Tuesday, December 8, 2015

神風とイスラミック自爆テロリスト:その違い

フランスのルモンド紙がパリの自殺テロリストと「神風」を比較した。このことは言葉遣いに敏感な日本人を刺激した。これは私が日本人について興味深いと思っている点でもある。正しい文言を正しい状況で使うべきであると。

神風とイスラムの自爆攻撃者の違いは計り知れない。プロフェッショナルな米軍関係者だったらすぐにその違いを理解する。イスラムの自殺攻撃者たちは、彼らのやっていることからしてほとんど全てが犯罪だ。
(もちろん私は法律家ではない — しかし私が陸軍に所属していたときにこのことは頭にたたき込まれた。)

ほとんどの場合イスラムの自爆攻撃者は軍人ではない。そこからして間違っている。彼らが軍を標的にするのはわかるが、しかしそのときも軍服などを着ずに民間人に紛れている。これは違法だ。

パリの爆弾テロやサンバーナーディーノ銃乱射事件でも犯人は軍服を着ずに民間人に紛れて民間人を攻撃した。

パリでの被害者は軍事標的への攻撃に巻き添えとなったのわけではなかった。民間人が主要なターゲットであった。これは平和なときでも戦争時でも完全に違法だ。

神風は全く違うものだ。彼らは(私が知る限り)何の戦争犯罪も犯していない。

宣言された戦争において神風は法的に従事していた。我々は日本に侵攻しようと準備をしていたし、彼らは自国民と国を守ろうとしていた。

神風ははっきりと彼らの国、日本のものであるとわかる軍服を着ていた。彼らは軍の印をつけた機体で飛行した。ターゲットとなったのは多くの場合武装した戦艦であった。

不幸なことにターゲットになったのは米軍戦艦であったので、そのことは米国人である私は気にくわないが、しかし当時、我々の戦艦は敵の標的になってしかるべきであったし沈没させられても違法ではない。

神風を打ち落として捕虜にしたとしても彼らに何の罪も問えない。

私が受けた軍のトレーニングに従うと、たとえ捕虜が神風であったとしても、他に打ち落とされて捕虜となった飛行士たちと同じように法律に従って対処する義務がある。私の経験から言ってこのことは 99% 確信がある。(神風が攻撃してきて衝突した後に、あるいは途中で打ち落とされて、捕虜となった例があるのだろうか? 私は知らない。)

非法律家としての私の信ずるところによれば、戦争が終結し条約が締結された後、我々には収容し保護している他の全ての戦争捕虜とともに神風たちを速やかに母国に送還させる義務がある。(我々は戦争捕虜を保護する義務がある)

別な話ではあるが、もしも神風が米軍の飛行士であったならば、彼ら全員に米国の最高名誉賞を与えていただろう。残念なことに、当時、彼らは敵であったが。

私がこのことについて尋ねたことのある退役軍人達は皆同意する。もちろん彼らも神風が我々を攻撃したことは好まないが、しかしそのような戦闘員に対して、嫌々ながらではあるがある種の尊敬の念を持っている。

他の大きな違いは、戦争が終わって死ぬことのなかった神風たちは気違いのようには振る舞わなかったし、飛行機を盗んだり戦闘行為を続けようとはしなかったことである。戦争が終結したと宣言されたときに彼らの戦争も終わった。(このことについて何か例外があれば私に教えて欲しい。多くの日本人が何年にもわたって戦い、終戦を迎えた後でも。)

イスラミックのジハード戦闘員は、たとえ何年にもわたって収監されても、出てきて自爆攻撃を試みる。

戦争後、生き残った日本兵の多くは自国に帰り、日本を立ち直らせた。神風は日本のために彼らの命を捧げた。

自爆ジハード戦闘員は多くの場合死ぬとは思っていない。彼らは死ぬ前にビデオを撮り、そこで自らの目標について語る。ほとんどの自爆ジハード戦闘員は死にたがっている、自分たちの純血や神への誓いのために、彼らの「神」とともにいるために。

神風は賞賛すべき敵であった。自爆ジハード戦闘員は洗脳されていて死にたがっているだけだ。







=========================================

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html



Kamikaze vs. Islamic Suicide attacker: Some differences
The French publication LeMonde compared the Paris suicide attackers wth Kamikaze. This upset some Japanese who are keen on precision use of words. This is something I enjoy about Japanese. They expect the right word for the right situation.
Differences between Kamikaze and Islamic suicide attackers are immense. Any professional US military person will recognize these differences.
Islamic suicide attackers are in nearly all cases criminals due to their acts. (Not that I am an attorney -- but the Army crammed these things into my head when I was in uniform.)
In the vast majority of cases, Islamic suicide bombers are not in uniform. That is a bad start. Often they hit military targets, which is fine, but usually they are not in uniform, and that is not fine. That is illegal.
Other times, such as in Paris and San Bernardino, attackers were not in uniform and they struck non-combatants.
The non-combatants in Paris were not collateral casualties during the course of an attack on a military target. The civilians were the main target.
This is absolutely illegal in war and in peace.
Kamikaze are something else entirely. They were not committing war crimes (to my knowledge).
Kamikaze were engaging legally in a declared war. We were preparing to invade Japan and they were protecting their people and country.
Kamikaze were young men wearing recognizable uniforms of their country.
They were flying marked, military aircraft.
Their targets were mostly our armed warships.
Unfortunately targets were US ships and I do not like that part, but our ships were fair military targets during time of war and therefore legal to sink.
If a Kamikaze were shot down and captured, I am unaware of any crime with which we could charge him.
Based on my training, I think we would be obligated to treat the Kamikaze like any downed airman, according to the rule of law. I am 99% sure of this based on my own Army training. (Was a Kamikaze ever captured after crashing or being shot down? I do not know.)
It is my belief as a non-attorney that immediately after hostilities ended and the treaties signed, we would be obligated to return the Kamikazes along with any other POWs under our care. (We are obligated to care for POWs.)
On a separate note, if Kamikaze were American fliers, we would likely have awarded every last one of them the Medal of Honor. Unfortunately they were the enemy.
Some American veterans I have asked about this are in agreement. None of us like that Kamikaze were hitting our people, but there is grudging respect for such warriors.
Another big difference is that Kamikaze who did not die, did not act like crazy people and start stealing airplanes after the war and continue to attack. When they were ordered that the war was over, the war was over. (If there were any exceptions to this, please educate me. Many Japanese did fight on for many years.)
Islamic jihadists however can go to prison for years, and then get out and commit suicide attacks. Their recidivism is real and of serious concern.
After the war, surviving Japanese mostly went back and rebuilt Japan. Kamikaze were sacrificing their lives for their people.
Yet suicide jihadists do not even think they are dying (in many cases). They often make videos before they die, in which they state some of their goals.
Most jihadists suicide attackers die greedily, for their virgins or whatever they were promised, and to sit with their 'god.'
Kamikaze were honorable enemies. Jihadists are brainwashed and greedy.










3 comments:

AZ said...

イスラムの戦士は戦って死ねば神の元に行けると信じているらしいが、彼らが祀られたりその名を刻まれたなど聞いた事がない。
ジハードをうたうなら、戦士の霊を敬うべきだがそんな感じがしない。

イスラムに靖国に相当するものが存在しない、それこそが偽りの聖戦である証拠ではないだろうか。

T Masa said...

ありがとうございます。

Takeshi S said...

日米開戦は不幸であった。
三国同盟より前に、日英米同盟が締結されていたらと思うと
つくづく残念だ。
日英同盟があったのだから、その道も充分にあった。

今、日本海、東シナ海、南シナ海沿岸を
日本が統治していたら、これらの海はきれいなままだったろう。
今は衛星写真でもはっきりわかるほど、大陸人の汚物だらけである。