Wednesday, February 21, 2018

日系アメリカ人の強制収容

Thoughts on Imprisoning Japanese-Americans, Kamikazes, and dropping Atomic Bombs on civilians

日系アメリカ人を強制収容したこと、カミカゼ、市民に原爆を落としたことについての私の思索

昨日、日系だからという理由だけでアメリカの市民が強制収容されるのは完全に許される行為だと思っている自称リベラルでオバマとバーニーのサポーターであるマイケル・マーティン(Michael Martin)が私のFacebookにコメントした件について。以下はそれについての私からの返信です:

====
@マイケル・マーティン(@Michael Martin)、オバマとバーニーのサポーターで、リベラルで民主党と自称しているあなたが、日系という理由からだけで人種偏見と言いがかりのみを理由としてアメリカ市民を強制収容したことには大賛成だと言うのは滑稽です。

あなたの読んだと思いますが、ほぼ40年も米国陸軍にいた退役兵のジェフ・メリンジャーや、私も含めて他の者が疑惑のみでアメリカ市民を強制収容することについてぞっとする、とのコメントをしました。私達はよく厳罰主義であるとレッテルを貼られますが実際はその反対です。

議論を収束させるために、どうかこれを個人攻撃と取らないでいただきたい。

これは日系という理由でアメリカの市民を強制収容したのは民主党で、ドイツ系やイタリア系のアメリカ人の一部に対しても同じようなことをしていました民主党についての批判的な分析です。

当時、それは戦争犯罪であると一部の軍関係者が主張したにもかかわらず、明らかに市民であるターゲットに対して二つの原子爆弾を落としたのは民主党でした。それは戦争犯罪でした。

こう言うと、彼らは常に広島と長崎には軍事ターゲットがあったのだといいます。もちろんです。しかしアトランタ、ロサンジェルス、マイアミにもありました。当時アメリカの全ての大都市には軍事ターゲットがありました。

当時、日本には多くの軍事ターゲットがありました。日本の海軍基地や日本軍が残って抵抗していた小さな島に原爆を落とすことも出来たはずです。

長崎と広島に原爆を落としたことについての私の嫌悪の感情は、80年代に私がグリーンベレーで、まるでカミカゼ作戦のようにポーランドに落下傘降下をする準備をしていたころにはじまります、無事に生還できる確率は1%でしたでしょう。私は何の恨みや憤りもないカミカゼ精神を理解できますし、カミカゼは母国を守るための尊敬すべき敵であったと思います。

日本にとって、米国を侵略できる可能性はゼロでした。(当時、ハワイは米国ではありませんでした。我々はハワイの原住民からハワイを奪取出来ていませんでした。)

日本に対して原爆を落とした事に対する私の嫌悪は、私が中国の日本への攻撃に対して日本の肩を持つようになった最近に始まると言う人もいます。

しかしながらより広く考えていただきたいのですが、既に1999年に発表した自著の「デンジャークローズ」にも書いてあるとおり、当時から私は原爆を落としたことは戦争犯罪に値すると思っていたのです。1999年当時、私は1人の日本人も知り合いにいませんでしたし、悪の日本人というプロパガンダを依然として信じていました。そうです、当時は悪の日本人であったはずが、今ではこの惑星で最も洗練された文明であるとの話にがらりと変わりました。この十数年でなんという文明の跳躍でしょうか。

しかしながらそのような文明の跳躍などありませんでした。日本は昔から文明化していました。完全ではありませんが、文明化して自らを省みていました。日本の帝国主義的領土拡大は、米国、イギリス、オランダ、ロシア、フランス、イタリア、ベルギー、ドイツ・・・などの覇権を争う国々のなかで生き残るために必要でした。

どうかよく考えてみてください:あなたはアメリカ市民をただの推測で強制的に収容したことを正当化している自称リベラルの民主党支持者でです。日本との戦争を始めたのはその民主党でしたし(パールハーバーが戦争のきっかけではありません -- そんなばかな話はありません)、戦争で核兵器を使ったただ一つの政党も民主党でした。

私はこれを十分に考慮して書いています。
あなたは明らかに思慮深い人間です。

どうかこれらの事を熟慮してください。

Thoughts on Imprisoning Japanese-Americans, Kamikazes, and dropping Atomic Bombs on civilians
In comments from a Facebook post on my page yesterday, @Michael Martin, a self-proclaimed liberal and Obama and Bernie supporter, was perfectly okay with locking up American citizens due to Japanese heritage. I responded:
====
@Michael Martin -- Interesting is that you are the self-proclaimed Obama and Bernie supporter, liberal and Democrat, and you were all for locking up American citizens of Japanese heritage on mere racism and suspicion.
Whereas you see some others on this thread, like Jeff Mellinger, combat veteran who spent nearly 40 years in the US Army, and others, including me, who are appalled at locking up Americans on suspicion of suspicion. And we are the ones who are often labeled draconian, but in fact the opposite is true.
To that end, please do not take this as personal criticism, but as a critical analysis that it was Democrats who locked up American citizens for having Japanese faces, and they did with some Germans and Italians.
It was Democrats who dropped two atomic bombs on obviously civilian targets even while some military people at the time called this a war crime. It was a war crime.
They can say all day long that Hiroshima and Nagasaki contained military targets, and they did, but then so does Atlanta, Los Angeles, and Miami. Every big city in America has military targets.
There were plenty of military targets. We could have dropped an atomic bomb on a Naval base, or on a small island where Japanese were holding out.
Please keep in mind that my aversion to dropping atomic bombs on Nagasaki and Hiroshima started when I was a Green Beret in the 80s, preparing to parachute into Poland on what amounted to a Kamikaze mission. Our chances of coming back alive might have been 1%. Needless to say, I understand the Kamikaze spirit and hold no grudge for their memory, but respect for a worthy adversary defending homeland.
There was no chance of Japan invading the USA. Never was. (Hawaii was not USA at the time. We had not yet completely stolen Hawaii from the natives.)
Some have said my aversion to using atomic bombs on Japan only started in recent years as I have clearly taken Japan's side against aggression from China.
But looking at the larger fact pattern, I published in 1999, in my book Danger Close, that I thought these were war crimes. I did not know a single Japanese in 1999, and actually still believed the evil Japanese narrative. The narrative that Japanese were evil then, and then magically gathered among the most civilized people ever to grace the planet. That's a pretty big leap in a couple generations...
But it never happened. Japanese were civilized before. Not perfect, but civilized and introverted. Japanese imperial expansion was a matter of survival in a world of imperialism, such as that from USA, UK, Netherlands, Russia, France, Italy, Belgium, Germany...long list.
Please consider: You are the self-proclaimed liberal democrat who is okay with locking up American citizens on nothing more than racism and a hunch, and it was your party who started the war with Japan (the war did not start at Pearl Harbor -- that is bull), and your party is the only one ever to use nuclear weapons on civilians in war.
I write this with much respect. You clearly have much measure in your thoughts.

Monday, February 19, 2018

孔子学院

Confucius Institute

FBI クリストファー・レイ長官 
「米国の大学に中国の諜報員が潜り込んでいる」
「FBI 調査員は 米国の大学 100校余が受け入れている、語学機関と称する孔子学院(Cunfucius Institutes)を’油断無く監視'している」と発言


我々の調査チームは、過去数年にわたり、孔子学院が諜報活動の温床で工作員をリクルートしている、と警告してきました。

"FBI chief says Chinese operatives have infiltrated scores of ‘naive’ US universities: Christopher Wray says his agents are ‘watching warily’ dozens of Chinese-language Confucius Institutes"

Our team has been warning about Confucius Institute spying and recruiting for several years.



Sunday, February 11, 2018

バチカンの中国接近政策

"Vatican's China policy questioned by Hong Kong cardinal"
バチカンの中国接近政策に対して香港枢機卿が異議を唱える

'ローマ法王'と呼ばれているこの男はカトリック教会に対して取り返しのつかないダメージを与えています。

カトリック信者の友人達は激怒しています。
彼らはこの男が居なくなって欲しいと望んでいるし、私も同じ思いです。
中華人民共和国は人類史上最大、未曾有の大虐殺を実行した国です。

中国に比べるとナチスさえも矮小化されます。
中国の集団大虐殺に比べるとソビエトの大量虐殺大量餓死さえも小さく見えます。
100年続いている戦闘的イスラム民族主義もたいしたことが無いように見えてしまいます。
ポルポトなんて中国に比べたらかわいいものです。

何故 中国が必死になって世界中の災いを日本のせいにしようとしているか、という理由のひとつがこの、中国の悪逆な所業が注目されるのを避けるためです。中国の戦略の一部はこのdeflection(逸らす)であり、1989年の天安門の大量殺戮の時から本格的に始動され、後に日本-米国-韓国などの同盟関係を引き裂くための大規模な情報戦争へと姿を変えました。

勘違いしないでいただきたい、中国は人類史上最も大量殺戮した国で、ローマ法王はその中国の太腿をさすっているのです。

バチカンは一人っ子政策で国民に堕胎を強いてきた中共政府に与しているのです。隠すことはできません。自主的堕胎にも強烈に反対してきたのに、このヘボ法王にとって中国政府が権力で国民に堕胎させたことは問題ではないのです。

バチカンは慰安婦のペテンのペテン師の味方です。金と権力を目の前に差し出されれば正しいことをしなくてもいいのでしょうか。日本は人口のたった1%がキリスト教徒で、カトリックはその1%に含まれるので、極少数です。翻って韓国と中国はカトリック布教の大きな潜在マーケットです。教皇は巨大な中国での布教がしやすくなるように、韓国だけではなく、特に中国に寝転んでいるのが見えます。そして中韓が世界で日本へのヘイトを煽るのを制止せず静観しています。

そうです、お金と権力をさしだされると、反堕胎派であるべき法王
は他の問題はどうでもよいのです。

この事態をカトリック教徒の友人は激怒しています。


"Vatican's China policy questioned by Hong Kong cardinal" This guy they call 'pope' is causing irreparable damage to the Catholic Church.
Some of my Catholic friends are going crazy. They want this guy gone, as do I. The People's Republic of China is the greatest genocide state in human history.
China dwarfed even the Nazis. China's genocide dwarfed the Soviet massacres and starvations. They dwarf militant Islam for a century. Pol Pot was nothing compared to Chinese.
This is part of why China spends so much effort trying to blame Japan for all the world's woes. Part of their Chinese strategy is deflection, which kicked into high gear after the 1989 Tiananmen massacre, and then morphed into a full on information war to divide Japan-USA-Korea, and others.
Make no mistake, PRC is the worst mass murderer in all of human history, and the pope is rubbing their thigh.
The Vatican is siding up with a regime that forced abortions. Cannot make up this stuff. The Vatican is incredibly anti-abortion even when it is voluntary, but the Chinese government was doing this by force -- but that's okay with the little p 'pope.'
The pope openly sides with them on their comfort women scam. Why should the pope do what is right when there is money and power on the table? Only about 1% of Japanese are Christian, and fewer still are Catholic. Meanwhile, there is a great market for Catholicism in Korea and China, and the pope want more market access in China, and so we see the pope in bed with Korea and especially China, and watching them whip up resentment against Japan, and not lifting a finger about it.
Yes, the anti-abortion pope is not so concerned about all that when there is money and power to be had.




Sunday, February 4, 2018

韓国人、ついに「慰安婦のペテン」を叫びはじめる

Koreans getting called out for their Comfort Women Scam

もしもあなたがアメリカ人で、このペテンの力学を理解したいのであれば、「黒人の命が大事」キャンペーンを「韓国人の命が大事」と置き換えてみると良いでしょう。そこにあるメカニズムは同一です。もっとも日本は、かつて米国が黒人を遇していたよりもずっとましに韓国人に接していましたが。

現在テキサスが米国の所属であるように、1910年から1945年にかけて韓国は日本でした。韓国(朝鮮)は、当時の法律に基づき朝鮮の同意の下に日本に併合されました。その法律は現在も合法です。

数十万人もの朝鮮人が日本軍にいました。彼らは志願して軍人となったのです。クーデターで政権掌握し 日韓条約で韓国経済の大転換をはかった韓国の第三代目大統領、朴は、日本軍の士官でした。(朴 -- 韓国人ですが敗戦まで日本国民。)

米国の奴隷制度とは異なり、当時の朝鮮人は完全な日本国民でした。

朝鮮人は警官や軍人などの公務員になることができました。日本でも朝鮮でも商売をすることができました。彼らはまったくの日本人でした。奴隷どころか完全なる自由市民でした。

第二次大戦後、韓国人は自らを被害者であるかのように振る舞いました。現実を見ましょう:多くの連合軍捕虜が朝鮮人によって拷問されました。朝鮮人は日本人よりもはるかに残忍であることで有名でした。彼らは朝鮮人でしたが日本軍の兵士だったので、現在でも捕虜の拷問などは日本に責任があることになっています。

アメリカ陸軍は アメリカ人で無くても兵士になれるという制度です。彼らもアメリカ軍の一員であり、彼らの行動はアメリカに責任がある、ということです。これは当時 同盟国の兵士を拷問した朝鮮人の行為が日本の責任であるとされるのと同じです。

韓国人は犠牲者カードを切りたがります。 その本質は「黒人の命が大事キャンペーン」や「パレスチナ人の命が大事キャンペーン」とかわりません。あまり酷い仕打ちを受けなければ、相手を挑発します。

慰安婦カルトのメンバーが日本と米国の駐韓大使を襲ったことを忘れてはいけません。自称修道士のカルトメンバーは焼身自殺を図りました。これは悪質なカルトで、米国、フィリピン、オーストラリアその他の国を巻き込もうとしています。韓国は完全にこのカルトに操られています。

彼らはタイ国でも活動しようとしましたが、タイ人は良識があるので そのカルトを退けました。 ベトナムもしかり。台湾はやや複雑ですが、一般的にひじょうに親日的なのでそれほどひどく巻き込まれることはありません。

これは卑劣な汚らわしいカルトで、既にテロ活動を行っています最終ターゲットは日本では無く米国です。注視していきましょう。


Koreans getting called out for their Comfort Women Scam
If you are American and trying to understand the dynamic, just change "Black Lives Matter" to "Korean Lives Matter." The dynamic was/is similar, though Japanese treated Koreans much better than America treated blacks.
Remember that from 1910 to 1945, Korea was Japan just like Texas is USA. Korea was annexed with Korean agreement, in accordance with laws at the time, and in accordance still with laws today.
Koreans served by the hundreds of thousands in the Japanese military. They were enlisted and officers. The first President Park of South Korea was a Japanese officer. (Park -- he was Korean but a Japanese citizen.)
Koreans were full Japanese citizens, unlike US slaves.
Koreans could run for office, become police, military officers and enlisted, own businesses on the Korean Peninsula or in Japan. They were straight up Japanese. They were not slaves. They were free.
After World War II, Koreans pretended to be victims. Reality check: many allied Soldiers were tortured by Koreans. Koreans were known for being far more cruel than Japanese. This was still Japan's fault: they were Korean but they were Japanese Soldiers.
When the USA brings someone into the Army, even when they are not American (which we do all the time), they are still American troops and after that point their actions are our responsibility. Same with the Koreans who so mistreated allied troops. They were Korean, but they were Japanese citizens.
Korea on whole loves the victim card. They are like Black Lives Matter or Palestinian Lives Matter in that regard. If someone is not treating them badly enough, they provoke response.
Keep in mind that a comfort women cult member already attacked the US and Japanese Ambassadors to Korea. Another cult member claiming to be a monk burned himself to death. This is a serious cult and they are working hard to infect USA, Philippines, Australia, and more. Korea is fully infected.
They also have tried in Thailand but Thais have more common sense and reject them. Same with Vietnam. Taiwan is more of a mix, but since Taiwan is generally very pro-Japan they do not get much traction there.
This is a nasty, dirty cult, and they already are committing acts of terrorism.
The ultimate target is not Japan, but USA. You will see.





Friday, February 2, 2018

香港の慰安婦像が盗まれる

「香港の男性が、'慰安婦像'を盗んだ疑いで逮捕」

そこらへんのゴミ箱に投げ棄ててしまえばよかったのに。


"Hong Kong man arrested for suspected theft of two ‘comfort women’ statues"

Should have dropped them in the nearest dumpster.

---
South China Morning Post
Thursday, 01 February, 2018

警察は木曜日の朝、香港の日本領事館の近くに設置されていた二体の"慰安婦"像を
盗んだ疑いで51際の男性を逮捕した。

"Police arrested a 51-year-old man in the early hours of Thursday on
suspicion of stealing two “comfort women” statues placed near the
Japanese consulate in Hong Kong."


http://www.scmp.com/news/hong-kong/law-crime/article/2131564/hong-kong-man-arrested-suspected-theft-two-comfort-women


Monday, January 29, 2018

またもや慰安婦ペテンに引っかかる米国

USA Continues to fall for the Comfort Women Scam -- ignorant to the fact that we are the ultimate targets, not Japan.

またもや慰安婦ペテンに引っかかる米国 -- 究極のターゲットは日本ではなく米国であることにも気づいていません。

この情報戦争と「たかり」は同義です。「黒人」の命が大事(BLM:blacklives matter)、「パレスチナ人」の命が大事(PLM:palestinian livesmatter)、「韓国人」の命が大事(KLM:Korean lives matter)、これらの全ては彼らの話に疑問を持ったり見返りに贈り物を差し出さなかったりすれば、彼らの運動がもたらす暴力のリスクを低く見せ、一方で自らを被害者に見せかけて良い目を見ようとしているのです。

注意深い人間ならばこれらの全てはテロリズムへとつながっていることに気がづくでしょう。あれが悪いこれが悪いと言って感情のコントロールができなくなった振りをして、いきなり切れて暴力へと訴えるのです。

多くの人々が彼ら自らが受け入れている文化を蔑んでいます。自分をコントロールできない動物の集団のように自らの文化を扱い、それゆえ受け入れられない暴力的な振る舞いをいっそう強める。

BLM, PLM, KLMのサポーターたちはそのように見られてもかまわないと自らを蔑んでいます。自らの差別主義者です。

米国政府は慰安婦のカルトは暴力的で最終ターゲットは米国であると今こそ気がつくべきです。

CIAは耳と目をふさいでいます。しかしながらCIAは忠告を受けていました。この情報操作のペテンの実態についてCIAは政府のトップと話し合うべきです。

CIAの仕事はなんなのでしょうか -- 9/11を思い出して下さい。あなたたちが居眠りをしている間に世界は激変しました。

この慰安婦の件は非常に大規模です。すぐにわかるように非常に大がかりです。
慰安婦のカルトのメンバーは日本と米国から駐韓国大使を襲いました。
我々の大使の顔を切りつけました。
他のカルトメンバーは自ら焼身自殺を図りました。
暴力沙汰がほかにもあります、これからも続くでしょう。

一方で、北朝鮮と韓国は自国を滅ぼそうとやっきになっています。自国民がれきの下で餓死しようとしているときに慰安婦の件には触れようとしないでしょう。もちろん生き残った世代は日本と米国が異常であったと罵るでしょう。

KLM、韓国人の命が大事・・・


USA Continues to fall for the Comfort Women Scam -- ignorant to the fact that we are the ultimate targets, not Japan.
These information wars and shakedowns have commonalities. Whether it be 'black' lives matter, 'palestinian' lives matter, or Korean lives matter, they all make their butter on claiming victimhood, with an undertone and real risk of violence if anyone questions the narrative or does not hand over the goods.
All engage in what any reasonable person would call terrorism. All pretend to be out of control with their emotions -- say one thing wrong, and SNAP! Violence.
Many people look so down upon some of these cultures that they actually accept it. They treat the cultures like packs of animals unable to control their own actions, thus reinforcing unacceptable and often violent behavior.
The BLM, PLM, and KLM supporters look so down upon themselves and the groups that this is seen as okay. Massive self-racism.
The US government by now should realize that the comfort women cult is violent, and the ultimate target is the USA.
CIA is either blind or dumb. CIA has been warned. CIA should be briefing top US officials about the reality of this scam and operation.
Falling down on your job CIA -- remember 9/11 when you fell asleep at the wheel. Changed the world.
This comfort women issue is big. Very big. You will see. A comfort women cult member already attacked the Japanese and US Ambassadors to Korea. Cut our Ambassador badly on the face. Another cult member burned himself to death. There has been other violence, and there is more to come.
Meanwhile, North and South Koreans are busy committing national suicide. At this rate, the comfort women issue may become mute as they are starving to death under rubble. Of course, generations later survivors may blame Japan and USA for their lunacy.
Korean lives matter...


Japan conveys concern over Tillerson statement on "comfort women"
「慰安婦に関するティラーソン国務長官の発言に日本が抗議」
2018年1月28日 共同ニュース





Monday, January 22, 2018

ビルマ:第二次大戦中、行方不明となった日本兵

Burma: Missing Japanese Soldiers from World War II

昨日と今日、米軍の退役将校二名(うち一名は国会議員に立候補を表明)、とビルマで第二次大戦中行方不明となった日本人兵士を探している日本人、それを手助けをしているビルマ人、と非常に興味深いミーティングをしました。

彼らは日本に帰すべき多くの日本人の遺骨を発見しました。写真や書類などの確かな証拠も示しました。遺骨の多くは危険な洞窟の奥にありました。

奇妙なことに多くの遺骨には頭部がありませんでした。なぜ 日本人の遺骨であるかというと、日本軍の武器や時には書類が近くにあるのです。遺骨を見つける方法は単純です:土地の長老を探し出し話を聞きます。長老は遺骨のあるところへ案内してくれます。(私はタイとビルマ/ミャンマーで同じことをしました -- 非常に効果的な方法です。)

なぜ頭部が無いのか尋ね、その答えに驚きました。本当なのでしょうか。彼らが言うには日本人を殺せば英国人たちがお金を支払ってくれたそうです。頭部は殺したことの証拠だったそうです。探索を手伝ってくれている現地のスタッフは、彼の祖父が多くの日本兵を殺してお金を得たらしいと言っていました。

信じられません。もしも本当ならば戦争犯罪です。戦争当時日本人を殺すことは戦争犯罪ではないでしょうが、その頭部に対してお金を払う行為は犯罪です。

証拠は十分信頼できるものです。私は第二次大戦中において英国兵がこのような事をしていたとは聞いたことがありません。もしもこれが本当ならば、我々はそれがおこった時期を
ある程度特定できますし、もしもお金が手渡されたのならば英国のアーカイブにその記録が残っているはずです。いずれ1944年から45年の戦争末期でしょうから記録を探す範囲もかなり絞れます。

もちろん英国を中傷しようとしているのではありません。今となっては証拠の多くが残っているかどうかわかりませんが、それでもこれは歴史の一面を垣間見ると言う点において興味深いことでしょう。

調査チームが言うには少なくても百箇所ほど同様なサイトを確認し、現在、日本政府が遺骨の回収を行っているそうです。日本には米軍の遺骨回収システムのようなものが無いのでサイトの探索にはNGOやボランティアに頼っているのが実態です。

行方不明になっている米軍兵も発見できるかもしれないといわれました。私は調査地点の正確な位置情報がわかったら是非教えて欲しいと伝えました。情報が本当ならばすぐに米国陸軍に連絡を取るつもりです。

このような調査は危険でもあります。遺骨の多くは手榴弾などの武器弾薬などと一緒に見つかります。日本軍の手榴弾は 信管にピクリン酸をつかっていて、それが今日では作業がより危険となる要因となっています。

いずれにしろ調査チームが米軍や英軍の兵士の遺骨を見つけたならば、私も確認してから、あるいはそのまま情報を米軍あるいは英国軍に伝えます。彼らはきっと打ち捨てられた英軍兵士の墓を見つけたのだと思います。私も同じような日本兵の墓を見つけたことがありますが、調査チームは古い歴史の記憶にうずもれてしまった多くの日本兵の遺骨を見つけつつあります。


Burma: Missing Japanese Soldiers from World War II
I had very interesting meetings yesterday, and then today with a couple of former US military officers (one running for Congress), a Japanese man who searches for missing WWII Soldiers in Burma, and 'Burmese' who help.
They have recovered many Japanese skeletons to be repatriated to Japan. They presented much credible evidence such as photographs and documentation. Many of the skeletons in the photographs were deep in dangerous caves.
Even more interesting is that many of the skeletons are headless. The searchers know they are Japanese due to finding things like weapons and even papers. The method is simple: they find old people and interview them, and the old people lead them to the bodies. (I have done similar research in Thailand and Burma/Myanmar -- very effective.)
I asked why the bodies are headless. The answer is astounding, if true. They said British were paying them to kill Japanese, and the heads were proof of kill. A searcher told me his granddad had talked about killing many Japanese and cashing in on their heads.
Wow...if true, that is a war crime. Killing Japanese would not be a war crime, but paying cash for heads would be.
The evidence is credible. I have never heard of British doing this during World War II. If this is true, we know the time frame, and if cash was changing hands, there must be records in British archives. This would be at the end of the war in 1944-45, so the archival search is pretty well narrowed down.
Not that I am trying to make dirt on British. And besides, by now, it is doubtful many would be around, but historically it would be interesting to annotate.
The team said they have confirmed at least a hundred sites so far, and then the Japanese government makes the recovery. Japan does not have the same sort of recovery system that we have, and depend on NGOs or volunteers to find the sites.
I was told that they also expect to find some lost US folks. I said if you get the coordinates, I will check it out and pass it on to the US Army immediately if true.
Such searches can be dangerous: dead troops often are found with munitions, such as grenades. Japanese grenades used picric acid in their fuses, which can make them more dangerous today than ever.
Anyway, if the searchers find confirmation of any US or British troops, I will go check it out and pass it back, or just pass it back. I believe they have found some abandoned British graveyards. I found an abandoned Japanese graveyard, but they are finding large numbers of Japanese who were completely lost other than in old memories.