Thursday, January 23, 2020

カーボンカルト


The Carbon Cult -- Everyone should read at least five books on cults. I've read dozens: all titles escape me, but dozens.

カーボンカルト: カルトに関して少なくても5冊は本を読むべきだ。私は数十冊読みました。タイトルは忘れましたが,数十冊です。
なぜかって? 人生における教養の1つとして,およそ700年前,私がまだ十代のころからはじめて二十代に至るまでカルトについて学んだからです。

私がまだ若いグリーンベレーの隊員だった頃,年長の士官や下士官は共産党をカルトと位置づけていました。私は当時よく理解出来ませんでしたが今は違います。できるだけ多くの宗教とカルトを学ぶように言われました。代数を学ぶことが必要であることと同じようにカルトを学ぶことも必要だ,もしも代数とカルトを学ばなかったら身体が不自由になったとしても自分で気がつかないだろう,と。

その当時,カルトに関して多くのことを学びました。鳥を見つけるのと同様に簡単にカルトの振る舞いを見つけることが出来ます。私はカルトに関して1つのルールを見いだしました。カルトについて友人と議論するときに何時も私が言うので,友人は冗談で「ヨンの法則」と言ってます。

ヨンの法則:あなたが気付かないカルトは,今あなたが染まっているカルトである。

我々はカルトに囲まれています。ある人の宗教は他の人にとってのカルトです。
私たちは都合良く自らを切り離して「カルト」を定義します。我々はカルトの信者ではない,だれか別の者がカルトなんだ,と。芸術かカルトか:それは見る者の目に宿る。

確率的に言って,おそらくこれを読んでいる全ての読者が少なくても1つのカルトの信奉者でしょう。他の誰かが同じような事をしていたならば簡単にカルトの振る舞いを見いだすことができますが,あなた自身のカルトの振る舞いを自分で見分けることはできない。カルトにどっぷりと浸かっているならば,ぜったいに自分がカルトとは気づかない。

ヨンの法則への補遺:あなたの頭の後ろで小さな声が「おい,どうやら私はカルトの信者のようだ」と言うのが聞こえたら,あなたは立派にカルトに染まっています。

その小さな声は,あなたは未だ完全には洗脳されていないことを示しています。あなたは選択することができる。すなわち他の者に気付かれて再び洗脳されないように他の信者たちとカルトの儀式を執り行うか,あるいは疑念をはさむと殺されてしまうカルトに抵抗することの無益さを認識するか。いずれにしても,あなたは信者では無いことを隠して暗闇の海をゴムボートに乗って漂うことになる。

カルトの振る舞いには多くの症状があります。1つの症状としては,これはテクニックですが,暴力や追放,排斥の強要があります。
面と向かって叫びます。あなたは馬鹿だと。あなたはXXXXを信じなければいけない。多くの「歴史家」や「科学者」が自らの職をかけて何らかの考えに署名していると。

中国共産党はこのテクニックに長けています,ちょうどNBAに対していちゃもんをつけたように。強制と,ちょっとしたルール違反にも大袈裟に騒ぎ,どんな「歴史的事実」にも疑問を呈する。カルトのことを知らない者は立ち塞がる木々にぶつかっていくような人生を送るはめになる。

カルトは創造者によってこしらえられる。インドでは導師と呼ばれていました。ホットヨガの「導師」のビクラムのように。カルトの導師は典型的なトランスデューサ(エネルギー変換装置)でもあります。トランスデューサは他の分野から借りてきた言葉です。

カルトの導師たちはカルトを創造し,ついでトランスデューサとしてカルトのエネルギーをお金や権力など,ほかのものに変換します。

とても単純な公式です。これを読んでいる人はだれであろうとも,少なくても1つのカルトに,幾分か染まっている。
カルトがお互いを排除しないならば,1人の人間が同時にいくつかのカルトを信奉することもできる。例えばカーボンカルトの信奉者でもあるISISがいてもおかしくは無い。

ここまで書いてきましたが私は人類が作りだした気候変動という考えに異議を唱えてはいません。その考えを受け入れてはいませんが,否定もしていません。ただ広い目で見ているだけです。カルトの創造主たちは攻撃するでしょう。攻撃だ,攻撃です! あなたは馬鹿だ,洗脳されている,未来の子供達の世代のことを考えていない,仕事は首だ ― 何が何でも信じて仕事を続けるか破滅か。

彼らは,いくらか精神疾患の少女を賢者の声を受け取る触覚にするでしょう。こうゆうことをカルトは毎日やっています。世界中で。ビルマの戦争カルトたちを率いた双子の姉妹のように。このような例は過去千年にもあり,これからも続くでしょう。やがて彼女は去る。年月が経ち,だれかが過去を振り返り,「一体全体,なんであんなに明らかなトリックに引っかかってしまったのだろう。彼女を操っていたのはだれなんだ?」と言う。

しかし確かなことは,トランスデューサたちはカーボンカルトグループのエネルギーを他の政治的,経済的なモデルに作り変えていることです。

しばしばカルトは信奉者たちに,全く利益にならないことを強制します。お金を寄付しろとか,72人の処女たちに爆弾のベスト着せて殺人狂の神に頭をなでられるとか。

全て同様なカルトです。カルトの創造主はブレインウエア(頭の配線を組み替えるソフトウエア)の作者であり,どうやったら信者にできるか知っていて,その頭の持ち主を乗っ取るのです。かつてドイツの学者が共産主義とナチズムのブレインウエアを書き,そのウイルスが常に変異を繰り返し,素タックスネット(Stuxnet,ウィンドウズのウイルス)のように感染が拡大しています。

最も強力なタイプのブレインウエアは,次のように命令するプログラムコードが仕込まれているものです「新しい次の脳に感染せよ,もしもできなかったら破壊せよ」思い当たるふしはありませんか?

私はこれを「複製せよ,さもなくば破壊」コードと呼んでいます。カルトによっては,このプログラムコードが刻み込まれているものもあります。カーボンカルトにはこのコードが含まれています。

覚えておいてください。 カルトと気づかないたった1つのカルトは,今あなたがその中にいて信奉しているカルトです。頭の後ろから「これはトラップです」と,とても小さな声が聞こえてきたら,すぐに立ち止まり,後ろを向いてその場を立ち去るのです。



The Carbon Cult -- Everyone should read at least five books on cults. I've read dozens: all titles escape me, but dozens.
Why? Like many lessons or lines of study in life, this started about 700 years ago when I was a teenager and in young twenties.
For instance, when I was a young Green Beret, some of the older officers and NCOs would characterise communists as a cult. I did not understand this at the time but I do now.
They often told me to study as many religions and cults as possible. You will need this like you need algebra. If you do not study algebra and cults, you will not even realise you are crippled.
I learned a great deal about cults since those early years. Today, I can spot cult behaviour as easily as spotting a bird. I have learned one rule of cults on my own.
A friend jokingly calls it "Yon's Law" because I told him this so often when we discuss cults.
Yon's Law: The only cult you cannot see is the one you are in.
We are surrounded by cults. Everywhere. One person's religion is another person's cult.
We gerrymander definitions to excise our group from "cult." WE are never in a cult. Someone else is. Art or cult: eyes of the beholder.
Chances are, nearly everyone reading this falls within some spectrum of at least one cult. Or, let's say, if someone else were doing something similar, we easily spot their cult behaviour, but you will never spot your own. Not if you are fully inside the cult.
Addendum to Yon's Law: if that little voice in the back of your head says, "Hey, I think I might be in a cult" -- You ARE in a cult.
The little voice indicates you are not totally brainwashed. Now, you may choose to do rituals with the other cult members to avoid being stoned or just in recognising the futility of resisting a cult that will kill you if you question the wisdom, but you are just a deep cover non-believer on a life raft in a sea of darkness.
There are many symptoms of cult behaviour. One symptom, and technique, is coercion through violence, exile, exclusion.
People shouting in your face. Saying you are stupid. Saying you must believe the XXXX number of "historians" or "scientists" who all have signed up -- possibly at risk of losing their jobs -- to some way of thinking.
Chinese Communists are great at this technique, such as when they punked the entire NBA. Coercion. Hyper-reaction to any transgression or questioning any "historical fact."
Anyone who does not study cults will go through life bumping into trees.
Cults are made by creators. In India, these creators often are called Gurus. Like, say, Bikram, the Hot-Yoga "Guru." Cult creators typically are also what I call "Transducers." A word taken from other fields.
The Cult Creator(s) create a cult, and then as Transducers they take that cult energy and transform it into something else, such as money, and power.
It's a very simple formula. Everyone reading this is almost certainly in at least one cult to some degree.
A person can be in multiple cults simultaneously so long as the brainware cult-codes are not mutually exclusive. For instance, there likely are ISIS members who are also Carbon Cult members.
All this said -- notice that at no point have I challenged the idea that there is significant manmade climate change. I do not accept this idea, nor deny this idea. Good scientists will call that an open mind. Cult creators may attack. Attack. Attack! They might call you stupid, brainwashed, uncaring of future generations, will fire you from your job -- whatever it takes to recruit or destroy.
They will use some mentally challenged young girl as someone who is an antennae for received wisdom. Cults do stuff like this every single day. Around the world. Such as the child-twins in Burma who became war-cult leaders. Examples are a thousand years long, and then thousands more.
She will come and go. Years will pass. Some people will look back, saying, "How could I ever have been so taken in by such a transparent trick? Who was the Man behind the Curtain?"
But what is obvious is that Creators are Transducing the Carbon-Cult-group-energy to alter global political and economic models.
Cults often coerce and persuade adherents to do things that are not in their best interests, such as give up all their money, or wear a bomb for 72 virgins and to be patted on the head by some homicidal god.
It's all the same stuff. Cult creators are brainware-writers who know how to load the brainware, and then back the hijacked host do what their bidding. German philosophers wrote brainware for communism and nazism and that those virtues constantly mutate and spread like a forever Stuxnet.
The most powerful brainwares often contain code lines that say, "INFECT NEW MACHINE. IF MACHINE DOES NOT LOAD CODE, DESTROY MACHINE." Ring a bell?
I call these "REPLICATE OR DESTROY" codes. Some cults have them, some not. Carbon-cult contains this code.
Remember -- the only cult you never will see is the one you are in, and if there is even the tiniest voice in the back of your head saying, "This is a trap," STOP. Turn around. Leave.



Saturday, January 11, 2020

イラン -- まだまだ終わりではない

Iran -- this is far from over. Ideas that Iran fired those missiles at US forces as a "face saving" gesture are amazingly naive about the Iranian state terrorism.

イラン -- まだまだ終わりではない。(イランが米軍に対してミサイルを撃ち込んだのは「イランの面子を守るため」だ)という考えは,イランという国のテロリズムについて驚くほど無知です。

イランは単にテロリズムを支援しているのではありません。彼らは実際に世界中でテロ活動を展開しているのです。

イランの工作員がタイでテロを起こしました。だが幸運なことに、彼らは酔っぱらっていて一番被害が大きかったのは彼ら自身でした。 私は事件の前夜にイランの工作員達が酔っぱらっているビデオを見ました。彼らは翌朝、早く起きて攻撃を仕掛けたのですが、まだ酔っていたのでしょう。結果から判断すると。

バーで酔っぱらってたむろするペルシャ人やアラブ人たちが ジハードの戦士でない保証はどこにもありません。アルコールを飲んでいるから過激派テロリストではない、と思い込むのは世間知らずです。

まだ終わってはいません。これは「面子を一応立てるためにエスカレートしない程度に」攻撃したものではありません。あれは正真正銘のミサイル攻撃です。運が良かったことと、防衛体制をしっかりしたことで米国人の生命が失われるのを防いだのです。

Tim Poolのポッドキャストを観ました。Timは良い仕事をしています。シャープな男です。話す前に熟考して、明らかに「真実ーそれがなんであれ」を追求しています。
最近,Timが話していたことは、大規模な戦争は過去の物となりつつあるということでした。そして未来の戦争は,情報戦やコンピュータを使ったサイバー戦争が主となるだろう、と。話のエッセンスを理解した限りでは 兵器を使う戦争は過去の物になりつつあると言っているようです。

私は情報戦について2冊の本を書き(日本で発売),同様なトピックについて今、新しい本を書いています。情報戦は戦争にはつきものです。もちろん形は変えていきますが,情報戦そのものは目新しいものではありません。

Tim Poolはとても頭が切れるし,用心深く,真実を探ろうとしていますが、世の中があっと驚いた今回の事件に関しては少し論点がずれています。

これからも戦争は起こり続けますし、大規模な戦争もあるでしょう。
イランはもう一度攻撃してくるでしょう。10対1の確率で。
このイランとアメリカの衝突がどうなるか、私にはわかりません。段階的に戦闘が縮小するかもしれないし、もっとエスカレートして、この地域の飛行が禁止されて、カモメがオイルにまみれ,なかでもイランの各都市が燃え上がるかもしれない。

これから何が起きるか、誰にもわかりません。大統領も,イラン人も,誰も知らない。。。







Iran -- this is far from over. Ideas that Iran fired those missiles at US forces as a "face saving" gesture are amazingly naive about the Iranian state terrorism.

Iran is not just a state SPONSOR of terrorism: they actively run terror operations globally.

Actual Iranian operatives made a strike in Thailand. Luckily they were drunken idiots and did more damage to themselves than anything else. I saw some of the video of the Iranian agents getting drunk the night before, and then they woke up early for the attack. Apparently they were still drunk -- if we judge by performance.

Yeah, so don't think just because some drunk Persian or Arab is hanging out in bars that they could never be jihadist. Anybody who believes that has not be studying enough.

This is not over. That was not a "face saving" de-escalation attack. That was a straight up attack and they hit with numerous missiles. Only luck and defensive posture prevented American loss of life.

I've watched some podcasts by Tim Pool. Tim does a good job. Very smart. Clearly in search of "truth" (whatever that is), and thinks before he talks.

Recently, Tim talked along the lines that the big wars are a thing of the past. Future wars will be more along the lines of information warfare, computer, etc. Basically -- as I understood the essence of what Tim was saying -- the kinetics are becoming a thing of the past.

You know, I have written two books (published in Japan) on information war and I am working on another book on same. Information warfare is probably as old as war. Nothing new. It's morphing, of course, but nothing new.

Tim Pool is very sharp, circumspect, and digging for truth, yet a little off on this earth shattering point.

There will be more wars, and some big ones.

Iran will attack again. 10:1 odds.

Where this particular conflict will go is unknown to me. It could deescalate, or explode to the point where air travel around the region is shut down, oil is coating seagulls, and Iranian cities are burning, among others.

Nobody knows. Not the President. Not the Iranians. Nobody knows.


Sunday, January 5, 2020

イラン:「アメリカに死を」

Iran: Real Americans are not impressed with the "Death to America" psychosis, and trivial crowd response to the death of CIT (Chief Iranian Terrorist) Qasem Soleimani.

イラン:真のアメリカ人なら、精神病の一種である「アメリカに死を!」と叫ぶ病や、CIT(イラン人テロリストの長)のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)の死に反応している軽薄な群衆に心を動かされたりはしない。

CITのソレイマニと、 昔ながらの無茶をするジハドの戦士達がペルシャの覇権を握る道を整備して「ペルシャ」を戦争へと導いている。

過去数年間 私の仕事を継続して見ている読者は、私がどれだけの戦争を見てきたか、そして世界中の抗議運動の現場に足を運んで取材してきたことを知っている。その経験から重要な教訓を得たので、今この時に役に立つ。

CITソレイマニの死を悼む集会や儀式の動画や写真を見て言えることは、動員人数は小規模なもので、おそらく最大でも数千人程度であろう、ということである。

(重要:抗議集会が大規模であれば,メディアは常に -- 私の経験では -- ドローンで上から撮影したような広い領域の映像を撮るものだ。)

そんな映像よりもイラン政府によるペルシャのイスラム教石打ちの刑や,ジハドなどのナンセンスなカルト的行為の映像のほうが、井戸の奥底の水に達するように、イランについてずっと深い説得力を持った説明になる。

写真家,動画カメラマン、編集者、出版社は,一般的に言って「動き」を撮りたがる。香港からの私のライブ中継を見たことのある人は、何度も私がそのことを指摘しているのを聞いたことがあると思う。多数の人の群れは広いアングルで、少数の場合は狭いアングルで撮る。どんなフレームで撮っても人を引きつける絵(構図)にできる。「アメリカに死を」と叫ぶ,ほんの少数の太鼓持ちを集めても素晴らしい映像ができあがる。

イランの件は,これから色々な方向に進む可能性がある。

最悪の場合は大規模な戦争。多数の死者が出る。

その時に我々はイランの核開発能力を無力化する。彼らは核兵器を使用しようとするが、イスラエルが先制攻撃で核を使う。(イスラエルが実際に核爆弾を配備している場合。)

アメリカが戦争に引きずり込むわけではない。
その地域でイランに好感を持っている国は一つも無いのだ。

ちょうど北朝鮮のように、イランはロシアと中国に助けを求めなければやっていけない。
イランは北朝鮮と同じくらい悪党の国である。

イランよ。我々はあなたのCITを殺害しました。そちらも何か大きなことをやったらどうですか? 例えばトランプ大統領の持っているゴルフコースの1つにでも攻撃をしかけるとか。我々はあなたがそれを実行に移すくらい愚かだとわかっています。

カルトのリーダー達は井戸の奥底に向かって叫び、そこから反響してくる「こだま」に耳を澄ませている。こだまは戦争のアドバイスもしていて、鷲(アメリカ)をまた小突いてやれ、と言っている。やれ、やるのだ、と。

「アメリカに死を」  去年の11月から続いている精神の病





https://www.reuters.com/article/us-iran-usa-embassy/iranians-chant-death-to-america-to-mark-u-s-embassy-seizure-idUSKBN1XE0KK


Iran: Real Americans are not impressed with the "Death to America" psychosis, and trivial crowd response to the death of CIT (Chief Iranian Terrorist) Qasem Soleimani.
CIT Soleimani and the foreign adventures of the medieval jihadists who have stoned their way to Persian Power, is dragging "Persia" into war.
Folks who have followed my work for years have some idea how much war I have seen, and how many protests around the world I have ventured into. These years have brought a few lessons that are important at this moment.
I have been looking at photos and videos from the ceremonies around for CIT Soleimani. They are small. Maybe in the few thousands at most.
Important: when protests are huge, media ALWAYS -- in my experience -- publishes huge, wide angle shots. Drone footage, that sort of thing.
Surely the Iranian Ministry of Persian Islamic Stoning, Jihad, and other Cult Bullshit, could have reached deeper into the water well to find more persuasive footage.
Photographers, videographers, editors and publishers, generally like to fill the screen with the action. Folks who follow my live streams from Hong Kong, for instance, have seen me point this out many times. Big crowds get wide angle shots. Small groups get tight shots. Flames of any size are camera magnets. Chanting "DEATH TO AMERICA," even if only a handful of stooges are at it, always makes great copy.
The Iran issue can go many directions.
The almost-worst case: Big war. Many people die.
Worst case is that this blows over and we do cripple the Iranian nuclear program. They eventually get nuclear weapons and Israel nukes them in advance. (If Israel actually has a few atomic bombs laying around.)
It's not America who is dragging into war. Nobody in the region likes Iran.
Iran must suck up to Russia and China for support. Like, you know, North Korea.
Iran is a rogue state on par with North Korea.
Hello Iran: We killed your CIT. Do something. Something big. Like attack one of President Trump's golf courses. We know you are stupid enough to do it.
The cult leaders shout down into the water well and listen for the echo containing war advice. It's telling you to poke the Eagle again. Just do it.
"Death to America" psychosis from November:


Wednesday, January 1, 2020

面子を重んじる


SAVING FACE: During my years across Asia, many sorts of Westerners and Asians remark something like, "Western culture does not understand the idea of saving face."

面子を重んじること:長年アジアにいると、いわゆる西洋人とアジア人が「西洋文化は面子についてわかっていない」と言うのをよく耳にします。

どこからそんな考えを仕入れてきたのか私にはさっぱりわかりません。

私は米国南部出身ですが,南部文化の大元はスコット-アイリッシュが混ざったものです。
スコット-アイリッシュ文化の経緯を説明すると長くなります。 スコット-アイリッシュの文化は大きな特徴がありますがその影響下で育ったアメリカ人の多くは無自覚です。それについて説明するとこれまた長くなります。(イギリス人もスコット-アイリッシュの文化について無知と言ってもよい程度です。)

何が言いたいかというと、スコット-アイリッシュの文化は非常に面子を重んじるということです。

それが、その文化で育った人々が常に互いに殺し合っている理由の1つです。アメリカ人は面子を重んじることを良く知っているのです。なぜベトナム戦争があれほど長引いたのか,なぜ我々が「勝利した」はずのアフガニスタンで未だに米軍の車が走り回っているのか。

スペイン人,あるいはメキシコ人に面子についてきいてみてください。
彼らもよくわかっていますから。

タイからカンボジア,中国などのアジアでは、あたかも中華鍋で料理するかのように,面子はアジア特有の意識であると言わんばかりに「アメリカ人は面子がわからない」と言います。しかし私は巧みに箸を使って食べることができますよ。

ここで各国の面子の違いについて考えてみましょう。面目を失うと感じる原因は文化によって異なると思います。
大衆の感情が派手に発散されているときには各文化で共通するものが多いでしょう。
(人々を棒で叩いている香港警察に「止めろ」とどなることは,いくらか恥ずかしい行為なので私の面子は少し損なわれますが、しかし私自身の面子は失われません。)

我々の基本的な感情,怒り,厭悪,驚き,幸福などは人類共通です。しかしそれらの感情を引き起こすきっかけ(トリガー)は文化によって異なります。

様々な国で観察してきた私に言わせると,「面子」の意味は基本的に同じですが、ただし面子を失わせたり 面目を施すことは文化によって異なります。

例えば、パシュトゥーン族などは面子と名誉は同一視、あるいは関連付けています。だれかの名誉を汚すことはその人の面子を失わせることです。たとえばある人物の四人の夫人のうちの1人と羊飼いが浮気する、とか。そういう時、村人は羊飼いと夫人双方に石を投げつけて,それが終わったらお茶にします。もちろんテキサス人だったらそのケースは所有権侵害の犯罪として扱い、石を投げるという無駄なエネルギーはつかいません。

独裁者 習近平に次々と関税を課してお尻ペンペンするトランプ大統領。そして反旗を翻す台湾と香港によって中国共産党(CCP)は微妙な位置に立たされて面子を失いかけています。

香港で行なわれていることは、中国共産党CCPが面子を失っても一般の中国人の面子は保たれている、ということです。共産党だけが悪い、と。

我々は調和しながら協力する必要があります。CCPが倒れた後も人々の暮らしは営まれます。
ですから、CCP亡き後も、中国人,米国人,そしてその他の国民が最大限に調和して協力する必要があります。

説明すると長くなりますが、ひどく面子を潰されたCCPが怒り狂って国土を焦土化することのないように我々は祈っている、ということです。


SAVING FACE: During my years across Asia, many sorts of Westerners and Asians remark something like, "Western culture does not understand the idea of saving face."


I don't know what planet they get that idea from. I come from the South, where the predominant culture will generally be some blend of Scot-Irish.
Long story on how this Scot-Irish culture developed -- this is particularly strong culture. Many Americans who are from the culture do not actually realize this. Again, long story. (By the way, very few British actually know what Scot-Irish culture is.)
Bottom line: Scot-Irish culture is HUGE on face saving. That's part of why people from this culture so regularly kill each other. Americans know exactly what face saving is. Why do you think Vietnam lasted so long, and we are still tooling around Afghanistan like we are "winning"? We are busy losing face by saving face.
Ask the Spanish about face saving. Or Mexicans. They got it down to a science.
And yet for some reason across Asia from Thailand to Cambodia to China and beyond, people will say with a straight face, "Americans don't understand saving face." As if that is some deep Eastern knowledge like cooking with a wok. I can eat with chopsticks with the best of them.
Now...here comes a difference: What CAUSES us to lose face might be different between cultures. There is a great deal of overlap, such as grand shows of public emotion. (Such as my shouting at Hong Konger cops to stop beating people causes me to lose face with some, but I am okay because it does not cause me to lose face with me).
Our basic emotions are the same, such as anger, disgust, surprise, happiness, etc., but what triggers those emotions can vary culturally.
Based on my observations in many countries, "face" is basically the same. Things that increase or decrease face can vary.
Pashtun and other cultures often call this (or is related to) "honor." Dishonoring someone can cause them to lose face, such as when one of their four wives sleeps with the shepherd. So the villagers stone the both of them and then go to tea. Texans call that a crime of passion and they don't waste time with stones.
The Chinese Communist Party is in a delicate position of losing face with Hong Kong, Taiwan, and from the hard tariff-spanking President Trump put up Dictator Xi.
A trick here is to cause CCP to lose face with the support base while not causing Chinese people in general to lose face. We need to work together in harmony. Life will go on long after CCP is gone. Chinese, Americans, and others must maximize our harmony after we get rid of CCP.
We do not want CCP to lose so much face that they go nutters and burn all their ships. (Long story.)



"

Understanding the Chinese Culture

"




Friday, November 29, 2019

香港理工大学

香港:警察の包囲攻撃からほぼ2週間たった香港理工大学
Hong Kong: State of PolyU after almost two weeks of Police Siege

エリックとマット,それに私はセントラルでの「アメリカに感謝する行進」を取材することから始めました。これは数万人に及ぶ大規模なもので、おそらく多くの人々が携帯電話を使っていたせいでしょう、ライブストリーミングができませんでした。

そこから我々は桟橋から船でカオルン(九竜)に渡り,もう一つの平和行進のライブストリーミングをして,最終的に香港理工大学まで30分ほど歩いて行きました。
香港理工大学では、驚いたことに警察に阻止されることなく入っていけました。
おそらく我々が許可証を持っていると思ったのか? 実は、知らない親切な人が我々を中まで案内してくれたのですが、今から考えてみるとそのとき警察の封鎖線を越えたらしいのです。既に許可された一握りのジャーナリストが中にいたので我々が彼らの仲間だと思われたのでしょう。(まるでジュダイの心理トリックです。)

キャンパス内には夥しい数の火炎瓶(モロトフカクテル)がありました。警察は,文字通り木箱と荷運び台を使ってそれらの火炎瓶その他をかたづけていました。
我々は爆発物処理班を探しだして質問しました。
「簡易爆破装置ー爆弾を見つけたかどうか?」
そのやりとりは私のライブストリーミングにも撮影されています。爆発物についてのかなり専門的な質問に対して彼は明確に否定しました。
「爆弾はなかった」 

我々は何時間もかけて、いくつもの建物を見て回り、各階の様子を調べながら7階の階段を上り屋上に。広大なキャンパスの敷地を全て調べてまわったわけではないけれども、激しい攻防戦が行われたその現場を見ることはできました。数時間後,エリックとマシューと私は大学を出て朝食をとりながら、今見て来たことについて話合いました。

理工大学について、現場はまるで戦争地帯でバクダットのように破壊されているという報告があります。だがそれは違います。
香港理工大学の一部は確かにダメージを受けていますが、私たちが見た部分の99%は問題ありませんでした。ちょっとした,たとえば一部の水道から水が出ないことぐらいです。

コンピュータ,本などは,99.999%無事でした。あちこちに置いてあったノートパソコンなど高価な物はどれも無事にその場にありました。
我々が調べた建物内の監視カメラは99%壊されていましたが。

瓦礫が散らかっているように見えますが,清掃すればすむ程度です。懸命に片付ければ数日で授業が再開できるでしょう。ゆっくり片付けても一週間でしょう。大学は損傷を受けていません。

自由を求める若者は警察から逃げる「水であれ作戦」を放棄し、とどまって警察と対峙することを選択しました。彼らはとても勇敢だし,なによりモラルが高い。冷蔵庫の中に詰まっている食べ物もそのまま。盗難防止装置のついていないノートパソコンもそのままでした。

11月18日、デモ隊は「水であれ作戦」を放棄して、私がそれまで見た中で一番激しい戦いを香港理工大学とネイダンロードで繰り広げました。私はその日、理工大学には行っていませんが、ライブストリーミングをしていたネイダンロードでは2〜3時間の間に千発の火炎瓶、千発の催涙弾、いや、それ以上が発射されるのを見ました。

ネイダンロードの攻防戦は理工大学から同志を逃すための目眩しのためで、ある程度は目的を果たしたでしょうが、総崩れと100名あまりの逮捕者と負傷者を出すという代償を払うことになりました。

「水であれ作戦」を続けましょう。一つの拠点を固守するのでなく、敵が攻め寄せたら退き、敵が退いたら攻める、という古来の戦法です。

香港の自由主義は勝利を得つつあります。

11月24日、日曜日の香港区議選は、自由と民主主義を希求する香港人の圧倒的勝利となりました。

米国は、議会が定めた香港人権法に大統領が署名して、明白に香港の側に立っています。

4千人も逮捕され、負傷者多数、人数は不確定ですが殺されたり行方不明になっている人もいます。そんな香港に勝利の可能性は増えつつあります。

だが油断しないように。1日だけ勝利を祝い、真夜中になったら、負けつつあるときのように再び戦いに集中するのです。

街に米国がやってくる。



Hong Kong: State of PolyU after almost two weeks of Police Siege
Eric, Matt and I started at the “Thank you America” rally in Central. It was so huge that our live-streaming was not working. Possibly too many people on cell phones. My guess is the turnout was in tens of thousands.
We headed to the pier and took a boat to the Kowloon side to another peaceful rally and live-streamed from there, and finally walked about thirty minutes to PolyU.
Amazingly, the police did not stop us from walking right inside PolyU.
My guess is that Police assumed we had some kind of pass. In reality, a kind, random stranger had guided us in, and I think in retrospect we pierced their cordon, and once inside, Police just assumed we were “supposed to be” with the handful of journalists who were there. (Jedi mind trick stuff.)
There was a huge amount of Molotov cocktails. Police were removing molotovs and other items by the crate and pallete. Literally.
We searched for and found an EOD man.
I asked EOD if he found any IEDs. There were Molotovs by the — just massive amounts.
But I was very specific and asked EOD if there were any explosive bombs. He was very explicit with his answer, which is on my live stream. NO. There were no explosive bombs. This came straight from EOD onto my live-stream.
We spent hours going through buildings, walking up seven flights of stairs and checking each floor, and finally on rooftop.
We did not inspect the entire massive campus, but we saw what obviously was epicenter of fighting.
After several hours, Eric, Matthew and I finally walked out to breakfast to discuss.
There are reports that the place looks wrecked like war zone, like Baghdad. No. Untrue.
Parts of PolyU are a mess but is 99% fine from what we saw.
No structural damage. Some relatively minor, localized water damage.
Computers, books, all that, 99.999% ok. Laptops all over the place untouched. Expensive gear all over the place in fine condition.
CCTV surviellance, 99% wrecked. The cameras, anyway, in the buildings we inspected.
Basically, the issue is mostly janitorial. Looks like a wreck but in reality you could start classes there in a few days if you work hard. A week if you work slowly. The university is intact.
Liberators abandoned the “Be Water” strategy and decided to defend ground. They are very brave, and very moral. We saw refrigerators filled with good food that had not even been touched. Unsecured laptops in perfect condition.
We saw the Be Water strategy disregarded at PolyU, and on Nathan Road on 18 November in the most intense Hong Kong fighting I have seen so far. At least a thousand molotovs, and a thousand tear gas shots, and loads more in just a few hours that night on 18 November on my live streams. Many casualites and prisoners taken due to abandoning Be Water at PolyU and on Nathan on 18 November. (I was not at PolyU fighting.)
The Nathan attacks were diversions to help others escape PolyU, and may have worked to some extent, but at cost of the 18 November stampede and about 100 arrested and wounded.
Keep being water. Do not try hold ground. Be Water is a centuries old tactic and effective. Just pull back, and retake the ground the moment they leave.
Hong Kong Liberators are winning.
The Sunday election was landslide in favor of freedom and democracy.
The USA is now firmly on Hong Kong’s side and has stated so clearly. After more than 4,000 arrested, and many wounded, some killed (unknown number), and others possibly (unknown) vanished, successes are mounting for Hong Kong.
Do not relax. Enjoy the victories for one day, and at midnight resume fighting like you are losing a fight for your life.
More Americans are coming.




Sunday, November 17, 2019

香港:対反乱活動101を展開する人民解放軍

Hong Kong: PLA Doing Counterinsurgency 101

先週,香港では反乱と対反乱の双方において激しい対立がありました。反乱側 -- つまり愛国者たち -- の多くは民主主義者であり米国を支持していて,中国共産主義が香港を飲み込もうとするのを防ぐためにフグのように体をパンパンに膨らませています。

対反乱側は中国共産党で,PLA -- 人民解放軍 -- と香港警察をつかって,偽旗作戦やメディアをコントロールすることで愛国者達とそのサポーターに対しての憎しみを民衆の間に引き起こそうとしています。

PLAと香港は,白人はCIAのエージェントであるとして敵愾心を煽っています。香港警察が他の者にもCIAとのレッテルを貼るように私をCIAと呼んでいるのがビデオに残っています,

今日,これまでで最も激しい反乱の一週間の後,2019年11月11日,人民解放軍は運動服を着て姿を現しました,香港の通りの清掃活動をする様子のビデオ作戦を展開するために。

PLAの広報班は香港では良く知られています。ただしカメラマンに迷彩服を着ないように伝えるのを忘れたようです。少なくても1人のカメラマンは制服を着ていまいした。彼は香港はチベットや新疆ではないことを忘れていたのでしょうが,カメラを持っているのは彼1人だけではありませんでした。

これは対反乱作戦 101です。

米軍や英国軍,世界中の他の国の軍隊もタイ反乱作戦行動を実行しています。清掃活動の作戦は何も知らない人々にとっても分かりやすい物でした。香港人のチャットルームでは(私もある英語でのチャットルームのメンバーです)この話題で持ちきりでした。私のような,対反乱作戦を実行するようにトレーニングを受け,イラクやアフガニスタンなどで実施されるのを見て来た者にとっては,この清掃活動は驚くべき明々白々な対反乱作戦でした。

これだけでは終わらないでしょう。このような行動は,もっと大きな漸進政策と分割統治作戦の一部です。反乱によって怪我をしたり所有物が破壊されたり者に人民解放軍がお金を配り始めたとしても驚きはしません。

最後に重要な点:香港警察が香港中華人民共和国/人民解放軍の指揮下におかれても驚きはしません。人民解放軍と香港警察が一緒になっても驚きはしません。

その確率は -- 私はイラクとアフガニスタンで同じような事を沢山見て来ました --人民解放軍がその軍事力を発揮したとすれば,彼らは香港警察のことを仕事をしないばかりか問題を引き起こしていると見下すでしょう。

初めてやってきた部隊の兵士たちは自分たちこそ天才でこの世の支配者と思い,破壊し,事態をさらに悪化させる。

人民解放軍からの指示に従ったり,人民解放軍と共に働く香港警察は裏切り者と見られるでしょう。裏切り者は家族を中国などの別な国に移すことを考えた方が良い。経験から言っています。。。裏切り者の頭が道をころがっているのを見てきました。

単に虐待をする警察官であることと,自国民にではなく侵略軍の側につく虐待をする警察官というのは全く別の話です。経験上 -- 考えてみてください,侵略軍の側につくアメリカ人の警察官を。あなたならどうしますか? イラクやアフガニスタンでは,人々に裏切り者と見なされた多くの者は虐殺されました。

これは戦争です。
香港の楽しいクリスマスは追って通知があるまで延期されました。

Hong Kong: PLA Doing Counterinsurgency 101
The past week marked a sharp uptick in both insurgency and counterinsurgency in Hong Kong. The insurgents -- Patriots -- are mainly pro-Democracy, pro-USA who are puffing up like a blowfish to prevent Communist China from swallowing Hong Kong.
The counterinsurgents are the Chinese Communists, using the PLA -- People's Liberation Army -- in tandem with Hong Kong Police, to stage false flag actions and control media to evoke hatred against the Patriots and anyone who supports them.
The PLA and Hong Kong openly flames hatred against caucasians in an attempt to frame caucasians as CIA agents. My own live video has caught Hong Police calling me CIA, as they often do with others.
Today, after a week of the most intense confrontations yet, the PLA came out today, Saturday 11Nov2019, dressed in gym clothes to make a video operation of their helping clean up Hong Kong streets.
The PLA cheerleading squad is a familiar face in Hong Kong. They forget to tell their cameraman not to wear camouflage. At least one of the cameramen literally was wearing his uniform. Must have forgotten the small detail that Hong Kong is not Tibet or Xinjiang, and he is not the only man with a camera.
This is counterinsurgency 101.
The US, British, and other militaries do it daily around the world. The action was transparent even to people with zero experience. Hong Konger chat rooms (I am on some in English) exploded today about this. For someone like me, who was both trained to do this, and who has seen it in many countries such as Iraq, Afghanistan, Thailand, today's action was amazingly transparent.
This will not be an isolated event. Actions like this will be part of a larger strategy of incrementalism, and divide and conquer. Do not be surprised if PLA begins handing out cash to people whose bodies or properties were hurt due to the insurgency.
Saving the important point for last: Do not be surprised to see the Hong Kong Police come under open or obvious control of CCP/PLA, and do not be surprised if at some point a rift occurs between PLA and Hong Kong Police.
Chances are -- I have seen this many times especially in Iraq and Afghanistan -- as PLA exerts muscle, they will look down on Hong Kong Police for being inadequate for the job, and the proximate cause of the problems. I've seen this happen countless times in Iraq and Afghanistan both with British and American forces. The incoming unit always looks at the outgoing unit as too something. Too violent. Too weak. Too bold. Too timid. Too something.
And the incoming unit comes in all fresh and thinking they are geniuses and masters of the universe and often proceed to wreck the place and make it far worse.
Hong Kong Police who openly take orders from or work with PLA will be seen as traitors. Traitors should think about moving their families to another country, such as to China. Am just saying from experience...I've seen the heads of traitors rolling in the streets.
It's one thing to be an abusive cop, but it's quite another to be revealed as an abusive cop who sides with an invading army against his own people. Thought experiment -- imagine American cops siding with an invading army. What would you do? In Iraq and Afghanistan, people seen as traitors often were slaughtered by the dozens.
This is war.

Joyful Christmas in Hong Kong is postponed until further notice.


Saturday, October 26, 2019

クルド人の置かれている状況についての論考

"Some thoughts on the Kurdish Situation"

今起こっているクルド人についての世間の見方ですが、「世界の警察」が “問題はご近所同士で解決してください”
、と言っていることへの反応です。

最初に断っておきますが,私はクルド人の味方でもありませんし,ここ何年もクルドの地域には足を踏み入れていません。私は世間の報道を信用しません。マスコミの報道もトルコ,ロシア,アメリカなど,どの国の報道も、です。
だから2004年にイラクに行ったのも、自分の目で確かめたかったからなのです。

「クルド人の置かれている状況」について強い懸念を示している人が多いようです。そういう人は次のことを自分自身に問うてみてください。

1)世界地図で「クルド人」の居住地域がどこか すぐにわかるか

2)クルド人は何語を話しているか

3)自分の知識がどこから来て、どの程度のものか わかっているのか

クルド人問題、これは複雑です。混乱しているところはどこでも「複雑」です。平和な所も同じように複雑ではあるが
,それでも平和です。

ヨーロッパは中東に比べたらもっと複雑です。
カリフォルニアもその点では人後に落ちません。(これはカリフォルニアを皮肉って誇張しているわけではありません。事実です。)

忘れないでください。パックスアメリカーナ(アメリカの平和)で米軍と同盟軍が長年駐留するまで、ヨーロッパは
中東よりもはるかに酷い状態でした。単純化し過ぎに聞こえるでしょうが、当たるとも遠からずです。

詳しい説明は長くなりますので、事の本質をかいつまんで言うと

1)アメリカが クルド人を裏切った と言うが、我々とクルド人にはサダム・フセインを敵とする、などの様々な共通の利益がありました。
そして、クルド人が山で凍死しかけていたときには、米軍の第10特殊部隊が救出しました。その特殊部隊はクルド人に好意的です。もちろん私もです。
しかし米軍がクルド軍と一体でないと、クルド人を裏切ったことになるのでしょうか。

大枠の「クルド人」という民族は、イラク、トルコ、シリア、イランだけでなく世界中、テネシー,ロンドン,ドイツ,タイ、などに2500万人が散らばっています。
中には 過激な共産主義者もいますし、米国やトルコなどからテロリスト認定されているクルド人もいます。全てのクルド人の頭に合う 「帽子」は ありません。

2)ISISは共通の敵です。アルカイーダもしかり。クルド人のなかにはアルカイーダに参加した者もいます。興味深い話がいろいろあるのです。

フランスやドイツ,ベルギー,オランダなど,ヨーロッパの多くはISISのようなグループについての心配はしています。
しかしポーランド,チェコ,スロバキア,ハンガリーは違います。 いわゆる政治的正義のポリコレに縛られて国益を損ねる、ようなことをせず「国境の壁」を作り自国を守っています。基本的に、自らの生活圏である「水槽」を第一に考えているのです。

米軍撤退についてヨーロッパの報道機関が文句をいっていますが、ヨーロッパ各国の軍と若者たちは,のんびりディスコで踊ったり,スキーをしたり,浜辺で肌を焼いています。何故 クルド人とともに戦おうとしないのでしょうか?

結局のところ,クルド人難民は ISIS同調者も一緒に、ヨーロッパの国々に雪崩を打って押し寄せています。それらの国々は自国の安全保障も充分 果たさず、ましてや国境を防衛することもしていません。それなのに何故 アメリカ軍がクルド人とヨーロッパのために血を流さなければならないのでしょうか?

はっきりさせましょう。私はクルドの独立と主権に反対するものではありません。だがポーランド人だったらこう言うでしょう。
「悪魔は あらゆる細部に潜んでいる」

クルド人の独立は、どうやって,具体的に成し遂げるのでしょう。いったい計画はあるのでしょうか。両親の払う税金をつかってクルド人独立のために戦いに行くヨーロッパの若者は,いったいどこにいるのでしょうか。

一方 「クルド人」は、自治国家を目指して戦っていながらクルド人同士殺し合っています。何のために努力しているのか?

私自身は、今まで出会ったことのあるクルド人達に好感を持っています。だが、クルド人は無垢な犠牲者である、という呪いにはかかっていません。私の知っているクルド人の一人はデュース4部隊の通訳でしたが、後に、アルカイダの同調者であったことが判明しました。 

はっきりと敵か味方か、判然としない、そしてアメリカを売る者もいるのが現実です。

世界で一番 寛大に、時間,自国民の生命、自国の税金などを他国に注いでいる国なのに、アメリカはしばしば 反対の評価を下されます。

クルド人の問題は永遠に続きます。現在 米国の血と富は、ISISとの戦いとクルド人を守るために注がれていますが、一方でこの問題でもっとも被害を被るのはアメリカでははなくヨーロッパと中東の国々です。
アメリカは自給自足できますし、ヨーロッパや中東と比べればテロリストの割合が低い国なのです。

これは世界的な利害が深く絡んでいて単純な問題ではないことは分かっています。だが、或いは、ひょっとして 単純なのでしょうか?
世界中から色々なメッセージが届きます。インドのナガ族から彼らの止むことの無い戦いについてメールが来ました。 ナガ族は彼らの苦境を取り上げてほしいのです。他にも、カシミールからのメッセージなどもあります。私は香港に居ますが,今、中国人民軍のヘリが,ここ何時間もヴィクトリア・ハーバーの上空を上へ下へと旋回しています。

クルド人問題に関してですが、ドイツ連邦国防軍はどこにいるのでしょうか。浜辺やスキー場や酒場で遊んでいる若者を、自国を防衛する英雄にさせるべきです。
米国が米国の若者の生命と税金を注いで行ってきたことを自国がするのです。

いずれにしろ,以上は大雑把な論考です。 私は今、香港にいます。香港では反乱が巻き起こっています。香港人が香港の為に身の安全を犠牲にして戦っているのです。連絡の電話も入り、もっと取材を続けなければなりません。

私はクルド人の身に起こっていることに深い悲しみを覚えますし,我々皆がクルド人に寄り添うことを望んでいます。
 しかし 「悪魔は 細部に潜み」、ヨーロッパ人はビーチで遊んでいます。

以下の記事は、昔,イラクの北,クルド人勢力と一緒の時のものです。

https://www.michaelyon-online.com/hello-ameriki-from-the-kurds.htm




===================================================================

Some thoughts on the Kurdish Situation: and this is how it looks when “World Police” let the neighborhood sort itself

Firstly, I am not with the Kurds and have not been in the Kurdish region for years. I do not trust media reports, government reports — whether that be Turkish, Russian, American, anyone. That’s partly why I went to Iraq in 2004.

Many voices are issuing strong statements about “the Kurdish situation.” Those issuing strong statements should ask themselves:

1) Can I honestly quickly point to a globe and show the “Kurdish region”?

2) Do I actually know what language(s) they speak?

3) Do I REALLY know what I am talking about?

This is complex. Well, every place that is a mess is called “complex.”

Peaceful places are just as complex, but peaceful.

The Middle East is probably far less complex than Europe, or maybe even California for that matter. (Not too much exaggeration with the California quip.)

Remember, Europe was as “complex” as the Middle East until Pax Americana settled in. Europe was far WORSE than the Middle East ever has been until the US Military and other presence stayed there for generations. That’s just the facts — dangerously simplified, but not to the point of inaccuracy.

This could go on for many thousands of words. Let’s boil it down to the salt:

1) How exactly have we betrayed the Kurds? We’ve had mutual interests on various fronts such as with Saddam. And remember when the Kurds were freezing in the mountains — my friends from 10th Special Forces were sent to help. Our Special Forces generally like the Kurds very much. So do I. But are we betraying “the Kurds” by not being the Kurdish Army?

“The Kurds” is a big word encompassing about 25 million people spread around the world, including in Tennessee, London, Germany, Thailand, not to mention Iraq, Turkey, Syria, Iran, and more.

Some Kurds are hardcore communists. Some are considered terrorists by the US government, and by others, including Turkey. This could go for pages. There is no hat that fits all Kurds.

2) ISIS is our common enemy. Another is al Qaeda. Some Kurds joined with al Qaeda. Some interesting long stories there...

Most of Europe also has concerns about groups like ISIS. France and Germany. Belgium. Netherlands. Not Poland, Czech Republic, Slovakia, Hungary — those countries are smart enough and not self-hobbled by Poinsonous Correctness. They “built that wall”. Basically, they mind the aquarium.

While European press cackles again, why are European Armies and young people not with the Kurds in vast numbers instead of in the discos and on the ski slopes or tanning on beaches? Ruck up or shut up.

After all, Kurdish refugees — and ISIS-types— flood straight to European countries. Many of those countries do not meet their own defense obligations even within their own borders. Why is it exactly that Team America should be the Kurdish and European Armies?

To be clear, I am not against a Kurdish homeland and sovereignty , but as Polish might say, “Devil is in the details.” How? Exactly? What is the plan? Where are the European youth who will go make it happen on their parents’ taxes?

Meanwhile, “the Kurds” variously hobble their own efforts. They waged their own civil war. Killing each other while fighting for autonomy.

On whole, I like Kurds I met — yet one turned out to be an al Qaeda sympathizer (Deuce Four translator) — but am under no spell that Kurds are perpetual innocent victims. The field is not neatly divided into green and red jerseys, and bad sell-out Americans.

Amazing that the most generous country in the world — generous with time, blood, gold, and more — is often labled opposite.

The Kurdish problem is perpetual. US blood and gold is being used to safeguard Kurds and fight ISIS when the biggest losers are NOT Americans, but Europeans and the Middle Eastern countries. America has interests there but we have energy and food security, and far fewer ISIS (etc.) risks than do European and Middle Eastern countries.

I realize fully that we have global interests and this is not amazingly simple. Or, is it? I got messages today about the perpetual Naga fight in India. Nagas want attention for their plight. Other messages come in about fights in Kashmir, etc. I am in Hong Kong and what appears to be a Chinese military helicopter(s) has been flying up and down Victoria Harbor for hours.

As for the Kurds, where is the Bundeswehr? Get off the beaches. Get off the ski slopes. Get out of the bars. Get out to protect your countries and be the heroes that is demanded of American young people and citizens who pay the bills.

Anyway, these thoughts are roughs: I am in Hong Kong where an insurgency is unfolding. The phone is ringing and there is much to see here.

I am very saddened by what is happening with Kurds and wish that we and others would bind together with Kurds, but the devil is in details and Europe is on the beach.

From some of my time in the Kurdish north of Iraq:


https://www.michaelyon-online.com/hello-ameriki-from-the-kurds.htm