退院を繰り返していたのは周知の事実です。
San Jose市は市の公園を Iris Chang park と命名するそうです。そのうち西海岸は中国人に占領されそうですね。
http://usa.chinadaily.com.cn/culture/2015-02/28/content_19674534.htm


Anonymous said...

From the UK - The Guardian, completely controlled by China.

Wartime sex slave urges Japanese PM to apologise during US trip
http://www.theguardian.com/world/2015/apr/24/wartime-sex-slave-japan-pm-shinzo-abe-apologise-us-trip

A former Shanghai 'comfort house' – a history of cities in 50 buildings, day 23
http://www.theguardian.com/cities/2015/apr/24/shanghai-comfort-house-history-cities-buildings

Anonymous said...

Nah, I don't find Iris Chang's face all that attractive.

And no doubt, beauty has nothing to do with credibility.

Anonymous said...

>Nah, I don't find Iris Chang's face all that attractive.

同感です。
中国人や欧米人の目から見れば美人なんでしょうね。長い間怒りを抱えていたのが顔に出てましたが、もうそれに悩まされることもないですね。
May her soul rest in peace!


Moguro Fukuzo said...

What I’m so indignant about this woman Iris Chang is that she made no cross references with any Japanese literature (she could not read or write the Japanese language), put hearsay junk stories in her book “Rape of Nanking,” and the people in the U.S. consider that she is a good historian and her stories are true.

As I said before, approximately 70,000 Japanese soldiers participated in the Battle of Nanking, and 120 newspaper reporters entered into the city when Nanking fell into the hands of the Japanese Army. Therefore there are tons of testimonies and photos proving that there was NO massacre at all, albeit there were KIA bodies as the result of fierce fights.

natsumi said...

あなたは、中国の工作ばかりを語っていますが、私は真実を追求したアイリス・チャンは日本の工作機関により暗殺されたと考えています。

moguro fukuzo said...

natsumiさん:

>アイリス・チャンは日本の工作機関により暗殺された

その根拠は?

natsumi said...

根拠としては、彼女が情報を発信できなくすることは、日本の国益になるからです。

証拠はないですが、根拠はあります。

私は日本政府が卑劣な人殺しをしたと確信しています。

moguro fukuzo said...

ようするに、あなたの妄想。妄想は根拠とはいわない。

moguro fukuzo said...

natumiさん:

あなたは、アイリス・チャンが死ぬことが日本の国益になると決め付けているけれども、彼女が南京の真実を知って、これまでと違うことを書こうと思っていて、支那政府に殺された可能性だってあるでしょ。

Anonymous said...


工作員の方かな・・?
工作活動、おつかれさまですw

natsumi said...

moguroさん
中国政府はそのような卑劣な工作はしません。

Anonymous said...

natsumiさん、

あなたのコメントにはバカバカしくて反論する気も起きません。本気でそう考えてるのならかなり重症ですね(暇潰しに適当に書き散らしているのなら他でやってください)。
はて、どこかで同じような感じが....そうだ、韓国人の自称”慰安婦”は「証拠だって?本人がそう言ってるんだから間違いない」と言ってましたね。あなたのような「私はこう信じている」では相手にされませんよ。
精神異常のIris Changは最後は「CIAに狙われている」と怯えてました。頭の中の妄想に耐え切れず命を絶ったのでしょう。R.I.P

moguro fukuzo said...

支那政府から書き込み一通50セント貰っている「五毛党」かもね。支那政府の手先とか反日依存症の朝鮮人とか、どうせロクなもんじゃないやね。人間やめましたって感じのたわけ者と相場は決まっている。

 支那政府は法輪功練習者を虐殺して内臓を売っている外道なのだが、とりあえず、天安門虐殺事件の様子でも見てもらいまひょ。日本政府が卑劣で嫌なら支那にでも行け。

Remember the Tiananmen Square Massacre
http://www.howitzer.jp/china/page01.html
https://www.youtube.com/watch?v=AGJoaHr2QdM

mogur fukuzo said...

natsumiさん:

アイリス・チャンは拳銃自殺と聞いている。

アメリカの警察が「死因は拳銃による自殺」と伝えている以上、それを覆す理由がでてこない限り、拳銃自殺と考えるしかない。ちなみに、自殺か他殺かは、拳銃に付着した指紋および拳銃から発射時に噴出す火薬残渣が皮膚や衣服に付着する状況で判断される。自殺と考えて拳銃の指紋や火薬残渣の付着の状況と矛盾がないからこそ自殺と発表しているわけであって、そのような証拠物件の精査もせずに他殺というのは根拠が薄弱というか妄想以外の何物でもない。まして日本政府のエージェントが外国で拳銃を使って人を殺害など、荒唐無稽というべし。

だから、同じく妄想ないし可能性でしかない支那政府による他殺説を挙げてみたのだが、そちらは、よほど「中国政府」に信頼をよせていると見えて「中国政府はそんな卑劣な工作はしません。」と言下に否定する。

あんた、何も知らないガキだね。天安門事件のすぐ後、突然に行方が分からなくなっている中国人は何人もいるんだよ。日本にある中国大使館の前をデモ行進していて、写真を取られていて、中国に帰国したとたん、いきなり職場に公安の人間が現れて、人さらいしていくんだ。きっと労働キャンプに送られたか、どこかで死んでいるのだろう。そういう政府こそ暗殺でも何でもやりそうじゃないか。

早く改心しなさい。

Anonymous said...

natsumiさん
では本田勝一氏や植村隆氏はなぜ暗殺されないのですか?

Anonymous said...

http://m.bbc.com/news/32522234

Lee Yong-soo was was invited to Congress by Democratic Representative Mike Honda. She always changes her story, and because od her age, it seems to me that she was a comfort woman during korean war.



イ・ヨンス氏は、いつも、証言が違うし、彼女の年齢からして、朝鮮戦争のときに慰安婦だったのではないでしょうか。。

Anonymous said...

南京虐殺
それは1949年に起こった富裕層虐殺事件のことですよ。

Moguro Fukuzo said...

>彼女の年齢からして

イ・ヨンスについては、前に徹底的に調べたことがあるのですが、とくに大戦時から慰安婦にあったとして年齢的に矛盾があるとまでは思いませんでした。今、記録を見ると慰安婦になった年齢が14~16歳ですから、賄いの手伝いをしていて途中から慰安婦になったと考えても、つじつまが合います。電気ショックの話も、売春宿の用心棒が、いやがるイ・ヨンスに折檻を加えたと考えれば、つじつまが合う。

彼女は自分が親に売られていく身であることを早くから知っていたと思いますね。92~93年にかけて書かれた証言を読むと、列車の中から家が見えて「お母さん、助けて」と泣き出すシーンがあります。胸にグッとくる場面です。私の叔母にも祖母の手で色里に売られていった人がいますから、一族の礎石になって身を犠牲にするというのは泣けてきます。叔母の場合は、通い客と結婚して、戦後に幸せな暮らしを得ることができましたけれどもね。

証言がコロコロ変わるのは、故意にウソをついているというより、軽い認知症にあるのだと思います。カン・イルチュル(姜日出)がそうだけれども、抗日ドラマの場面が記憶の中に混ざり込んでいる。200km以上放れた場所から金日成が自分を助けにきて、目の前で銃撃戦があったなどと云っている。ロレツが回らないし、ほとんど基地外レベルですが、正常な人でも50年も前の記憶は不正確です。90歳近くなると脳萎縮を起こす場合があるので、そうであれば認知症は一気に進み、最悪、自分が誰かも分からなくなる。

有害でなければ、老い先短いことだから世界各地の旅行も「まあいっか」と思っていましたが、ずいぶんと長生きだし、とんでもなく害を撒き散らしやがったので、婆あたちのことはずいぶんと調べました。

Anonymous said...

売春年齢は、日本人で18歳以上、朝鮮人で17歳以上だったそうです。

それと、イ・ヨンスの証言に出てくる台湾の神風特攻隊の新竹は空襲で破壊され、1944年1月に解散しているそうです。

ネット情報なのであてになるのかどうか私にはわかりませんが、台湾の基地については、アメリカが情報を持ってると思うので調査可能だと思います。

Anonymous said...


Iris Changは車の中で口に拳銃をくわえて自殺した、との警察発表に疑問の余地はありません。
ちょっとネットサーチしただけで出てくるのは
・その拳銃を購入した店を数回訪れている
・bipolar disorder(双極性障害)を患い精神科の治療を受けている。自殺願望あり
・一人息子は自閉症
・命を絶つ一か月前には極度の精神不安定
夫のBrettが当時インタビューに答えてますが、2歳の子を身近に置くのは危険なほど深刻で、子供を夫の両親に託しています。彼は自殺の原因は鬱病と極度の精神疲労と言ってます。
In October, her condition was serious enough that the couple sent their son to live with his paternal grandparents in Illinois.

アジア系は子供は母方の祖父母に預けるのが大半ですが、彼らの場合は父方の祖父母、ということは夫が危険を察して息子を引き離した、という事も考えられます。

Puchi Herr said...

この方の本を読んだ事も読む予定もないのですが、
冒頭の「レイプされて手足を切断された遺体」というのは、正に支那のお家芸ではないでしょうか?
日本国の長い歴史の中で、なぜ大日本帝国時代だけが突質して異常に残忍であったのでしょうか?
今、現在の犯罪、特に性犯罪、殺人事件の凶悪性や質というのでしょうか?
どう考えても、朝鮮や支那の方が
この語られている「大日本帝国の軍人」の悪行とピッタリ一致する様に思えるのです。
それは、大日本帝国軍人に高麗棒子と呼ばれB級戦犯の多くだった朝鮮系軍人の犯行か、支那の作り話、捏造である可能性が高いと思います。

もう、政治利用でなく歴史学者や犯罪心理学者、日本民族を徹底して研究した学者等を集めて
本当の本当の「真実」を知りたいです。

世界中に蔓延る韓国人売春婦、そしてそれを仲介、搾取する悪い組織、韓国人、又は中国人です。
完全に「所謂従軍慰安婦」と一致してしまうのです。

もう、この話は聞きたくない。
右も左も無く、未来の日本の為に決着をつけたいです。

Anonymous said...

> From the UK - The Guardian, completely controlled by China.
>
> Wartime sex slave urges Japanese PM to apologise during US trip

CNNの報道
A Korean "comfort woman" still seeks redress from Japan - CNN.com
http://edition.cnn.com/2015/04/29/asia/will-ripley-japan-comfort-women/

上智大の中野孝一教授は昨年、山口二郎法政大教授と一緒に外国特派員協会で植村隆擁護の会見してましたが、ここでも「日本独特のシステム」などとやってる。

Anonymous said...

>上智大の中野孝一教授は昨年、山口二郎法政大教授と一緒に外国特派員協会で植村隆擁護の会見してましたが、ここでも「日本独特のシステム」などとやってる

慰安婦問題は日本の反日日本人が作り上げ、日本の反日新聞の朝日が拡散し、世界に広がった。いつでも一番悪いのは日本にいる反日日本人だ。今や教育界とメディアは彼らに乗っ取られてしまっている。子供たちの将来が危ない。

Anonymous said...

Yon氏のフェイスブックのタイトル:
Burma: Strong Evidence of limited Sex Slavery by Japanese

Yon氏のビルマでの調査で、日本軍が少女たちを誘拐しレイプしたとの情報で登場する人物 Tetsuro Usui はジャーナリストとのことだが、彼は本当に日本人だろうか?何らかの意図があって調査を始めたのか、そのあたりを知りたいです。ジャーナリストなら彼に関する情報が少しはあるはずなのに一か所を除き全く出てこないんです。何かスッキリしません。
ヨン氏の調査が進み早く真実が明らかにされることを祈ってます。

Anonymous said...

> ヨン氏の調査が進み早く真実が明らかにされることを祈ってます。

この事件は英国によるラングーンの戦犯法廷で裁かれましたが、事実関係は殆ど争われず、女性達が拉致されたのは事実なようです(その後殺害)。法廷では逃げ出した一人 Haki (Haky) Jan という方が証言したようで、裁判の記録は英国国立公文書館に残っているとのことです(Ref No. WO235/961)。

事件については下記に詳しいですが、当方としては著者が、元第11中隊長の「手記」を元にして、
「中国大陸で日本軍が実施した掃討作戦、[...]三光作戦そのものであったとみることができる。」
と結論付けているのが引っかかります。「三光作戦」とは、「日本軍が実施した掃討作戦」だったのか?

『BC級戦犯裁判にみるビルマ・カラゴン村事件』 岩根承成、2007年(共愛学園前橋国際大学論集 第7号)
“The Kalagon Affair in Class B or C War Crimes Court 215 Regt of Takasaki judged for its crimes”, 2007 by Tsugunari Iwane
http://www.kyoai.ac.jp/college/ronshuu/no-07/iwane.pdf#page=41

According to the above paper, one of the kidnapped women, Haki (Haky) Jan testified in the Minor War crimes court (Class BC War crimes court) in Rangoon held by the UK and the records of the court are kept in The National Archives United Kingdom (Ref No. WO235/961).

Moguro Fukuzo said...

>「三光作戦」とは、「日本軍が実施した掃討作戦」だったのか?

私は70年代に高校・大学時代を送った人間で、日本軍による三光(皆焼け、皆殺せ、皆奪え)作戦、南京大虐殺、中国大陸侵略の3点セットを、3年ぐらい前までは信じていました。否、信じているというよりも、積極的に否定する根拠がなかったので、多忙な毎日に埋没して、問題を放置していた、というべきでしょう。

 この問題に深刻な疑問を抱いたきっかけが、「三光作戦」の「光」について、石平と黄文雄の両氏の対談を読んだことです。二人とも今は帰化して日本人ですが、石平氏は四川省出身、黄文雄氏は台湾出身で、母国語が中国語であることはよく知られています。

 二人が言うには、日本語の「光」には「明かり」つまりlightの意味しかないが、中国語の「光」にはlightに加えて「空っぽ」つまりemptyの意味がある、というのです。だから「三光作戦」は中国語が語源だろう、日本語が語源なら「皆焼け、皆殺せ、皆奪え」の発想が出てくるはずがない、というのです。

 この一節を読んで、ひょっとしたら、70年代に自分が様々な書物から得た知識は、相当の部分でまやかしだったのではないか、と思うようになったのです。

 では、実態は、どうだったのか。

1945年8月、日本が対米戦争で敗れた時点で、日本軍は支那大陸の過半を占領していた。 一方、毛沢東の共産党政権は延安の洞窟に雪隠詰め、蒋介石の国民党政権は重慶に雪隠詰めだった。この大陸侵攻のきっかけが1937年の上海事変だったことぐらいは、歴史をかじった人間なら常識です。だから、1937年→1945年について書かれたもの、言われていたことについて、再評価してみる必要がある。

70年代当時、若者から中高年まで一世を風靡していた近代史の本は児島襄(こじま・のぼる)の戦史シリーズです。今は書店に並んでいなくて、古書の部類に入っています。「なんと惜しいことだ。引退して年金暮らしになったら、もう一度読もう」と、たまたま買い揃えていたのですが、「日中戦争」シリーズを読んでいたら「全面清光」という項目が出てきた。

「全面清光」とは、蒋介石の国民党軍が、長征の前、江西省・瑞金にあった毛沢東の共産党政権の支配地域に加えていた殲滅作戦を、国民党軍がスローガンとして掲げていた言葉だそうです。

 やっぱり、全部がイカサマだと、気がつきました。

Anonymous said...

ネットがもたらす恩恵ははかり知れませんね。世論操作をしてきたマスコミも、偏向の著しい教育界も今まで通りにはいきません。ネットは彼らが隠していた意図を暴き出します。前コメントの方と同様に、私たちのほとんどが、教えたられた事を「積極的に否定する根拠もない」という理由でなんとなく信じ込まされていたんです。
慰安婦問題の嘘も明るみに出され、これからは南京虐殺に焦点が当たるでしょう。本田勝一など、中国のプロパガンダに積極的に協力した人々の罪は大きいです。アサヒの植村も本田も嘘がバレると焦点をズラして逃げることしか考えません。卑劣なひとたちです。、

Moguro Fukuzo said...

>なんとなく信じ込まされていた

今考えると実に巧妙だったと思います。教科書だけなら騙されないが、世の中に出回っている本や新聞までが洗脳の道具だったということになると、日本人全体がポチョムキン村の住人のようになってしまう。

70年代はカラーテレビが急速に普及した時代ですが、映画も全盛期の余韻を残していました。日活がロマンポルノ路線に行ってしまう前の最後の大作が、北大路欣也主演の「戦争と人間」ですが、完全にマルクス主義史観に立った映画です。内容は事実誤認も甚だしいのですが、70年代の知識人層が持っていた雰囲気を良く反映していると思います。その冒頭部分は松井大将の南京入城式のワンシーンに続いて死体が散乱している場面で、ナレーションは「南京大虐殺があった」と断言している。

中公バックスの日本の歴史シリーズ24巻「ファシズムへの道」と25巻「太平洋戦争」も罪が深い。これは、今は文庫本ですが、70年代当時は単行本で、私も学生時代に夢中になって読んだのですが、今、買い直して読んでみると、済南事件も通州事件も上海事変も書いていない。これでは何で日本で暴支膺懲の世論が沸き起こり大陸侵攻をしていったのか、まるで分からない。歴史の記述とは言えない欠陥本です。今でも売っているのだから、ふざけるなといいたい。

図書館にも、日本軍がこういう悪い事をしたという写真集が幾つかあった。今、思い出すと日本兵(実は中国人)が女の人のパンツをずり下してニヤケていたりして、アイリス・チャンの「レイプ・オブ・南京」に使われている写真と被っています。これらの写真が全部やらせやウソであり、その原本が「日寇暴行実録」という国民党の宣伝機関が発行した写真集にあるということが、今では判明しています。

朝日新聞は「日本のプラウダ」と仇名されたぐらいだから、絶対にコミンテルンの手が伸びていて、金日成や毛沢東の日本における宣伝機関として、連中のお先棒を担いでいたと思います。「赤い悪魔」の手先連中は、軍事力で日本を打倒できないから、教育とマスコミを取りにきたのでしょう。

連中の誤算は、日本の社会には共産革命を受け入れる素地がなくて、マルクス主義は教養人の知的アクセサリーで終わってしまったこと、それから、80年代から今に続く情報化社会の到来があったこと、でしょうね。

Anonymous said...

>「赤い悪魔」の手先連中は、軍事力で日本を打倒できないから、教育とマスコミを取りにきたのでしょう。

戦後の日本は、憲法、軍事、教育、マスコミを他国の勢力に牛耳られてきたということなんですね。

占領の憂き目にあいながらも、まがりなりに国の連続性を保ち、経済的には見事に復興し、しかも今、戦後の歪みを正そうという雰囲気が強くなっている。

日本は本当に、強い国だと思います。

Moguro Fukuzo said...

すいません。一つだけ訂正があります。

改めて児島襄の日中戦争(巻1)を参照したところ、「全面清光」とは、蒋介石が北伐の過程において上海で共産党分子(推定8千人)を捕えて殺した、いわゆる4.12クーデターをさす、という記述になっていました。

蒋介石の国民党軍は、江西省・瑞金の共産党支配地域にも5回ぐらい殲滅作戦をやっていて、共産党軍はこの攻撃にとうとう耐えられずに延安まで落ち延びるわけですが、まあ、これも「全面清光」といえば、そうです。まさに、「皆殺せ、皆焼け、皆奪え」をやっているわけですから。

支那兵の行動パターンは、都市を陥落させると「屠城」といって、そこの住民に対して「三光作戦」をやり、敵に攻められて都市から去るときも「三光作戦」をやるわけです。最初は戦利品として奪いつくし、敵と見れば殺しまくる。次が移動前に財貨を蓄え、かつ敵に利用できるものを残さないように「清野作戦」をやる。

どこかの本に、「三光作戦」とは、最初、共産党軍が国民党軍に対して「あいつらは三光作戦をやっていやがる」と瑞金の住民に宣伝していたのに、これがいつのまにか、日本の歴史本において、日本軍が中国大陸で「三光作戦」をやったという記述になっているのは不思議だ、という記述があったと思います。

よく、日本兵が柱に縛り付けられた支那人を銃剣刺突している写真が「日本軍による残虐行為」の証拠とされ、「レイプ・オブ・南京」にも掲載されていますが、これも最初は共産党が「国民党軍による残虐行為」の証拠として使っていたものが、あちこちで使い回されて、今は「レイプ・オブ・南京」に収まっているというのが真相のようです。これを証拠だてるには、まだ少し時間がかかりますが。

今日、いわゆる「南京大虐殺」は、存在しなかったことが明らかになっています。要するに、「全部がペテンだ」ということには、何ら変わりはありません。