Wednesday, January 1, 2020

面子を重んじる


SAVING FACE: During my years across Asia, many sorts of Westerners and Asians remark something like, "Western culture does not understand the idea of saving face."

面子を重んじること:長年アジアにいると、いわゆる西洋人とアジア人が「西洋文化は面子についてわかっていない」と言うのをよく耳にします。

どこからそんな考えを仕入れてきたのか私にはさっぱりわかりません。

私は米国南部出身ですが,南部文化の大元はスコット-アイリッシュが混ざったものです。
スコット-アイリッシュ文化の経緯を説明すると長くなります。 スコット-アイリッシュの文化は大きな特徴がありますがその影響下で育ったアメリカ人の多くは無自覚です。それについて説明するとこれまた長くなります。(イギリス人もスコット-アイリッシュの文化について無知と言ってもよい程度です。)

何が言いたいかというと、スコット-アイリッシュの文化は非常に面子を重んじるということです。

それが、その文化で育った人々が常に互いに殺し合っている理由の1つです。アメリカ人は面子を重んじることを良く知っているのです。なぜベトナム戦争があれほど長引いたのか,なぜ我々が「勝利した」はずのアフガニスタンで未だに米軍の車が走り回っているのか。

スペイン人,あるいはメキシコ人に面子についてきいてみてください。
彼らもよくわかっていますから。

タイからカンボジア,中国などのアジアでは、あたかも中華鍋で料理するかのように,面子はアジア特有の意識であると言わんばかりに「アメリカ人は面子がわからない」と言います。しかし私は巧みに箸を使って食べることができますよ。

ここで各国の面子の違いについて考えてみましょう。面目を失うと感じる原因は文化によって異なると思います。
大衆の感情が派手に発散されているときには各文化で共通するものが多いでしょう。
(人々を棒で叩いている香港警察に「止めろ」とどなることは,いくらか恥ずかしい行為なので私の面子は少し損なわれますが、しかし私自身の面子は失われません。)

我々の基本的な感情,怒り,厭悪,驚き,幸福などは人類共通です。しかしそれらの感情を引き起こすきっかけ(トリガー)は文化によって異なります。

様々な国で観察してきた私に言わせると,「面子」の意味は基本的に同じですが、ただし面子を失わせたり 面目を施すことは文化によって異なります。

例えば、パシュトゥーン族などは面子と名誉は同一視、あるいは関連付けています。だれかの名誉を汚すことはその人の面子を失わせることです。たとえばある人物の四人の夫人のうちの1人と羊飼いが浮気する、とか。そういう時、村人は羊飼いと夫人双方に石を投げつけて,それが終わったらお茶にします。もちろんテキサス人だったらそのケースは所有権侵害の犯罪として扱い、石を投げるという無駄なエネルギーはつかいません。

独裁者 習近平に次々と関税を課してお尻ペンペンするトランプ大統領。そして反旗を翻す台湾と香港によって中国共産党(CCP)は微妙な位置に立たされて面子を失いかけています。

香港で行なわれていることは、中国共産党CCPが面子を失っても一般の中国人の面子は保たれている、ということです。共産党だけが悪い、と。

我々は調和しながら協力する必要があります。CCPが倒れた後も人々の暮らしは営まれます。
ですから、CCP亡き後も、中国人,米国人,そしてその他の国民が最大限に調和して協力する必要があります。

説明すると長くなりますが、ひどく面子を潰されたCCPが怒り狂って国土を焦土化することのないように我々は祈っている、ということです。


SAVING FACE: During my years across Asia, many sorts of Westerners and Asians remark something like, "Western culture does not understand the idea of saving face."


I don't know what planet they get that idea from. I come from the South, where the predominant culture will generally be some blend of Scot-Irish.
Long story on how this Scot-Irish culture developed -- this is particularly strong culture. Many Americans who are from the culture do not actually realize this. Again, long story. (By the way, very few British actually know what Scot-Irish culture is.)
Bottom line: Scot-Irish culture is HUGE on face saving. That's part of why people from this culture so regularly kill each other. Americans know exactly what face saving is. Why do you think Vietnam lasted so long, and we are still tooling around Afghanistan like we are "winning"? We are busy losing face by saving face.
Ask the Spanish about face saving. Or Mexicans. They got it down to a science.
And yet for some reason across Asia from Thailand to Cambodia to China and beyond, people will say with a straight face, "Americans don't understand saving face." As if that is some deep Eastern knowledge like cooking with a wok. I can eat with chopsticks with the best of them.
Now...here comes a difference: What CAUSES us to lose face might be different between cultures. There is a great deal of overlap, such as grand shows of public emotion. (Such as my shouting at Hong Konger cops to stop beating people causes me to lose face with some, but I am okay because it does not cause me to lose face with me).
Our basic emotions are the same, such as anger, disgust, surprise, happiness, etc., but what triggers those emotions can vary culturally.
Based on my observations in many countries, "face" is basically the same. Things that increase or decrease face can vary.
Pashtun and other cultures often call this (or is related to) "honor." Dishonoring someone can cause them to lose face, such as when one of their four wives sleeps with the shepherd. So the villagers stone the both of them and then go to tea. Texans call that a crime of passion and they don't waste time with stones.
The Chinese Communist Party is in a delicate position of losing face with Hong Kong, Taiwan, and from the hard tariff-spanking President Trump put up Dictator Xi.
A trick here is to cause CCP to lose face with the support base while not causing Chinese people in general to lose face. We need to work together in harmony. Life will go on long after CCP is gone. Chinese, Americans, and others must maximize our harmony after we get rid of CCP.
We do not want CCP to lose so much face that they go nutters and burn all their ships. (Long story.)



"

Understanding the Chinese Culture

"




1 comment:

BLANK ATM CARD said...
This comment has been removed by a blog administrator.