Saturday, December 5, 2015

捕鯨のニュース

「日本、またもや捕鯨 開始」
"Japanese Begins Controversial Whale Hunt"

日本は、少数のミンク鯨を捕獲しているにすぎない。報告ではその総数は年間333頭。世界には数十万頭のミンク鯨が生息していると推定されている、という記事を読んだことがあるから、絶滅の危機に瀕しているわけでは無いようだ。

マスコミが日本の捕鯨に大騒ぎするのは毎年の恒例行事であるが、韓国など 他の捕鯨国については一切報道しないのは どうしたわけか?

鯨肉は日本の伝統食だ。私個人としては鯨と特に友達になった経験があるわけでもなく、ただ可愛いし鯨が好きだから、殺されるのは見たくない。

でも犬や猫とは友達だから、韓国人が犬や猫を残虐に殺して食うのは好まない。

私は牛肉が好物だ。しかしヒンズー教徒は異教徒でも牛肉を食べるのを嫌がる。 オーストラリア人の多くは日本の捕鯨に悪印象をもっている。だが オーストラリア人だって可愛いカンガルーを食べているではないか。「カンガルーは牛肉と同じくらい、いやそれ以上に美味しい」と。

もしもミンク鯨が絶滅の危機に瀕しているならば私だって日本の捕鯨行為に怒るだろう。だがミンク鯨は絶滅しかけているわけではなく、蛋白源として日本人には鯨が必要だ。

しかしながら日本の捕鯨関係者たちは、これを「研究」と呼ぶ大間違いを犯している。誰が見てもこれは捕鯨だ。

むしろ、「そうです。これから捕鯨をしに行くところです。あなたが捕鯨を好きか嫌いかどうか、我々は気にとめません。もしもこの船を沈めようとするなら我々もそちらの船を沈めます。だからちょっと離れて、ご自分の好物のカンガルーや犬猫 を食べていてください」とでも言ってやればよいのだ。





=========================================

御支援感謝します。
我々 マイケル ヨン チームも日本を支援します。



"Japanese Begins Controversial Whale Hunt"
They are hunting a tiny number of Minke whales. According to reports, 333 per year. According to estimates I have read, there are hundreds of thousands of Minke whales and they are not endangered. 
Notice that the same annual media uproar does not happen against Korean and other whaling countries. 
Whale meat is a traditional Japanese food. Personally, I do not like to see whales killed because they are cute and I like whales, even though I never have had a whale friend. 
But I have had dog and cat friends and Koreans wolf them down by the truckload. I do not like this.
I like beef, but Hindus do not like that we eat beef. Many Australians are upset that Japanese take the whales, but then Australians eat cute kangaroos. Kangaroo is yummy! As good or better than beef. 
If the Minke whales were endangered, I would be angry with Japanese for doing this, but they are not endangered, and Japanese need to eat, too.
However, Japanese whalers make a big mistake by calling this research. Everyone can see this is a whale hunt. It is far better to say, "Yes, we are going whale hunting. We do not care if you like it. And if you try to sink our boat, we will sink your boat. Now hop away and eat your kangaroos and dogs and cats."







17 comments:

山田太郎 said...

日本は海洋国家ですので海洋資源の調査を行う責任と義務があります。
ミンククジラが増えているという調査結果も日本の調査捕鯨によってもたらされたものです。
鯨の調査には一定数以上の鯨を解体する必要があり、必要以上の鯨を捕獲してるわけではあありません。
調査捕鯨で捕獲した鯨は調査費用の調達のために市場に流して良いというルールが有ります。

鯨食は日本の伝統的な食文化ではありますが、今では家庭で大量に消費されるたぐいのものではありません。
商業捕鯨が行われてた頃は政府の補助金によって鯨肉の価格が抑えられていて、家庭でもよく食べられていました。
しかしながら国際的な鯨保護の声の高まりもあり、補助金を打ち切り商業捕鯨から調査捕鯨に切り替えました。
それにより鯨肉の価格は高騰し、今では高級料理として主に専門料理店で提供されています。
現在のところ日本は調査捕鯨分で鯨肉の供給は足りており、商業捕鯨をする必要はありません。

果たして日本政府は間違った判断をしているのでしょうか?
何か日本が非難される言われはあるのでしょうか?

Takeshi S said...

韓国は600頭以上こっそり捕鯨しているのにね…

AZ said...

>山田太郎さん

たぶん、そういう理屈が理解出来ない相手に説明しても無駄という意味だと思いますよ。調査か商業か関係無くいちゃもん付ける奴は付ける。相手の知的レベルに合わせて「ごちゃごちゃ言うな」と言ってやれという意味じゃないですかね。

それ以上に「反撃しないから言われ続ける」とも読み取れる、私ならオーストラリアに「なんで韓国の捕鯨は良いのか説明しろ」と言うのですがねえ。日本の行政の感覚は今だに終戦直後なんでしょうね、これも憲法9条の弊害ですよ。

haruhisa sasaki said...

調査捕鯨については賛成です。

どうしても納得出来ない事がある。
まず、オーストラリアは日本の調査捕鯨について
干渉してくるが
これは内政干渉ではないのか?
日本はそれについて言及しない。

SS並びGP、オーストラリアは南鮮、支那などの
他の国に対して抗議、妨害しないのは何故か?
一部の国から莫大なお金を貰っていると勘繰っても仕方がない。
偏った攻撃をしている国や環境保護団体に
気付かない欧米諸国の人間も環境団体と名乗る海賊から
カモにされている事に気付かない。
そろそろ偽善者の化けの皮を剥がす必要があると思います。

YK said...

オーストラリアが南極の領有権(Australian Antarctic Territory)を
主張していることをご存知ですか?
自分の南極で日本が捕鯨しているのが許せないのかもしれません。
ただし、この説は国際的に認められてないです。日本は1959年の南極条約に従ってます。

wikiなので、あまり信用できませんが、リンク張っておきます

オーストラリア南極領土
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%8D%97%E6%A5%B5%E9%A0%98%E5%9C%9F

南極における領有権主張の一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A5%B5%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E9%A0%98%E6%9C%89%E6%A8%A9%E4%B8%BB%E5%BC%B5%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

------------------------------------------------------------------------------

Do you know of Australian Antarctic Territory?
They don't want to allow Japanese to enter and do whaling there.
On the other hand, Japan obey The Antarctic Treaty.

wiki
Australian Antarctic Territory
https://en.wikipedia.org/wiki/Australian_Antarctic_Territory

The Antarctic Treaty
http://www.ats.aq/e/ats.htm

YK said...

関係ないのですが、産経新聞の記事紹介です。

中国が「日本軍はユダヤ難民にも残虐行為を行った」と主張を始めたそうです。
杉原氏のことが話題になったために、以前は、杉原氏の写真を展示していたのに
撤去して、日本軍と汪兆銘政権(親日政権でした)がユダヤ人を虐殺したという話を
新しく作ったそうです。

http://www.sankei.com/column/news/151204/clm1512040005-n1.html

これ、英訳文章があったらいいのに。。
こんなふうだから、中国共産党の言うことは全て信じられません。

マイケル氏には、ぜひ、台湾で調査してほしいです。
台湾には蒋介石の国民党軍の記録がたくさんありますから。

MM said...

>韓国は600頭以上こっそり捕鯨しているのにね

韓国が捕るのは「たまたま漁獲網にかかったクジラ」だけだそうです(笑&笑。
クジラは韓国の網が好きなようですね。
正直に申告してタタかれる日本と、ズルして得する韓国、すべてに当てはまりますね。

laughing Salesman said...

During a period from 1945 to 1955, food was rather scarce in Japan. My father was a carpenter and killed dogs at first sight in the street with his chisels for his meals. I was born in 1956 and had no experience of food scarcity but ate whale meat very often at elementary school meals.

At that time, chicken was more expensive than whale meat. Growth of poultry industry dramatically changed the situation but appetite of people doesn’t change so quickly. Today, whale meat is served only ay special upscale restaurants at exorbitantly high prices. Maybe people aged 65 or older still had appetite of whale meat and want to eat it just to remember their old days. People of my age around 55 to 60 had no special appetite for whale meat and are more familiar with McDonald burgers.

Another aspect of whaling is that it is resentful for many Japanese that Australians who eat kangaroos righteously tell us not to eat whales and Americans who hunted whales in a large scale not for eating but just for getting grease tell us so too. We all know why Commodore Perry came to Japan with Black Ships.

I trust that some of our old citizens eat whale meat only to ridicule the hypocrisy of Americans and Europeans.

ぽち said...

以前の鯨記事にもコメントさせて頂いたけれど…

まず、商業捕鯨をしていた日本が、どうして「調査捕鯨」をするようになったか、きちんと経緯を調べてから記事を書いて頂きたい。

IWCの変移、商業捕鯨モラトリアム、日本の外交的敗北などを調べれば、「しかしながら日本の捕鯨関係者たちは、これを「研究」と呼ぶ大間違いを犯している。誰が見てもこれは捕鯨だ」などと、日本が「これは調査のためだから仕方ないんだよー」などと言っているかのような見解には至らないはず。

「調査捕鯨」とは、世界情勢の変移と日本の外交的敗北の結果だ。この枠内なら獲ってもいいからと外交的圧力(特に米国の)によって商業捕鯨を取り上げたのはあなた方であることを自覚して頂きたい。

Hazama Hisatake said...

そもそも商業捕鯨モラトリアムとは、モラトリアム(一時凍結)であって、確か92年には部分的に解除されるという約束だったと思います(間違えていたら、どなたか訂正よろしく)。商業捕鯨を再開するには、調査が必要で、当時は今より捕獲して資料を取る必要がありました。日本はモラトリアムに対して拒否権を行使することも出来ましたが、日本はこれを受け入れ、調査捕鯨によって鯨の資源量を証明する道を選びました。ミンク鯨の数は商業捕鯨に十分であると言う日本と、絶滅の危惧があるという反捕鯨国との科学的な戦いの開始です。結果は日本の主張通り、ミンク鯨に関しては捕鯨するに問題のない資源量が存在することが証明されました。しかし、反捕鯨国は、様々な理屈をつけてモラトリアム解除の約束を先延ばしにしています。

モラトリアムという建前で、事実上の捕鯨禁止を捕鯨国に押し付ける反捕鯨国。そのリーダーはアメリカです。日本は調査捕鯨という手段で、資源量調査を行いつつ、反捕鯨国側の妨害に対抗し、市場に鯨肉を供給しています。

日本は堂々と商業捕鯨を名乗れ、というのも分かりますが、ではアメリカはどうでしょう?モラトリアムという偽りで事実上捕鯨を邪魔しているのではありませんか?少なくともモラトリアムの解除は約束なのですから、約束くらいは守って下さい。

MM said...

管理人さん、

ぽちさんとHazamaさんのコメントをヨン氏に必ず伝えてください。ヨン氏は以前にも同じことを書いて同じようなコメントを受け取ってます。
このままでは日本が調査を隠れ蓑に捕鯨しているような印象を世界に与えること確実です。。

YK said...

日本の捕鯨に抗議する韓国の環境保護団体の写真があったので
掲載しておきます。
https://www.facebook.com/JapanToday/photos/a.264156846944983.77222.206382352722433/1181632358530756/?type=3
韓国人は韓国が捕鯨をしていることを知らずに日本に抗議してるのでしょうか?
それとも、韓国が捕鯨していることを知ってるのに、日本に抗議しているの?

IMA said...

>韓国人は韓国が捕鯨をしていることを知らずに日本に抗議してるのでしょうか?
>それとも、韓国が捕鯨していることを知ってるのに、日本に抗議しているの?

・自国も米軍慰安婦や韓国軍慰安婦を設けておきながら、日本軍慰安婦のみを執拗に非難する。
・日本に密航して住み着いておきながら、強制徴用だと騒ぎ立てる。
・「完全かつ最終的に解決」と条約に明記されているにも関わらず、何度も謝罪と賠償のお代わりを要求する。
・国体が維持できず日本に助けを求めておきながら、侵略されたと騒ぎ立てる。
・自分で日本名に代えておきながら、日帝に名前を奪われたと喚き散らす。
・日本と戦争をしていないにもかかわらず、戦勝国を自称して日本を戦犯国呼ばわりする。
・借りたものは返さない。受けた恩は仇で返す。
等々々々・・・

こんな国です。推して知るべしではないでしょうか。

JP Michael Yon said...

MMさんへ

> ぽちさんとHazamaさんのコメントをヨン氏に必ず伝えてください。

私にはコメントの微妙なニュアンスを英語でマイケルに伝える能力はありません。またその時間もありません。
どうぞご推察ください。

マイケルも管理者ですので直接英語でコメントを残してくださるとチェックしてくれると思います。
あるいは彼に直接メールすると良いと思います。



MM said...

管理人さん、
ヨン氏に伝えるのは要点だけでいいと思います。(私にlaughing salesmanさんほどの英語力があれば自分で書くのですが)
要点だけ拾ってみました(この問題に詳しい方がいましたら訂正お願いします)。

 http://blogos.com/article/84842/
(一部抜粋)
船の燃料油を求め各国が競って鯨を捕った結果、生息数が減少。日本も加盟する国際捕鯨委員会(IWC)は1982年に商業目的の捕鯨の一時停止を決定した。そのため、日本は商業捕鯨から撤退し、IWCの管理下での調査捕鯨に移行し、商業捕鯨の再開に向け生息数の推移などを調べている。
反捕鯨国はこの捕鯨調査を「商業目的の捕鯨である」と訴え、捕獲した鯨肉を市場で売っていることを問題視する。これは、調査のために捕獲した鯨は無駄なく使用するよう規則で定められるいるからだ。...
ーーーーーーーーー

この問題は政府の責任も大きいと思います。英語での発信力が無さすぎです。ヨン氏があのような記事を書いたら日本としてはすぐさま反論すべきなんですよ。IWCの決定時に日本を含む数か国が異議を唱えたのに、なぜか日本とペルーは撤回しました。米国からの圧力だそうです(国会答弁より)。
外務省は怠惰で弱腰なだけでなく、全然仕事してませんね。

JP Michael Yon said...

Dear Mr. Michael Yon:

We have some comment from Mr. Pochi, Mr. Hazama, and Mr. MM.
Here is a brief summary.

===
We want clarification of how the commercial whaling of Japan became the whaling for scientific purposes. It was the direct result of the signal defeat of Japanese diplomacy. Strong foreign policies, especially the one from the US, forced Japan to the embarrassing choice, the “research” whaling.

The “moratorium” of the commercial whaling should have terminated around the year 1992, in the first place. However, many anti-whaling countries have been trying to put off the termination. The US had also broken the agreement and has been continuing to disturb the whaling of Japan.

As many people know, the Ministry of Foreign Affairs of Japan lacks diplomatic skill.
This is also a typical result of their gross negligences.

MM said...

JP Michael Yonさん、

ありがとうございます。素早い反応に感謝します。