Wednesday, February 18, 2015

報告会・講演会

来週火曜日,東京にて

 可能であるならば,慰安婦の件(CWI)について真剣に取り組んでいる全てのジャーナリストと著者諸氏に是非参加していただきたい.このトークは未開のドアを開くだろう.英語から日本語への翻訳が提供されます.

マイケル・ヨン氏 IWG報告会 講演会
2015年2月24日 18:30
東京都 千代田区 日比谷図書文化館

Tokyo next Tuesday, 24 February 2015 -- IWG talk
All journalists and writers who are serious about the CWI should attend if possible. This talk will open unexplored doors. Japanese translation from English will be provided.

4 comments:

Anonymous said...

もし良かったらニコニコなどでストリーミング中継出来ないでしょうか?


Is streaming broadcasting possible ?

Anonymous said...

1 米軍と韓国人慰安婦の歴史  1945~基地売春  パート1/4
https://www.youtube.com/watch?v=KM8WxGpfQj0
2 米軍と韓国人慰安婦の歴史  1945~基地売春  パート2/4
https://www.youtube.com/watch?v=RyIrZFqJ8eA
3 米軍と韓国人慰安婦の歴史  1945~基地売春  パート3/4
https://www.youtube.com/watch?v=chVlbr1Y98M
4 米軍と韓国人慰安婦の歴史  1945~基地売春  パート4/4
https://www.youtube.com/watch?v=QBo0keFO3q4

S aki said...

http://samurai20.jp/2015/02/swap-4/

http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11884182074.html

kyoko wakaba said...

会場には行けませんでしたが、YouTubeで拝見しました。
ちなみに私も主婦です。
また、谷山さんとの対談も見ました。
是非、同じ内容の発表をアメリカでして頂きたいとお願い致します。

朝日新聞慰安婦問題訴訟についてのJapan Times等の記事を見ますと、朝日新聞を非難する人々と安倍政権を、歴史修正主義者と決めつけ、「朝日新聞を糺す会」の記者会見で「バカなウゾ」(馬鹿な嘘)と叫んでいたイタリア人記者と全く同じ精神構造です。「文明や文化で劣っている日本に正しい歴史を教えてやる」と言わんばかりの尊大さです。中国韓国のプロパガンダに乗せられて、このような歴史認識を持つに至った記者たちは、愚かとしか言いようがありません。

朴槿惠の父親朴正煕元大統領は満州軍第8師団中尉でした。彼は日韓基本条約を締結した。慰安婦についてリアルタイムで知っていた人物が朴正煕元大統領のはずです。朴正煕元大統領は慰安婦を、何故、助けなかったのでしょうか?もしかして買ってたのかしら。
韓国は「植民地として抑圧されていたから」と言いますが、その抑圧されていた植民地の民に、日本は中尉という官職を与え、銃はおろか、師団まで持たせていたのです。
韓国はWW2の戦勝国だと自称します。韓国独立軍は激しい戦いの後に独立を勝ち取ったと言います。憲法にそう書いてあります。その独立軍の戦士が初代大統領ではなく、戦争中アメリカに逃げていた李承晩で、独立軍に一個中隊を引き連れて参戦する事もできたであろうにしなかった朴正煕満州軍第8師団中尉は、そのまま終戦を迎え、後に大統領となっているのは何故なのか?全く理解できません。
そして、朝鮮戦争で中国と北朝鮮に攻め込まれ、現在休戦中の韓国大統領朴槿惠は中国大好きで、中国と一緒に歴史問題で日本を非難します。「中国と韓国はWW2を共に戦った」と習主席は言っています。
中国は王朝が替わる度にその前の王朝や、政権にとって都合の悪い事はは「無かった事」として抹殺する文化があり、朝鮮も同様です。天安門事件も光州事件も「反体制派の小さな暴動事件」として国内では忘れ去られようとしています。ですから「中国と韓国はWW2を共に戦った」と歴史を修正する事に何の疑問も感じないのでしょう。さらに進めば朝鮮戦争で中国と韓国が戦ったのは都合が悪いので、韓国の敵は日本だったとなり、軍隊も持っていなかった日本が朝鮮戦争でアメリカ朝鮮中国の連合軍と戦ったという歴史が出来上がるのではないでしょうか。
「歴史を直視せよ」と朴槿惠は日本に言いますが、直視すると、頭がクラクラします。