Saturday, June 24, 2017

ブルックヘブン公園「慰安婦像」建立計画: 記事へのコメント

元記事:
 「ブルックヘブン公園の近隣住民が「慰安婦像」建立計画に反対、訴訟を計画」

  "Brookhaven park's neighbors oppose 'comfort woman' memorial, may sue"
  by Diana Bagby, Report Newspapers, June 19, 2017
http://www.reporternewspapers.net/2017/06/19/brookhaven-parks-neighbors-oppose-comfort-women-memorial-may-sue/


記事へのコメント
※ 認証待ちの状態で現在でもリンク先で公開されていません
  6月22日、2017、 午後8時56分
  あなたのコメントは認証待ちです


この記事に寄せられた投稿を読めば、捏造ペテン慰安婦問題をコミュニティに持ち込めばどうなるか、がよくわかります。

もしもこのまま慰安婦賛美の碑が建てられたら、今後この地域の土地の価格がどうなるのか興味のあるところです。

像の建立の支援者の一人は、韓国で日本の大使を暗殺しようとしました。後に彼はアメリカの大使を暗殺しようとし、マーク・リッパート氏の顔に切りつけ、流血の事態をまねきました。ぜひ自分の目で当時のニュースの写真を確認してください。暗殺を企てた者がソウルで慰安婦像の隣に立って共産主義式の敬礼をしている写真もあります。

私は韓国で慰安婦像を生産している極左の夫婦に取材しました。彼らは慰安婦像で大儲けしていました。一体およそ3万ドルで売っていて、これまでに計32体設置したと語っていました。

この慰安婦像は、建てられたら、そこに在るだけの存在ではありません。地元の活動家が像を巡るツアーを企画し、メディアにそれを宣伝するでしょう。これらの慰安婦像は金儲けのためのフランチャイズで、慰安婦像のツアーを企画する者にとって金のなる木です。カリフォルニアのグレンデールはまさにそうで、私はちょうどその現場に出くわし、慰安婦像ツアーを実行している人物たちを取材しました。

慰安婦像をコミュニティに持ち込んではいけません。

メディアが慰安婦像の建立計画を取り上げるのは偶然ではありません。よく練られたプロパガンダ工作の一部なのです。

この件に関するより詳しい情報は、以下の私の記事にあります。

https://japan-forward.com/the-hate-farm-china-is-planting-a-bitter-harvest/







4 comments:

MM said...

この件に関し、韓国では「日本の組織的妨害が始まった、韓国人の団結力を示す時だ」と呼びかけてるので、膨大な量の「設置賛成メール」が韓国から送信されるでしょう。

↓このサイトにも関係者への意見メールの簡単な書き方が掲載されてます。一人でも多くの方に「設置反対のメール」を送って欲しいです。 拡散希望。


http://oboega-01.blog.jp/archives/1066597553.html#more

かみむらひろきのぶゆき said...

事実を訴えるだけでは駄目みたいですね。

Kumabear said...

>事実を訴えるだけでは駄目みたいですね。

設置を阻止するだけなら「慰安婦問題の事実はこうだ!」と訴えるのは確かに効果が無いどころか
逆効果になるリスクもありますね。こんな複雑な問題を数通のメールや公聴会での10分程度のスピーチで
説明しきれるはずもないのです。(世界一精力的に反日活動に勤しんでるのが日本人(=左翼)だなんて
事実、外国人には理解されないでしょう。)「歴史修正主義者」のレッテルを貼られ悪印象与えるだけです。
シドニー慰安婦像の時の邦人たちが採った作戦が一番賢いやり方ではないでしょうか。
http://ironna.jp/article/961

MM said...


>設置を阻止するだけなら「慰安婦問題の事実はこうだ!」と訴えるのは確かに効果が無いどころか逆効果になるリスクもありますね

米国人はこの問題に関係ないし関心もないのが普通ですから、いくら事実を説いても関心を持つのは少数だけで、正攻法は効果が薄いですね。自国から遠い国の歴史戦などに興味を持つのは特定の人だけで、これは私たちも同じでしょう。

反対メールの書き方のリンクはこちらの方が分かりやすいですね。
http://nadesiko-action.org/?p=11579