Thursday, February 25, 2016

日本人収容施設

日本人収容所での生活 : 46枚の写真  by アンセル・アダムズ

信じられない物語がここにある。我々の祖国 米国は、第二次大戦中、約12万人の日本人を収容所に送った。財産のみならず商売や仕事までも奪われた彼らは、身の回りの物だけを持って収容所に向かった。米国市民であり、アメリカ人だったというのに。

米国の犯罪的仕打ちにも関わらず、彼らの多くの若者は米軍に入隊し第422連隊で戦った。私の友人の一人は、今、ハワイの第422連隊の士官であるが、彼によると、入隊したばかりの若い兵士はまず、第422連隊の輝かしい歴史を教えられるそうである。

第442連隊は規模は大きくないものの、米軍の歴史上、もっとも勇猛を馳せたことで有名な部隊となった。米国名誉勲章をはじめ、その他多くの栄誉ある勲章を受けている。かつて、友人の退役軍人と私はロサンゼルスにある422連隊記念館を訪れたことがある。もしもあなたがロサンゼルスにいたら、是非442連隊の記念館を訪れて静かな時間を過ごしてほしい。多くを学べるであろう。

米国を代表してアメリカ在住日本人に謝罪したのは、1988年、ロナルド・レーガン大統領だった。彼は立派な大統領だった。




46 fantastic photos of life at a Japanese internment camp, taken by Ansel Adams
Incredible history here. We, America, rounded up nearly 120,000 Japanese during World War II and put them in prison camps. We stole their property, businesses, the works. At least they could keep what they could carry. Many were US citizens. They were Americans. 
Despite that crime, many still joined the US military, and served in the 442nd Regimental Combat Team. A friend of mine serves with the 442nd today, in Hawaii. My friend is an officer in the 442nd, and he told me the young Soldiers are taught the incredible history of their unit. 
The 442nd became the most highly decorated unit for its size in US military history. The 442nd has Medals of Honor and other high awards coming out its ears. They were incredible. I and an Army veteran visited their memorial in Los Angeles. If you are in Los Angeles, please spend a quiet hour at the 442nd memorial. You will learn a great deal and be enriched from the experience.
We never apologized for what we did to Japanese in America until 1988 when Ronald Reagan, the fine man that he was, apologized on behalf of the United States.


13 comments:

laughing Salesman said...

「日本人収容所」は基本、アメリカ人が考えるべき問題なので、日本人としては、さして感慨が湧きませんね。

しかし、これを考えて実施した奴が、フランクリン・ルーズベルトであることは覚えておく必要がある。

本当の戦争犯罪人こそ、フランクリン・ルーズベルトではないか。この蔣介石ともども、この男の罪を暴くことが、日本の戦後を支配してきた東京裁判史観からの脱却と、日本の国を取り戻すことになる。

坂東妻三郎主演のサイレント映画「雄呂血」の最初の幕が、こういう言葉で始まるのをご存知か。(ようつべで見られるよ)

世人、無頼漢(ならずもの)と称する者、
必ずしも真の無頼漢のみに非(あら)ず
善良高潔なる人格者と称せらるゝ者、
必ずしも真の善人のみに非ず
表面善事の仮面を被り裏面に奸悪を行う大偽善者、
亦(また)、我らの世界に数多く生息する事を知れ

喪黒福造/Laughing Salesman

TS said...

第442連隊の奮闘も日本人収容所に対するレーガン大統領の謝罪も美談ではありますが、
それも当時に収容された日本人が立派な人達だった故の話だと思います。
あと開戦当時の日本が在米日本人を自国の為に動員しなかった事は忘れるべきでないでしょう。
もしも在米日本人が反米活動に従事していたならば日本人収容所も正当化されていたのでは?

フランクリン・ルーズベルトと蒋介石の関係を見て色々と思う事は有ります。
共和党のトランプとか孤立主義みたいな事を言っていて中国に都合が良い感じですけど、
かの国から何か政治工作が行われているのかも知れませんね。

44gou said...

アメリカ人は自国の過ちを反省する事ができる点はやはりアメリカというか、こういうところは尊敬できるし世界の覇権国家・超大国として国・国民ともにふさわしい振る舞いだと思う。

日本会議の江崎道朗さんの講演で言っていたけど、アメリカの一部の層は東京裁判史観見直しにも着手している。こういう動きが成功して拡大すれば、いつかアメリカ国民の日米戦争や原爆投下などについての認識も改まり、日米に真の和解が訪れることも期待出来ないでもない。てかそうなってほしい。

【岡山】平成27年終戦の日 記念講演『アメリカにおける東京裁判史観見直し』
www.youtube.com/watch?v=ZFiWJAHAYc4

laughing Salesman said...

アメリカ人の理性に期待したいが、こういう連中がいることも事実なんだよね。一応、苦情をつけておいたが、どっと萎えた。
https://www.youtube.com/watch?v=AOIYaJKFvvU

こういう、韓国人のいうことを鵜呑みにして何の裏とりもせずに日本叩きをする、この軽薄極まりない行動をする心理の奥に、日本人を野蛮人として蔑みたい気持ちが潜んでいることは間違いないと思うね。

30年ぐらい前だが、俺は英語の勉強のため、通信販売のビデオテープ(まだ貸しビデオ屋がなかった)を取り寄せて見ていたのだが、太平洋戦争を扱った作品で、日本兵がまるで人間の心を失った殺人ロボットのような描かれ方をしているので、飛び上がるほど驚いたことがある。「きけ、わだつみのこえ」でも英訳したろかと思ったが、著作権の問題があるのでやめた。

要するに日本人は、「スタートレック」に出てくる「クリンゴン星人」なんだよ。文明が発達しているのに、グロテスクな姿をして好戦的な野蛮人というわけだ。その立場から抜け出すのは非常に難しい。

谷山雄二郎氏のスコッツボロー・ガールズを見たが、「長すぎる」以外に特に変なところはなかったよ。なんで、この作品に、あれほど嫌悪感を抱いたのかな? きっと、ヨン氏は「WASPは人種偏見で人を罪に陥れることがある」という、痛いところを突かれたのだろう。みんな銃を持っていて、人種対立が理由で暴動や放火が起きる社会で、人種偏見の問題の深刻さは日本人の想像を超える。その点、日本人はまことに便利な存在で、いくら叩いても海を隔てた向こうにいるので、気楽に罵詈雑言を並べても訴えられることがない。

まあ、私も「支那人の祖先は北京原人ではなくてピラニアだ」と云うことがあるから、海というのは、まことに良い垣根であるわけだ。

JP Michael Yon said...

ひどいビデオですね。投稿がすこし古いこともあって、様々な意見のレスがついていますが。

> きっと、ヨン氏は「WASPは人種偏見で人を罪に陥れることがある」という、

前にも書きましたが、「DVDは日本人のうけは良いでしょう」というのが大前提です。
その意味で完全に日本国内向けです。

逆に言えば日本人以外へはメッセージは届かない。

だれにわかって欲しいのか、何のために作った英語での作品なのか。
メッセージを送りたい相手は、日本人以外なのではなかったのか・・・

これにつきます。

44gou said...

laughing Salesmanさん
アメリカ行ったことないからメディアや動画で感じた事しか分からないけど、色んな人・層が入り乱れていると想像できます。日本人に対してそんな差別・偏見があるのは悲しいですね、こっちは大戦中や戦後のその後やり取り以外は特に悪感情はないと思うだけに残念です。

谷山雄二郎のスコッツボロー・ガールズ批判は、仰るように痛いとこ突かれたり、対談でダシに使われたことによる反感、関連する櫻井よし子さんなどとの関係でモメてた事、講演への好意のアドバイスや協力を谷山が断ったこと、映画の中でアメリカや米軍を批判しているところなど、色々要因(もうあんまり覚えてないですが)は考えられますが、レビューと称する難癖を見ている限りは個人的な恨みつらみでしょう。実際反発を生む反響を生んでいるなら問題ですけど、ないなら別にいいんじゃないですかね。俺も日本の常識しか分からないけど、その感覚では谷山本人が自称する「うるさい日本人」の名の通り攻めるてるなぁとは思いますけど、映画として全体的に普通に問題はないと思いますけどね

laughing Salesman said...

今度の慰安婦の件で思ったことだが、日本は官民を挙げてアメリカの中に日本の立場を訴えるメディアを持つべきだと思ったね。既存のものじゃあダメだよ。チャンネル桜が拡大したようなものしていかなきゃならない。そのためには、外務省の広報予算を横取りする必要がある。

JP Michael Yon said...

I admit your desperate efforts to cover up the false of the lengthy DVD but you can’t.

By the way, have you ever read his book “Fukushima 3/11”?
It was written in the style of:
“A juvenile rant against everything and everybody. Vulgar, unstructured, uninformative, stupid. “.
“It reads like a 14-year old Goth wrote it.“
Note that these are not my words.

The DVD was created exactly in the same style.
“A juvenile rant against everything and everybody. Vulgar, unstructured, uninformative, stupid. “.
These are my words, though.

See the link.
Fukushima 3/11

=====================
This is the worst book I ever bought. A juvenile rant against everything and everybody. Vulgar, unstructured, uninformative, stupid. $9.99? You couldn't give me this piece of trash. I am anti-nuclear power, so don't think this is a philosophical difference. It reads like a 14-year old Goth wrote it. The title should have tipped me off. Duh!
Why the ^%&*$ all these good ratings. Were they all written by the author?

I tried to do zero stars.......

Signed,
Gypped-San
=====================

JP Michael Yon said...

> 日本は官民を挙げてアメリカの中に日本の立場を訴えるメディア
ただ訴えるだけではなく、相手に伝わるようにすることも肝要かと。

産経新聞さんが英語版を作ってくださると良いのですが。

塾長 said...

3 million Japanese victims released a few billion colored people from colonialism and racism in glove.、We Japanese call it "Bushido". Hideki Tojo declared that the purpose of opening war was liberating Asia in his statement Dec 8 1941.Tojyo is real liberator.

3百万人の日本人犠牲者が地球上における数十億人の有色人種を植民地主義と人種差別から救出した。我々日本人はこれを武士道と呼ぶ。東条英機は開戦目的はアジアの開放であると開戦日の声明で明言していた。東条こそ真の解放者である。

774 said...

日系と言っても米国人の事なので日本人にはこの件について特別な感情はありません。敵国に対する敵意や恐怖感から一時的に隔離収容することは理解できます。トランプ氏がその場にいなければ分からないと肯定的な発言を支持する人がいるのも分かります。

ただし、財産を没収した事が理解できない。
家族が死に絶えれば日本の法律でも財産は国のものになります。ならば日系人は砂漠から出さず絶滅させる予定だったのでしょう。
だから安く売却するか売却できなかった土地や家屋は一般人が略奪したのはどっち道相続人はいないからでしょう。
謝罪はしても土地や家屋は返還せず賠償もしていない。略奪者が処罰されていない。同じ事が将来繰り返される。

収容所で米国に対する忠誠の有無を回答させ、家族を殺されたくなければ軍に志願せよと強制した。
そのために、戦死率が異常に高かった。誘拐犯に人質の命を助けたければ、人を殺して来いと強要されて、たくさん殺したと勲章を貰った事が誇りになるんですか?誘拐犯の表彰は屈辱でしかない。日系米国人はよく我慢していると思う。

44gou said...

>774さん
でもやらされてる感はあまり感じないし、アメリカに尽くすとの覚悟もあったろうし、けっこう楽しそうだけどね。帝国軍人もそうだけど、日本人(民族かな)は戦場に向かう直前のような辛い状況でも笑顔が絶えない場面もある。そういうとこは素敵だと思うなぁ

アメリカ陸軍第442歩兵連隊(US Army 442nd infantry regiment)
www.youtube.com/watch?v=IpjaQ8lJqmY

Eiji Nakano said...

日本人収容所に関しては、「日米開戦の人種的側面アメリカの反省1944」(カレイ・マックスウィリアムス著 渡辺惣樹訳)に詳しい記述がある。

この事件は単なる人種差別問題ではなく、根拠のない政治的プロパガンダが生み出した民主主義の闇の部分なんだと思い知らさせる。荒れ地を耕して農産物を作れるようにし、漁労で魚を供給し、地域に貢献し、隣人とも上手くやっていても、一度政治プロパガンダの標的となれば、激しい排斥に合う。

アメリカの建国の理念や自由と平等というお題目も、あっという間に吹き飛んだ。アメリカは、さすがにこれについては憲法違反であることを認めた。しかし、謝罪はしても補償はしてくれないのがアメリカ。終戦前の著作ではあるが、当時の雰囲気を知るにはいい本だと思う。

そして、仲良く、まじめにやっていても理不尽に扱われるのが、アメリカをはじめとする日本国外の世界だと日本人はきちんと理解すべきだということだ。