Friday, December 9, 2016

パールハーバー:1941年から続く改ざんと陰謀

アメリカ人の多くが依然として1941年12月7日に奇襲攻撃を受けたとのルーズベルトの陰謀と改ざんを信じていることは驚きです。あの日に死亡した兵士たち、およびそれに続く戦争で死亡した兵士たちにもひどい仕打ちです。

この日に、我々は奇襲攻撃を受けた、との作り話を未だに信じている向きは、ジョンウェインの神話、すなわち敵の攻撃は不意にやってくるものでこちらが挑発したものでは無い、ということを信じていることと同じですし、ルーズベルト大統領によって仕掛けられた道義上の罪を犯していることになります。

ルーズベルトの広めたフィクションを信じるのは、月面着陸は嘘だったとか世界貿易センタービルへの攻撃は実は政府の手によるものだったなどといったことと同様に非常に馬鹿げたことです。

パールハーバーの攻撃の何年も前から我々米国は弾丸と爆弾で日本を攻撃してきました、例を上げると1932年のロバート・ショート(Robert Short)の件、1932年の日本占領下の台湾(Formosa)を爆撃したビンセント・シュミット(Vincent Schmidt)の件などです。


そのようなフィクションを信じ続けることは、あの日に犠牲となった者達、我が米国民、その他多くの者に対して失礼なことです。

Pearl Harbor: Revision and Conspiracy still continue since 1941
It is amazing that millions of Americans still believe the Roosevelt conspiracy and revision that the US was sneak attacked on December 7, 1941. This is a great disservice to our fallen service members who died that day, and during other battles.
To carry the fiction that we were sneak attacked, and to carry the John Wayne myth that the attack was unprovoked, is a moral crime initiated by President Roosevelt. At best, to believe Roosevelt's fictions is tin-foil hat material that ranks up there with ideas of faked moon landings or that the World Trade Center attacks was an inside job. 
We had been attacking Japanese with bullets and bombs for YEARS before the attack on Pearl Harbor. For instance with Robert Short in 1932, or bombing Formosa led my Vincent Schmidt in 1938.
To continue to carry these fictions is to disrespect our people who sacrificed so much on that day, and on many others.





Wednesday, December 7, 2016

奇襲攻撃: もう一つの真珠湾物語

もうすぐ出版予定の「石に刻まれたメッセージ」より抜粋 :
1904年、セオドア・ルーズベルトは、日本のロシア艦隊への宣戦布告無しの奇襲攻撃には こう言いました。「日本の勝利は大変 喜ばしい。」

新聞のタイムズ オブ ロンドンも、「日本海軍は大胆不敵な行動によって開戦した。海軍の歴史に栄誉をもって記されるだろう」と同調しました。

その日露講和の仲介役をしたルーズベルトは「日本人は要求が多過ぎる。しかしロシア人はその10倍も悪い、奴らは馬鹿でしかも本当のことは言わない」。ロシアに怒り狂って言うには「現体制のロシア人は中国人と同じで信用できない!黒人も黄色人種も白人も人類だが 奴らは人間と呼ぶに値しない!不誠実で傲慢で、要するに全く信用できないのだ!!」 
そして、「私は日本びいきだったが、講和の仲介を体験してから、かつて無いほど大の日本贔屓になった」と語っています。

続けて、ルーズベルトは日本についてこう述べました。「日本人は文明的な素晴らしい国民だ。他の文明国の国民と同様の地位を得るべきである」と。

1900年、ルーズベルトは言いました。「 日本は朝鮮を統治すべきだ。そうすれば日本はロシアを抑えておける。日本はロシアに勝ったのだからそうする権利がある。」

1910年、日本は朝鮮を併合しました。
そのわずか60年足らず前まで鎖国をしていて封建制度の国だった日本は、これを機に世界の列強の仲間入りをします。

添付は 1904年 日露戦争 旅順港外での海戦、奇襲攻撃の図



The other Pearl Harbor
From my upcoming book, "Written in Stone":
President Teddy Roosevelt was fine with the 1904 Japanese sneak attack on the Russian fleet, without declaration of war, and is quoted, “I was thoroughly well pleased with the Japanese victory.” 
The Times of London chimed in, “The Japanese Navy has opened the war by an act of daring which is destined to take a place of honour in naval annals.”
During negotiations, according to Roosevelt, “The Japanese ask too much, but the Russians are ten times worse than the Japs because they are so stupid and won’t tell the truth.” Roosevelt was furious, “Bad as the Chinese are, no human beings, black, yellow, or white, could be quite as untruthful, as insincere, as arrogant – in short as untrustworthy in every way—as the Russians under their present system. I was pro-Japanese before, but after my experience with peace commissioners I am far stronger pro-Japanese than ever.”
Roosevelt went on about Japanese, “a wonderful and civilized people, entitled to stand on an absolute equality with all the other peoples of the civilized world.”
In 1900, Roosevelt said, “I should like to see Japan have Korea. She will be a check on Russia, and she deserves it for what she has done." Japan annexed Korea in 1910. Fewer than 60 years before, Japan had been a hermit, feudal country, and now was taking its place as a world power. 
The 1904 attack:


Sunday, December 4, 2016

真珠湾攻撃から75年

真珠湾攻撃から75年
Pearl Harbor: 75th Anniversary of Pearl Harbor attack is upon us

当時、我が米国の為政者と軍の指導者は、真珠湾に駐留していた部隊を 見殺しにしました。ひじょうに悲しむべきことです。 日本の攻撃が差し迫っていることは世界中が 知っていました。新聞は攻撃が近いことを報道していました。

真珠湾攻撃が 卑怯な急襲ではなかったことを知ったアメリカ人の多くは、日本が「真珠湾を攻撃するとは 知らなかった」と、以前とは違った理由で日本を非難しようとしますが、これは奇妙なことです。なぜなら 下に添付した秘密指令文書で、真珠湾攻撃のちょうど一週間前にカリフォルニアへの攻撃に対して準備していたことが明らかだからです。

日本から真珠湾 (PH)やサンフランシスコ(SF)を攻撃するための 最適 航行ルートは知りませんが、地球儀を見てみると、PHまでの最短航行距離はおよそ3,800マイル、SFまではおよそ5,000マイルということがわかります。カリフォルニアへの攻撃には準備しておきながら、ハワイ(およびフィリピン)には何の準備もしなかった、というのでしょうか。

更なる非難の理由は、日本の宣戦布告が 少し遅れた、というものです。そんなことを誰が気にするでしょう?! 我々は攻撃が差し迫っていることを「知っていた」のです。これ以上議論の余地はありません。これは事実です。

我々の同胞は真珠湾で 死んで 
生贄の仔羊にされました。攻撃が近いことは新聞の見出しに大きく載っていました。

イラクとアフガニスタンでは、敵が、今から吹っ飛ばすぞ、と宣言するのを待っていたりはしませんでした。 我々は攻撃されると「知って」いました。もしも司令官が警備隊に伝えるのを怠ったとしても(バスティオン基地でそれは実際に起こり、ハリアー戦闘機と海兵隊員二名を失った)、それは敵のせいではありません。

アメリカが 宣戦布告をしたのはいつのことだったのか? 最後の宣戦布告は1941年12月7日以降のことです。
( もっと専門的に、正確に言えば、第二次大戦時を除いて、米国は宣戦布告をしていません。だが、真珠湾攻撃の数日後に ドイツとイタリアに、数ケ月後にハンガリーとブルガリアに、そして1942年6月5日にルーマニアに宣戦布告し、それが最後の宣戦布告となりました。 それ以来、米国は、力の行使を宣言しても、戦争の宣戦布告はしていません。)

すなわち、第二次大戦後に我々が戦ってきた戦争、そして、今も戦っている数々の戦争では宣戦布告は一切されていないということです。あれからいったい幾つの戦争を戦ってきたのでしょうか。

第二次大戦後に 米国が関与した戦争を全て リストアップするのは 大変 困難です。真摯な歴史学者と、おそらくCIAの助けが必要でしょう。

例えば、今日、私はあるリストをみていて何かが足りないことに気がつきました。チベットでの、中国に対する戦争です。

米国はこの件で宣戦布告はしていません。ほとんどのアメリカ人はチベットでの中国に対する代理戦争について気がついていないようです。私はこのことをネパールの辺境の村で 偶然知り、後にそれが事実であることを確認しました。( 現在では前よりもよく知られるようになってきましたが。)

コロラド州でチベット東部のカム地方(Khampa)のチベット人に装備を与え戦闘訓練を施し、チベットに戻して中国軍と戦わせました
。しかし、後にキッシンジャーとニクソンが彼らを見捨てました。

真珠湾攻撃奇襲について 調べれば調べるほど、そのときに亡くなった我が軍の兵士たちは、米国政府が 日本を小突きまわし ちょっかいをかけ、首を絞めた後、その日本をおびき寄せる生き餌として犠牲となった、ことに気付くのです。

米国は 実際、何年にもわたって日本を攻撃していました — おそらく99.999%のアメリカ人は真珠湾攻撃の 前に 米国が日本人を殺していたことに気がついていません。学校で教えられてきていませんから。

下に添付の秘密文書の第一段落を見ると こうあります :「日本の敵愾心を取り除くことが出来ないならば、日本が最初に明白な攻撃をしてくることが望ましい。」

米国は日本の敵愾心を取り除くようなことは何一つしませんでした。本心では日本が攻撃してくるのを望んでいたのです。

生け贄の仔羊たち。
皮肉にも この日は米国の 汚名の日として歴史に刻まれることでしょう。

Pearl Harbor: 75th Anniversary of Pearl Harbor attack is upon us
It is truly sad that our civilian and military leadership let down our courageous fighting forces at Pearl Harbor. People around the world realized that an attack was imminent. Newspapers were publishing that an attack was coming.
Many Americans who realize this was not a sneak attack will fall back to other positions, such as that we did not KNOW that Japanese would attack Pearl Harbor. Strange. The Secret orders attached below make clear that we prepared for an attack on California, just one week before the actual attack. 
Checking the globe, I do not know the wise naval routes to travel from Japan to attack Pearl Harbor or San Francisco, but direct sailing is about 3,800 miles to PH, and about 5,000 miles to SF. So we literally prepared for an attack on California, and left Hawaii (and Philippines) flatfooted. 
Next fallback is that Japan was slightly late on the Declaration of War. Who cares? We KNEW an attack was imminent. Period. There is no way around this fact. 
Our people died at Pearl Harbor as sacrificial lambs. That an attack was coming was headline news.
In Iraq and Afghanistan, our people never waited for the enemy to announce they were about to blast us. We KNEW attacks were coming, and if any commander failed to post guards (as happened at Camp Bastion when we lost the Harriers and two Marines), that is not the fault of the enemy.
When has America bothered declaring war? The last time we declared war was after the attacks on December 7, 1941. 
[Technical correction: More accurately, I should have written that beyond the scope of World War II, the USA has not declared war. Days after the Pearl Harbor attack, we did declare war against Germany and Italy, and months later against Hungary, Bulgaria, and finally on 05 June 1942 against Romania, which was America's final declaration of war. Since that time, there have been authorisations of use of force, but no declarations of war.]
All those countless wars we had -- and are having -- since World War II, are all undeclared. How many wars has that been?
It would be difficult, requiring serious historians, and probably help from CIA, to make a full listing of the wars involving the US since WWII. 
As example, I looked at a list today, and noticed off the top of my head that some are missing, such as the war against Chinese in Tibet. 
We did not declare war on the Chinese for that round. Most Americans do not seem to realize we fought a proxy war against China in Tibet. I found out by accident in a remote Nepalese village, and later confirmed it to be true. (Now it is more well known.)
We trained and equipped Khampa people in Colorado, and inserted them to fight Chinese. Kissinger and Nixon squashed this later.
The more one studies the events leading to the "sneak attack" on Pearl Harbor, the more one realizes that our people who died there, were sacrificial lambs to bait Japan, after we prodded and poked and strangled Japan. 
We had physically attacked Japanese for years -- years -- and probably 99.999% of Americans do not realize we were already killing Japanese before they struck back. Things they do not teach us in school.
Check out the first paragraph in the Secret orders below: "It is desired that Japan commit the first overt act if hostilities cannot be avoided." 
The US was making no moves whatsoever to avoid hostilities. We were practically demanding that Japan attack us.
Sacrifical lambs. A day that will live in ironic infamy.








Thursday, December 1, 2016

「奇怪な醜聞により 南朝鮮の大統領 失脚」

「奇怪な醜聞により  南朝鮮の大統領  失脚」


"The bizarre political scandal bringing down South Korea’s president"

記事より:
 ツイッターで即時発信されている  次期大統領ドナルド・トランプの 閣僚人事ドラマを、全米の国民が注視している間に、何千マイルも離れた南朝鮮では、TVの画面で繰り広げられる異様な政治ドラマに韓国人の目が 釘付けにされていてーー大統領はまさに 失脚しようとしています。

国の指導者であるパク・クネは、まるでマンガのようなあり得ない醜聞で、まったく身動きが取れない状況に陥っています。

これまで多くの政治家がありふれた汚職や不倫事件で 失脚してきましたが、今回の南朝鮮の最初の女性大統領の件は、彼女と親しい関係にあり「怪しい占い師」(と批判嘲笑されている) カルト宗教指導者が、ちょうどロシアのラスプーチンのように南朝鮮の政治を牛耳っていたのが発覚したことによるものです。


"The bizarre political scandal bringing down South Korea’s president"
From article:
While Americans watch the Twitter-fueled drama surrounding President-elect Donald Trump’s efforts to build his new Cabinet, South Koreans thousands of miles away are transfixed by the bizarre political spectacle playing out on their TV screens — and about to bring down their president.
The country’s leader, Park Geun-hye, has been mired in a scandal so strange it sounds like something out of a comic book. Whereas most politicians fall from grace due to banal things like corruption or marital infidelity, the fall of South Korea’s first female president has resulted from her relationship with a shadowy figure from an obscure religious cult that critics have derided as a “shaman fortuneteller” with sinister, Rasputin-like influence over Park.
More:





Tuesday, November 29, 2016

米国:タイの愛国者がシアトルにてプーミポン国王陛下を讃えています。

USA: Thai Patriots honor His Majesty King Bhumibol in Seattle

タイの愛国者がシアトルにてプーミポン国王陛下を讃えています。
もう3年にもなります。国王陛下はマサチューセッツで生まれ、アメリカ人と米国の良き友でした。今は安らかにお休みになっていることでしょう。
陛下は今も世界中の人々の心にあります。あなたは優れた指導者でありました。

同じような写真がありましたら、是非コメントでシェアしてください。
多くの人々が見たいと思っています。
ありがとう。

(写真: Eugene Pike)


USA: Thai Patriots honor His Majesty King Bhumibol in Seattle
This is the third year in a row. His Majesty the King was born in Massachusetts, and was a great friend to Americans and to the United States. May he rest in peace. He remains alive in millions of hearts around the world, one of the greatest leaders ever born.
If you have other photos like this from around the world, please share in the comments. Many people want to see.
Thank you.
(Photos from Eugene Pike.)






Friday, November 25, 2016

トランプ:米国と気候変動

Trump: The U.S. and Climate Change
トランプ:米国と気候変動

気候変動はあらゆる意味で明らかに深刻な問題です。 様々な観点から何年にもわたって調査と議論がなされ、言い争いに発展し、感情のもつれもあり問題が大きくなっています。

宗教問題以外に、感情的にもつれてしまうような問題はそう多くありませんが、気候変動は政治および経済的にも大きな意味をもっていることから、客観的な事実を見極めることは極めて困難な状態になっています。

この問題が話題になっていた当時、私は戦場にいたので、その頃  繰り広げられていた「地球温暖化」ドラマを見逃してしまいました。ちょうど同じ頃はじまったオバマの出生証明書についての経緯も知りませんでした。

戦地から一時帰国したら、巷がオバマの出生証明書のニュースで賑わっていたので、オバマが何故 出生証明書を見せて幕引きを図らないのか?と単純な疑問を投げかけたところ、私の記事は批判の嵐にさらされました。
バーサ-(”birther”:オバマ大統領は米国生まれではないので大統領になる資格はないと信じている人)だの人種偏見主義者などと決めつけられました。

プロのライターとして世界を回った体験から私が言えることは、不思議に思って単純に質問したことが批判されるとき、そこにはなにかおかしなことがある、ということです。

気候変動の問題も同様に、私が英国や米国の兵士たちと血なまぐさい戦場にいる間に論争は激しくなり、どんどん問題が大きくなっていました。

議論の経緯を知らないことの利点の一つは、なんの予備知識も偏見も無いため、問題にでくわしたときに、純粋な観察者になれることです。

その反対の欠点は、経緯も知らず何の知識も持たないまま混乱した論争に加わると混乱の渦に投げ込まれてしまうことです。
どういうことかというと、血まみれの戦場から帰還し、やっと文化的な環境に戻れると思って部屋にはいると、そこでは皆がお互いに椅子を投げ合う勢いで気候変動についての論争をしていたのです。
カーボンクレジット? それはいったい何? なぜ皆が大声で言い争っている?  沸々と熱いメタンガスが湧いているようで爆発しそうでした。

確かなことが一つだけあります。 それは、そのような過熱した環境では、真実はとっくに窓から飛び出して 闇夜に消えて無くなってしまっている、ということです。

当時、私の関心は戦争にあり、なんとかしてアフガニスタン戦争で勝ちたいと思っていたので、様々な国における家畜のバイオガスの利用状況を調べていました。

家畜のバイオガス(ゴーバルガス:牛などの糞から作るバイオガス)はとても地球環境に優しく、環境保護者の夢とも言えます。  母なる大地と人類に大きな利益をもたらすものです。私はテロリストでは無いが、急進的環境保護論者といえるでしょう。

大変な時間とお金をかけて調査をし、アフガニスタンで家畜のバイオガス事業が花開くように計画を練りました。そのころペトレイアス将軍はアフガニスタンで軍を率いていました。彼が私の記事を読んでくれているのを知っていましたので、私は意図的に二つの記事を書きました。密かに彼に的を絞りつつ。

私が書いた二つの送信記事は次の通りです:
===
===
記事を読んでくれたペトレイアス将軍が検証チームを編成して 私の記事が正しいかどうか確認している、と、ある情報源から聞きました。検証チームが私の説が正しいことを確認した後、ペトレイアス将軍はアフガニスタンのためにバイオガス事業を始めました。うまくいったのです! 第一目的の読者に意図が伝わりました。(ときどきそういう戦法をとりますが、信じられないほど効果を発揮します。)

その家畜バイオガスの調査をして、私は多くのことを学びました。地球温暖化理論にも長所があるーー  問題があるのは明らかです。ただし 人類の責任は何割か?これについてまだ答えはでません。

科学者も含めて実に多くの人が嘘をついたり、自分たちが何を言っているのかわからないまま意見を言います。あるいはあまりに感情的に訴えて本筋から外れた資金集めなどの運動に精出しているために信用がおけません。

私は偶然、地球温暖化問題は、世界中の富と政治権力の再分配のために利用されている詐欺だということを知りました。この件に関して私は100%確証があります。

最初にそのことに気づいたのは、カトマンズで開催されたゴーバルガスの会議でした。 参加者は皆、ゴーバルガス生成機についてではなく、カーボンクレジットの売買の方法を議論するのに夢中でした。まったく本末転倒です。

ゴーバス ガス 生成機は、ネパールなどの発展途上国に、外国の、例えばオランダの援助で設置されます。しかし彼らはそうして取り付けてもらうにもかかわらず、カーボンガス( 二酸化炭素)排出権の取引で西洋諸国からお金をふんだくろうというのです。自分達は何もせずに濡れ手に粟というわけです。

少し考えてみましょう。彼らは西側の援助がなければ全く縁のなかったゴーバーガスのおかげでカーボンクレジット(二酸化炭素排出権) が手に入るようになりました。 彼らはをその排出権をいかに多く獲得するかの議論にほとんどの時間を費やし、肝心のゴーバルガス生成ユニットを設置する情熱は持ち合わせていませんでした。 私はひじょうに がっかりしました。
あからさまに金勘定の計算をしていたのです。母なる地球を救う事、あるいはゴーバルガス生成ユニットを必要とする人々のことはどうなったのか?

彼らはゴーバルガス生成ユニットの設置を遅らせることによって、カーボンクレジットからの収入が黒字に(あるいは赤字に)なる曲線データの交点を描いてさえいました。反吐が出る思いでした。
その会議は本来、ゴーバルガス生成ユニット設置のために議論を集中すべきはずだったのです。

このことをはじめとして後から色々わかったことは、どんな国であっても先進国にカーボンクレジット・二酸化炭素排出権を課そうとしている国には経済援助するべきではないということです。

カーボンクレジット(二酸化炭素排出権) を利用して巨額の資金と政治権力を得ようとする大詐欺師集団は、( 地球気候変動に人間が関与しているのは事実か否か) を解明しなければならないのに、その答えが出るのをぶち壊してしまいました。

強欲さは「 問題の核心を見いだして人々に伝える」どころか真実を隠します。

地球温暖化の話が出るたびに米国は後ろ指をさされ、全ての国が(米国までもが)、なぜ米国が最も罪が重いのか、という理由を探しだしてきて、どちらにしろ その弁済をさせようとしているように見えます。

中国が有害物質やグリーンハウスガスを毎秒1トンも垂れ流しているなどと言えば「それはアメリカ人が中国に工場を建てて製品を作り、それを買っているからだ」と反論がかえってきます。それについて議論の余地はありませんが、(同様に中国製品を輸入している) 米国以外の国々にもあてはまります。

彼らの理屈は、「我々は未だ発展途上国なのだから先進国が二酸化炭素排出権を我々から買っている間、我々は煤煙を出して地球を汚していても良いのだ」というものです。

要するに彼らは気候変動について語るのではなく、富と力の再分配、すなわち働き者で成功した国の富を、道路や橋の建設が困難な国へ移そうとしているにすぎません。

事実とは  ―  地球温暖化は現実でしょう。何が原因なのかまだよくわかっていませんが、原因のひとつは人類 のようです。 それで多くの人はアメリカが原因だと特定したがっています。

中国のような国は、金がすべてです。バケツいっぱいの金のためならモルジブが沈んで珊瑚礁になっても見て見ぬふりをするでしょう。

地球温暖化問題は先進国の金をかすめ取るための大がかりな詐欺話になってしまいました。我々はこれを食い止めて押し戻さねばなりません。
 
テーブルの上にあるお金を取り除けば( 二酸化炭素排出権の売買をやめれば)暗闇から真実が浮き出てくるかもしれないし、モルジブも海に沈んで海底公園にならなくてすむでしょう。

真実がうやむやにされそうになっているのは、声高に主張している者には次の特徴があるからです。

1) 反アメリカ主義、反先進国主義ともいえる
2) 大金と権力を欲していて貪欲。
 母なる地球のことを心配するよりも、目の前のお金を手に入れたらいなくなる

米国はパリ協定を潰すべきです。
もしも母なる地球が重要で、金銭が問題ではないのなら、まずはじめに権利の売買はやめるべきです。

法令遵守のためには、激励や強制以外にも方法があります。


Trump: The U.S. and Climate Change
This obviously is a serious subject on many levels. All aspects of this issue seem to have been studied, discussed, argued, and emotionally twisted and exaggerated in various directions for years.
Outside of major religions, few issues are so big or more emotionally charged and distorted. Climate change comes with enormous financial and political implications. All this makes finding objective truth extremely difficult.
As this issue grew, I was mostly off in the wars and so missed out on many of the latest "global warming" dramas, just as I was left out of the Obama birth certificate dramas. 
After leaving one of the wars, and seeing news largely dominated by the Obama birth certificate issue, I innocently asked in public why Obama does not just show the certificate and be done with it. 
This led to an avalanche of criticism, accusations of being a "birther", racist, etc. I had no idea what a birther was -- my focus had been on the wars. 
But what I do know from life around the globe as a professional writer is that when you are rebuked simply for asking an innocent question, something is wrong. 
Likewise with global climate change, the arguments were growing and maturing while I was off in bloody cornfields with British or American forces. 
A good side of being away from the initial blow up is that when you arrive, you are an innocent (in my case) observer, without bias.
A downside is that you walk into the chaotic argument with little idea of what is going on. Basically you walk out of the bloody cornfield and head back to "civilization," walk into a room and everyone is throwing chairs at each other over this climate change thing. Carbon credits? What is that? 
What could they possibly be screaming about this time? Lots of hot methane was floating about.
One thing is certain: in these sorts of heated environments, truth will have jumped out a window and disappeared into the night.
Anyway, I was still focused on the wars and wanted to win the Afghanistan war, and so started doing a great deal of research in numerous countries about something called domestic biogas. 
Domestic biogas (Gobar Gas) is extremely environmentally friendly -- an environmentalist's dream -- and has incredible benefits for Mother Earth and humanity. Deep down, I am a tree-hugger sans the terrorist part.
So I did a great deal of time-consuming and expensive research and plotted a coup to get Gobar Gas into Afghanistan. General Petraeus was running the Afghan war, and I knew he reads my work, so secretly he was the only target of my two dispatches. I never told him that he was THE target audience.
And I wrote two major dispatches: 1) Gobar Gas 2) Gobar Gas II:
Inside sources told me that General Petraeus read the dispatches, and assembled a team to study if I was right. They determined I was right, and he started a program for Afghanistan. It worked! Target audience of one. (Sometimes I do this, and it can be incredibly effective.)
I learned during the Gobar Gas research that there seems to be merit for the Global Climate change idea. This much is clear. How much is our fault? -- I never figured that out, and still have not. 
Too many people, including some scientists, are lying or have no idea what they are talking about, or are so emotionally involved in tangential issues (like money grabbing) that they cannot be trusted. 
I learned by accident that the issue is being used as a global wealth and political redistribution scam. On this, I am 100% certain. 
I first noticed the scam firsthand at a Gobar Gas conference in Kathmandu. Much of the conference was diverted talking about how to get/sell carbon credits, not how to install Gobar Gas units. This was incredibly twisted. 
Outside money from places like Netherlands was largely responsible for installing the units, and the Nepalese and others wanted to turn right around and charge us for carbon credits for something they never would have had to begin with. 
Let that sink in. They were investing great time into getting carbon credits for something they never would have had without western help, and this time investment was slowing down installing Gobar Gas units. 
They openly talked about this and were doing the calculus for the MONEY, not for helping Mother Earth or the people who need the units. 
They literally were drawing the curves intersecting where time invested in getting carbon credits crossed over into be profitable (or unprofitable) due to slowing down installation of units. The affair was sickening. 
They should have been focused only on unit installation.
This and things I learned later made me adamant that any country that wants to charge us for carbon credits should not receive our aid. 
The truth or falsity of the human dimension of global climate change is obscured and overwhelmed by massive scammers trying to use the carbon credit mechanisms, etc., to walk away with tons of money and clout. 
This greed has the opposite effect on finding the truth of the issue, and addressing it.
Each time the issue arrises, fingers point to the USA, and every country (including USA) seems to find reasons why the USA is the most guilty partner, and should pay up, one way or the other. 
If one argues that China is pumping out pollutants and greenhouse gasses by the ton per second, people fall back and say, "That's because Americans are buying Chinese goods and manufacturing goods in China." Cannot argue that. So is much of the rest of the world.
But what we do see at every turn, are other countries finding loopholes, such as, "But we are not yet developed like you are, and therefore we should be able to smother the planet while you pay for it." 
They are not talking about Climate Change but wealth and power redistribution from successful, hardworking people, to countries that have difficulty building roads and bridges. 
The fact is -- Global Climate change appears to be real. The causes remain murky, but we humans appear to be a cause, and specifically many people wish to pin the tail on America. 
Countries like China are in this for the money. Full stop. For a bucket full of gold, China will not blink at watching Maldives become a coral reef.
This has become a giant scam to steal American and developed-country money and we should push back.
Take all that money off the table, and maybe truth will come back in from the dark, and the Maldives will not become an underwater park.
The truth of the matter is obscured because those who shout loudest tend to have two traits in common:
1) Anti-Americanism or, more broadly, anti-developed countryism
2) They want big money and clout. They are greedy, and could not care less about Mother Earth than walking away with buckets of gold.
The U.S. should put up its dukes on the Paris issue.
If they are serious about Mother Earth and not about a money grab, they will take money off the table. 
There are other ways to encourage or force compliance.



Saturday, November 19, 2016

メディアの崩壊

The Media Meltdown: Amazing quotes:

メディアの崩壊:実例から

多くのコメンテーター:  愚痴る、泣き叫ぶ、泣く、世界の終わりだ!

ある情緒不安定なコメンテーター: 「今すぐ妊娠中絶しないと、できなくなります」と発言

ある人種差別主義者のコメンテーター:「白人主義だ」(根っからの人種差別主義者は、あらゆることを人種問題に結びつける)

頭の悪いコメンテーター:  「何でこんなことが起こったんでしょう?」(コメンテーターの彼女が今でも状況を理解していないなら、今更 説明してやっても理解できないだろう)

ショックを受けた女性:  「このことで死ぬわけではないし、地獄に行くわけでも無いんだわ!」

大袈裟に騒ぎ立てる輩: 「これは違う地球の出来事だ」( 何を根拠に? 連邦法でクリントン シンジケートの犯罪をほのめかすことしかできなかったように、物理の法則も単なるほのめかしに過ぎない、とでも言うのだろうか?)

性差別主義者:彼( 彼女)らは、ヒラリーが女性大統領になってガラスの天井を突き破れなかったことに衝撃を受けているが、結果的にヒラリー・クリントンはガラスの天井ではなく、自分が関係したすべてを破壊したのだった。

トランプが当選した原因が、 クリントンの犯罪的所業のせいであることを彼らは全く 理解していないことが大問題だ。また同じことが起こるにしても、だ。

彼らはわかっていない。我々は地雷原にいて、彼らのすぐ目の前にドクロマークの図と、「地雷 有り!注意!」の標識があったことを。

クリントンシンジケートを嫌って投票した我々の多くは、トランプを好きでは無いし、これからも好きにはならないだろうし、トランプはひどい大統領になるかもしれない、とまで思っている。(もちろん私はオバマにしたように彼にも猶予期間を与えて、私が間違っていたことを証明して欲しいと願っている。) 

トランプに投票した理由は、我々が立たされていたクリントンの地雷原を忌避した、ということだ。

あるコメンテーターが、軍の主要関係者はトランプを総司令官として信用していないだろう、という馬鹿げた意見を吐いていた。もちろん彼らはトランプを信用していない。私もトランプを信用しない。しかしこれは比較の問題で、少なくともクリントンならドジを踏んでいるばかりの事実は証明済みだ。

クリントンはリビアを変えてしまった首謀者だ。独裁者をどうやって殺したかを自慢している。しかし彼女はもう一つのパンドラの箱を開けてしまった。イラクから何も学ばなかったのか? ときとして国を安定させている独裁者は無政府状態よりも優る。難しい問題だが、現実とはそういうものだ。

ベンガジ事件を忘れるな。

クリントンの外交政策は、最初から最後まで、サウジアラビアなど海外からの巨額の資金提供に絡んでいる。彼女が稼ぐ方法は、米国政府の機密情報と政策方針を外国に売り渡すことだった。トランプも同じかもしれない。だがしかし我々は、明らかな地雷原から、地雷が埋まっているかもしれない荒野に立ち位置を変えたのだ。

それなのに、彼らは未だそのことに気がつかない。

我々の多くがトランプを好きでは無い ― だが我々は、組織的犯罪、無能さ、巨額の汚職に飽き飽きしてその地雷原を後にし、他の地へと足を踏み入れたのだ。

地雷原で亡くなった死者達の遺骨を直視せよ。



The Media Meltdown: Amazing quotes:
From various whiney commentators, "Crying." "Tears." "End of the world."
From the unstable commentator, "Get your abortions now."
From the racist commentator, "This was a white-lash." (For profound racists, everything is about race, even when it's not about race.)
From clueless commentator, "How did this happen?!" (If she does not know by now, it will not help to explain again.)
From shocked lady, "Your'e not dead and you have not gone to hell." 
Hyperbole guy, "This is a different earth." (Why? Did the laws of physics become mere suggestions, such as federal laws became only suggestions to the Clinton syndicate?)
From the sexist: shocked that Hillary did not break through. After all, she broke everything else she touched. 
The fact that these people still have no idea that Trump did not win, but that serial criminality and mismanagement lost (likely to be replaced by same), is the problem.
They do not get it. There was a big field, right in front of them, with signs with skulls and crossbones, and those signs said, "WARNING! MINES!"
Many of us who voted against the Clinton syndicate, do not like Trump, and never will like Trump, and think he will be a horrible president. (Though I will give a grace period as I did for Obama, in hopes he will prove me wrong.)
We did not vote for Trump, but against the Clinton minefield we knew we were in. 
One commentator blathered on about how military parents might not trust Trump as Commander-in-Chief. Of course they will not trust him, nor will I. This is binary bait, binary thinking. Clinton is a known screw-up. 
Clinton was a prime mover on Libya, bragging how she killed the dictator. She took the lid off another Pandora's box. Did they learn nothing from Iraq? Sometimes a stable dictator is better than anarchy. Life is tough like that.
Remember Benghazi.
Clinton's grasp on foreign policy starts and ends with gigantic donations from foreign countries such as Saudi Arabia. Her business model is to sell access, to sell policy. Trump may well be the same, but we changed a known-minefield for a suspected minefield. 
And they still don't get it.
Many of us do not like Trump -- but we were so sick of organic criminality, incompetence, and massive corruption, that we left one minefield, and probably walked into another.
Look at the bones!