Saturday, May 19, 2018

書評 「慰安婦に関する戦時中の米軍の記録」

Excellent Reviews for an Excellent book on the Chinese Comfort Women Scam targeting Japan, USA, Korea, and more

日本、米国、韓国、その他をターゲットにした「慰安婦のペテン」だが、当時の慰安婦に関する米軍史料を 朝鮮戦争および ベトナム戦争に従事したアーチー宮本氏(退役当時は米国陸軍中佐)がまとめた。

書評は、慰安婦問題について専門に研究している歴史家の一人、Al Johnson氏(陸軍の退役将校)によるもの。

======
陸軍勤務の体験を持ち、
歴史を調査研究している私は、アーチー宮本氏の調査研究手法に深く敬意を表する。 ニュースもフェイクがあふれている今日、歴史もフェイクが多いことを常に我々は意識するべきである。

慰安婦についての一般通読書のほとんどは、言ってみればかつてのデイヴィッド・アーヴィング(David Irving)のホロコースト否定騒動と同様に、学問的衣を装いつつ、かといって疑問を解明もせず、大衆の感情や民族の思い込みにつけ入り、イデオロギーに固まった偽の権威に追従している。

この本はそういった偽の権威を糺す切り札である。慰安婦の捏造話は1990年代、日本軍は慰安婦にろくに給料を払っていなかった、という非難から
、今日の、20万人も拉致されたという作り話にどんどん変化している中、Hicks、Dudden、吉見義明ら慰安婦物語の作者達は史実の記録を滅多に使わず、たとえ引用したとしても事実を覆い隠すために話を大袈裟に仕立てあげている。

著者は米国陸軍での戦争経験(経歴紹介によると2度の朝鮮戦争と、ベトナムで韓国軍兵士を統率する司令官を務めたことを含む2度のベトナム戦争従軍)を持つ。そして他の書籍では触れられていない、又は曖昧にされている記録のすべてを明らかにし、読者が事実を自分で判断できるようにしている。

本書によって読者は、当時、慰安婦を調査した米国、英国、オランダや他国の調査機関の優れた記録文書を直接読むことが出来る。それに加えて
資料には、慰安婦の記録は無い、とか、日本軍が20万人もの女性を拉致した記録は燃やされてしまった、などと主張する派の根拠を打ち砕く記録が満載だ。 それどころか宮本氏は、当時、特に米国が慰安婦の調査をしていたこと、多くの記録が残されていること、および慰安婦たちは今日の軍の契約作業員のような立場であり、高額な報酬が支払われていたことを明らかにした。「慰安婦に関する戦時中の軍の記録」は、連合国各国の記録で慰安婦問題に関する箇所を読みやすく提示してある。

歴史や現代政治を専攻する教師、学生にとっては必読の書である。

だが残念なことに慰安婦問題について報道している記者の多くはこれらの一次資料があることを理解せず、記事の中で言及することもないーーはからずも自らの能力の無さを露呈している。

この慰安婦問題を民族と感情という点で考慮すると、慰安婦像がジワジワとアメリカの各都市で広がっている現状は、韓国・米国・日本の国際関係に悪影響を与えていることがわかる。そういうことからも本書は、歴史家だけではなくアジア地域情勢の専門家、知識欲旺盛な読者が手元に置いて利用するべきである。

この種の戦時中の記録がこれからも発行されて、研究者、教師、学生が利用できるようになることを強く望んでいる。


Excellent Reviews for an Excellent book on the Chinese Comfort Women Scam targeting Japan, USA, Korea, and more
The author is LTC (ret.) Archie Miyamoto who did two US Army combat tours in Korea, and then two more in Vietnam.
Check out this review by a historian with expertise on the Comfort Women issue. The reviewer's name is Al Johnson, also a veteran Army officer (civilian now):
======
As a historian, investigator and researcher with a military background, I can appreciate Lt. Col (R) Archie Miyamoto's approach to the Comfort Women scandal. As we currently are inundated with "fake news", one can not forget that there is also "fake history" as well.
Most of the other popular books regarding Comfort Women unfortunately stoop to the level of David Irving's denialist rants, using pseudo intellectual methods, Argumentum ad Populum (attempting to build popular support rather than proving the allegation), appeals to emotion, genetic fallacy, and appeals to improper authority.
It is the last one, appeals to improper authority, that this book addresses so well. Throughout the evolution of the Comfort Women narrative, from the early 1990s when they were arguing they were not paid enough, to todays outright fabrication that 200,000 were kidnapped, we can see that rarely if ever do the denialist authors such as Hicks, Dudden, Yoshiaki, etc use documentation, or when they do, it is contextualized to such extremes as to obscure the actual facts.
The author of the Wartime Records, has apparently taken his U.S. Army experience (2 tours in Korea, 2 tours in Vietnam according to the biography, including being the U.S. commander for South Korean soldiers in Vietnam), and published all the documents that are omitted or obscured in many other books, leaving it for the reader to evaluate the facts.
This enables the reader to gather the information directly from U.S., U.K, Dutch, and other investigators at the time of the events. In addition, it directly debunks the denialists speil that there were no documents or that those documents proving the 200,000 kidnapped were destroyed. Quite the contrary as Lt. Col. (Ret) Miyamoto points out, there were many documents, the U.S. particularly investigated it at the time, and it was found that the prostitutes were just that: prostitutes under well paying contracts that were equivalent to contract workers in todays military.
Wartime Military Records on Comfort Women has done an excellent job of placing the known allied records together and highlighting the salient passages that directly address the contraversy. No student or teacher of history or current affairs should be without it. Sadly many reporters have discredited themselves by reporting on the Comfort Women issue without referring to and understanding these source documents.
Considering this issue as a racially and emotionally charged one gradually being promoted in American cities and effecting international relations between South Korea, the United States, and Japan, it is well worth the historians, Asian regional affairs, or just the curious reader to read and keep as a handy reference.
I hope that other series of wartime records will be published to use as valuable references for researchers, teachers, and students alike.

https://www.amazon.com/Wartime-Military-Records-Comfort-Women-ebook/dp/B01NC0KEB4



Thursday, May 17, 2018

アメリカ人、オーストラリア人、フィリピン人の兵士の犯罪

「第二次大戦後、アメリカ・オーストラリア・フィリピン軍兵士による日本人への強姦・殺人事件

"American, Australian, and Filipino Soldiers raping and murdering Japanese after World War II"

数日前、オーストラリア人将校の書いた「桜の花散るとき」の抜粋を私のFBに掲載しました。終戦直後の日本で彼自身が経験したことや、豪州軍兵士による多数の強姦、殺人、その他の犯罪について書かれたものです。

筆者がオーストラリア人将校だということが、この本を稀有なものにしています。

米国軍兵士も同じような問題を起こしました。米国人兵士による強姦や殺人も当時よく起こっていた、と日本人は何度も言います
が、もちろん誰も信じないでしょう。そう言っているのが日本人だからです。

韓国人と中国人が主張する日本軍の悪行は皆、信じます。だが、世界でもっとも正直な国民である日本人が
戦争に関わる証言をすると、今でさえ、たとえ山ほど証拠があっても無視されています。

幼稚なアメリカ人は「パールハーバーやバターン死の行軍を忘れるな! やつらにちょっと復讐で強姦事件を犯したって、それがいったい何だっていうんだ?」と言います。

地元民を強姦して逮捕された兵士は全て絞首刑にすべきです。私はそのためのロープを進呈します。彼らは我が国の恥です。
上官は現地の人々の目の前で犯人を射殺して、自軍の兵士が強姦したら殺すという事を証明するべきでした。

オーストラリア人将校によって書かれた「桜の花散るとき」はオーストラリア人
を恥じ入らせましたが、アメリカ人によって書かれた下記の文書もまた同様にアメリカ人の恥を描いています。

資料は揃いました。信頼に足るオージーとアメリカ人によって書かれた文書です。
日本軍は強姦や殺人を犯した、とオージーやアメリカ人は日本を糾弾しますが、自分達も同じことをしていたことを資料が語っています。

リンク先をクリックしてハイライトした箇所を読んでください。

又はここから本をまるごとダウンロードできます。
https://history.army.mil/html/books/030/30-11-1/CMH_Pub_30-11-1.pdf


American, Australian, and Filipino Soldiers raping and murdering Japanese after World War II
Some days ago, I published excerpts from the book TIME OF FALLEN BLOSSOMS. The book was written by an Australian officer and describes his experience in Japan after the war, and the countless rapes, murders, and other crimes committed by Aussie troops.
The book is most remarkable due to having been written by an Australian military officer.
The United States had a similar problem. Japanese said many times that rape and murder committed by American servicemen after the war was epidemic. Of course, nobody will believe them because they are Japanese.
We believe every bad thing that Koreans or Chinese say about Japanese, and despite the fact that Japanese are among the most honest people on earth (as a whole), their testimony is habitually dismissed even today despite mountains of supporting evidence.
Many primitive Americans will just say, "Remember Pearl Harbor! Remember Bataan! So what if there were a few revenge rapes!"
We should hang every US service member who is caught raping local people. I'll donate the rope. They shame our entire country. Their Generals should have had them shot in front of the villagers to prove we will kill our own people who do this.
As with TIME OF FALLEN BLOSSOMS by the Australian officer so ashamed of some of his countrymen, this account was written by an American, equally ashamed.
So here we have it. Australians and Americans credibly accusing their own of committing the same crimes they accused Japanese of committing.
Please click through and read the highlighted parts.
Or download the entire book here: 









Sunday, May 13, 2018

オーストラリアと米国の兵士

「第二次大戦後、オーストラリアと米国の兵士たちが日本の女性をレイプした。」

Australian and US Soldiers Raping Japanese Women after World War II

オーストラリア人とアメリカ人は、日本兵が犯したとされる戦争犯罪に対しての申し立てをいとも簡単に信じるようです。彼らにとっては身の毛もよだつ戦争犯罪であればあるほど、より信憑性が増すようです。

告発は常に額面通り受け取られます、たとえ全く信用のならない中国人が告発したとしても。中国人は全く信用できないと見なされているのに、なぜか彼らが日本のことを悪く言っている場合に限って、まるで神に誓って証言しているかのように全て真実のみを述べていると見なされます。

同様にどんなに信用のおけるものであったとしても、日本が発する申し開きの証拠は一切受け付けてもらえません。例えば日本兵が犯罪があったときに月に居たことを証明できたとしても、結局は有罪とされるでしょう。

沢山の戦争犯罪がありました。だれもそれを否定していません。しかしながら著しい誇張や、全くの嘘、偏見はアメリカ人の道理に外れています、少なくても我々の適応原理にそぐわないものです。

全く皮肉なことですが、日本に対する慰安婦の件に関わることにならなかったならば、朝鮮人、中国人、米国人、オランダ人、オーストラリア人、その他の国の人々の数多くの戦争犯罪を知ることは無かったでしょう。

私を悪く思わないでください -- 我々の全てが多くの戦争犯罪を犯したことは知っています、しかしながら如何に多くの犯罪に朝鮮人が手を染めていたのか、あるいは連合軍が関わっていたのかを知ってショックを受けたのです。

奇妙なことに、日本兵の関わったほんの幾つかの戦争犯罪は、常に注目を集め大袈裟に騒ぎ立てられます。「パールハーバーはどうだ?! 彼らは宣戦布告無しに攻撃してきたぞ!」「バターン死の行軍!」「南京大虐殺!」「731部隊!」

バターンでは戦争犯罪はありましたが、虐殺はありませんでした。南京大虐殺、731部隊、性奴隷の件、-- これらは全て中国が主となって騒ぎ立てています。

パールハーバーに関してですが、日本が宣戦布告をしなかったことについての議論は何度もしてきました。そもそも米国は1942年から宣戦布告をしたことはありません。なので、どうかこの話題を持ち出すのはやめていただきたい。我々自身が馬鹿に見えてしまいます。

日本の占領がはじまってから多くのレイプと殺人があったと当時の日本人は告発しました。しかしながら彼らは無視されましたし、現在でも無視されています。今でもその話を持ち出してくる日本人はごく少数です。

実際には、多くの告発が米国人兵士とオーストラリア人兵士によってなされました。沖縄にはびこる米兵によるレイプも含めて我が軍の兵士が我々自身を告発しました。

この本、「桜の散るとき」の著者は当時のオーストラリア人兵士です。著者は日本にはびこっていたレイプや殺人などの犯罪についてオーストラリア人を非難しています。

告発者は、しばしば自分の過失を他人のせいにしたがります。まちがいなく中国人と韓国人はこのカテゴリーに収まります。

調べれば調べるほど、我々が信じたいと思っているほどには自分自身が無実では無いことに気付くのです。


Australian and US Soldiers Raping Japanese Women after World War II
Aussies and Americans seem to believe every allegation against Japanese Soldiers. The more horrific the allegation, the better and the more believable.
The accusations are always taken at face value, even if made by Chinese who are never believed on anything else. Chinese are considered utterly untrustworthy unless they are talking bad about Japanese, in which case Chinese are considered to be sworn in and under oath by God to tell the truth, the whole truth, and nothing but truth.
Likewise, no amount of exculpatory evidence, no matter how credible, is ever accepted from Japanese. A Japanese officer could prove he was on the Moon during the time of some crime, and he would be hanged anyway.
There were plenty of war crimes to go around. Nobody denies this. But the exaggerations and outright lies and one-sidedness is un-American, or at least does not live up to our said principles.
Ironically, I would not have realized the enormous magnitude of so many crimes committed by Koreans, Chinese, Americans, Dutch, British, Aussies, and more, if not for looking into the depth of comfort women allegations against Japanese.
Don't get me wrong -- I knew all sides had committed many crimes, but was stunned to realize how many came from Koreans, and also Allies. Korea is practically a war crime factory, but China makes even the Nazis look like genocidal dwarfs.
Weirdly, Japanese committed some of the least of the war crimes but they are always spotlighted and magnified, "What about Pearl Harbor?! They attacked without declaring war!" "What about Bataan!" "Nanking!" "731!"
Real war crimes were committed at Bataan but also not a genocide. As for Nanking, 731, and the sex-slave issues -- these allegations are all spotlighted primarily by Chinese. Litmus question: is the Chinese government credible?
As for Pearl Harbor, we have discussed that and the lack of war declaration many times. The US has not declared war since 1942, so please do not throw that card. Makes us look silly.
Japanese made many allegations about widespread rapes and murders after the occupation began. They were dismissed then and are dismissed today, though few Japanese ever bring it up.
The reality is that many accusations came from US and Australian officers. Our own side was accusing our own, including widespread rapes on Okinawa by US troops.
This book, "Time of the Fallen Blossoms," was written by an Australian military officer at that time. The author accuses Aussies of widespread rape and murder in Japan.
Often the accusers are projecting their own faults onto someone else, as if trying to rid themselves of blame. Chinese and Koreans certainly fall into this category, and the more one studies, the more one realizes that we are not as innocent as we would like to believe.























Monday, April 30, 2018

9月に政府業務を停止させる

「メキシコとの国境の壁を作る予算が通らなければ政府の業務を9月に停止させる」とトランプ大統領

"Trump threatens government shutdown in September if there's no funding for wall"

トランプを個人的に好きではないが、それは別にして彼のしていることの幾つかは正しいとおもいます。 詐欺まがいのパリ協定からの離脱も大賛成です。

イスラエルを支持し、「パレスチナ人」にひれ伏さない彼のやり方も、ナイス。

トランプ政権はタイ国との関係を大幅に改善しました。これは私にとって重要です。

同様にトランプ政権の行った、米国と日本との関係の重要性を再確認することは必要不可欠であり、彼はイランや北朝鮮だけでなく中国に対決するために立ち上がりました。

EPA(Environmental Protection Agency 米国環境保護局)に関して:
インドや中国などのように環境保護が必要な多くの国々では 実際、EPAなどの強力な監視機関の知恵と力は必要です。しかしEPAは、米国ではその強い権限をあまりにも濫用し過ぎなので、手綱をしめる必要があります。それで今、トランプはEPAに対処しようとしています。( 評決となれば結果が自ずとわかるでしょう)

FBIに関して:言うまでも無くFBIは国の治安のために無くてはならないが、いつのまにか自らが政府であるかのように振舞っているので首輪をつけて手綱を締める必要があります。 浜の真砂は尽きるとも世に悪人の種は尽きまじ、ですから悪人を捕まえるためにFBIは無くてはならない存在です。 しかしそれにしても今のFBIはあまりにも政治的過ぎます。

タイに住む外国人(含む 米国人)の多くは、トランプが私達を戦争に巻き込んだ
と嘆いています。 だが私の体験した限りでは、トランプ以前からの戦争はありましたが、トランプが始めた戦争というものはありません。

彼はいけ好かない男ですが、移民に対しての強硬姿勢など彼の多くの政策には同意できます。米国は移民制度の改革に常識的判断力が必要です。

私がこんなことを言うと、人々は反射的に私のことを外国人嫌いだと非難します。しかしこれまでの人生の半分以上を74カ国の外国で過ごしてきた私を外国人嫌いと呼ぶのは的外れです。私の家族は(ドイツ、フランス、タイ、米国)の4カ国の出身者がいます。 我が家では夕食時に3カ国語(タイ、英語、ドイツ語)が飛び交いますから、外国人嫌いと呼ぶのは無理があります。

移民制度は堅牢なものではあるべきですが、同時に、移民が持ち込む他国の重荷を背負い込むことがないよう、常識をもって改定されるべきです。

メキシコとの国境に壁を!


"Trump threatens government shutdown in September if there's no funding for wall"
As much as I personally do not like Trump, he does some things right. Such as stiff arming the Paris scam. I really liked that.
I like the way he sticks with Israel and does not prostrate to 'Palestinians.' Nice.
This administration has greatly improved relations with Thailand. That is near to my heart.
Likewise, reaffirming our position with Japan has been vital, and standing up to China, not to mention Iran and DPRK.
On the EPA -- I have been to far too many countries like India and China who greatly need a powerful EPA. Countries like China and India made me appreciate the wisdom of a powerful EPA watchdog. But the EPA became too powerful and too abusive and must be put on a tight leash. Trump has gone after them. Jury is out on how that will unfold.
Likewise with FBI: they are vital to our national security but have become almost like their own government and need a tighter leash. There are lots of bad guys out there and FBI is vital to get after them. But again...too much politics in the FBI.
Many foreigners (including Americans) in Thailand have lamented about all the wars Trump got us into. For the life of me, I do not remember any war that he got us into that did not already exist.
He's really not a nice guy, but I do agree with many of his moves such as standing firm on immigration issues. The USA needs common sense immigration reform.
Often, when I have said this, people have reflexively said I am xenophobic, which makes no sense considering more than 50% of my life has been overseas in 74 other countries. My own family has four separate nationalities. (German, French, Thai, USA.) Pretty hard to be xenophobic when my Thai family alone often is speaking three separate languages at the same dinner table. (Thai, English, German.)
Immigration should be kept robust but with common sense reforms that we are not shouldering other countries' burdens.
Build that wall.

https://www.cnbc.com/2018/04/28/trump-threatens-government-shutdown-in-september-if-theres-no-funding-for-wall.html



Tuesday, April 10, 2018

日本 - 中国の歴史:読者からの質問

Japanese-Chinese history: question from a reader

読者の質問は文末にあります。
編集する余裕なしの急ぎの回答ですので
誤字脱字等はお許し下さい、

===

私のチームではアジアの歴史についてしばしば調査や議論を行なっています。その中でわかったことは、歴史とは定説の通りではなく、私たちの周囲には大規模な情報戦とそれに付随するいくつもの小規模の情報戦が繰り広げられているのが現実です。台風のようなプロパガンダの嵐に我々の調査研究が一筋の太陽の光をあてるように事実をえぐり出すこともあります。


注記:  現在の中共は1949年に建国しました。この点は重要です。
中共が存在する前に日本が中共を粉砕するなどあり得ません。確かに日本は満州などに侵攻しました、しかしそれに対して現代の中共は特に不平は無いはずです。なにしろ当時、共産党政府は存在していませんでしたから。

米国が 日本との第二次大戦の前哨戦を行っていた範囲では、現代と同様に、嘘が巧妙にばら撒かれていました。私はフロリダ出身ですが、ナチスと日本が世界を支配しようとしていたと聞かされ、教えられて育ちました。 実際はナチスと共産主義者が支配しようとしていたのですが日本は違いました。日本はナチスも共産主義者も嫌っていました。日本には天皇がいるからです。ナチスと共産主義者は天皇や王様、女王などとは相容れません(それゆえタイは米国の助けも借りて共産主義を弾圧してきました、しかしこれは別の話です)。

日本はナチスと同盟関係になったが、それは我々がサウジアラビアなどの国々と同盟関係にあるのと同じようなもので、例えばサウジアラビア(KSA、Kingdom of Saudi Arabia)は、国家の安全保障とお金以外は、アメリカと共通の関心はほとんどありません。そういう関係です。日本は自国の国土が侵略され破壊され、他国に奪われてしまうことを恐れていました。 日本とドイツの間の共通の関心事項はそのことでしたが、ナチスは世界を支配しようとしました。日本は自国の安全保証を確かなものにするために十分なだけの地域を手に入れようとしました。

日本人は仏教や神道を広めようとしていたわけではありません。我々西洋人は「与えられた使命」をモットーに、神の名の下に西部開拓を推し進めました。
しかし日本は仏教や神道の布教のためにアジアの国々を開拓したのではありません。一方で、日本以外の国々には、共産主義を広める使命、ナチスの勢力を拡大する使命、イスラム教を布教する使命、キリスト教を布教する使命はありました。

日本以外で神社があったとしても少数です。私がフィリピンやタイで見たのはささやかなお社でした。 日本人は、世界に彼らのイメージを押しつけようとしたのではなかった。古い記録を調べてみると、当時、日本は数多くの巨大でどう猛な狼に取り囲まれており、そのことに非常に頭を悩ませていたことがわかります。

真珠湾攻撃はぎりぎりの決断でした。とても敵わないとわかっている相手の顔面にパンチを繰り出すーー(アメリカが日本に必要な石油や重要資源を絶っていたので) 日々 体力は弱っていく、到底無傷ではいられないだろうが、まさに今、やらなければ永遠にチャンスは無いーー大男に首を絞められつつあるーーダーティーなナチスと仲良くしなければならない -- 生き残りをかけて -- 日本は 殴りかかったが、大勢の敵に連打されて地に崩れ落ちる。数で圧倒され、謀略に負け、資源が枯渇した状態で。

日本は資源が底をついているのにもかかわらず戦いました。信じられないファイターですが、それだけでは不十分でした。

興味深いことに今も尚、しばしば日本とナチスとを比較する人がいるが、比較すること自体日本やナチスのことを何も知らないか、何か理由があって嘘をついていることを露呈しています。 旧日本軍が大量殺戮に関わったというのは 単なる間違いです。もちろん多くの戦争犯罪は犯したでしょうが、大量殺戮、すなわち多くのヨーロッパ諸国が行ったような、アメリカが先住民にしたような大量殺戮はしていません。

日本が地球を征服しようとしていた、というプロパガンダを田舎の少年に吹き込むのは簡単でした。 当時、外国のことを知るには州立の学校で教えられたこと、 ラジオ、数少ない新聞や雑誌、伝聞しかなかったからです。 為政者は日本が人も資源も決定的に不足していたのを知っていました。しかしアメリカ人のほとんどは情報不足だったので、日本がすぐに米国を征服しにやってくると思って恐怖にかられました。

日曜の朝に急いで書いています。書き間違いなどはご容赦下さい。

読者からの質問について、情報をお願いします。
---
「今まで、日本が中国に如何に残酷であったのか、あるいは逆に中国が日本に如何に残酷であったか、という本を読んだり映画を観ました。
これは過去数百年間のことと思いますが、できれば過去数世紀にわたる二国間の関係に関して、あまり偏見の無い本がありましたら推薦していただけませんか。
よろしくお願いします。」



Japanese-Chinese history: question from a reader
A quick note from me -- I have no time to edit so please excuse poor writing. After that, at the bottom, is the reader question:
===
Our frequent discussions about historical issues across Asia have led to many awakenings that all is not what it seems, and that a vast information war along with many sub-wars are unfolding around us. We live in a typhoon of deception while some of us search for rays of sunlight.
On a side note, please keep in mind that the current China formed only in 1949. The idea that Japan was smashing China before it existed smells a bit off. Yes, Japan invaded Manchuria, etc., but current day China has no specific grievance; the communist government did not exist.
Insofar as US dealings with Japan pre-World War II, deception is just as deep then as today. I was raised in Florida hearing stories and being taught that Nazis and Japanese wanted to rule the world. This is true of Nazis. And Communists. Japanese were neither. Japanese did not like Nazis or Communists. Japan had an Emperor -- Nazis and Communists do not get along with Emperors or Kings or Queens. (Thus we saw Thailand crush Communists with help from USA, but that is another story, if related.)
The Japanese allied with Nazis more in the way we ally with countries like Saudi Arabia. We have very little in common with KSA other than national security and money. It ends there. Japan and Germany had very few common interests other than Japan feared eventually invasion, destruction and assimilation. Nazis wanted to rule the world. Japan wanted to rule enough to assure national security.
Japanese were not out exporting Buddhism and Shintoism. We were doing the Manifest Destiny -- there was not Japanofest Destiny, but there were definitely Commofest and Nazifest and Islamofest and Christofest destinies.
How many Shinto shrines have you seen in any country outside of Japan? Very few. And those often are tiny memorials, such as I saw in Philippines and Thailand. Japanese were not trying to remake the world in their image, and if you look back at old documents, Japan was very afraid of being surrounded by numerous BIG BAD WOLVES.
The attack on Pearl Harbor was a last ditch effort. Like punching a guy in the face that you pretty much know you cannot beat, but you realize that if you don't punch him today, your punch will weaken day by day (we had cut off their oil and other vitals), so it now or never, knowing your chances of coming out intact are not great. But you know one thing: the big guys are strangling you, and so you pal up with dirty Nazis that you do not even like -- this is a matter of survival -- and you lash out and finally get pummeled to the ground by the mass of enemies. Just outnumbered, outflanked, out-resourced.
Japan was out-everything except out-fought. Incredible fighters, but that was not enough.
Interestingly, people even today compare Japanese with Nazis, proving they know nothing about Japanese or about Nazis, or they are just lying for some reason. The idea that Japanese committed any genocides are simply false. They committed many war crimes, but ran no genocide campaigns as have many European and other powers, including Americans against natives.
The idea that Japan was going to conquer the earth might have been easy to sell to farm boys back in a time when the only connection to the outside was through state run schools, meager radio and other media outlets, and word of mouth. Japan did not have the manpower or resources to conquer much. They knew it. A lot of Americans did not, so it was easy to frighten Americans that Japanese might soon begin conquering the USA.
Again, my apologies for the very quick Sunday morning story that is unedited.
Please help with this question from a reader:
"I’ve read or seen movies in the past that note how horrible Japan was to China and alternately how horrible China was to Japan. I think this has been over several hundred years but I wonder if you have any book recommendations that are fairly unbiased on the relations between the two countries for the centuries. Thanks for any direction."



Thursday, April 5, 2018

済州島、韓国の幽霊島

"On Jeju, Korea’s island of ghosts, the dead finally find a voice: 70 years ago, an estimated 30,000 people were massacred in an anti-communist blitz on today's vacation island of Jeju. Now, fingers point at America"

「韓国の幽霊島である 済州島ー ようやく死者が声をあげる:
70年前、現代のリゾートである済州島にて、共産主義者とみなされた住民が急襲され、およそ3万人が虐殺された。今、その批判の矛先はアメリカに向けられている」

アンドリュー・サーモンによる素晴らしい記事です。この件に米国が関与している証拠は一つもありません。これは大きな情報戦争パズルの一部です。

慰安婦ペテンについて調査するため、4.3博物館で一日を過ごしたことがあります。4.3博物館は、やはり慰安婦問題について調査するために以前訪れた南京博物館を連想させました。どちらの博物館も「洗脳の日」を過ごす子供達でいっぱいでした。

たしかに済州島では虐殺がありました。もしも済州島に行く機会があれば是非、博物館を見学してください。この博物館は、韓国人が韓国人を虐殺した歴史の事実を教えるのではなく、米国に対する憎しみを韓国人に植え付ける社(やしろ)であることがわかるでしょう。

彼らは米国への憎しみをあおり立てるために博物館を利用しています、
アメリカはこの件に関わりが無いのにもかかわらず。

歴史の枠組みから言うと、朝鮮は合法的に自らの意志で1910年に日本に併合されました。1910年から1945年にかけて朝鮮人は日本人でした。数十万人の韓国人が日本軍で軍務に服しました。朝鮮人は我々の敵であり、我々アメリカ人と戦いました。

1945年8月に米国と日本/朝鮮との戦争は終わりました。 米国は日本と韓国を占領しました。戦争によって日本はその国土を大規模に破壊されたが韓国は事実上なにも被害を受けませんでした。しかしながら今日、韓国人に話を聞くと、さも韓国が第二次大戦でどの国よりも大きな被害を受けたかのように言います。実際には、何も被害を受けていません。朝鮮には侵攻や爆撃作戦は行われず、鳥やコウロギが鳴いているだけでした。

国土を破壊された日本は自らの国を立て直すために立ち上がりました。当時、多くのオーストラリア兵やアメリカ兵が日本の女性を強姦したという信頼できる報告がありますが、それが引き金となった暴動などはありませんでした。

オーストラリア人の情報将校であるアラン・クリフトンによって書かれた「桜の散るとき」という本が私の机の上にあります。この本は1951年に出版されました。

1946年、イギリス連邦占領軍として任務についた日本での経験を詳述したものです。この本でクリフトン氏は、日本人に対して為された多くの犯罪行為を記しています。クリフトンはその本によってオーストラリアで不評を買いました。

その一方で日本海をまたいだ韓国では、占領軍が新しい韓国政府を作ろうとしていました。ところで歴史上のこの時点において、朝鮮人は日本が「残忍な占領」をした、などということは一言も口にしていませんでした。なぜならそのような事は無かったからです。

1978年、日本人の共産主義者であるSeiji Yoshida(吉田清治)が、「日本軍が済州島で朝鮮人女性を性奴隷にするために約200人拉致した」との慰安婦のペテン(後に嘘だったと本人が認めた)を始めるまで、慰安婦問題は存在しませんでした。性奴隷のペテン話を作ったのは南北朝鮮でも中国でもなく、ひとりの日本人共産主義者だったのです。

いずれにしろ韓国人は互いを虐殺し始めました。今日、彼らは済州島で3万人が虐殺されたと言っていますが、その同じ口で、彼らは最初(本に書かれてあった通り)2百人の女性がさらわれた主張していました。その後2千人にふくれあがり、後に2万人となり、つい最近では40万人などという途方も無い数字を出してきました。

だが40万人という数を信じさせるには無理があると悟ったらしく、20万人に数を減らして、何年もその数を使い回しています。慰安婦問題について書くジャーナリストの大多数はそれを信じてその数字を使うか、あるいは単にオウムのように慰安婦の物語を繰り返しているだけです。こんな話を作り上げることなどできません。だが韓国人は作り上げました。他の国々がやったように。

今、韓国には慰安婦博物館と慰安婦像があります。私が何度もそれらを調査している間に、済州島の情報戦士たちは、とんでもない4.3博物館を建てました(「4.3」は、1948年の4月3日に発生した武装蜂起にちなみます)。

4.3の物語あるいは慰安婦の物語の目的は、韓国に 日米を憎ませて溝を作り、我々の同盟関係を断ち切ることです。

添付した写真は、済州島の虐殺博物館で買った本の1ページと、占領軍が日本の婦人を強姦した事を記述してある「桜の散るとき」の本の表紙です。

これに、我々アメリカ人は「アメリカ人食人種」と呼ばれていることに気づきましたか?
※1枚目のパンフレットの写真、中程。


アンドリュー・サーモンによる記事へのリンク
http://www.atimes.com/article/jeju-koreas-island-ghosts-dead-finally-find-voice/

"On Jeju, Korea’s island of ghosts, the dead finally find a voice: 70 years ago, an estimated 30,000 people were massacred in an anti-communist blitz on today's vacation island of Jeju. Now, fingers point at America"
Excellent article by Andrew Salmon. There is no evidence that the USA was involved in this. This is part of a larger information war puzzle.
I flew to Jeju to research the comfort women scam and spent a day at the 4.3 museum. The museum reminded me of the Nanjing museum that I visited while researching the same topic. Both museums were filled with children for a day of brainwashing.
There was a massacre on Jeju but if you go to Jeju, please go see the museum and you will quickly see this is not about a historical retelling of Koreans massacring Koreans, but a shrine to build hatred between Koreans and against the USA.
They use the museum to build hatred against the USA despite we had no involvement.
Historical framework: Korea was legally and voluntarily annexed by Japan in 1910. Koreans were Japanese citizens. Koreans were Japanese between 1910 and 1945. Hundreds of thousands of Koreans served in the Japanese military. Korea was our enemy while they fought Americans.
The war between the USA and Japan/Korea ended in August 1945. The USA then occupied Japan and Korea. Japan had been largely destroyed by the war. Practically nothing happened in Korea but to hear Koreans today they often say they had it worse than anyone in World War II. Really, practically nothing happened. No invasion or bombing campaign. Just birds and crickets.
While Japan was destroyed, Japanese got to work rebuilding their country. There were credible reports that many Australian and American troops raped Many Japanese women but there was no uprising.
I have a book on my desk called "Time of the Fallen Blossoms," billed as an eyewitness account by an Australian intelligence officer named Allan Clifton. The book was published in 1951 and recounts his experiences in Japan in 1946 as part of the British Commonwealth Occupation Force. In this book, Mr. Clifton recounts many crimes against Japanese. After publication, Clifton became unpopular in Australia.
Meanwhile, across the Sea of Japan over in Korea, our occupation force set to work building a new Korean government. By the way, at this time in history, Koreans were not talking about any "brutal occupation" by Japan because it never happened.
The comfort women scam would not launch until 1978, when a Japanese communist named Seiji Yoshida lied (he later admitted) about kidnapping roughly 200 women on Jeju to become sex slaves. The entire sex slave scam did not start in Korea or China, but by a Japanese communist.
Anyway, Koreans started massacring each other. Today they claim about 30,000 were massacred on Jeju, but these are the same people who at first claimed Japanese kidnapped about 200 (thanks to the Japanese book), which they later inflated to 2,000, and later to 20,000, until they reached a whopping 400,000.
People were having a hard time believing 400,000, so they dialed back to 200,000 and have kept that number for years. Most journalist who write about it actually believe it, or at least just parrot the narrative. Cannot make up this stuff. Well, Koreans did, as did others.
And so, now they have comfort women museums and statues -- I have visited numerous, while other information warriors on Jeju have built the incredible 4.3 museum. (The name 4.3 comes from the April 3rd uprising in 1948.)
A clear aim of the 4.3 and comfort women narratives is to cause division within Korea and hatred against Japan and USA, while splitting our alliances.
Attached is a snap from a page in a book I got at the Jeju massacre museum, and separately the cover of "Time of the Fallen Blossoms" that describes occupation forces raping Japanese women.
Notice we are called "American cannibals."










Monday, March 26, 2018

安倍の友好外交

"Abe’s Charm Offensive – Is There a Second Act?
The Japanese prime minister has put serious effort into diplomacy near and far — but will it pay off?"

THE DIPLOMATの記事から:
"安倍の友好外交 - 第二幕はあるのか?日本の首相は近隣諸国およびその他遠隔地の諸国との外交に熱心である - だが、それは効果があるのか?"

中国、北朝鮮、韓国は長年にわたって日本と諸国との関係をぶちこわそうとしてきました。中国の最終ターゲットは米国です。中国の目的は中国の本土拡張にあります。

北朝鮮の究極の目標は韓国です。韓国の究極の目標は非現実的です。もしも韓国の国民が、南北統一がスムーズに実現されると考えているならば、それは誤りです。

韓国について言えば、これは究極的には自殺行為です。韓国政府と韓国の国民は感情的/精神的なこと、および誤った歴史認識に基づいて決定しようとしています。

韓国人に韓国が日本であって時代について聞いてみて下さい。
ほぼ全てが「日本占領下では・・・」と言うでしょう。

日本は朝鮮を占領したことはありません。
1910年、朝鮮は同意の下、日本に併合されました。

このことを尋ねてみて下さい。1910年から1945年にかけて彼らは日本人であって、多くが日本軍に志願し入隊していたことを語る韓国人は皆無でしょう。将校になる者も多くいました。当時、日本兵であった朝鮮人に多くの囚人が拷問にかけられました。

韓国人に1910年から1945年にかけての日本の「占領」について尋ねてみてください。
実際、どうやって日本が朝鮮を得たのか聞いてみて下さい。
いつ、どこで大きな戦いが行われたのか聞いてみて下さい。
その戦いを率いたのは、日本と朝鮮の、それぞれどの将校か聞いてみて下さい。
何隻の船が沈められたのか聞いてみて下さい。
殺された軍人と市民は何名だったのか聞いてみて下さい。

これらの質問は韓国人を不機嫌にします。彼らは答えます「貴方は我々の歴史を知らない」。現実は韓国人が彼らの歴史を知らないにもかかわらず。

第二次大戦について韓国人に聞いてみて下さい。
朝鮮にとって酷いものでしたかと。
普通はええ、全くひどいものでしたと答えるでしょう。
つづけて、次の質問をしてください:どこでの戦いがひどかったのか、朝鮮のどこで攻撃されたのか、何人が戦死したのか。

歴史は歌やダンス、本を通して人々の合意で形成されます。
その歌やダンス、本、人々の合意は、韓国、中国、その他の人形師によって操られています。

彼らは言います、日本軍は40万人もの性奴隷をさらったと。
それをそのまま信じる者は少ないので、彼らは数を20万人に減らしました。
実際には200人から始まり、すぐに数千人となり、やがて40万人に達し、安定点の20万人に落ち着きました。適当な数を上げているのです。

イアンフ -- 慰安婦 -- は、事実として語り継がれてきました。
韓国は未だに毎日、慰安婦を輸出しています。慰安婦は、おそらく世界でも古い職業の一つでしょう。まぁ、戦争あるいは狩猟が最初にくるかもしれませんが。

日本人が朝鮮人の性奴隷の積み荷を受け取ったとしたら、多くの疑問が湧いてきます:朝鮮人の少女と女性がさらわれて沢山の船に積み込まれたときなぜ朝鮮人たちは反撃しなかったのでしょう。朝鮮人はよわむしだったのか?武器も持っていたのに?

当時数万人が、女性をさらって船に積み込んだとされる軍に服務していました。
彼らは銃もナイフも持っていました。石や毒薬も。

なぜ彼らは反撃しなかったのか。答えは簡単です:朝鮮人は(今なおも)売春ビジネスで有名で、日本人と朝鮮人(当時は日本人)は、性奴隷ではなく売春婦を買ったのです。


"Abe’s Charm Offensive – Is There a Second Act?
The Japanese prime minister has put serious effort into diplomacy near and far — but will it pay off?"
China, and North and South Korea, are working overtime to subvert Japan's relations with anyone and everyone. The ultimate target for China is the USA. The ultimate goal for China is global expansion.
The ultimate goal for North Korea is to take South Korea. The ultimate goal for South Korea is unrealistic and pie in the sky. If they think reunification will go smoothly and well for South Korea, they are wrong.
For South Korea, this ultimately is suicidal. The government and millions of people are making decisions based on emotional/psychological baggage and on pseudo history.
Ask a South Korean about the Japanese time in Korea. They nearly always answer with things like, "During the Japanese occupation."
Japan never occupied Korea. Korea was annexed with Korean agreement in 1910.
Try it asking about this. You will see that practically no Korean will step outside the bounds and say that from 1910-1945, they were full Japanese citizens and that hundreds of thousands volunteered for the Japanese Army. Many were officers, including Generals. Many allied prisoners were tortured by Koreans who where Japanese Soldiers.
Ask a Korean about the Japanese "occupation" from 1910 to 1945. Ask them exactly how Japan got to Korea. Where did Japanese land? Where were the big battles? Which Japanese and Korean officers led the fighting? How many ships were sunk? How many troops and civilians were killed?
These questions make Koreans uneasy. They often will answer, "You do not understand our history." The reality is that Koreans do not understand their history.
Ask Koreans about World War II. Was it bad for Korea? They normally answer yes, horrible. This begs questions: where was it horrible for Korea? Where were they attacked in Korea? How many died?
History is made through song, dance, books, and consensus. The songs, dances, books, and consensus are made by the puppet masters in Korea, China, and elsewhere.
They have said the Japanese took 400,000 sex slaves. Few people believed this, so they dialed it back to 200,000. Actually, it started at about 200, worked its way into the thousands, reached 400,000, and then reached a stable point at 200,000. Sort of a dial-a-lie.
Ianfu -- comfort women -- were and remain real. Korea exports comfort women every day still. World's oldest profession, maybe. Maybe war came first. I have no idea. Hunting probably came first.
As for Japanese taking shiploads of Korean sex slaves, this begs many questions: Why did Koreans never fight back when boatloads of Korean girls and women were being taken? Were they cowards? Koreans were well armed.
Hundreds of thousands served in the Army to which the women allegedly were shipped. They had guns. Knives. Stones. Poisons.

Why did they not fight back? The answer is simple: Koreans were neck deep in the prostitution and still are, and Japanese and Koreans (who were Japanese) were taking prostitutes, not sex slaves.

https://thediplomat.com/2018/03/abes-charm-offensive-is-there-a-second-act/











Thursday, March 22, 2018

日本 - ロシア

Japan-Russia relations: believe it or not, there still is no peace treaty between Russia and Japan after World War II.

何ということか! 第二次大戦後にロシアと日本は平和条約を締結していません。

歴史は複雑です。端的に説明すると、ロシアは日本が降伏した後に日本から重要な島々を盗んだのです。日本は当然の権利として、ロシア人が多く住む島々を取り返したいと望んでいます。

ただ一つの良いニュースは、貧しいロシア人たちは島々までは強奪出来ないので、島は手つかずの野生動物の楽園となっていることです。

1800年代中頃: 基本的に日本は鎖国していて、太平洋に浮かぶ孤島のようなものでした。帝国主義のオランダ、米国、ロシア、大英帝国、フランス、その他列強の国々は 着々と世界中を飲み込んでいました。

日本も呑み込まれる予定でした。

米国海軍のペリー提督(Matthew Perry)は、1854年、艦隊の大砲で脅して日本の扉をこじ開けました。その意味では砲艦外交の最たるものです。

世界への扉を閉ざしていた日本は隠者のような社会でしたが、まだ西洋の技術を採り入れていないとは言え、光り輝く国でした(私は日本人は宇宙からやってきたのだと思うこともあります - それだけ地球上でユニークな存在です)。

ようやく日本は気がつきました、もしも帝国主義クラブの仲間入りをしなければ飲み込まれてしまうことを。それが全てです。張り合うか、飲み込まれるか。

日本はがむしゃらになって近代化を推し進めました。1890年代 - つまり開国から40年足らずで列強国の仲間入りをしました。

1904-05年、日本はロシアと第一次世界大戦になるかもしれないほどの大規模な日露戦争を行い、敵方ロシアを制します。当時のルーズベルト(Teddy Roosevelt)大統領は日本が好きで、日本がロシア人たちを打ち負かしたことを殊の外喜びました。彼はロシア人が大嫌いでした、今生きていたとしても全く同じ理由でロシア人が大嫌いになるでしょう。彼は日本人に敬意を払っていました。

いずれにしろ、引き続いて多くのことが起こりました。第一次世界大戦や諸々が。日本は帝国主義に蔓延する疫病のような人種差別を廃止する提案を出しましたが 
米国や大英帝国は認めませんでした。結局、人種差別はアフリカをはじめとする全ての植民地を蝕みました。
人種差別をやめろ、と言われても、答えはNoでした。日本人は白人ではないので、虫のいい提案だといわれました。(これは事実です。作り話ではありません。)

そしてとうとう第二次世界大戦になりました。

ソ連は戦争が終わってから日本領有の 島々を強奪しました。彼らロシア人は東欧も自分のものにして最終的に例のベルリンの壁を築きました。

島に住むロシア人の住人の多くは、プーチンが島の生活環境を改善せずに放っておくので、日本が島を取り戻せば日本と同じようになると期待している、と言われています。

後から言うのも何ですが、私が大変残念に思うのは、なぜ我々はドイツ帝国やソビエト連邦に対抗する同盟関係を日本と結ばなかったのか、ということです。当時、我々は敵を間違えて日本と戦ってしまいました。

日本帝国主義は、侵略的な欧米諸国の帝国主義の中で生き残るためのものでした。
戦うか、死ぬか。

日本を敵と見なした当時の米国のプロパガンダ映画を観ると、日本がいつか世界の支配者になろうとしているかのように描かれていました。今となっては馬鹿馬鹿しい話です。

当時、日本が世界を支配するには 人も資源も決定的に不足していました。論理的に考えればわかることです。しかし人々はプロパガンダ映画を信じました。確かに信じたのです。結果は恐ろしいものでした。

世界は日本を応援し、日本が自国の領土である島々を取り戻すことに味方するべきです。
ソビエト連合時代にロシアがやったことは明らかに強奪 で、中国がチベットに対してやっていることも同じ、強奪です。

国連は何をしているのか?


添付は、日露二国間でビザ無し渡航の可能性が議論されたことを報じるタス通信の記事
TASS  Russian News Agency
--------------------------------------------------

Russia, Japan discussing visa waiver

More:
http://tass.com/politics/995366

--------------------------------------------------



Japan-Russia relations: believe it or not, there still is no peace treaty between Russia and Japan after World War II.
The history is complex. In short, Russia stole important islands from Japan after Japan surrendered. Japan rightfully wants back the islands which are inhabited mostly by poor Russians.
The only good news is that the poor Russians have not been able to pillage the islands and so there is a great deal of untouched wildlife out there.
Rewind the tapes the the mid 1800s: Japan was basically floating out in the Pacific all alone not hurting anyone. Imperialists like the Dutch, Americans, Russians, British, French, and more, had been steadily gobbling up the world.
Japan was on the menu, like it or not.
US Navy Commodore Matthew Perry finally opened Japan in 1854 at the end of his cannons. Gunboat diplomacy at its finest.
Japan had been a hermit society, but Japanese were brilliant if not yet advanced. (I think Japanese came from outer space -- Japanese are unique on Earth.)
Japanese realized that if they do not join the club of imperialists, they would be gobbled up. Period. It was compete or be swallowed.
Japanese swung into high gear. By at least the 1890s -- just 40 years later -- Japan was becoming a world power.
In 1904-05, Japan beat Russia in a serious war that threatened to become the first world war. Teddy Roosevelt loved the Japanese and was very happy they stomped the Russians. He pretty much hated the Russians for the same reasons he would hate Russians today. He respected Japanese.
Anyway, many things happened. World War I, so much more. Japan wanted to do away with the racism that was epidemic among the imperialists, but countries like USA and Great Britain were having none of that. After all, this would undermine colonies from Africa to just about everywhere. Toss out racism? Surely not. This was self-serving for Japanese because they were not white. (Seriously -- it was viewed this way. Nobody can make up this stuff.)
And finally World War II.
After the fighting stopped the Russians stole the islands. They also kept Eastern Europe and eventually built that wall.
It is said that many Russians who live on the islands wish that Japan would take back the islands because Putin just leaves them out there living badly, and they believe their lives will improve if Japan takes what is Japan.
My great regret with the benefit of hindsight is that we were not allies with Japan against Germany, and the Soviet Union. Alas. When it came to Japan, we fought the wrong people.
Japanese Imperialism was a survival response to aggressive imperialism. It was compete, or die. I have watched many old US propaganda films against Japan, making out as if Japan will some day rule the world, and that they set their eyes on global dominance. The idea is silly.
Japan did not have even a tiny fraction of the human or other resources to dominate the world. Totally silly. But people believed the propaganda. They surely did. The results were horrific.
The world should stand behind Japan and its claims to take back its own territory. This was flat out theft, just as Russia had done while making the Soviet Union, or as China has done with Tibet.
Where is the UN on this?