Monday, December 28, 2015

日本の降伏ーそして嘘

日本は犯してもいない犯罪について 自分の顔を指差して非難糾弾する韓国に屈服した。
冤罪だが謝罪したことで、韓国が怒りを鎮めるだろう  と考える者もいる。
だがそれは間違いだ。
韓国はこれで益々怒りに火がついて、もっと、もっと、と要求してくるだろう。それが韓国なのだ。
中国はそれにガソリンをぶっかけて、文字通り火に油を注ぐにきまっている。

1993年から それ以前は慰安婦問題など存在していなかった。
日本の賠償金で韓国と中国は慰安婦像建立のための予算を確実に増強することができる。

日韓合意の日は、日本、歴史家、そして真実にとって哀しい日となった。

Japan Surrenders -- and lies during the surrender 
Japan did not commit this crime yet just surrendered in the face of an accusing Korean finger. Some people think this false-apology will calm the anger from Korea. It will not. This will enflame Korea who will demand more, more, more...that is the Korean way. PRC will pour on the gasoline. 
We are back to 1993, and beyond. 

Saturday, December 26, 2015

日本 ― USA ― 韓国

日本はやってもいないことについて謝罪するべきでは無いし賠償もしてはいけない。河野談話は戦略的に大失敗だった。この件で安倍談話も出すべきでは無い。

日本が賠償や謝罪すればこの問題は解決する、という考えは、根本から間違っている。

第一に、日本が関与したとして非難されている犯罪だが、日本は関与していなかった。

第二に、韓国は、日本側が謝罪すれば、罪を認めた証拠だとして、調子に乗ってさらに要求してくるにきまっている。ソウルは日本に何の敬意も払わないだろう。これは政治というよりも民族文化の問題だ。アラブなどには、ユダヤにたいして憎悪をかき立てる事実無根の中傷誹謗をする文化があるが、同じようなものが韓国にもある。これには終わりがない。韓国の幼稚な民族文化が成熟するまでは。

日本は謝罪すべきでは無い。補償もすべきで無い。はっきりするべきだ。

韓国への対応は毅然とするべきだ。韓国よ、成長せよ、赤ん坊のふりをするな、これ以上くだらないことはやめろ、と。

米国人として韓国に言いたいことがある。
気持ちの悪い慰安婦像や空涙を流す偽善者たちを動員した哀れっぽい争い事に、我々を引きずりこむな。









御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を応援します。



Japan--USA--Korea
Japan must not apologize or pay for what it did not do. The Kono Statement was a strategic blunder and there should be no Abe Statement.

Any idea that an apology or payment from Japan will make this go away, is faulted from conception. 

Firstly, Japan did not commit the crime it is accused of committing. 

Secondly, Korea takes any apology as acceptance of guilt and will double down and demand more. There is no honor coming from Seoul. This is a cultural issue as much as it is political. Korean culture carries blood libel as much as many Arabs and others carry the same for Jews. It will not go away. It is here to stay until their primitive cultures grow.

Do not apologize. Do not pay. Be clear. No ambiguity whatsoever. 
The answer to Korea must be clear. Grow up, Korea. Stop being babies. Pound sand. 
And to Korea from one American, stop trying to drag us into your pitiful fight with your disgusting statues and crocodile tears.





Friday, December 25, 2015

慰安婦問題 解決に向けて 日本の外務大臣が 韓国訪問を調整中?!

日本は韓国に謝罪すべきでは無いし、韓国からの哀れっぽい声の不平を聞くべきでは無い。20万人から40万人の女性が性奴隷としてさらわれたというのはウソだ。私は八カ国を回ってこれを調べてきた。これは大嘘だ。

慰安婦は存在した。強制的に収容されレイプされた件は、インドネシアの19人(多くはオランダ人女性)や 私がビルマで発見した、ほぼ15人の例、そして何人かのフィリピンでのケースなどがある。 しかしほとんどの慰安婦は売春婦で、稼ぎも良かった。我々米軍の記録でも明らかだ。1944年の戦争捕虜レポート49を見てほしい。このレポートは本物だ。私はその信憑性を確認した。レポート49はオンラインで閲覧できる。

慰安婦について多少なりとも知っていると自負しているジャーナリストは、なぜ私がそんな考えを持つようになったのかと尋ねてくる。しかし逆に彼らに、この件に関しての米国議会へのIWG最終報告書や戦争捕虜レポート49を読んだことがあるかと訊くと、決まって、だれも読んだことがないと答える。これらの報告書の名前すら知らない。

これはバイブルと言う言葉を聞いたことがないのにクリスマスのことを知っているふりをして私の家のドアをノックするようなものだ。完全に失格。

IWG最終報告書や戦争捕虜レポート49(その他の資料も含む)を知らずに慰安婦についての記事を書くジャーナリストは 調査をしていないことがわかる。ジャーナリストの風上にもおけない。

我々のチームは、今年、タイ国のバンコクにある国立公文書館に行ってきた。二人の仲間をそこに置いて、私はタクシーである場所へとむかった。公文書館で見つけた資料によると、そこは第二次大戦中に慰安所、すなわち 売春宿があった場所である。行ってみると、なんとその地では今でも売春宿があった。

だれも韓国人の女性を拉致して売春婦にする必要はなかった。我々米国の入管は韓国人売春婦の入国を防ぐことすらできないでいる。

別の観点からみてみよう。第二次大戦中、多くの日本兵は餓死した。武器も弾薬も十分ではなかった。船も燃料も十分に無いのに、日本軍の司令官達が部下に、セックスのために多くの女性をさらってこいと命令したと、( 中韓のプロパガンダを信用する) ジャーナリストは、本気で考えているのか?

当時、数十万人もの朝鮮人の男性が日本兵として日本軍に加わっていた。彼らは朝鮮人の女性たちが性奴隷として拉致されるのを黙って見ているほど臆病だったのか?しかもその後、何十年もそのことには何も言及せずにいたのか?

日本政府が韓国政府と安易な妥協をするなら、私が今まで、この問題について調査するために費やした労力や時間は 無駄になってしまう。

韓国の言うような慰安婦問題、そんなことが無かったことは明白だ。
日本は立ち上がるときだ。立ち上がって韓国に事実をはっきりと思いしらせるべきだ。




御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を応援します。


"Japan foreign minister arranging Seoul visit to settle 'comfort women' row"

Japan should not apologize and should stop acknowledging the whining coming from Korea. The idea that 200,000 to 400,000 women were kidnapped as sex-slaves is a lie. I have researched this in eight countries so far -- it is a huge lie.

There were ianfu (comfort women), and there truly were a handful of cases where women were forcibly detained for sex such as 19 cases in Indonesia (mostly Dutch women), and I found 15 probable cases in Burma. There were a few in Philippines. But the vast majority were prostitutes and making big money. Our own military records reflect this. Look up POW Report 49 from 1944, as example. The report is authentic. I verified its authenticity. Report 49 easily available online.

Sometimes journalists -- who think they know something about this -- ask me how I have come to these ideas. When I ask them if they have read POW Report 49, or the IWG Final Report to Congress on this matter -- practically none of them even have heard of these documents. That is like knocking on my door pretending to know about Christmas having never heard of a the Bible. A total fail. Instant lose. Any journalist who writes about the comfort women issue who has not read the IWG report, and POW Report 49 (and some other work), has completely failed and gets an F on research.

Our team was at the Thai national archives this year, in Bangkok, and I left two of our teammates there and I took a taxi to a place we found in the archives. It was a World War II Japanese ianfu station. A brothel. There was still a brothel there!

Nobody has to kidnap Koreans into prostitution. Our immigration can't keep the Korean prostitutes out.

Put it another way -- many Japanese forces during WWII literally were starving to death. They did not have enough bullets. Does any journalist seriously think that a Japanese general ordered a bunch of women to be kidnapped for sex when they did not even have enough ships and fuel?

Were the Koreans -- hundreds of thousands of Koreans served in the Japanese military -- so cowardly that they allowed their women to be kidnapped off, and never said a word about it for decades?

The Japanese government makes me wonder why I spend my time researching this. Clearly it did not happen. It is time for Japan to stand up and tell Korea to pound sand.







Saturday, December 19, 2015

韓国:「慰安婦」の解釈を巡って、激しい非難を浴びる朴教授

朴 教授の犯罪:彼女が見つけ出した真実は国側の公式見解と一致しなかった。だが それを彼女は発表した。

「性奴隷」の物語は中国の大仕掛けな情報戦争の一部であり、韓国による日本人差別でもある。事実、韓国人は差別主義者であり自分達の間でも激しく差別し、その結果 感じる劣等感を日本に転化することで直視するのを避けているのである。これは韓国政府が自国の問題から国民の目をそらせるための都合の良い政治的手段ともなっている。

一方でアメリカでは、多くの大学教授が中国と韓国が撒いた餌に食いついている。彼らは20万人から40万人の女性がさらわれて性奴隷にされたと本気で信じている。騙されやすいおめでたい人達である。

私がこの問題について話した軍関係の専門家達は皆、この慰安婦問題が嘘であることをすぐに理解した。 実際に戦争体験があると理解は更にはやい。退役軍人ならば問題の欺瞞にすぐに気づく。

例えば第二次大戦中、日本軍は、人員も物資も常に不足していた。だから幾つかの部隊は実際に飢え死にしたほどだ。敵を目視で確認しない限りライフル銃を撃ってはいけないと命令されることもあった。それに比べると当時アメリカ兵は「敵はそこらの草むらにいるはず」というだけで何千発もあちこちの茂みに弾をうちこんでいたことだろう。

戦争中、敵はたっぷりいたが兵士や物資が不足している日本軍で、数十万人もの女性を拉致して、彼女らを食べさせ、警護し、移動させる。。。、その上、女性をさらわれて怒っている地域のひと達が戦いを挑んでくるのに対処しなければ ならない.......そんなことを命令するほど日本軍は大馬鹿だったのか?

朝鮮人も多くの女性達がさらわれるのを抵抗せずに、されるがままにしていたのか? これは「祖父は臆病者でした」と言っていることに等しい。
実際 そうなのか!?朝鮮人のお祖父さん達は臆病者の集まりだったのか?それともこの話は元々大嘘だったのか?

答えは既にある。これはローラ・ヒレンブラントのようなアメリカ人の作家や、全米各地の大学の教授によって広められている作り話である。

朴教授のようなほんの一握りの勇気ある人だけが、根性を持って立ち上がり、事実を述べる。
その事実とは、アメリカ人が咀嚼せずに飲み込んだ、メイド イン チャイナ /コリアの巨大な嘘、である。


http://www.nytimes.com/2015/12/19/world/asia/south-korea-comfort-women-park-yu-ha.html


=========================================

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。


"Disputing Korean Narrative on ‘Comfort Women,’ a Professor Draws Fierce Backlash"
Professor Park's crime: She searched for truth, and the truth she found did not fit the official narrative and she told it anyway. 
The 'sex-slave' narrative is part of a huge Chinese information war, and also Korean racism towards Japanese. Actually Koreans are racists towards themselves and have an inferiority complex which they avoid by lashing out at Japanese. This also is a convenient political mechanism to avoid addressing problems in Korea.
Meanwhile, back in America, many university professors have swallowed the Chinese and Korean bait, and they actually believe that 200,000 to 400,000 women were kidnapped as sex slaves. These academics are amazingly gullible and naive when they believe this. 
Military professionals with whom I have spoken see the fallacy in the argument within minutes. Especially people who have been to war. Veterans see organic fallacies in the accusations.
For instance, during World War II, Japanese were perpetually short of troops and supplies. Some Japanese troops even starved to death. Sometimes they were ordered never to fire their rifles unless they actually saw a target. By comparison, Americans are more like, "He might be in those bushes," and we fire a thousand rounds at a bunch of bushes.
During time of war, when Japanese were short of everything except enemy, does anyone truly think that a Japanese general would be dumb enough to send troops to kidnap hundreds of thousands of women, feed them, guard them transport them...and fight back the communities they angered by kidnapping their women?
Did Koreans actually allow so many of their women to be kidnapped without fighting back? That would mean their grandfathers are cowards. So what is it? Are Korea's grandfathers a bunch of cowards, or is this all a big lie?
We know the answer. It is a big lie which is carried by American authors such as Laura Hillenbrand, and by university professors from coast to coast. 
Only a few people like Professor Park have the guts to stand up and call this what it is. A big Chinese and Korean lie that Americans swallow without chewing.






Sunday, December 13, 2015

中国発のばかげたニュース

20万女性の血に濡れた中国慰安婦記念館開館!日帝蛮行の惨状そのまま伝え歴史の痛み忘れない

More nonsense from China.


http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/25d17680e26642e54c54e9ad5ec042ed


Tuesday, December 8, 2015

アジアの「慰安婦」を追跡する〜マレーシア ペナン島

虐殺など、どこからも、誰からも聞いたことがない――韓国と中国による反日物語の嘘をアジア全域で徹底調査



神風とイスラミック自爆テロリスト:その違い

フランスのルモンド紙がパリの自殺テロリストと「神風」を比較した。このことは言葉遣いに敏感な日本人を刺激した。これは私が日本人について興味深いと思っている点でもある。正しい文言を正しい状況で使うべきであると。

神風とイスラムの自爆攻撃者の違いは計り知れない。プロフェッショナルな米軍関係者だったらすぐにその違いを理解する。イスラムの自殺攻撃者たちは、彼らのやっていることからしてほとんど全てが犯罪だ。
(もちろん私は法律家ではない — しかし私が陸軍に所属していたときにこのことは頭にたたき込まれた。)

ほとんどの場合イスラムの自爆攻撃者は軍人ではない。そこからして間違っている。彼らが軍を標的にするのはわかるが、しかしそのときも軍服などを着ずに民間人に紛れている。これは違法だ。

パリの爆弾テロやサンバーナーディーノ銃乱射事件でも犯人は軍服を着ずに民間人に紛れて民間人を攻撃した。

パリでの被害者は軍事標的への攻撃に巻き添えとなったのわけではなかった。民間人が主要なターゲットであった。これは平和なときでも戦争時でも完全に違法だ。

神風は全く違うものだ。彼らは(私が知る限り)何の戦争犯罪も犯していない。

宣言された戦争において神風は法的に従事していた。我々は日本に侵攻しようと準備をしていたし、彼らは自国民と国を守ろうとしていた。

神風ははっきりと彼らの国、日本のものであるとわかる軍服を着ていた。彼らは軍の印をつけた機体で飛行した。ターゲットとなったのは多くの場合武装した戦艦であった。

不幸なことにターゲットになったのは米軍戦艦であったので、そのことは米国人である私は気にくわないが、しかし当時、我々の戦艦は敵の標的になってしかるべきであったし沈没させられても違法ではない。

神風を打ち落として捕虜にしたとしても彼らに何の罪も問えない。

私が受けた軍のトレーニングに従うと、たとえ捕虜が神風であったとしても、他に打ち落とされて捕虜となった飛行士たちと同じように法律に従って対処する義務がある。私の経験から言ってこのことは 99% 確信がある。(神風が攻撃してきて衝突した後に、あるいは途中で打ち落とされて、捕虜となった例があるのだろうか? 私は知らない。)

非法律家としての私の信ずるところによれば、戦争が終結し条約が締結された後、我々には収容し保護している他の全ての戦争捕虜とともに神風たちを速やかに母国に送還させる義務がある。(我々は戦争捕虜を保護する義務がある)

別な話ではあるが、もしも神風が米軍の飛行士であったならば、彼ら全員に米国の最高名誉賞を与えていただろう。残念なことに、当時、彼らは敵であったが。

私がこのことについて尋ねたことのある退役軍人達は皆同意する。もちろん彼らも神風が我々を攻撃したことは好まないが、しかしそのような戦闘員に対して、嫌々ながらではあるがある種の尊敬の念を持っている。

他の大きな違いは、戦争が終わって死ぬことのなかった神風たちは気違いのようには振る舞わなかったし、飛行機を盗んだり戦闘行為を続けようとはしなかったことである。戦争が終結したと宣言されたときに彼らの戦争も終わった。(このことについて何か例外があれば私に教えて欲しい。多くの日本人が何年にもわたって戦い、終戦を迎えた後でも。)

イスラミックのジハード戦闘員は、たとえ何年にもわたって収監されても、出てきて自爆攻撃を試みる。

戦争後、生き残った日本兵の多くは自国に帰り、日本を立ち直らせた。神風は日本のために彼らの命を捧げた。

自爆ジハード戦闘員は多くの場合死ぬとは思っていない。彼らは死ぬ前にビデオを撮り、そこで自らの目標について語る。ほとんどの自爆ジハード戦闘員は死にたがっている、自分たちの純血や神への誓いのために、彼らの「神」とともにいるために。

神風は賞賛すべき敵であった。自爆ジハード戦闘員は洗脳されていて死にたがっているだけだ。







=========================================

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html



Kamikaze vs. Islamic Suicide attacker: Some differences
The French publication LeMonde compared the Paris suicide attackers wth Kamikaze. This upset some Japanese who are keen on precision use of words. This is something I enjoy about Japanese. They expect the right word for the right situation.
Differences between Kamikaze and Islamic suicide attackers are immense. Any professional US military person will recognize these differences.
Islamic suicide attackers are in nearly all cases criminals due to their acts. (Not that I am an attorney -- but the Army crammed these things into my head when I was in uniform.)
In the vast majority of cases, Islamic suicide bombers are not in uniform. That is a bad start. Often they hit military targets, which is fine, but usually they are not in uniform, and that is not fine. That is illegal.
Other times, such as in Paris and San Bernardino, attackers were not in uniform and they struck non-combatants.
The non-combatants in Paris were not collateral casualties during the course of an attack on a military target. The civilians were the main target.
This is absolutely illegal in war and in peace.
Kamikaze are something else entirely. They were not committing war crimes (to my knowledge).
Kamikaze were engaging legally in a declared war. We were preparing to invade Japan and they were protecting their people and country.
Kamikaze were young men wearing recognizable uniforms of their country.
They were flying marked, military aircraft.
Their targets were mostly our armed warships.
Unfortunately targets were US ships and I do not like that part, but our ships were fair military targets during time of war and therefore legal to sink.
If a Kamikaze were shot down and captured, I am unaware of any crime with which we could charge him.
Based on my training, I think we would be obligated to treat the Kamikaze like any downed airman, according to the rule of law. I am 99% sure of this based on my own Army training. (Was a Kamikaze ever captured after crashing or being shot down? I do not know.)
It is my belief as a non-attorney that immediately after hostilities ended and the treaties signed, we would be obligated to return the Kamikazes along with any other POWs under our care. (We are obligated to care for POWs.)
On a separate note, if Kamikaze were American fliers, we would likely have awarded every last one of them the Medal of Honor. Unfortunately they were the enemy.
Some American veterans I have asked about this are in agreement. None of us like that Kamikaze were hitting our people, but there is grudging respect for such warriors.
Another big difference is that Kamikaze who did not die, did not act like crazy people and start stealing airplanes after the war and continue to attack. When they were ordered that the war was over, the war was over. (If there were any exceptions to this, please educate me. Many Japanese did fight on for many years.)
Islamic jihadists however can go to prison for years, and then get out and commit suicide attacks. Their recidivism is real and of serious concern.
After the war, surviving Japanese mostly went back and rebuilt Japan. Kamikaze were sacrificing their lives for their people.
Yet suicide jihadists do not even think they are dying (in many cases). They often make videos before they die, in which they state some of their goals.
Most jihadists suicide attackers die greedily, for their virgins or whatever they were promised, and to sit with their 'god.'
Kamikaze were honorable enemies. Jihadists are brainwashed and greedy.










Saturday, December 5, 2015

捕鯨のニュース

「日本、またもや捕鯨 開始」
"Japanese Begins Controversial Whale Hunt"

日本は、少数のミンク鯨を捕獲しているにすぎない。報告ではその総数は年間333頭。世界には数十万頭のミンク鯨が生息していると推定されている、という記事を読んだことがあるから、絶滅の危機に瀕しているわけでは無いようだ。

マスコミが日本の捕鯨に大騒ぎするのは毎年の恒例行事であるが、韓国など 他の捕鯨国については一切報道しないのは どうしたわけか?

鯨肉は日本の伝統食だ。私個人としては鯨と特に友達になった経験があるわけでもなく、ただ可愛いし鯨が好きだから、殺されるのは見たくない。

でも犬や猫とは友達だから、韓国人が犬や猫を残虐に殺して食うのは好まない。

私は牛肉が好物だ。しかしヒンズー教徒は異教徒でも牛肉を食べるのを嫌がる。 オーストラリア人の多くは日本の捕鯨に悪印象をもっている。だが オーストラリア人だって可愛いカンガルーを食べているではないか。「カンガルーは牛肉と同じくらい、いやそれ以上に美味しい」と。

もしもミンク鯨が絶滅の危機に瀕しているならば私だって日本の捕鯨行為に怒るだろう。だがミンク鯨は絶滅しかけているわけではなく、蛋白源として日本人には鯨が必要だ。

しかしながら日本の捕鯨関係者たちは、これを「研究」と呼ぶ大間違いを犯している。誰が見てもこれは捕鯨だ。

むしろ、「そうです。これから捕鯨をしに行くところです。あなたが捕鯨を好きか嫌いかどうか、我々は気にとめません。もしもこの船を沈めようとするなら我々もそちらの船を沈めます。だからちょっと離れて、ご自分の好物のカンガルーや犬猫 を食べていてください」とでも言ってやればよいのだ。





=========================================

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。



"Japanese Begins Controversial Whale Hunt"
They are hunting a tiny number of Minke whales. According to reports, 333 per year. According to estimates I have read, there are hundreds of thousands of Minke whales and they are not endangered. 
Notice that the same annual media uproar does not happen against Korean and other whaling countries. 
Whale meat is a traditional Japanese food. Personally, I do not like to see whales killed because they are cute and I like whales, even though I never have had a whale friend. 
But I have had dog and cat friends and Koreans wolf them down by the truckload. I do not like this.
I like beef, but Hindus do not like that we eat beef. Many Australians are upset that Japanese take the whales, but then Australians eat cute kangaroos. Kangaroo is yummy! As good or better than beef. 
If the Minke whales were endangered, I would be angry with Japanese for doing this, but they are not endangered, and Japanese need to eat, too.
However, Japanese whalers make a big mistake by calling this research. Everyone can see this is a whale hunt. It is far better to say, "Yes, we are going whale hunting. We do not care if you like it. And if you try to sink our boat, we will sink your boat. Now hop away and eat your kangaroos and dogs and cats."







Sunday, November 29, 2015

日本:「性奴隷」のウソに対して真実を語るサイト

日本を貶めるための嘘:「性奴隷」の真実

英語のウェブサイト http://www.eagerexec.com/  はひじょうに信頼がおける情報源である。ここで述べられていることは正確で、我々の調査結果とも一致している。

日本を可能な限り弱体化させるための情報戦争は、主にPRC(中華人民共和国)が仕掛けている。日本を潰しておいて南シナ海や、はるか太平洋を越えて進出するためだ。韓国もその情報戦争では大きな役割を果たしているが、感情に任せて愚かに振舞うので自国の国益を損ねている

日本軍が20万人から40万人の女性をさらって性奴隷にしたというのは壮大な嘘である。インドネシアでの19人の女性(ほとんどはオランダ人)のような事件はあったが、それに関わった将兵たちは日本軍によって逮捕され処罰を受けた。

そのインドネシアでは、当時も今も、日本は植民地化から解放してくれた、とされている。今年初めに現地に行って戦時中の日本について調査してきた。ジャカルタ版の「アーリントン墓地」に行ってみればわかる。そこにはインドネシアをオランダから独立させるために戦った日本兵達も埋葬されている。中国や韓国は日本を悪辣な国だと思わせようとしているが、日本はインドネシアで感謝され尊敬されているのだ。

私はこれまでに八カ国を調査し、資金が整えば更に他の国々も調べるつもりでいる。

日本軍が20万人から40万人も誘拐したという証拠はまったく無いが、これまでマスコミ(MSM: Mainstream Media)はあたかも事実のように報道してきた。誘拐で慰安婦にされた例はほんの少数だがあることはある。しかしそのほとんどが売春婦であったことは史料でも明らかにされている。

いずれにしろそれだけの数の自国の女性が拉致されていたのに韓国人や中国人が何の反撃もせずにいたとしたらとんだ臆病者だ。韓国人と中共の中国人は自らの申し立てによって、膠着状態に陥っている。つまり現在の韓国人と中国人が嘘をついているのか、あるいは彼らの祖父の世代が臆病者だったのか、のどちらか、だ。

話は飛ぶが、ティニアン島で1944年に日本軍が五千人の朝鮮人を殺害したことを最初に証明できたら1万ドルの懸賞金を進呈する件は、今でもまだ有効だ。ローラ・ヒレンブランドは彼女の著書「アンブロ-クン」で、五千人の朝鮮人が「皆殺し」の命令によって殺されたと二度も書いている。我々は彼女の本に載っている情報源を調べたし、もちろん米国の公式記録も調べた。そんなことは起こっていないのだ。ヒレンブランド女史と出版社にも一万ドルの懸賞金を提供している。まだ誰も受け取っていない。これを読んでいるあなたにもこの懸賞金を受け取る資格がある。挑戦してみてほしい。

だが日本兵が何の戦争犯罪も犯さなかったと言っているわけでは無い。今年初め調査のためフィリピンのバターンに調査に行った。 そこでは、戦争犯罪は確かにあった。我々のチームはカンチャンブリなどタイの各地でも調査した。死の鉄道では明らかに戦争犯罪はあった。しかしながら我々が調査したところ、日本軍の戦争犯罪は、例えばナチスや共産党が関与した重大な戦争犯罪とは比較にならない( 戦争にはつきものの)レベルと判明した。日本人は民族の独立のために戦ってくれた解放者だと 今も昔も多くの国で思われているのである。

必見のWEBサイト





=========================================

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。


Japan: For Truth about the 'Sex-slave' lies against Japan, this website is an excellent resource. The English. From my own research, we know the facts presented here to be accurate.
This information war is mostly run by PRC with the goal of keeping Japan as weak as possible so that PRC can expand into the South China Sea, the Pacific, and beyond. Korea is also a big player in this information war and is naively and emotionally acting against Korea's own best interest. 
The idea that Japan kidnapped 200,000-400,000 women as sex-slaves is a giant scam. There were limited cases such as 19 mostly Dutch women down in Indonesia, but the soldiers were caught and punished by the Japanese themselves. 
The Japanese were and are seen as liberators in Indonesia. I was there earlier this year researching this issue. Go to their "Arlington" in Jakarta and you will see Japanese Soldiers are buried there because they fought for Indonesian independence from the Dutch. Japanese are honored and respected there, not as China and Korea would have us believe. 
I have researched this in eight countries so far with more to come. (Fits and starts due to funding issues.)
There is zero evidence for the claims of 200,000-400,000 kidnappings and massive amounts of proof of wholesale fraud that MSM facilitates. The kidnappings did not occur other than on very limited scale, which was true. The rest were prostitutes and source documents prove this. 
In any case, of Koreans and Chinese allowed that many of their women to be kidnapped and they did not fight back, they are cowards. Koreans and Chinese (PRC) have created a Catch-22 situation with their allegations. Either they are lying, or their grandfathers were cowards.
Separately, by the way, my $10,000 reward still stands for the first person who can prove that Japanese murdered 5,000 Koreans in 1944 on Tinian Island. Laura Hillenbrand in her bestselling book "Unbroken" claims twice that all 5,000 Koreans on Tinian were killed in a "kill all order." We checked her sources and US records. It did not happen. I offered this $10,000 to Ms. Hillenbrand and to her publisher. No takers. This offer stands for anyone reading this. Go for it.
As a researcher, I am not alleging that Japanese committed no war crimes. I was at Bataan, Philippines on research earlier this year. War crimes occurred there. Our team also researched in Thailand in multiple places such as Kanchanburi. There were war crimes on the Death Railway, and they were significant crimes. Yet our research is revealing that Japanese are not guilty on any scale such as the Nazis or communist committed. In many places, Japanese were then and are now are seen as liberators. 
Please see this website:






Monday, November 23, 2015

ボイスの記事

お知らせ:
VOICE12月号にマイケルの記事が掲載されました。
アジアの「慰安婦」を 追跡する、というタイトルです。
アジア各国での調査結果をまとめたものです。
ぜひ、ご一読ください。


Japan: Please see my article in Voice Magazine
Available only in Japanese language. The article explains many of our findings on the comfort women issue in various countries.


ツイッターへのリンク
https://twitter.com/michael_yon





=========================================
御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。


Saturday, November 14, 2015

求む 真実!:賞金 二万ドル(*) 進呈

「1944年にティニアン島で日本軍が五千人の朝鮮人を殺害した」というローラ・ヒレンブランドの主張を立証できた方には二万ドル(*)を進呈しよう。

*:増額されました。




1944年のティニアン島での出来事について書いた部分
===
日本軍はこの島で5千人の朝鮮人を労働者として働かせていた。米軍が侵攻して朝鮮人達が敵に寝返ることを恐れた日本軍は、「皆殺しの原則」を実行した。5千人の朝鮮人全員を殺害したのだ。
===

ベストセラー作家のローラ・ヒレンブランドは、その著書の中で、1944年、日本軍がティ二アン島で5千人もの韓国人を殺した、と二度も書いている。出版社にも連絡を取ったが、私の質問に対する回答はなしのつぶて だ。  ヒレンブランドへの取材も拒否された。10年ほど前、別件で彼女に取材したことがある。そのときのヒレンブランド女史には好感を持ったのだが。

事の次第はこうである。我々のチームが関連した別の件を調べているとき、偶然、ヒレンブランドの誤りを見つけた。

===
全員殺害しろとの命令に従い、日本軍はティニアン島に徴用されていた5千人の朝鮮人全員を大虐殺した。
===

戦闘は当時、熾烈を極め、多くの日本人と一般市民が自害した。子供たちと一緒に崖から飛び降りる者や、日本兵によって殺害された例もあった。多くが崖から飛び降りたり洞穴に逃げ込んだ。

後に降伏した者も多かったが、頑として抵抗を続け、洞穴から出てこないと、火を入れられ入り口を封鎖された。

しばらくしてティニアン島はすぐに、世界で最も離発着機の多い空港となった。焼夷弾や原爆を積んだ爆撃機はこの島から日本へ 飛び立っていった。島は米軍の部隊で溢れていた。しかし侵攻前に大規模な殺人が行われた、との報告は一切無い。

当時 島には2千4百人の朝鮮人を含めて総計数千人の市民がいたとの報告がある。ヒレンブランドは、その2千4百人の倍以上の人々が殺害されたと書いているのだ。

第二次大戦直後のティ二アン島の記録。



http://catalog.hathitrust.org/Record/001150096

1957年に書かれた上記のレポートは、2015年現在における政治的・社会的圧力とは一切無縁であることに注意してほしい。戦時中の日本軍に関する中国の「言いがかり」は、戦後 数十年たってから始まった。

1944年(米軍が侵攻する前) のティニアン島の人口推計。


我々の侵攻後に調査した人口。



ニューヨークタイムズの記事によると、当時島にはまだ多くの朝鮮人が居住していて、皆で募金した $666.35を米軍に寄付した、とある。我々はニューヨークタイムズのアーカイブを調べた。
        下は1945年の報道。





ヒレンブランド女史は現実と向き合うべきだ。
彼女の本は 実話と銘打って「ノンフィクション」のカテゴリーに分類され、アンジョリーナ・ジョリーが監督した映画の原作本にもなっている。ところがその本には作り話が含まれている。そんないい加減な本はとるに足らない、と切って捨てることもできたが、一応この記述の誤りについて出版社に知らせた。しかし驚くべき事に出版社は我々の警告を一切無視している。

我々は巻末にあったヒレンブランドの参考文献や情報源リストをチェックした。

すると、一つの情報源は出鱈目であった。情報源であるとされた会社にコンタクトをとったところ、その会社はヒレンブランドのあげたレポートに関与していないと回答してきた。ヒレンブランドは「情報源」について確認を取ることをしていなかったことがわかった。

もう一つのニュースソースはただの伝聞に過ぎない。


韓国人と中国人は事実ではない歴史を事実と思い込ませる為に、世界中に記念碑を建て続けている。我々は中国の仕掛ける、日本・米国をはじめとする国々への大規模な情報戦争のまっただ中にいて、記念碑や石碑は中韓の武器の一つだ。ヒレンブランド女史は罠に落ちた。彼女は騙されたのだ。しかし出版社はそのことを認めようとしない。


それは、あたかも、米国海兵隊が行った、戦後の戦争捕虜や収容市民の調査に大規模な隠蔽工作があったとか、致命的な怠慢があった、と言っているのに等しい。

つまりヒレンブランドは、小さな島での五千人の大量虐殺を、米国海事委員会と米国海軍が共謀して隠蔽した、あるいはこの大量虐殺という戦争犯罪を知ることができないほど無能だった、と、言っているようなものだ。

また、日本への空襲と原爆投下の爆撃機はティニアン島から発進していったことを憶えておきたい。もしも当時、ティニアン島で五千人もの朝鮮人が日本兵に殺害されたと知っていたならば、アメリカは爆撃を正当化するために喜んで宣伝に使っていただろう。しかし、当時、米軍はそれについてなにも宣伝していない。

驚くべきことに、ヒレンブランド女史は情報の元となる書類をあげておらず、インチキと伝聞を元に、まことしやかに書いている。我々はヒレンブランドの言っていることを支持する記事を見つけることはできなかった。

1945年、ティニアン島で書かれてニューヨークタイムズに掲載された記事は、ヒレンブランドの記述に対するストレートな反論である。

無罪を立証する証拠を示す責任は 責められる側(この場合は日本軍)にある、という者もいる。だがそういう理屈はまるで昔の東ドイツか北朝鮮のようでナンセンスだ。

もしも米軍がアフガニスタンで5千人を殺したと誰かが非難したならば、私はアフガニスタンに飛んでいって、その申し立てが本当かどうか確かめるだろう。もしもそれが事実であったならば我々はあまんじてその罪を認めよう。もしもその情報が違っていたら、我々はいわれの無い罪をきるべきではない。

ヒレンブランド女史は本に出てくる場所に行ったこともないし、出版されるまで、その本の「英雄的な主人公」に会ったことすらなかった。

ここで大きな疑問が湧いてくる。なぜルイス・ザンペリー二本人の自伝が出版されなかったのか。当時、彼は生きていたのだから、正真正銘の自伝を出版することができたはずだ。

今年、私はバターンと死の鉄道に行き、日本軍による戦争犯罪を調査してきた。それは確かにあった。証拠もある。

ビルマでは戦争犯罪の証拠を発見した。日本人に好意を持っている当時の目撃者にも取材をした。そのほか今年は、調査のためにインドネシアやマレーシアにも行った。今後はタイ国、日本、その他へも行くつもりでいる。

だが、信じる信じないに関わらず、日本人は多くの国で尊敬されている。これまでアジア各国の老人を取材をした。老人達は皆、一様に、第二次大戦中の日本人に好意を持っていた。フィリピン、ビルマ、タイでも同じ質問を聞した。その答えは「日本軍は、我々をまるで兄弟か姉妹のように扱ってくれた」であった。(異なる文化の人々が当時の日本軍のことを同じように言っているのは興味深い。)

これはまるで土質のサンプルを取るようなものだ。 あるところでは日本人は尊敬されていて、別の場所では日本軍の戦争犯罪があった。当時同じような戦争犯罪が起こったことは よく知られている。つまり我々アメリカについても同じようなことが言えるのだ。

米国では正義と真実が重んじられる。我々は北朝鮮ではない。我々はアメリカ人だ。現在の敵でも昔の敵でも、よいところは認めなければならない。真実を持ってこそ正義がなされる。

五千人が殺されたということは五千もの戦争犯罪に匹敵する。戦争犯罪に時効は無い。

こんなことを言うと「お前はホロコースト否定論者か?」などと言ってくる者もいる。実際、中国の罠に引っかかった著述家兼ジャーナリストが私に難癖をつけに来た。

ナチの戦時残虐行為について証明する記録や証拠は一立方マイル四方の空間を埋め尽くすほど存在し、それを読むのに世界で最も速読できる人でも、一生かかっても読み尽くせないくらいだ。しかし日本兵が五千人の朝鮮人を殺害したとの証拠は何も無い。根本的に異なる話だ。

「金を出して口も出すか、さもなければ黙るか」 どちらにするか決めるときだ。私は金を出して口も出す方を選ぶ。

もしも誰か、米国公文書館や同等の信頼できる情報源からの証拠を発見できたら、私のポケットマネーからヒレンブランド女史の無実を晴らすために一万ドル 進呈しよう。

本にはまだ問題があるが、今は上記の二点についてだけ指摘しておく。

さあ、テーブルに二万ドル(*)ある。
挑戦者を待っている。

現金、ペイパル、マネーオーダー、どれでもいい。
やってみないか?




=========================================

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。





Sunday, November 8, 2015

烈炎の関門

デュース・フォーの指揮官たち:ロバート・プロッサー司令上級曹長とエリック・クリーヤ中佐が病院の外にいるダニエルの母親に電話をかける


イラク・モスル
戦争においてさえ、戦闘は予期しない形で訪れる。
月曜に、モスル西部で作戦従事中に、無線で声がとどき、我々の兄弟部隊である3-21がチグリス川の反対側にあたるモスル東部で敵と交戦中との連絡が入った。その直後に、ウィル・ショックリー二等軍曹が米兵一人死亡という報告を我々にもたらした。我々はチグリス川の自陣側にいるはずの敵方射撃手を探し始めたが、すでに逃亡していた。ホセ・L・ルイスが戦死した。
モスルの状況は改善しているが、我々の部隊は今も毎日戦い続けている。今回の戦争は数年前に皆が思っていたような戦争とは異なるものかも知れない。だがいざ砲撃が始まると、事前の計画など単なる役立たずの正装に過ぎなくなる。
私が実際に目撃した中で事前の予定通りにほぼ進んだ唯一の作戦は数か月前にB中隊が襲撃したものだけだ。あのときだけは、信じられないほどほぼ完ぺきに予定通り進んだ。この作戦における唯一の瑕疵は射撃手が即席爆破装置を撃ったときだけだったが、誰も負傷しなかったので、我々はそのまま作戦を続行した。今振り返ると、なぜあのときのことを私は書かなかったのだろう。だが当時は多忙で、それ以外は全てほぼ完ぺきに予定通り進んだので、昔からよくある戦場の一コマとしか思えなかったのだ。
私はマット・マクグルー大尉と「モスルIVにおける戦い」の取材について話し込み、彼と一晩を共にしてさらに戦闘の実相を掴むために戦場におけるイラク軍の姿を見届けようとしていたが、モスルで続く戦闘のため、なかなかそれが実現しそうになかった。予定していた同行取材の前夜に、突如「緊急作戦」が決行されることとなり、取材に対する障害があまりにも大きなことが明るみになった。「槍騎兵の憤激」作戦は現場の部隊指揮官にさえ知らされないまま決行された。
先週私が「槍騎兵の憤激」に関する「警告命令」(作戦決行が間近という知らせ)を受けた時、この計画は現場から遠く離れた上層部が作ったものにもかかわらず、デュース・フォーの指揮官が真の実力を発揮できるように綿密に考案されていた。私が目にしてきた全ての軍の部隊において、水が丘の上から流れ降りてくるように名案は上層部から降りてくるものだという考えが染みついていたので、「槍騎兵の憤激」は明らかに起死回生の名案だったのだ。
「動揺」作戦の一環として、槍騎兵の憤激は一種のワニ狩りのようなもので、人間がまずワニをおびき出し、予定の方向に誘い込むか、何らかの行動をさせるためのものであった。そして彼らが行うことを、我々が暴き出す。「動揺」のうち戦闘の部分は洗練された「待ち伏せ」となっており、約一週間の期間が見込まれていた。
この動揺作戦は複雑な仕組みとなっており、複数の側面と複数の動作が組み合わさったものである。複数の側面とは文字通り地に足がついたブーツから頭上はるか上空を飛ぶ人工衛星まで含まれる。よって、当たり前のことだがつまづきやひっかかりが初日から多々発生した。主要装備の故障は、そのほんの一つにすぎない。だが、全体的に動揺作戦は順調に進んだ。最初の24時間ですでに数人のテロリストを拘束することができた。
木曜夜に、修正案に基づいてデュース・フォーの兵士たちが深夜24時前後に急襲をかけることになり、私はそれを追うことになった。各自がナイトビジョンを持っていた。よって動きは迅速だった。私が頼れるのは月明かりだけで、危うく足を骨折してしまうところだった。月明かりだけでモスルを動き回ることにより、我々は農家近くにある池にたどり着くまで青白い光をたよりにさまよった。諜報小隊が一軒の家に急襲をかけて数人の容疑者の身柄を確保し、再び闇にまぎれて近くの目的地を目指していった。
一人のイラク人男性がAK-47を小脇に抱えてある農家から出てきたとき、諜報の兵士五人―ホルト、ファーガソン、イェーツ、ウェルチ、そしてロス―は月明かりに照らされながら移動していた。突如として四人の兵士のライフル、光、レーザーに取り囲まれ、男は手早く武装解除された。五人目の兵士が無線で通訳者を呼び出し、この男は百姓で兵士たちは自分の畑を荒らそうとする泥棒だと思っていたということを聞き出した。諜報部員は男にライフルを返還し、再び無言のまま元来た道を戻り始めた。
平野の片隅にある木陰で小休止している間に、私はデュース・フォー大隊指揮官であるクリーヤ中佐が物静かに農民を誤射しなかった一人の兵士の自制心を称える声を又聞きした。ストライカーにその他の被疑者を載せたあと、我々は基地に戻り、そこで疲れ果てた私は金曜日の午前三時ごろから爆睡した。
私が寝ていた間にも、動揺作戦は続いていた。
アルファ・カンパニーは早い時間に出動してしまっており、ヤルムーク・トラフィック・サークル近辺で作戦に従事していた。誰からも好かれ、尊敬もされているダニエル・ラマ軍曹は、一発の銃弾に首を撃ち抜かれた時、彼はストライカー車内で空からの攻撃に備えて防御の態勢に入っていたが、ストライカーに倒れ込みながら、彼の体には発作が起こり、指が固まり、腕と脚が硬直していた。
私がイラクで手紙を受け取ることはほとんどなかったが、眠っている間に郵便局で私の受け取りを待っていたのは一枚の封書だった。米国旗が描かれている返信先の住所ステッカーを見ると、ペンシルバニア州ジェファーソンであった。切手の中で米国国旗がはためいている。中を開けてみるとカバーに米国旗が描かれている。中のカードに書かれた心温まるメッセージは次の言葉で締めくくられていた-
兵士の皆さんに私たちがどれほどあなたがたのことを気にかけているか伝えてください。
-ダン&コニー・ラマ
医療班が彼らの息子ダニエルを野戦病院(コンバット・サポート・ホスピタル、通称Cash)に運び込んだ時、まだ私は半分寝ていた。ここは今回の戦争において最も緊迫し、継続している市街戦を引き受けて150個以上のパープル・ハート勲章を受け取っているデュース・フォーの面々にとっては行きつけの場所のようなものだ。
ドンドンドン!と私の部屋のドアを叩く音がした。すぐに反応した私の前に立つのはデュース・フォーのトップであるロバート・プロッサー司令上級曹長だった。プロッサーは常に本物のプロであり、常に単刀直入だった。「ラマ軍曹が銃撃された。我々は十分後に集合する」そう言った。
「私も十分でそちらに行きます。」そう答えた私はすぐに目覚めた。
数分のうちに、私は部屋から飛び出し、まだファスナーやチャックを締めながらだったが、汗だくになりつつ戦術作戦センターに駆け込んだ。クリーヤ中佐がそこにいて、一人の兵士に現在手術中のラマ曹長に関する最新報告を聞き出していた。
兵士が戦死または負傷した時には、陸軍当局が家族・配偶者に電話を入れるわけだが、どれほど同情的であったとしても、連絡内容の性格上家族に対して大きな衝撃を与えざるを得ない。「お宅の息子さんが銃撃されました」を気軽に伝える方法は存在しない。よって、ここにいる男たちの話によると、この報告の電話は次のような文面になるらしい。「我々としてはこのお知らせを伝えることを残念に思っておりますが、あなたの息子さんがモスルで銃撃されました。彼の容態は安定しておりますが、現時点で伝えられるのはそれだけであります。」
クリーヤ中佐は軍が務めを果たす前に両親または配偶者に電話を入れ、本当の状況をそまま伝えることを好む。クリーヤは率直であり、少なくとも相手は正確な情報を入手できるのだ。
我々はストライカーに乗り込んで野戦病院をめざし、そこには基地で一番の人気者であろうウィルソン司祭がいた。誰もが司祭のことを愛している。ウィルソン司祭は私とほとんどの時は「マイケル、おはよう。今日の気分はどうだい?」と声をかけてくれる。だが時として「大丈夫か?」と聞いてくることもある。そして私は「オレ、疲れているように見えるのかな?」と思うのだ。
「もちろん絶好調ですよ、ウィルソン司祭!私が調子悪そうに見えますか?」
すると司祭は笑い出し、「ああ、マイケル、調子よさそうに見えるよ。ただ確かめたかっただけなんだ」と言う。だが、実のところ、司祭がそう聞いてくれるたびに、私の気分がよくなっているという側面もあったのだ。
ウィルソン司祭は笑顔で病院から出てきてダニエル(ラマ曹長)は無事だと説明してくれた。あの発作は首を撃たれたときのごく自然な反応とのことだった。怪我したのはあくまでも筋肉だけだった。それを証明して見せるかのように、ウィルソン司祭はこう言った。「ダニエルをこの病院に運び込んだ時、医師が状態を確かめるために指でダニエルの尻に触れたんだ。そしたら、ダニエルが“おい、何してやがるんだ?”と叫んだよ。」これを聞いて皆が笑った。
クリーヤ中佐が衛星電話でラマ夫人と話している間に私はプロッサー司令上級曹長の写真を撮影することによって話題を変えた。私はこの指揮官が負傷した兵士の母親に対して息子さんは無事だと伝える声を聞いた。ダニエルは多少の軽傷こそ負っているものの深刻な被害は皆無だった。クリーヤは母親に対して自分と何人かの兵士たちが病院でダニエルに付き添っていると伝えた。ただまだダニエルは話せる状態ではない。「ダニエルは大丈夫ですよ。本当です。ですから、軍から電話が入るたびにそれほど心配しなくていいですよ。」
我々はストライカーに乗り込み、ダウンタウンを目指した。
一部のストライカーは射撃手を探し回り、その他のものはヤルムーク・トラフィック・サークルの探索にあたっていた。アラスカ出身の歩兵1-17部隊のクレイグ・トリスカリ少佐が屋根を上げられた車の存在に気づいた時、彼はマイク・ローレンス少佐およびその他の兵士たちと一緒にいた。1-17部隊は間もなく1-24部隊の救援に当たるところで、トリスカリはデュース・フォーと共に作戦従事していた。トリスカリにはこの車両が不審なものに見えた。わずか数分前にはいなかった車ではないか。
少なくとも二方向から自動小銃が火を吹いた。銃弾が土ぼこりを蹴りあげ、我々はヤルムーク・トラフィック・サークルで交戦状態にあるという無線連絡を受けた。クリーヤ中佐と私はストライカー内部に座り、そこに二人の新顔がいた。イラク入りしてわずか三週間で、まだ一度も実戦に遭遇していなかった若手の少尉がいた。そして、もう一人はデュース・フォーの兵士の中では数少ない歴戦のベテランではない若手のスペシャリストだった。またストライカー内には「AH」という戦場にて私の目の前で本物の勇気を見せたことがある通訳者がいた。だがそこに数々の戦闘を潜り抜けてきた戦士たちはそこにはいなかった。
指揮官の無線オペレーターを務めるクリス・エスピンドラは、周囲の敬意を集める経験豊富なファイターであり、この時はバグダッドで開かれたイラク犯罪法廷にて数か月前にデュース・フォーが身柄拘束した二人のテロリストに対しての証人となっていた。郵便局に届いた手紙のように、この身柄拘束の裏にある実態は他の誰が想像していたよりもはるかに密接につながっていた。
クリーヤがライターを含め、デュース・フォーから見た部外者を兵士たちに同行させたがらないことは広く知られていた。部分的にはライターのせいなのだが、デュース・フォーについてニュースで聞いた人たちにとって、モスルは一種のジェットコースターのようなもので、ほんの何度かヘアピンの向きが変わった後は万事無事な場所だと考えられていた。それは事実ではない。
このレベルの敵意にさらされたことがない新顔たちは、兵士たちも含めまずは危険に慣れなければならない。よってクリーヤは新顔の下士官たちを信頼に足るようになるまで指導して、実際に兵士たちを率いて部隊の指揮官を任せられるまで三週間彼と共に時間を過ごすことを必須としている。
この数か月前のことだが、ブライアン・フリンという名の新任中尉が最初の三週間クリーヤに同行していたが、そのときにクリーヤがその一週間前にマーク・ビーガー少佐とストライカーが自動車爆弾で襲われた場所の近くを歩く三人の男たちを目に留めた。人間に対する直感が優れ、兵士たちから「デュースの第六感」と呼ばれているクリーヤの目には、三人の男たちが疑わしい存在に見えたらしい。彼の人間と状況に対する読みは異様なほどであった。
あの日、クリーヤは何らかの「違和感」覚え兵士たちに三人の男をチェックするよう命じた。ストライカーからスロープを降ろすと、テロリストの一人がシャツの中から一丁のピストルを引っ張り出した。マーク・ビーガーはもう一台のストライカーから最初の銃弾二発で一人が倒され、膝から崩れていく場面を見ていた。
ストライカーから出てきた最初にでてきたのはフリン中尉で、彼とエアガードのウェストファル大尉の両方が同時にピストルを見て、発砲した。もう一人の被疑者が走って逃げ始めた。だがクリーヤが見たのはフリン中尉がスロープを降り、そこで多々の銃撃があったところだけだった。クリーヤはフリーーーーーーン!‼!と叫び、フリンが発砲するのを止めそうな勢いだったが、新任中尉はまともな判断力を失い、連合軍から逃げるだけの男を撃っているのかと考えていた。兵士というものはただ走っているだけの者を撃つことはできないのだ。
クリス・エスピンドラもまた男を撃った。驚くべきは、複数の方向から四丁のM4で撃たれたにもかかわらず、男はまだ数分間生き延びたということだ。兵士たちは追いかけて、逃亡していた男を二人がかりで抑え込んだ。
基地における尋問の間に、二人とも自らがジハーディストであることを認めた。一人は狙撃手(スナイパー)になるよう養成され、もう一人は別の戦闘任務に当たるよう訓練されていた。二人はまた銃撃されたテロリストは自分たちの軍事班リーダーであり、三か月にわたり男の下で訓練を受けたことを認めた。クリーヤが危険を直感した時、この男たちは対米軍の秘密情報収集を行っていた。
この軍事班リーダーはポケットの中に血染めの「遺書」を入れており、そこには自分が真のムジャヒディンであり、アメリカ人と戦って死にたいと記してあった。そして彼の願いは叶った。そして今、クリーヤの無線担当であるクリス・エスピンドラはバグダッドにいて二人の生き残った共犯に対する証言をしていた。このような自白を引き出しながらも、クリーヤは発砲する時間さえほとんど与えられなかった若い無線オペレーターから取り残された。
フリンは今や六か月にわたって小隊長を務めていたが、今日クリーヤは小隊長になる前に指導を受けていたもう一人の少尉を連れていた。我々のストライカーには私がクリーヤ中佐と共に出会った通常の戦闘要員がいなかったが、アルファ・カンパニーからやってきた二組の歩兵集団がストライカーに乗っていた。この分隊はコンコル二等軍曹に率いられていた。
我々はこの地域でクリーヤが黒のオペルに乗り込んだ三人の男たちに目を留め、第六感が働いた瞬間にあの自動小銃が発射された地点を探索していた。クリーヤがこの男たちを標的にしたとき、彼はライフルを車に向けて三人に車から出ることを命じた。運転手は首をすくめて、エンジンを入れた。そこからカーチェイスが始まった。
ストライカーは俊敏だが、オペルはさらに速い。我々は小さな通りに入って大音声をあげつつ、ライトを照らし、車を通りの脇にこすらせながらストライカー内部では複数の無線がぶつかり合った。一台のキオワヘリコプターに搭乗するパイロットが無線で車の場所を特定したと知らせてきた。追跡を続けていると、パイロットが言った。「あちらは時速105マイル(約170㎞)で走っている」
「なんでパイロットに時速105マイルなんてわかるんだ?」そう私は考えた。

このキオワがオペルを狙撃した。
まるでこの疑問に対する返答であるかのように、パイロットは無線であのオペルは自身のヘリコプターを上回る速度を出していると言ってきた。ジェフ・ヴァン・アントワープ大尉が無線交信に加わり、自身の小隊をオペルの進行を食い止める位置に動かしていると伝えてきた。
「あの子供に気を付けろ!」我々の車両が激しく方向転換するときに子供をはねないようにと、クリーヤが我々の運転手に対してインターコム越しに叫んだ。
オペルは直進するときこそキオワよりも速いかもしれないが、車が曲がるときには、ヘリコプターは簡単に追いつくことができた。クリーヤはキオワへ警告射撃を命じ、それからすぐにキオワに車両の無力化を許可した。
キオワは小型で、乗れるのは二人だけだ。高度も低いので機上の二人の兵士は実質歩兵だ。パイロットが急降下したら、“副操縦士”が自身のライフルであのオペルに照準を定め、三発発射して後ろの窓を粉砕した。キオワは急降下して車の目の前にハードランディングして、さらに万国共通の「止まれ」の意味を込めて車両前部のフードに撃ちこんだ。
カーチェイスは終わったが、男たちは走って逃げていった。我々はストライカーで近づき、クリーヤが一旦首をすくめた後にハッチに飛び乗り、無線で「撃て」と指示を出すのが聞こえた。クリーヤは続けた。「後尾部隊は車を探索し、南北全体を探索せよ!私は北側になっている後ろのドアをブロックする!」
約15秒後に我々のスロープは降ろされた。戦闘開始だ。
市街戦の経験が少ない面々は、こういう大捕り物に際して、事前の決まりごとに忠実でなければならないと考える傾向があるが、実際のところ、デルタフォースやSEALsといった特殊部隊に所属する者なら全員、迷宮の中に逃げ込んだ男たちを追い詰めるときには、兵士たちも混乱の極致に踏み込んでいくことをよく知っている。兵士たちが早く動かなければ、悪者たちは逃げ延びていく。わずか数分前には、この三人の男たちも「時速105マイル」で逃げていて、ヘリコプターよりも速く逃げていたのだ。
そこには店があり、小道があり、門戸があり、窓があった。
クリーヤ中佐と共にいる兵士たちは素早く探索し、武器の準備をととのえ、素早く二人の男の手を縛った。だがこの二人は本来捕まえるべき男たちではなかった。一方で、コンコル二等軍曹率いる兵士たちは我々に向かって少しずつ前進してきて三人の男を一旦捕縛したが、背後に三人の男たちを残したままにした。
私たちの背後で発砲はあったが、左側のほうだった。
室内で接近戦が勃発した時、若き少尉と若いスペシャリストが店の中にいたが、そこから外に脱出してきた。何人の男たちが戦っているのか知らないまま、後方支援を求めていた。クリーヤ中佐は発砲があった方面に走り始めた。私を追い越していき、そして私が追いかけ、クリーヤが先導していた。
そこに巨大な発火があった。クリーヤ中佐は銃撃された。





一発の銃弾が少尉の頭(左)のすぐ横にある壁に食い込むのを見て、指揮官が射撃体勢に入る
クリーヤは撃たれたときに走っていたが、歩幅が乱れることはなかった。まるで柔道のような返しを見せて、射撃すべく上体をあげた。
バンバンバンバン!銃弾がクリーヤの周辺に撃ちこまれていく。近くに残っている兵士は若き少尉とスペシャリストだけだ。二人とも実戦経験はなかった。「AH」は武器を持っていなかった。私が持っていたのはカメラだけだ。
カウントダウンに入る。
クリーヤは倒されて動けないにも関わらず、戦い続けて発砲し、二人の若い兵士たちにここへ加わるようにと怒鳴った。だが二人はためらっていた。バンバンバンバン!
クリーヤの背後はがら空きだったが、彼の柔道風転びによってわずかに店の側に転がり込んだ。私は若い兵士たちに「あそこへ手りゅう弾を投げるんだ!」と叫んだ。だがそれでも二人は攻撃に加わらなかった。
「あそこへ手りゅう弾を投げるんだ!」だが二人は攻撃しなかった。
「手りゅう弾をよこせ!」二人は手りゅう弾を持っていなかった。
「エリック、オレが助けに行ってやろうか!」私は叫んだ。だが彼は「いらない」と答えた。(ああよかった。あんな店の前に駈け出すなんて命取りになりかねないではないか)
「何があったんだ?」私は叫んだ。
「オレが三発銃撃されたんだ!三発やられたんだよ!」
驚くべきことに、彼は正しかった。一発が彼の大腿骨を撃ち砕き、足がやられていた。もう一本の足も撃たれ、腕も同じくやられていた。
足がボロボロにされた中で、クリーヤはライフルを扉に突き付けて発砲し、兵士たちに中へ入るための指示を叫んだ。だがそれでも二人は攻撃しなかった。これは私が知るデュース・フォーの姿ではない。その他のデュース・フォーの兵士たちであれば部屋の中にいる連中を全員五秒で殺してしまうだろう。だがこの二人の兵士には一気に始末をつけてしまうだけの実戦経験がなかった。
すべては数秒間のうちにおきた。何度か私はクリーヤに駆け寄りそうになったが、毎回思いとどまった。クリーヤは、それでも戦い続けていた。そして私は非武装のまま店の前に駈け出すのが怖かった。

…さらに戦い、無数の銃弾が土ぼこりを蹴り上げる
そして、やっと救援が一人の男の形でやってきた。プロッサー司令上級曹長だ。
プロッサーは曲がり角から回り込み、低くかがんでいた二人の若い兵士の脇を抜け、そして私の横を通り過ぎ、店の入り口にたどり着いて、中にいる男たちを標的にして撃ち始めた。
一人の男が前に出てきて、クリーヤをピストルで撃とうとしていたが、彼にとって唯一ここを脱出する方法は自ら道を切り開くか、さもなくばここで戦って死ぬしかなかった。クリーヤは扉に照準を定め、男が出てくるのを待ち構えていた。プロッサーがまさにこの瞬間に到着していなければ、結果がどうなったか誰にもわからない。
プロッサーは自身のM4ライフルで少なくとも四発男を撃った。だが米国製M4ライフルは弱かった―プロッサーが男の腹部に三発撃ち込んだ後、四発目が急所に飛び散ったのだが、男はよろめきながらも立ち上がり、逆にプロッサーを撃とうとしたのだ。
ロバート・プロッサー司令上級曹長の銃弾が切れる
そしてプロッサーのM4は「真っ黒」(銃弾がなくなる)となった。建物内部の男のピストルにも何らかの問題が発生していたが、もはや銃弾を再装填する時間はなかった。プロッサーはカラになったM4を投げ捨て、店内に駆け込み男にタックルを仕掛けた。
私はこのときの写真を持っているにもかかわらず、プロッサーの銃弾がなくなり、店内に駆け込んだ瞬間を覚えていない。私は何もわからないまま、指だけはシャッターボタンを押し続けていたようだ。あらためてあの時を振り返ると、店内でプロッサー司令上級曹長のひどく血まみれになった足を見た。足は動いていなかった。銃撃され、すでに死んでいるようだった。
私は外で一緒にいた二人の兵士のほうへ振り返り、「いけ、いけ、攻撃しろ!」という意味の言葉を叫んだつもりだった。私は立ち上がり、二人に向かって怒鳴った。実際のところ、私が叫んだのはとても活字にできない下品な言葉だったのだが、一方でクリーヤは同じく二人に向かって突っ込めと叫んでおり、自身のM4は入口に置いたままだった。だが二人はそれでも突撃しなかった。
私は地面に転がるプロッサーのM4を見たが、一体これはどこから来たのか?
私はプロッサーのM4を拾い上げた。中は空っぽだった。私に見えたのは真っ暗な部屋の中でまだ動かないプロッサーの血まみれの足だけで、彼の体の大部分は金属製の板に阻まれて隠されていた。
「オレに何か武器をよこせ!弾倉も渡せ!」私が叫んだところ、若い少尉が三十発完全装填された弾倉を渡してきた。私は持っていたたった一つの弾倉をぶちこみ、ボルト(遊底)を解放してフォワードアシストを押し込み、セレクターがセミオート(単発)になっているか確かめた。
私は店の角に走って戻り、血まみれになっているクリーヤ中佐を見て、店の中で極度に血まみれとなっているプロッサー司令上級曹長の足を見たが、彼の体のそれ以外は全て視線がさえぎられて見えなかった。私は店の中に駆け込みながら銃であらゆる男をなぎ倒した。そして私は死ぬほどの恐怖を覚えていた。
あの瞬間に私が気付かなかったのは、まさに私が店内に飛び込もうとしたときにアルファ・カンパニー第二小隊の四人の兵士が現場に到着したことだった。グレゴリー・コンコル二等軍曹、ジム・ルイス軍曹、スペシャリストのニッコラ・デヴェローとクリストファー・ミューズが私の背後にいたが、私は四人の姿を見ていなかった。
角にたどり着きそうになり、私は店内に三発の銃弾を撃ち込んだ。三発目の銃弾はプロパンガスボンベに食い込み、空中に飛び上って激しく回り始めた。私の頭を直撃しそうになったところを辛うじてよけることができたが、店の外に高圧ジェットとして飛び出したガスが私の顔を直撃した。ゴーグルをかけていたので目を守ることができた。私は思い切り息を吸い込んだ。
コンマ何秒かのうちに、私はあらためてプロパンに注意を向けた。火の玉だ!地面に一旦直撃してから跳ね返り、激しく回転し、ガスとホコリで一つの雲ができあがっており、誰かが発火するのを待つばかりになっていた。
私はつまづきながらも、立ち上がり数ヤード走って後退したが、もしここに火があればクリーヤが焼かれてしまうのではないかと恐れた。アルファ・カンパニーの兵士たちはクリーヤ中佐がオレは大丈夫だと叫んだとき彼の方向に向かっていたが、プロッサー司令上級曹長はまだ店内にいた。アルファ・カンパニーの兵士たちはプロパンとホコリの雲を突っ切り、店に突入した。
あの銃弾がボンベに食い込んだ時、私は血まみれの足を見て死んだに違いないと信じていたプロッサーは、実は地面で肉弾戦を繰り広げていたのだ。地面での取っ組み合いのため、プロッサーは右足に縛り付けていたピストルも左足に装備していたナイフも引っ張り出すことができなかった。テロリスト―それもかなりの大物テロリストであることが後に判明した-はプロッサーのヘルメットを掴み、ねじり上げていたのだ。
プロッサーはテロリストの頭を三回こぶしで殴りつけて首をつかみ、ねじり上げていた。だがプロッサーの手袋は血で滑りやすくなっていてまともに掴むことができなかった。同時に、このテロリストはプロッサーの手首にかみつこうとしていたが、代わりに男はプロッサーの腕時計の表面にかじりついた。(プロッサーは腕時計の表面を内側にして装着していた)テロリストは腕時計で口をいっぱいにしていたが、それでもプロッサーの顔を殴りつけることができた。私がプロパンガスボンベを撃った時、プロッサーはもう少しで男を窒息させるところだったが、私の発砲によりプロッサーは敵がやってきたと考えたらしく、一旦掴んでいたテロリストの首から手を離し、ちょうどコンコル二等軍曹、ルイス、デヴェローとミューズが店内になだれ込んできたときにホルスターからピストルを取り出した。だがこの銃撃とプロパンガス惨事によりテロリストも息を吹き返したので、プロッサーは素早く再びピストルをホルスターにおさめてテロリストの顔をコンクリートに打ち付けて男を制圧した。
戦闘ドラマは終わったが、私はあらためて写真を撮り始めた。
アルファ・カンパニー第二小隊が到着した時、プロッサー司令上級曹長の足はテロリストの血で染まっていた
プロッサー司令上級曹長がテロリストを街路に引っ張り出す…

…明るい場所に引きずり出す

プロパンガスボンベがようやく静止する(左)指揮官から見たテロリスト

プロッサー司令上級曹長がハリド・ジャシム・ノヘを捕縛する


プロッサーが自身の腕時計にかみついたワニの上に立つ


バウマン一等軍曹が指揮官の目に影を作る


約一分後に諜報部隊が姿を現した時、バウマン一等軍曹はクリーヤ中佐に横たわるようにと言った。だがクリーヤは周囲に警備の強化を命じ、次にあれをしろこれをしろと行動の指示を出し続けた。非常に経験豊かな医療班のスペシャリスト・ムノスがクリーヤにモルヒネを投与すると、指揮官はそれでも命令を出し続け、果てにはムノスに仕事の進め方を指図する始末だった。そこでバウマン一等軍曹はムノスに対してクリーヤにもう一本モルヒネを投与せよと命じ、これでやっとクリーヤがおとなしくなり、命令を出さなくなったので彼とテロリストを戦闘支援病院に送り出すことができた。以前ダニエル・ラマが首を撃たれ、回復したのと同じ施設だ。

戦闘支援病院
我々が基地に戻ってもこの動揺作戦は続いていた。クリーヤ中佐が「ビーガー少将に妻へ電話してもらって軍から最初に連絡が行かないようにしてほしい」と言ったとき、指揮官とテロリストは共に手術を控えていた。だが誰かが指揮官に携帯電話を手渡し、私にはクリーヤが妻のメアリー・ペイジに対して次のようなことを言っているのが聞こえた。「ハニー、ちょっとした銃撃戦があってな、オレもほんの少し撃たれて小さなケガを負ったんだよ」もっとも、すぐ近くにあるX線検査の結果を見ると彼の大腿骨はほぼ真っ二つになる寸前だった。「大丈夫だよ。大したケガじゃないからな」ああ、お気の毒に。
医師はクリーヤ中佐とテロリストを手術室に運び込み、外科医は両方同時に手術を開始した。このテロリストはこの基地内食堂で大規模な爆発があり、22名が死亡したテロが発生したのと同じ2月21日に米軍(2-8A)に拘束されたハリド・ジャシム・ノヘであることが判明した。
あの12月の1日に、ハリド・ジャシム・ノヘと二人の同胞は2-8FAの米兵から逃れようとしていたが、兵士たちは逃亡する車を停車させることができた。そして容疑者の一人は三人全員が拘留される前に米兵から武器を力づくで奪おうとしていた。このテロリスト三人は一丁のスナイパーライフル、AK、ピストル、サイレンサー、爆発物その他の兵器で武装しており、この米軍基地の地図を含む数々の写真を保有していた。
あれが12月のことだった。
約二週間前に、ノヘの一件は8月7日に裁判官によって棄却されたという情報が流れた。連合軍は憤怒した。米軍士官によると、これまでにも数々の起訴が大した理由もなく棄却されることがあったという。何が理由であれ、アブグレイブ刑務所から釈放されてから二週間以内に、ノヘはモスルに舞い戻り米兵に対して銃撃しているという結果をもたらした。
クリーヤ中佐が私に対して何度も語ったのは―そして私が何度も書いたのは―テロリストを釈放したらさらなるトラブルをもたらすだけだということだ。クリーヤはこの言葉をほぼ毎日のように繰り返していた。彼の激しい反対活動により、陸軍の拘留施設部門の一部からはにらまれる存在になってしまったが、それでも方針が変わることはなかった。そして今やクリーヤは銃撃され、自らが警告し続けた一旦捕まえたのに釈放してしまったテロリスロトと同じ手術室で同時に治療を受けようとしているわけだ。
クリーヤが手術の数時間後に目覚めたとき、彼はプロッサー司令上級曹長に電話を入れ、聖書と「烈炎の関門」という本を所望した。クリーヤは「烈炎の関門」を新任の士官全員に配り、一読せよと命じていた。私にもこの本を一冊くれて、読むように勧めていた。私の本には、印がつけられた一節があり、私に言わせればこの一節は美辞麗句で飾りすぎではないかと感じられるところがあった。だが、いつも私はこの本をイラクの地図とともに自分の机に置いていた。
「私が選ばれた一人になるのかも知れない。帰還して語る一人だ。今やかつての痛みは全て乗り越えた。たとえ物語を伝える渇望を満たす機会を求め続けるとしても、人生はそれ自体が甘きものだが、愛したものを背にして去っていくことの痛みは突如耐えられないものとなることもあるようだ」
クリーヤがこの本をくれてしばらくしてからのことだが、部下の兵士の一人を喪って間もなく、彼が私にこう言ったことがある。「あんたには私の部下の男たちのことを伝えてほしい。本当のことをわかってくれるのはあなただけかもしれないから」この言葉は私の記憶に深く刻み込まれた。
私はプロッサー司令上級曹長が司令官に面会するときに同行していいかどうか聞いてみた。例の二冊を携帯して、私たちは車で病院に向かった。マーク・ビーガー少佐がクリーヤのベッドに付き添っていた。そして指揮官としばらく時間を共にして、プロッサー司令上級曹長と私は部隊に戻っていった。
デュース・フォー
リーダーシップにとって真の試練とは、司令官がいなくなった時に訪れる。クリーヤの部下たちは壁にかかっていた彼の妻子の写真とアメリカンフットボールのミネソタ・ヴァイキングスの旗を降ろし、旗には全員が寄せ書きとサインをすることに決め、箱に詰めた。あっという間に書く場所がなくなるほど隙間が埋まってしまったが、それでも私が一筆加える場所は見つけることができた。私も自分の名前をこの旗に加えたかったのだ。
この場所は突如空虚感に包まれた。
私が戦術作戦センターに戻ったときに、マイケル・ローレンス少佐―いつも私が懸垂の競争をしていて、今のところ毎回(なんとか)私を負かしている男だ-が職業的に私の目を見つめ、軍の指揮官として単刀直入に聞いてきた。「マイク、今日武器を使ったのか?」
「使いましたよ。」
「もしもう一度君が武器をとることがあるなら、次の日にはここを出て行ってもらうことになる。わかったか?」
「わかりました。」
「今日何があったのか、もう少し話しておかねばならない。」
記者は戦うことが許されていない。そこで私はバウマン一等軍曹に写真を見て現場で何があったのか聞いてくれるように頼んだ。エリック・クリーヤとプロッサー司令上級曹長が目撃者なのは確かだが、私としては現場にいなかったデュース・フォーの面々に私が何の理由もなく武器を使ったのだと誤解してほしくなかった。だから私はバウマン一等軍曹を選んで話しかけた。この男なら公平だし、士官及び兵士たちからの信頼も篤い。バウマンは公平な態度で私の話に耳を傾けてくれた。写真を見ながら、バウマンはこう言った。「マイク、単純な話だよ。あんたと周りの人間が命の危険にさらされていたということだろ?」
「バウマン軍曹、ありがとうございます」私は伝えた。
そして戦術作戦センターに歩いて戻っているときにウィルソン司祭と出くわし、「マイケル、気分は上々かい?」と声をかけてくれた。
「もちろんですよウィルソン司祭!」なぜ司祭はいつも同じことを聞くのか?私がストレスでやられているように見えるのか?だが、突如私の気分はよくなった。ウィルソン司祭はこの宇宙で唯一私を自らの自由意思で聖堂に行かせることができる可能性がある人物だが、今のところ私は教会に足を踏み入れることに逆らい続けていた。
ダニエル・ラマと司令官が撃たれてからまだ数時間が過ぎただけだった。マット・マグリュー大尉がクリーヤに面会すると私が聞いたのは午後九時ごろだった。私は同行を申し出た。我々は病院に入り、エリック・クリーヤのベッドがダニエル・ラマのベッドのすぐ隣に据えられているのを見た。クリーヤは半ば眠っていた状態から一瞬にして完全に目覚めた状態になり、「やあ」と私たちに声をかけ、座るように促した。しばらく会話した後に、司令官は隣のベッドを見わたし、「ラマ軍曹、気分はどうかね?」と声をかけた。
「最高であります。」
「よかった」司令官は応じた。「これからは、お前が私の新任PSD(Personal Security Detachment:要はボディーガードのこと)だ」
ダニエル・ラマは笑顔を見せ、ベッドを出た。私はこの新しい任務を与えられた男の姿を写真におさめた。
ダニエル・ラマ軍曹:モスルを飛行機で離れて一時間以内の姿
アメリカへ帰還するべく飛び立つ飛行機が病院のすぐ外に着陸し、エンジンの音を病院内にまで響かせていたのは午後十時近くだった。クリーヤを撃ったテロリストは、今や近場のベッドに横たわる機能を失った男だが、実は釈放後にラマやトンプソンやその他の男たちを撃ったのと同じテロリストかもしれない。クリーヤはハリド・ジャシム・ノヘの姿を見ることができたが、特に何かコメントすることはなかった。
マグリュー大尉と私は真っ暗闇の中で土ぼこりをあげながらデュース・フォーに戻ったが、一方で司令官とラマ軍曹はイラク全体で発生したその他の負傷兵と死亡者と共に、帰国の途につき始めた。
この翌日、イラク陸軍と警察の指揮官たちはクリーヤ中佐が狙撃されたことに怒りをあらわにした。一部は部下の男たちを責め、一部はテロリストをなじっていたが、非難するだけでは信じられないという思いを拭い去ることはできなかった。クリーヤはほぼまる一年にわたり文字通り毎日作戦行動に従事していたのだ。ダウンタウンの住人と言葉を交わしていた。店のオーナーたちと交流していた。医師たちと会議を重ねていた。イラク人の自宅でお茶を飲んでいた。子供が生まれたばかりの母親たちと出会っていた。戦時下で安全区域がない状況でこのように地元住民と交流し、市街地の雰囲気をつかんでおくことは重要なのだ。この基地内でさえ危険なのだ。
クリーヤの階級にいるリーダーたちがイラク人の考えを知るためには、直接交流してみるしかないのだ。むろんそこには大きなリスクがある。だが、このような任務を成し遂げるのがクリーヤのような男たちなのだ。とくにモスルのように特殊で戦闘的雰囲気がある場所でこのような任務を遂行するのは並大抵のことではない。そこには自由の大義に対する強い信念が必要である。そして双方の価値観とコストに対する真の理解も必要だ。そして最後には必ず我々が勝つ、という揺るぎない確信も求められる。
クリーヤについて誤解しないでいただきたい―彼は戦士であり、常に最前線で全責任を負う男だ。だがこういう戦場で示す勇気こそアメリカ人が敬愛し、イラク人も敬意を払うリーダーの姿なのだ。デュース・フォーの兵士たちのように、イラク人はあまりにも多くの戦乱を見すぎてもはやおとぎ話を信じられなくなっている。真の戦士とは血を流すものだとイラク人たちはよく知っている。
イラク軍および警察官たちは、アメリカ人たちが、特に対テロリストの場面において軟弱すぎると見ている。クリーヤが撃たれたことに怒りを示したイラク人たちは、ジハーディストたちの憤怒は生まれつきのもので変えようがないことを知りぬいている。三か月ほど冷房完備の部屋で反省させたくらいでテロリストが無辜の市民に生まれ変わることはないのだ。
ウィルソン司祭と二人の大隊付き外科医、ブラウン少佐、ウォー大尉を交えた昼食の場で、戦場における「倫理」について激しい議論を交わし、なぜ我々はテロリストたちに最高の医療を提供しなければならないのか激論した。ここでテロリストたちが受けている治療は大部分のアメリカ人およびヨーロッパ人たちが享受しているものよりはるかに上等でかつ高額なのだ。
「これがテロリストたちと我々の違いなんだよ」ウィルソン司祭が言い続けた。
「わからないかね?これが違いなんだよ。」



御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。