Tuesday, October 9, 2018

決定版・慰安婦の真実――戦場ジャーナリストが見抜いた中韓の大嘘


My first book in Japanese language: Just listed minutes ago on Amazon.
(No English versions are available.)

8 comments:

MM said...

いまのところ英語版はないようですね。その点だけが残念です。

サンフランシスコでは通りに慰安婦のバナーが翻っているそうです。ジャパンタウンにまで...。
http://blog.livedoor.jp/ttongsulland/archives/12617623.html

Yoshinori_K said...

もちろん買います。
でも、英語版もお願い致します。
英語版の方が、必要です。

Akira Yasui said...

マイケルは、英語版も書いてますよ。そろそろ出るんじゃないですかね。タイトルは、「Written in stone」です。

前田健二 said...

Congratulations Michael. I will definitely buy it.

yy said...

只今アマゾンにて注文しました。

最近マイケルさんに寄付をしていなくて申し訳ありません。

laughing Salesman said...

主題とは関係ないけど、あまりにも重要な話題なので。

ペンス副大統領がハドソン研究所で行った演説はすごいね。米中新冷戦時代の幕開けですよ。

Vice President Mike Pence's China Speech at Hudson Institute
https://www.youtube.com/watch?v=mYAHPPXmcts

英文による全文文字起こし
https://www.hudson.org/events/1610-vice-president-mike-pence-s-remarks-on-the-administration-s-policy-towards-china102018?mod=article_inline

全文の和訳
https://www.newshonyaku.com/usa/20181009

長谷川幸洋による解説
https://www.newshonyaku.com/usa/20181009

mc^2 said...

ですね。指摘されてることですが新聞や地上波は地味な使い、伝えるのはもっぱら

「ジユウボーエキガー」「日本へのエイキョウガー」「中間選挙デー」。

しかし以下のあたりは気に入らない(笑)。

> 中国がいわゆる「屈辱の世紀」の最中に憤りと搾取に苦しんでいた時、アメリカは参加を拒否し、「自由貿易」政策を提唱しました。それは、中国との貿易を自由化し、中国の主権を守るためです。

よく言うよ。

> アメリカ人宣教師たちが中国に福音(神の言葉)を伝えたとき、彼らはいにしえの豊かな文化と活気ある人々に感動しました。そして彼らは信仰を広めただけでなく、同じ宣教師たちが中国初の一流大学をいくつか設立しました。

事実だが故無きは筈もなく。

> 第二次世界大戦が勃発したとき、我々は帝国主義との戦いで同盟国として団結しました。そしてその戦争の余波の中で、アメリカは中国が国連の設立メンバーとなり、戦後世界に大きな変化を確実にもたらしました。

中華人民共和国の加盟は1971年だよ。(日本語訳がちと?ですが、「アメリカは、中国が国連の設立メンバーとなり、戦後世界の偉大な形成者(great shaper)となることを保証しました」といったところでしょうか)

laughing Salesman said...

まあ、歴史の解釈に関しては気に入らないところはあるけれども、米政権が反中姿勢を明確にしたということでは、総合的に云って歓迎すべきじゃないですかね。演説の内容は一般の支那人の耳にも入るわけですから、副大統領という立場からの外交儀礼もあるでしょうし。

日本にとって頭痛のタネのひとつは、「アメリカ人が支那人に騙され易い体質を持っている」ということですよ。

戦前は蒋介石と宋美齢のプロパガンダに騙されて、まんまと「日本が加害者、支那はかわいそうな被害者」の構図を作られてしまった。このことは、日米戦争の誘因の一つにさえなった。

戦後は、クリントン政権の時代にジャパン・バッシングが始まり、日本は不当な「プラザ合意」を押し付けられた反面、支那が「いい子ちゃん」になって、投資が増えるなどアメに可愛がられた。アメでイヤなのは、日本叩きと支那甘やかしがワンセットになっているところです。

でも、ペンス副大統領の演説は、チャーチルの「鉄のカーテン」演説に匹敵する重みのある画期的なものです。

ちなみに、「ペンス演説」が行われたハドソン研究所は、One Hundred Year Marathon (邦訳「China 2049」)の著書で有名なMichael Pillsbury氏が研究員をしていて、「ペンス演説」も、この本の内容を基調としています。

この本についても、「日本に対する政策の誤りはどう評価するのか」みたいに、言いたい事はあります。でも、言い出すとキリがない。だいたい、Panda HuggerだったPillsburyさん、あんた、米政府からカネ貰って支那専門家をやっていたくせに、支那人の薄汚い正体に気が付くのが遅すぎるよ!

ことほどさように、気に入らないことを言い出すとキリがない。だから、今のところは、あまり他の問題を持ち出さず、日本にとっては当分、頭痛のタネがひとつ減ったことを喜びましょう。