Wednesday, August 12, 2015

南京大虐殺

何人が殺されたのか?

これは論争を巻き起こす質問で、未だに議論のまとでもある。アイリスチャン ― 「レイプオブ南京」を書いたことで知られる精神的に病気の著者 ― は30万人としている。

しかし中国人というのはとてつもない誇大表現で有名だし、彼女はグローバルアライアンス(Global Alliance:世界抗日戦争史実維護連合会)とぐるであった。中国人の情報マシンであるグローバルアライアンスはアイリスチャンをリクルートしてその本を後押しした。

調べれば調べるほどチャンはこの本の著者では無いような気がしてくる、あるいは彼女は誘導されて書いたのか。猛烈に誘導されて。

東京で私は秦博士と話をした。秦氏は非常に有名で国際的に名高い尊敬されている歴史家だ。秦博士は南京で殺された人数はおそらく4万人としている。

もちろん中国人は言うだろう、秦博士は日本人なので嘘をついているのだと。

手がかりを探して、私は当時の我々米国での反日プロパガンダを調べている。

ドキュメンタリー映画の全ての場面で日本人は邪悪な野獣として描かれている ― 当時は戦争をしていたのでそれは当然だ。中身はそんな調子ではあるが中には重要な情報も含まれている。

この映画の最初から27分の場面をみてくれ。映画の制作者である当時の米国は秦博士の通り4万人と言っている。

もちろん膨大な数だが、しかし例の根拠の無い無茶な数「30万人」とは大違いだ。真実のみが重要であるのに。

これについてアイリスチャンと直接話したいし彼女の情報源にもあたってみたい、しかしそれは不可能だ。彼女は精神に異常をきたして自分の頭を撃って自殺した。

つい最近も20万人から40万人もの女性を誘拐してきてセックス奴隷にしたとの申し立てを調べてきた。我々はそんな言いがかりは根拠が無いことを暴いてきた。全くの嘘だ。アイリスチャンが(もっとも彼女が本当に本を書いたとして)南京について書いたように嘘っぱちだ。

慰安婦制度は存在していた。彼女らは高給取りの売春婦であった。これまでの資料から彼女らが売春婦であったことは十分に明らかであるが、だれも当時行われたという「大規模誘拐」について言及した一次資料を見つけることができないでいる。

その上注目すべきは、これらの古い映画が日本人を悪魔化しているが、どれをとっても(私が知る限り)、大規模誘拐やセックス奴隷について言及しているものはないことだ。もしも日本人が大規模誘拐やセックス奴隷をやっていたとの情報があったならば、当時の我々は喜んでそれをプロパガンダに使っていたはずだ。

中国と韓国から嘘が生み出される。
とにかく最初から27分のところを見てくれ。


Nanking Massacre -- How many were killed?
This has been a contentious question and subject of ongoing debates. Iris Chang -- the mentally ill author who is credited with writing "The Rape of Nanking" -- put the number at 300,000. 
But Chinese are famous for massive exaggerations, and she was working hand-in-glove with Global Alliance. Global Alliance is a Chinese information machine and they recruited Iris Chang and pushed the book. 
The more I study the issue the more I suspect that Chang is not the author of the book, or at least she was guided. Heavily guided.
In Tokyo, I spoke with Dr. Ikuhiko Hata, a famous and highly respected historian of international repute. Dr. Hata put the number of killed at Nanking at maybe 40,000. 
But of course Chinese say Dr. Hata is lying because he is Japanese. 
I have been looking back at our own anti-Japanese propaganda for clues. 
Every sentence of the documentaries tries to portray the Japanese as evil beasts -- we were at war so that is natural. Despite the tone, there are gems of information.
And so it is interesting that at the 27 minute mark in this film, the US actually agrees with Dr. Hata and puts the number at 40,000. 
Which obviously is a huge number, but is not the wild-eyed baseless accusation of 300,000. Truth does matter. 
I would like to speak with Iris Chang and see her source documents, but that is impossible because she was mentally ill and shot herself in the head. 
More recently as we have been researching claims that 200,000 to 400,000 women were kidnapped as sex slaves, we have completely debunked the accusation. It is a stone cold lie, just as Iris Chang lied (if she even wrote the book) about Nanking.
The ianfu (comfort women) system did exist, but they were highly paid prostitutes. Source documents are bountiful describing the prostitution, but nobody has found a single source document that talks about mass abductions.
Also noteworthy is that of all these old films that demonize Japanese, nobody has found one (to my knowledge) that even mentions mass abduction or sex-slaves. If Japanese had been doing this, we would have known and used it for propaganda. 
Just more lies from China, and Korea.
Please see the 27 minute mark:



=========================================












66 comments:

IMA said...

>東京で私は秦博士と話をした。秦氏は非常に有名で国際的に名高い尊敬されている歴史家だ。秦博士は南京で殺された人数はおそらく4万人としている。

う~ん、ヨンさん、引用するな下記の2点を省略しないで欲しい。
虐殺が無かったとする説も有力な中で、「日本の高名な学者も4万人の虐殺は認めている」と数字が一人歩きしてしまう危険がある。
・秦博士の推計する4万人には兵士3万人が含まれており、いわゆる「不法殺害」としては1万人である。
・さらに秦博士は、4万人の概数は最高限であり、「実数はそれをかなり下回るだろう」と付言している。

laughing Salesman said...

Mr. Yon:

If you are interested in the Nanking Incident, I’m grad to help you. Although it takes time to locate or identify the proper materials, or translate some key materials (as I am also studying the subject right now), you will find the most advanced news source materials unknown to America/Europe at the following website.

False Accusations of Comfort Women
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

From 1980 to 2000, there was significant academic debate in Japan as to whether there was the massacre in Nanking and by 2005 the existence of the Nanking Massacre was denied by many Japanese scholars and researchers with sufficient evidences.

At the above website I put on the photos ignored by many up until now. I am now digging into literature and finding out literature evidences (e.g. soldiers’ testimonies, KMT generals’ reports, etc.) in order to further put on new materials.

About the number 300,000, three means “many” in China. For example 三千世界 (literally, “Three Thousand Worlds” ) means “all the world” in China. Zeros means nothing as they put zeros at will. If you have any doubt about my explanation, ask your Chinese friend.

Regards

Laughing Salesman

laughing Salesman said...

Mr. Yon:

One more thing. Professor Hata is not highly evaluated on the matter of the Nanking Massacre as his opinions reflect early stages of the debate. Many new materials came up since then as the debate went on. Today, Professors S. Higashi-nakano and N. Fujioka are the mainstream. K. Ara and M. Mizuma, both journalists, are also highly regarded.

laughing Salesman said...

註:

採用されるかどうかは分かりませんが、もしヨン様の目に触れることがあり、役に立てば幸いと思うことがあれば英語で書きます。日本の若い人々の参考になると思うことがあれば和文で書きますが、ここでは短く述べるにとどめ、主な内容と議論は、下記ブログでやります。

戦史研究室
http://howitzer.at.webry.info/

喪黒福造
Laughing Salesman

laughing Salesman said...

>いわゆる「不法殺害」としては1万人である。

これも分からないのですよね。数字を議論することは、ほとんど意味がない。

篭城していた国民党軍が総崩れになって逃げ出すときに、便衣(民間人の服)に着替えるために相当人殺しをしていることがダーディン記者に目撃されているけれども、それでどれだけ被害が出ているかなんてことは分からない。(支那の戦争は、占領時と撤退時に殺人・強姦・略奪の大被害が出る。)

いわゆる南京安全区とう案 Documents of Nanking Safety Zone(この全文を私は持っていて、今、分析中)によれば殺人と強姦あわせて250ぐらいだし。しかも、そのうちどれだけが支那人がどさくさ紛れにやったかもわからない。全部を日本軍のせいにするのは余りにも一方的で無理がありすぎる。

安全区に逃げ込んだ便衣兵は正規兵じゃないから、殺されても文句は言えませんよ。こいつらを民間人と区別するために兵民分離の作業をやって、南京特務機関報告書によると総数で6千人ぐらいだったかを割り出して、下関でぶっ殺しているけれども、国際法上、完全に合法です。

隠匿武器がトラック5台分見つかっていますからね、便衣兵が隠し持っている拳銃や手榴弾を取り上げて「はい、釈放」とはいきません。そいつらが隠匿武器を手にして抵抗してきたら、いつまでたっても治安は回復できないし、民間人にも巻き添えの被害がでる。

実際、12月25日だったか、日本軍将校が12人、手榴弾で寝込みを襲われ死亡していますから、便衣兵は殺すしかないのです。

だから、白旗挙げて降伏してきた正規兵は刑務所に収容しているけれども、便衣兵はぶっ殺している。

そういう詳細な話を全く抜きにして、数字だけいじってああだのこうだの云っているのが秦郁彦教授で、彼は南京事件では全くダメ男です。

喪黒福造

laughing Salesman said...

「南京事件」で大事なことは何か。

一つは、30万人なんて途方もない数字はあり得ないのだという証明をすること。

1)支那では「三」は「たくさん」を意味するのであって、何の根拠に基づいたものではない。
2)陥落人の南京の人口は20万人と推定されているのに、30万人殺せるはずがない。
3)陥落後、治安が回復したので避難していた支那人がぞろぞろと帰ってきて、翌一月末が25万人、三月末が35万人に増えている。虐殺があったら、人口が増えるはずがない。

上の三点は「京安全区とう案」と「南京特務機関報告書」の二つの一次資料で証明できます。それから、

4)国民党から国際連合の代表として出ていた顧維鈞が、国際連合では「2万人」の被害と主張しているが、これをそのまま受けいれるとしても、30万人は飛躍がありすぎる。

この顧維鈞が「2万人」と主張した下りが記載されている英文議事録を私は手元に持っています。

そのほか、漢口で連日記者会見をやっていたのに、蒋介石は南京大虐殺については全く触れていないとか、毛沢東も周恩来も鄧小平も誰も触れていないとか、いろいろ反証はあるのだけれども、私はまだ、それらの整理ができていなくて、従って下記ネットに掲載できていない。でも、今年後半から来年にかけてはやるつもりである。

どれだけの「戦争被害」が出たか知りたければ、ルイス・S・C・スミス博士の調査報告でも読めばいい。

「レイプ・オブ・南京」は、中国共産党の意を受けたアイリス・チャンが、ティンパーリの“What War Means: The Japanese Terror in China”を焼き直ししたもの、と想像するけれども、私はまだこれを実証できるほど詳細な調査をしていないので、推測に留めておくことしかできない。

Laughing Salesman

laughing Salesman said...

補足:

上記でいう「下記ネット」とは、これです。
False Accusations of Nanking Massacre
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html

南京事件は和文で書いても、もう余り意味がないのですよ。日本ではもう決着がついている話ですし。我々の責務は、その成果を英語で発信すること、です。

もし、ヨン様が南京大虐殺はウソだと証明できる英語本を作成したら、アメリカで売れると思うのですがね。本人は日本語を学ぶつもりはないだろうなあ。東中野教授が下記の本を書いているから、英文でしっかりしたものを読むのなら、これがいいかもね。


The Nanking Massacre: Fact versus Fiction by HIGASHINAKANO Shudo

laughing Salesman said...

Mr. Yon:

If you are interested in the REAL facts of the “Nanking Massacre,” I highly recommend you to read the following book.


The Nanking Massacre: Fact Versus Fiction


In my opinion, Iris Chang wrote her book based on “What War Means” by Harold Timperley, although no sufficient evidences are available at hand.

laughing Salesman said...

Mr. Yon:

I placed all the pages of the “Documents of the Nanking Safety Zone” at the following address. These are the letters created by the Safety Zone Committee members and sent to the Japanese Embassy just after the fall of Nanking. Therefore, they are the official letters of the Nanking Safety Zone Committee.


Documents of the Nanking Safety Zone


According to the “Documents,” committee members including John Rabe believed the population of Nanking was 200,000 in December 1937, and the population in January 1938 was 250,000.

How can you kill 300,000 while the population was only 200,000? How come the population increased one month later, while the verdict of the Tokyo Tribunal set forth that the mass-killing occurred immediately after occupation (Dec.13, 1937) and continued for a period of six weeks (through the middle of Jan. 1938).

The so-called Nanking Massacre is the frame-up, fabrication, hoax, dirty tricks or lie.


laughing Salesman said...

「南京戦史」「黒い春」のような版権が切れたレア物は、ここに載せています。「黒い春」なんて、本当は翻訳して慰安婦像と立てようとしているアメリカの自治体に送ってやりたいところなんですがね。とりあえず、日本人が読んでおいても悪くない資料だと思います。

http://www.howitzer.jp/topics/index2.html

喪黒福造

Anonymous Writer said...

I too was about to recommend the same book, The Nanking Massacre.
http://www.ne.jp/asahi/unko/tamezou/nankin/fiction/index.html
Just reading the Chapter one tells how Chang Kai-shek was more than eager to fabricate/stage things to frame Japan in order to coax the International opinion to assist China. I think I read somewhere long time ago he admitted that he made up Nanking Massacre (with all the fabricated numbers and facts) so as to get US help. I haven't had chance to locate the source yet though.

All in all places like these have some interesting documents/articles.
http://www.sdh-fact.com/
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe150.html (In Japanese)

The relatively recent SakuraSo TV Youtube clip;
https://www.youtube.com/watch?v=5UCx742_KrM
on WGIP was talking about a team of British brainwash researchers/experts was working with Chinese for engaging psi-op warfares against Japan years before WW2. Considering there is "The Unrestricted Warfare" going on, it is not really a surprise.

pia tomato said...

「my日本」でも「南京大虐殺」はかつて話題になりました (いまでも継続中?)
管理人さん、ヨン氏に教えてあげてください。
http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=604700&comment_count=32

日本軍や当時の東条政権によるユダヤ人の救出とかもそうですが、ヨン氏の日本についての知見には我々に至らないところもあります。
ヨン氏の英米語による情報拡散にはとても感謝しておりますが、もっと知って頂きたい。

また、先日ご紹介した「Conservative Blog Japan」のブログ主(アメリカ在住と推定)は「南京大虐殺」について英語で正しい情報を発信しておられます。
管理人さん、これもヨン氏に紹介してください。
http://conservative.jugem.jp/?cid=31


pia tomato said...

上への追加です。
日本についての情報は、やはり英語からだけでは取得が難しいこともあるでしょうね、
管理人さん,できればヨン氏に少なくとも「日本語を話せるように」勧めてみてください。
まだヨン氏はお若いのですから、十分に間に合うでしょう。

Anonymous Writer said...

If Mr. Yon hasn't checked it yet, I also refer you to a Youtube clip
https://www.youtube.com/watch?v=4LbVeadjSbo
which was mentioned by Pon-san in this blog under the Propaganda films.
(http://michaelyonjp.blogspot.com/2015/08/blog-post.html)

This propaganda-buster footage talks about the exact part of the movie (position 27:00+) you referenced us to take a look, i.e. the execution of Chinese.

laughing Salesman said...

ようするに、アメリカは東京大虐殺、広島大虐殺、長崎大虐殺をやった、その戦争犯罪を正当化するために、日本軍が悪玉でないと困るから、南京大虐殺というおとぎ話が必要で、東京裁判のときにでっち上げたというわけだよ。

松井大将も谷寿夫司令官も、その他の人々も、東京裁判まで南京大虐殺なんて聞いたこともないと口を揃えて云っているのは、そのためだ。

戦争で死ぬ、傷つくのは、戦さだからしょうがないが、こういうウソで他民族に無実の汚名を着せるのは許せない。とくに、正々堂々と戦った将兵に無実の罪をなすりつける行為は絶対に許せない。

この無実の汚名を晴らす役目は、現代の日本人、すなわち我々にあるのだ。

Laughing Salesman

tonton said...

管理人殿

また Junta Watanabe という人物が朴クネのコラージュ画像をヨン氏のfacebookに貼り続けています。第三者から見たら、日本人も韓国人もレベルが低いと思われるだけの利敵行為でしかありません。ヨン氏にブロックするよう進言してください。

https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage/photos/a.235978145664.135781.207730000664/10153097062860665/?type=1

yositune said...

喪黒福造 様

私は以前から便衣兵と言う表現は間違いじゃないか、と思っています。
中国の便衣兵はハーグ陸戦規定の間諜なんですね。
これを意図的に義勇兵(ゲリラ)と翻訳してるのは左翼学者なんですよね。
米軍もバルジ戦でスコルツーニの偽米軍を捕縛し処刑してますよね。
便衣兵=中国偽市民(間諜)なんですね。

ハーグ陸戦規定で義勇軍の要件規定でも
1.指揮官
2.表徴
3.公然の武器携帯
これら全てに該当しませんね。
まして捕縛したこれらを捕虜と訳すなどは問題です。
用語の定義が必要です。

只、私はシナ軍のこの偽市民戦術により、間違えられ処刑された市民がいるとは思いますが、全て日本軍の責任
だとは思えませんよ。
80%以上シナ軍側の責任ですよ。
マギー牧師が見た日本兵の発砲は「誰何三回で発砲」という交戦規程通りなんですね。
まして逃亡ですからこれは米軍と同様だろうと思います。


laughing Salesman said...

yositune様:

>私は以前から便衣兵と言う表現は間違いじゃないか、と思っています。

便衣兵という場合、民間の服を着た兵士(ゲリラ)のほかに、間諜(スパイ)という意味も含まれていますから、まあ、いうなればレジスタンスですね。

ただ、「便衣兵」という言葉は、現実に支那事変に参加した日本の将兵や報道記者、戦後の研究者の間で広く使われていますから、その表現が間違いかどうかを我々が忖度しても、しょもないと思います。

現実の「便衣兵」の例としては、1)老婆だと思っていたわってやると、後ろから野菜の籠に隠していた手榴弾を投げてくる、2)普通の市民だと思って無視して行軍していると、いきなり郵便局に立て籠もって射撃してくる、3)丘の上で手を振っている婦人らがいるので、歓迎されていると思って行軍していると、いきなり機銃を持った中国兵が現れて撃ってくる、4)炊事に雇っている支那人が兵舎に放火する、などの例があるようです。

兵隊の全部が軍服を着、連隊旗を押し立てて正々堂々と戦う日本軍には想像もできない、卑怯で汚い戦い方です。これから、こういう「便衣兵」の存在が、中国一般大衆の抗日意思を代表していると思うと大間違いで、どちらかというと、一般大衆は日の丸掲げて大歓迎しているのだから、支配者は誰でもいいのですよ。とにかく、強い奴が来て匪賊を退治して善政を敷いてくれればいい。日本軍と国民党を戦わせることを目的に、共産党のゲリラが相当数、「便衣兵」になって国民党軍に紛れ込んでいた、と見ていいと思います。

南京戦の場合、1)総攻撃の前日に空から大量に降伏勧告文を撒いて24時間の猶予を与えているのに、これに応じなかったから12月10日午後1時からの総攻撃になっている、2)8日には蒋介石も南京衛戍司令官の唐生智もその他の将官も南京からズラかってしまっている、この二つが総崩れの際の大混乱をもたらしていると思います。

零戦から降伏勧告文を撒いた9日、日本軍は城外に勢ぞろいして野戦砲で囲んでいるのだから、中国軍は勝てるわけないでしょ。白旗掲げて降伏すればよかったのですよ。そうすれば、むやみに大きな被害を出さずにすんだ。

将官らがいないので、指揮系統がないまま砲撃戦になって、総崩れになった中国兵が我さきに逃げ出し、城外でむちゃくちゃな遭遇戦になり大きな犠牲が出た。この逃げ出している連中のなんぼかが安全区に逃げ込み、市民の服に着替えて懐に拳銃や手榴弾を隠し持っていたわけです。おまけに、占領から2カ月もすれば隠匿武器がトラック5台分も見つかっている。

南京事件について詳しく知りたい向きには、下記の参考書がお勧めです。

「再現 南京戦」(東中野修道)
「南京特務機関報告書」(不二出版)
「南京事件 日本人48人の証言」(阿羅健一)
「南京事件の総括」(田中正明)

laughing Salesman said...

それから、これは言っておきたいのだけれども、南京を占領したあとも、日本軍は中国機の空爆を何度も受けていることです。

上のプロパガンダ映画で上海を爆撃しているのは中国機です。上海の陸戦があって公大飛行場を占領するまで、日本軍は戦闘機を使えなかったのだから。自国の民を爆撃しているキチガイが蒋介石。それを日本がやったと罪を日本になすりつけている。当時の中国に航空機産業は存在しないのだから、中国機は米国が支援したFlying Tigersに決まっているでしょ。Flying Tigersとは、中華民国の青天白日旗のマークを付けた米軍機のことですよ。

なぜ、日本軍は上海→南京→武漢→重慶、と次々に中国の奥へ奥へと攻撃を繰り返していったか。敵の謀略の策源地が上海→南京→武漢→重慶と移動していったからに決まっているじゃないですか。これは侵略ではなくて討伐だ。

西安事件のあと、蒋介石は攻撃の対象を共産党軍から日本軍へと変えた。停戦交渉をしているそばからテロ事件が次々起きて平和が破れる、これはパレスチナ紛争と同じだ。

つまり、独ソ戦が近いスターリンのソ連は、まず、日本軍と国民党軍を戦わせ、支那大陸に釘付けした。次にスターリンは、日本とアメリカを戦わせ、日本を滅ぼした。

蒋介石に肩入れしたアメリカは、スターリンの謀略に引っかかり日本と戦ったが、日本を壊滅させてしまったので毛沢東の中国の出現を許し、朝鮮戦争とベトナム戦争を戦うはめになった。

この全体の戦いのなかで勝利した側と敗れた側の当事者は明らかだ。勝利者はスターリンと毛沢東、敗者は日本とアメリカだ。スットコドッコイのフランクリン・ルーズベルトが敵を見誤ったから、こういう惨禍になったのだ。バカなアメ公に、この事実を納得させるには、まだ10年や20年はかかるだろうが、今からでも、やらねばならない。

aliscah said...

>Laughing Salesman 様
>中国軍は勝てるわけないでしょ。白旗掲げて降伏すればよかったのですよ。そうすれば、むやみに大きな被害を出さずにすんだ。

>総崩れになった中国兵が我さきに逃げ出し、城外でむちゃくちゃな遭遇戦になり大きな犠牲が出た。この逃げ出している連中のなんぼかが安全区に逃げ込み、市民の服に着替えて懐に拳銃や手榴弾を隠し持っていたわけです。

大きな犠牲が出たもう一つの理由は、中国軍には督戦隊がいて、リーダーに見捨てられた一般兵たちは投降も遁走もままならず、敵からも、味方からも攻撃を受けたことにもあるでしょう。それと、中国側の被害は、少し多めに日本側が発表したとも聞いています。

laughing Salesman said...

aliscah様:

大きな犠牲が出た理由の一つに督戦隊の存在がある、それはその通りです。

私が知っている範囲では、資料で裏付けられる督戦隊の存在は、1)挹江門付近に機銃が据付けられていて、逃げてくる味方兵に向けて掃射した。これは李宗仁回想録に出ていて、李宗仁回想録の当該部分の和訳が南京戦史資料集Iに出典がある。2)南京城の西側を下関に向かって進む鹿児島四五連隊が江東門付近で遭遇した敵兵を戦っているうち、敵兵の後方に味方に向けて拳銃を発射している督戦隊が見えた。これは鹿児島四五連隊の日本兵の証言にある。の二つです。

戦果を過大に報告するのは軍人の常ですから、「大本営発表」とは、常にそういうものだと考えるべきでしょうね。敵味方の資料を付き合わせてみないと、本当のことは分かりません。

南京城の北西角にある下関に真っ先に到着した部隊は佐々木支隊(京都十六師団)で、下関に到着するやいなや、揚子江を隔てて下関の対岸にある浦口に向けて泳いで逃げている敵兵に向けて、ありったけの銃弾を討ち込んだ。この時の戦果について、佐々木到一旅団長は一万四千人とか言っていますが、まだ暗いなかで何人討ち取ったか、はっきり見えたはすはなく、実際はその3分の1とか5分の1でしょう。

下関から挹江門までは、僅かの距離しかなく、佐々木支隊の兵が挹江門を開けて中山東路に入ったら、たくさんの中国兵の死体がごろごろしていた。「自分たちが挹江門一番乗りだから、これら死体ついては我々は預り知らないことで、誰かがやった」という参加兵の証言があります。この証言は1)を裏づけています。

南京城のあちこちにはトーチカがあって、守備する中国兵は逃げられないように足を鎖で繋がれていた。あるいは脱出路を塞がれて、外から南京錠を掛けられていた。これも広い意味では督戦隊の行為と言えるかも知れません。

2)の「江東門の戦い」で死んだ中国兵の屍体が、揚子江を下って下関の手前付近で淀んで溜まった。これを「戦果」として撮影した写真が「レイプ・オブ・南京」では「市民虐殺」の証拠写真として使われています。撮影者もおおよその場所も特定されていますが、その「戦果」が「市民虐殺」の証拠となった経緯がまだ明らかではないので、私はまだ自分のサイトには載せていません。

だから、よく言われる「南京戦はあった。しかし南京大虐殺はない」とはそういうことで、単に「被害」が何人いたかという議論には意味がないのです。

by 喪黒福造/Laughing Salesman

laughing Salesman said...


追記

「戦果を過大に報告するのは軍人の常」と書きましたが、それと正反対の描写を何の疑いもなく日本人が受け入れてきたのが「ノモンハン事件」です。

「戦争と人間」という、北大路欣也主演の映画がありますよね。日活がロマンポルノ路線に行く前の、日本映画の最盛期を飾る作品です。

これの公開時期をwikiで調べると1970-73年とあるから、私は1970年代後半の大学生時代に鑑賞したのでしょう。

この映画に出てくる「ノモンハン事件」は、ソ連の機械化部隊に対して日本軍は肉弾戦を挑むというものです。例えば、タコ壺にこもって、真上を通過する敵戦車の腹に爆弾を装着する、というもの。同時にゼロ戦の墜落シーンも出てくるので、「あれ、変だな」とは思ったが、若い時だから、それ以上は深く考えもせずに30年余りが経った。

この戦いの日本側損害は2万人で日本の大負けと長く聞かされていたのだが、最近、宮脇淳子さんの「満州の真実」を読んだら、ソ連側にも一万八千人の損害が出ていて、どうやら互角の戦いだったようだ。日本側の戦闘部隊の主力は満州軍であって関東軍の僅かでしかない。翌年の関東軍特別演習の参加部隊は70万人、「ノモンハン事件」の前後で国境の移動はほとんどないから、「ほぼ互角に戦った局地戦」と考えていい。

私が宮脇淳子説が正しいと思う理由は、1991年にソ連の崩壊があって、その後、英国の歴史研究でロシア研究が盛んになった時代があることを知っていたからです。ゴルバチョフのグラスノスチ(情報公開)政策から始まって、未公開資料がたくさん西側に流出しているはずですからね。

「戦争と人間」が公開された1970-73年あたりの日本における最大の出来事は羽田安保闘争、あさま山荘事件と山岳ベース事件、それ以後の中核派vs核マルの内ゲバ殺人事件の数々です。

「戦争と人間」も60年代安保闘争の社会的空気を反映していて、内容がマルクス主義史観と日本は悪玉、中国侵略説で貫かれています。映画の冒頭には松井司令官の南京入城式の撮影シーンに続き、「南京大虐殺」の解説さえある。


何が言いたいかというと、若くて多感な青春時代の60年代・70年代に教育を受けた団塊の世代は、少数の例外を除き、腐れ左翼の影響が強すぎて、これからの時代の日本を支えることはできないダメ連中だ、とういうことです。今の60歳から75歳までぐらい「前期高齢者」層のことですよ。まるで戦争は「嫌だ嫌だ」と云っていれば避けられるみたいな主張をしている。敵が城を包囲していても、城中の奥深くで「嫌じゃ、嫌じゃ」と言っていれば敵が攻めてこないというのと同じことで、平和ボケどころか愚かの極みでしょう。

まあ、私が感じるのは、そういうことです。

aliscah said...

>Laughing Salesman様

>佐々木支隊の兵が挹江門を開けて中山東路に入ったら、たくさんの中国兵の死体がごろごろしていた。「自分たちが挹江門一番乗りだから、これら死体ついては我々は預り知らないことで、誰かがやった」という参加兵の証言があります。

おそらく私が見たのはこの証言だと思います。やって来たら既に中国兵は殺されていたりして、しかし何もしなかった、と言えばサボっていたのかと上から怒られるだろうから少し戦果を盛って敵被害8万とかいう感じになった、とか。でもそれが今では多くの中国人を殺した、と揚げ足をとられるネタにされているのが残念ですね。

鎖に繋がれていた、というのは「督戦隊」の漢字のチェックにwikiを見に行った時に読みました。門の外から南京錠、と言うのは、上記の証言か何かを見ていた時に、梯子などを用意して城壁?を超えたりした中国兵達がいた様な事を紹介されていたと記憶していますので其れの事でしょうね。

>「戦果」として撮影した写真
民間人虐殺の証拠になるというからには既に軍服来ていなかったのでしょうか。本当にお気軽に自国の軍服を脱ぎ捨てる方々ですね。日本軍の服とかはわざと着て悪事を働いたりしていたようですが。

>「市民虐殺」の証拠となった経緯
東洋人の死体の写真。と言う事でじゅうぶんなのでしょう。通州事件とか映画とか、挙句の果てには日本の新聞に乗っていた別記事の写真まで証拠になっているようですし。

>「戦争と人間」
すみません。知りませんでした。戦記物映画やドキュメンタリーはアメリカのはプロパガンダだから見る気もしなかったし、日本のものは去年ようやく水島監督の「凛として愛」と、「南京の真実」を見たくらいです。「同時にゼロ戦の墜落シーン[…]」― 1939年あたりに海軍機が大陸にいたんですか?陸軍機の映像が使えなかったのかというところは無視して、「当時すでにフライングタイガースと空戦してたんです。」という制作側のメッセージかな。

>若くて多感な青春時代の60年代・70年代に教育を受けた団塊の世代 […]「前期高齢者」層のことですよ。まるで戦争は「嫌だ嫌だ」と云っていれば避けられるみたいな主張をしている。

ベトナム戦争当時の頃ですよね。アメリカでもその頃の若い人達はヒッピーだ、戦争反対を唱える非国民だ、と年配の人たちから言われる感じの人が多かったようですが。クリントン前大統領なんかも、その戦争反対派でベトナム戦争には行かなかったわけですから後に「自分は戦場に行くのを拒否したくせに...。」と砂漠の狐作戦の時なんか不興を買っていましたよ。

同じ時代に同じように戦争に反対する動きがあった両国ですが共産党はどこの国でも工作活動に忙しそうです。

laughing Salesman said...

aliscah様:

>民間人虐殺の証拠になるというからには既に軍服来ていなかったのでしょうか。

ちょっとグロいけど、これが該当する写真2枚です。撮影者は、村瀬安保(むらせ・もりやす)氏ということが分かっています。

戦死体か民間人の遺体か
http://www.howitzer.jp/nanking/page06.html


軍服か民間の服か区別がつきません。鹿児島45連隊は、正規兵の脱走グループと遭遇したのだから、全員、軍服のはずですが、ぐちゃぐちゃすぎて分からない。何しろ、ほとんど暗闇みたいなところで敵の大部隊と遭遇したので銃弾も砲弾もありったけ撃ちまくったわけですからね。至近距離で砲弾をあびて体がばらばら、なんてザラだったでしょう。「榴弾砲を零距離発射」というのは、どういうことなのだろうか。榴弾とは、ゴルフボールぐらいの大きさの鉄の玉を50発ぐらい詰めたものをいうはずですか、零距離発射というのが分からない。

重要な点は、この元ネタになったと思われる写真を、1983年、毎日新聞が「南京大虐殺の決定的証拠」として報道したとき、独立山砲兵第二連隊に所属していた中尉・高橋義彦氏が名乗り出て、「これらの写真の背景からして、これはかつて自分が戦った新河鎮の戦跡、一枚はその漂流の戦死体が夾江(きょうこう)と揚子江の合流点に打ち上げられたもの」と云っていることです。

その詳しいいきさつは上のページの上部にある、「“レイプ・オブ・南京”の研究」(東中野修道・藤岡信勝著 祥伝社)からの抜粋に書いてあります。

「レイプ・オブ・南京」の出版は1997年です。アイリス・チャンは日本語を読めないので、誰かが元ネタの写真を入手して、アイリス・チャンに提供したのでしょう。

アイリス・チャンは、この元ネタの写真をトリミングして、撮影場所が分からないようにして「レイプ・オブ・南京」に掲載した、というわけです。

1983年は「日中蜜月時代」です。翌年84年は、私も日本青年三千人訪中団の一人として北京・上海・武漢を訪問しています。支那共産党か台湾国民党か、どちらの仕業かしりませんが、あの「日中蜜月時代」に、こういうものを日本のマスコミに仕込み、天安門事件後に江沢民が反日プロパガンダに使う。この底意地の悪さには愕然とする思いです。

このページをまとめるのは面倒くさかったのですが、今回のご質問を気にまとめてみました。

by 喪黒福造 / Laughing Salesman

laughing Salesman said...

追伸:

すいません。リンクがうまく貼れていないようです。

要するに、ここです。

http://www.howitzer.jp/nanking/page06.html

by 喪黒福造 / Laughing Salesman

laughing Salesman said...

aliscah様:

>1939年あたりに海軍機が大陸にいたんですか?

海軍機か陸軍機か、ということは、私は詳しくないので知りません。

私が映画「戦争と人間」に出てくるノモンハン事件を見て「あれ?」と思ったのは、ソ連の機械化兵団に対して日本は人海戦術を用いて情けない戦いをしているはずなのに、どうして零戦が出てくるのだ?ということです。零戦は当時の最新兵器でしょ? この矛盾について、当時は若かったので深く考えなかった、ということです。

ノモンハン事件は1939年、第二次上海事変(以下、「上海戦」という)から南京占領は1937年のことですよね。「上海戦」のときに日本軍は上海市東側に位置する公大(くでん)飛行場を名古屋第三師団に占領させていますし、ここから飛び立った零戦が国民党軍のトーチカ群の位置割り出しを目的に偵察飛行しています。南京戦では松井大将が降伏勧告文を零戦で空から撒かせているし、フライング・タイガースと空中戦をやっています。

映画「南京」の冒頭部分に、零戦に撃ち落とされて頭から沼地に突っ込んでいるフライング・タイガース機が出てきます。これです。

http://www.howitzer.jp/nanking/page03.html

これら、上海戦や南京戦に使われている零戦が陸軍機か海軍機か、それは知りません。

重要なことは、日米戦争は真珠湾攻撃の4年前の1937年の時点で既に始まっていることです。第三国(日本)の敵(国民党軍)に武器援助をすれば、当該第三国から敵視されて当然でしょう。真珠湾攻撃は、アメリカが日本を追い詰めたので起きた。このことは、今では様々な研究者が指摘していることですし、アメリカ首脳部にソ連の手が伸びていたことも「ヴェノナ」文書で明らかにされています。「ヴェノナ」の研究は先のテーマなので、詳しくは知りませんけれども。

by 喪黒福造 Laughing Salesman

yositune said...

ゼロ戦は昭和15年、西暦1940年皇紀2600年に制式化した兵器で、1936年皇紀2596年正式が96艦戦です。
陸軍の一式隼戦闘機は皇紀2601年正式化です。
年代が合わないでしょう。
正式化=実戦配備ではありませんよ。
それから量参して部隊配備、部隊錬成で実戦配備ですよ。
当時でも制式化から一年後でしょう。

yositune said...

1937年に上海~南京で日本軍と戦った中華民国陸軍歩兵(写真)

http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq06c.jpg

yositune said...

便衣兵の処刑の目撃者
東京日日新聞のカメラマンの佐藤振壽(しんじゅ)氏ですね。
証言:「棚橋部隊の看板が掛ってる南京88師本営で門衛が中へ招き入れ、中庭での処刑を目撃、掃討戦が続いてるんだな、とおもった。
    戦慣れした兵士でも処刑は別であり、狂気がかった顔は尋常な様子では無かった。(大量処刑など無理)
    怖くなり外へ出て88師本営の写真を撮った。
    外では屋台なども出て、平和な南京の市民生活が戻り、別世界であった。(市民虐殺など論外)」

氏は生前にこの証言をNHKのドキュメント番組でして、「掃討戦が続いてるんだな、とおもった。」
「外では屋台なども出て、平和な南京の市民生活が戻り、別世界であった。」
の部分がカットされ「捕虜の処刑」の目撃者であり、大虐殺があった証拠として放送され、憤慨していました。
氏は南京の現場にいて、状況を把握し、その事象がどのようなモノなのかを理解していました。
このように正確な証言もトリミングで歪曲され、あった派の証拠とされてきました。
--------------------------------------------------------------------

(偽記事の怖さ、百人切裁判)

≪“百人斬り”報道を否定≫


 南京戦に従軍した元東京日日新聞(毎日)カメラマン、佐藤振壽(しんじゅ)氏が今月4日、95歳で死去した。
佐藤氏は“百人斬(ぎ)り”の新聞記事の写真を撮影しながら、「記事は事実ではない」と言い続けた。


http://kurasikiar.exblog.jp/11321477/

aliscah said...

>Laughing Salesman様

新しいページの制作と丁寧なご返答ありがとうございます。とても勉強になる資料です。

>虐殺証明写真
確かに不鮮明で服装はわかりませんね。死体を川まで引きずって行って捨てた、とありますが、そんな面倒くさいこといちいちするものなのでしょうか。水が汚染されてその後困るのではないか、と思うので、川での戦闘でその戦死者の遺体が漂流した、の方が確かに信憑性がありますが。まあ、それはともかく、「零距離発射というのが分からない。」は、砲身の仰角ゼロ、水平射撃だった、と言う事で、着弾地点の計算をしなくても、真っすぐに撃っても弾道が直線の状態でターゲットに当たるほどの至近距離での戦闘だったと言う事でしょう。

>どうして零戦が出てくるのだ?ということです。零戦は当時の最新兵器でしょ? この矛盾について、当時は若かったので深く考えなかった、ということです。

零戦についての私の疑問の事ですが、零式艦上戦闘機というだけあって、艦載機。海軍航空隊の誉、太平洋方面での艦隊防空などを含む戦闘を考慮に入れて作られた物なので、まず大陸にいた陸軍と一緒に展開されていたとは思えなかったことが一つあります。

もう一つは、名前の零戦のゼロの部分が、皇紀2600の下二ケタから由来していて、正式採用されたのが皇紀2600年の1940年、試作機が飛んだのでさえ1939年あたりなのに1937年に大陸にか…。すごい時代考証フィルムだな~。とか思ったのです。よほど私が勘違いしているのでなければ上海戦1939、南京戦1937年にはゼロは存在していません(1936年頃から設計、製造中だったかもしれませんが)。だからフィルム中でゼロに撃墜されていた、とか言っているのならば、「?」です。

少し調べてみると、実際には渡洋爆撃には九六陸攻(1936年完成)などが使われていたようです。ただ、1937年には、空母も出動していて艦爆や艦攻などいろいろ使われていたみたいですが、九四式、九六式などでゼロまで製造行ってません。公大基地には確かに艦載機が配備された模様ですが九五式艦戦のようです。フライングタイガース相手にそれら旧式が空戦したというのなら信じられますが。

幻のフィルム、1989年に北京で発見、か。編集で弄られて変な物入れられたり、都合悪そうなパート削除されたんでは?

とまあ、こんな感じです。

>重要なことは、日米戦争は真珠湾攻撃の4年前の1937年の時点で既に始まっていることです。

イギリスのタビストック研究所や、アメリカのオレンジ計画とかからして、1920年代から既に日本滅亡計画練られいるようですし。経済封鎖は戦争行為であるようですし、やる気は満々だったようですね。

laughing Salesman said...

yositune様、aliscah様:

私はアマチュアの歴史ヲタクでして、第二次大戦で使われた武器について詳しくないのです。零戦と書かず、「日本軍機」と書いたほうが良かったかもしれません。

国民党軍のべトン(コンクリート) 製のトーチカ群に日本軍を誘い込んでチェコの機関銃やクルップ砲で出血を強いる、この戦術はドイツの軍事顧問団が蒋介石と共同で建てたようですね。マジノ線と同じ発想でしょうか。上海戦の直前、ドイツの軍事顧問団が「日本の航空戦力の増強には目を見張るものがある」という主旨のことを言っていたと、「日中戦争はドイツが仕組んだ」(阿羅健一著)にあったように思います。

全く別の角度からの記事ですが、経済評論家の長谷川慶太郎氏によると、戦前、日本はワシントン条約で軍艦の保有数を制限されてしまった。それで三菱重工は受注していた軍艦の製造がキャンセルされてしまい倒産しそうになった。で、戦闘機の開発に血道を開ける社是を立てて成功したそうです。

一方の中島飛行機、こちらは確か陸軍機を製造したと記憶します。今の富士重工のことで、スバル自動車と云ったほうがとおりがいいかも知れません。三菱重工はMRJの開発で成功しそうで、富士重工はボーイング社のジェット機の翼などを作ってきたようですが、最近、自衛隊が使うヘリの製造も手がけるようになったと聞いています。両社とも空を飛ぶDNAが生きていて喜ばしい限りです。

by 喪黒福造 Laughing Salesman

laughing Salesman said...

元ネタの取得、写真のトリミング、ぼかし、嘘のキャプション、こういうものが、「レイプ・オブ・南京」初版本の出版当時に29歳だったアイリス・チャン一人の了見でできたとは考えづらいですね。そもそも、アイリス・チャンは日本語ができず、日本側の記録と照合した痕跡はありません。

やはり、江沢民による反日運動の一環として出版され宣伝工作に使われた、と見たほうがいい。では、江沢民はなぜ、反日運動をやる必要があったのだろう。

支那は内乱だ分裂だ革命だと何かと騒々しい場所ですから、外に敵を作り、人民を結束させて、その不満を外敵に向かわせるという意図は分からなくもないが、しょせん姑息な手段であることには違いないので、いつまで世の中の人々が騙され続けるものなのか。

「少数の人を長く騙すことはできる。多くの人を短い間だけ騙すこともできる。しかし、多くの人を長く騙すことはできない」とは、A・リンカンの言葉でしたっけ。

支那人は、ひと昔前のような愚民ではありませんよ。共産党指導部の連中の声明を別にすれば、「南京大虐殺」を語るときの支那人は、どこかに醒めたところがある。「どうせまたウソに決まっている」と、彼ら自身がそう思っているのではないか。

むしろ、「レイプ・オブ・南京」を信じたいのはアメリカ人の方ではないのか。何しろ日本悪玉論、広島大虐殺、東京大虐殺、長崎大虐殺の理由として、これ以上の精神的代償はありませんからね。逆に言えば、南京大虐殺のウソが暴かれると、東京裁判の欺瞞性も暴かれ、アメリカ人のモラルが崩壊する。

しかし、中国共産党が崩壊したら、西安事件で蒋介石が助命と引き換えに呑まされた条件とか、日本軍と共同で食糧調達にあたっていた現地政府の記録とか、いろいろ、従来の歴史を覆すような記録が出てくると思いますよ。

そのときでも、アメリカ人は「歴史修正主義者」だとレッテル貼りをして、真実から目をそらすのだろうか。

by 喪黒福造/ Laughing Salesman

JP Michael Yon said...

喪黒福造さんへ

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

Mr. laughing Salesman

Mr. Yon has been checking this comment section. He is the administrator of the Blogger.
I am a co-administrator under the permission of him.
Thank you for your valuable information as usual.

JP Michael Yon said...

pia tomatoさんへ
勧めてみました。

TO pia tomato:

Thank you for your suggestion.

Mr. Yon:
Mr. pia tomato is saying in this comment section that you should start to lean the Japanese. Of course I know you can understand German too but if you have some time, please try Japanese also.

JP Michael Yon said...

tontonさんへ

お伝えします。しかし、おそらくブロックはされないと思います。「よほどのことが無い限りブロックしない」方針とのことですので。

Mr. Yon, Mr. tonton is suggesting that you should block the "Junta Watanabe"'s comment on your FB because it is a low-level ridiculous comment.

laughing Salesman said...

Mr. Yon might be interested in the following.

What is the real number?
http://www.howitzer.jp/nanking/page07.html

Laughing Salesman

aliscah said...

>Laughing Salesman様

>トーチカ群に日本軍を誘い込んでチェコの機関銃やクルップ砲で出血を強いる、この戦術はドイツの軍事顧問団が蒋介石と共同で建てたようですね。マジノ線と同じ発想でしょうか。

どちらかというと、203高地ではないでしょうかね。あれもコンクリート要塞からの機関銃掃射でしょう。あそこで以前日本軍はひどくやられたのですし。乃木大将が爾霊山(にれいさん/にれいざん)と当て字にして漢詩を詠んでいます。

>戦前、日本はワシントン条約で軍艦の保有数を制限されてしまった。

ワシントン海軍軍縮条約ですよね。同盟国である日本にばかりアメリカや英国の半分の規模の軍艦保有数、主砲口径も小さいものを強要されて、海洋国家に対するこの仕打ちを不快に思った日本はいずれ国際連合を脱退して勝手に軍艦を作り始めた。と学校で習いました。

>最近、自衛隊が使うヘリの製造も手がけるようになったと聞いています。

三菱は国産次世代ステルス戦闘機のボディーを作っていますよね。中央胴体部を三菱重工、機体のコックピットは川崎重工、主翼と水平・垂直尾翼を富士重工、エンジンをIHIがそれぞれ担当、とありますから大御所がそろって頑張っています。

>当時に29歳だったアイリス・チャン一人の了見でできたとは考えづらいですね。
1995年にスパイ容疑のかかった共産主義者の伝記書いてるくらいですから協力的なグループとかあってもおかしくないですよね。その後反日本と反米本書いてるわけですから、利用済で消されたのか、遺書にあったようにCIAに目をつけられていて鬱になったのか。はたまた危険な思想家とCIAに見張られていたので彼女を利用していた組織が証拠をつかまれる前に自殺に見せかけて消したのか。うそをつくと罰が当たるものです。

>むしろ、「レイプ・オブ・南京」を信じたいのはアメリカ人の方ではないのか。

そうかもしれませんね。ただ、普通の人は南京戦なんて何のことかわからないという方が一般的ですが。硫黄島と沖縄くらいなら単語知ってる(かも)、って感じで。こういう変な本が出てくるから多少人目につくわけで。実際、どれだけ売れたのやら。中国大陸でのことなんか世界史では習いませんよ。満州とかちょっと出てくるくらいで。しかも、よく耳にする、「日本兵の蛮行」とか言われるものなんか、まず習わないから、知りません。というか、惨殺の様子とか、強姦をどうされたとか、まともな頭をした大人ならいちいち教科書に載せようとするわけないでしょう?何かの折にネット上で話に出た時に工作員のような人らがさも真実のように「奴らの蛮行をわすれたのか」とか「ひどいことを東南アジアでやった」とか思わせぶりな書き込みするんですよね。ただし、教科書のねつ造改ざんがかなり起こってるようなので今の教科書がどうなっているのかわかりませんが。

>中国共産党が崩壊したら、[…]、いろいろ、従来の歴史を覆すような記録が出てくると思いますよ。

文化革命で証拠物件みんな隠滅工作しちゃったのでは?台湾側がどれだけ戦時の記録を保持しているかにかかっているかもしれません。



laughing Salesman said...

aliscah様:

>普通の人は南京戦なんて何のことかわからない

このスレッドの冒頭でヨン氏が指摘しているように、過去のプロパガンダ・フィルムが繰り返し繰り返し使われ、日本悪玉論が知らず知らず社会に定着する、そのことの弊害を恐れる必要があると思います。

アメリカは戦前、敵を見誤って日本を壊滅させたために毛沢東の中国の出現を許してしまった。ごく最近はクリントン政権がソ連の軍事力よりも日本の経済力のほうが脅威とみなし、日本叩きに明け暮れている間に、支那が力をつけて新たな軍事的脅威として出現した。

南京戦は戦前、日本憎しの敵愾心をアメリカ人に植え付けるために仕組まれた謀略です。そのことのために、我々は東京裁判及び南京裁判で松井大将・谷中将の二人を無実の人柱としてしまった。子孫である我々は、先祖の無念の思いを引き継ぎ、その冤罪を晴らさなければならない。一般の人に関心がなくても、中共の謀略がいつまた頭をもたげるかわからない。ことは過去・現在・未来につながる日本人の名誉と尊厳に関わる問題ですから、おろそかにできない。

放っておいても大丈夫といわんがばかりのコメントには、問題意識が、ちょっと足らないようにお見受けします。

>文化革命で証拠物件みんな隠滅工作しちゃったのでは?

案外に歴史や伝統、知識及び記録の積み重ねを大事にしない国ですから、その可能性は否定しません。それでも中共崩壊に伴って隠されてきた新事実が明らかになることを期待しています。

喪黒福造/Laughing Salesman

aliscah said...

>Laughing Salesman様

>放っておいても大丈夫といわんがばかりのコメントには、問題意識が、ちょっと足らないようにお見受けします。

私の上記のコメントは放っておいてもいい、という、放置主義に基いたものではなく、ただ単に、「アメリカ人達が日本に汚名を着せることに執着している。」と言う見解について、一般人はふつうそんなことをいちいち考えていない。と言ったまでです。 放っておけ、などとは一言も言っていません。 一般のアメリカ人の認識度についてのコメントと、日本側のとるべき行為についての問題は別物です。

確かに、政府、もしくは特別な機関としてWGIPの様な物を携わっている面々は大々的に日本の言い分をサポートはしないでしょうが、IWGのレポートでもわかるように、自分たちでも見直しをして、証拠がないことを痛感しています。 「証拠が見つからなくて世界抗日戦争史実維護連合会(中共団体)に詫びを入れた」、とかwikiにあるのには頭に来ますが、それだっておそらく真実ではないでしょう。真実だと食って掛かっていた事柄が、実はただ証拠が見つからなかったのではなく、逆に嘘だった、と証明されても、それを依頼側に謝る必要はないからです。 本当に謝ったのか日本政府あたりがFBIにでも聞いてみる必要があるかもしれませんが。

>日本悪玉論が知らず知らず社会に定着する、そのことの弊害を恐れる必要があると思います。

そこには同意します。「こういう変な本が出てくるから多少人目につくわけで。」と上記のレスでも述べたように、もともと気にも留めていない人たちのそばに、ありとあらゆる形で周りが知らず知らずのうちに「証拠」として形を多数残しているわけですから。 現在の洗脳道具としての用途もありますが、これらは事の是非を問わず証拠の数の暴力で今はうやむやにしておいて、後世それが21世紀になってから形にされた証拠であってもそこは無視して実にそれが古くから存在していた証拠品としようとしているのでしょうし。

カナダとオーストラリアではどうにかなりましたが、アメリカではブエナパーク以外では日系人たちの努力は実っていません。 ほぼ全方面完敗です。慰安婦増設率反対の嘆願書に著名を頼んでも、あまり集まりません(三千とか集まるのは良い方なのかもしれませんが)。 訴訟を起こせば弁護士事務所が反日勢力に裏工作された世論でつぶされて身を引いてしまいます。 最近では在米日系法人たちの組織した 「歴史の真実を求める世界連合会」 の米国サンタモニカ事務所の住所を事務所側に無断で変更しようとする悪質ないやがらせなどがあったりもします。 グレンデール市との再審訴訟が今でも行われているので書類などがきちんと時間内に届かないようにする工作のつもりかもしれません。(法律事務所や法廷はめったに業務上普通の郵便は使いませんが)

aliscah said...

訂正:
慰安婦増設率反対 X
慰安婦像設立反対 ○

誤字の方もあながち間違いにも見えませんが。

laughing Salesman said...

aliscah様:

>私の上記のコメントは放っておいてもいい、という、放置主義に基いたものではなく、(中略)と言ったまでです。

そうですか。それなら私の方の間違いですから陳謝します。

ときどき、「事実は自然に明らかになるものだから放っておけばいい」というタイプの人に会うことがあります。そういう人は、慰安婦問題も南京事件も、これが宣伝戦であるという認識が足らない。クール・ジャパンを潰すものであり、時に思わぬ外交問題を引き起こしかねない。

アメリカは軍事的にも金融支配力でも強大な国なので、その動向には気配りをせざるを得ない。とくに英語を通じた情報の伝播力は世界を覆うものがあるけれども、そのマスメディアに中韓勢力が食い込んでいることは我々にとって潜在的に大きな脅威です。

そういうことで、私の方が神経過敏になっているのでしょう。

喪黒福造 Laughing Salesman

mc^2 said...

aliscah さん
> IWGのレポートでもわかるように、自分たちでも見直しをして、証拠がないことを痛感しています。

IWG のレポートですが、ここはプロパガンダ全般の話として(元の話題の南京では無く)、慰安婦についてこのレポートを引き合いに出されたのでしょうか。当方の知るところでは Yon 氏(や産経/古森氏)はこのレポートの慰安婦について報告しています [1] 。

あるいは、一般市民に対する迫害・残虐行為についても「未公開の公式文書」 [2] は「一点も発見されなかった」 [1] 、ということでよろしいのでしょうか…? [3] 。

※ といいますか、上記や先般問題になった「強制労働」や、「731部隊」その他も IWG の調査対象として明記されていた筈で(以前どこかで目にしました)、 IWG の調査結果の「全容」について詳しい方いらっしゃいますでしょうか?。

[1]
>  米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。 [...] マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。
http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n1.html

[2]
>  【ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)】 クリントン政権時代に成立した「1998年ナチス戦争犯罪開示法」と「2000年日本帝国政府開示法」に基づき、第2次大戦での日独両国の戦争犯罪の情報開示を徹底させる目的で00年に始まった調査。国防総省、国務省、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)などに未公開の公式文書を点検し戦争犯罪に関する資料の公開を指示した。
http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n2.html

[3] 古森氏の記事では「序文」の「失望」のくだりも慰安婦に限定した表現になっています。

>  報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。
http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n1.html

この時点では [1] の通り「慰安婦問題に関する調査結果部分の全容」について「確認」としてますので、このような書き方になったとも理解できますが、委員長代行が慰安婦についてだけ述べたので無いのならば、「慰安婦【を含む】問題で戦争犯罪の裏づけがなかった」とすべきところです。

aliscah said...

mc^2様

まず初めに、その通りです。プロパガンダ全般についてで、南京の事件についてではありません。南京の事については、少し気になることがあるのですが、後で言います。

上記の[2]で既に挙げられていますように、IWG(Interagency Working Group)とは、ナチスと旧日本帝国(日本帝国政府、と言っていますが)の記録・構文書などを「秘密解除する」ためのグループで、彼らのやった事は米国政府の各組織(CIA, FBI, INS, IRS, 米国陸海空軍、NASA, その他)に、ナチスと日本軍戦争犯罪に関連する書類の全てを解禁して提出せよ。という感じで乗り出してきた組織です。

ですから、扱っている書類は、
(1) pertain to individuals, military units, or Governmental or commercial entities which ordered, assisted, or otherwise participated in war crimes or acts of persecution during the period of Japanese aggression prior to and during World War II, or,

(2) involve assets taken during that period from persons persecuted by the Imperial Japanese regime or its allies

となっていますから、旧日本軍とその味方の個人、軍部(隊)、政治若しくは商業が「戦争犯罪」「処刑」に加担した件に関連した記録。と、その処刑された個人の「剥奪された財産」に関連した書類。証拠にならなくても関連性をにおわす程度でも提出せよ、と言っています。("should include any records that are likely to contain information, or lead to information...")(Appendix 6)

膨大な記録書類の山をかき分けてどれがその条件を満たす書類かを調べなければいけなかったのはですから、政府機関の方々。IWGは出てきた書類を見て、もっとよこせ、まだあるだろ、出せ。とかしつこく催促していたというのが現実でしょう。

CIAが手ごわかった、と言う事を数人のメンバーが最終レポートの中でコメントしています。

とにかく、本質的にはこのグループは戦争犯罪の再調査が主な仕事ではないんです。
再調査をしたい人達や機関がデータを使える様にするために未だに機密情報となっている文書を民間に公開させるのが仕事です。レポートそのものはどういう手順で書類を各機関から集めたかの方法の様な物に始まって、それで終わっています。もしかしたら、別口の報告書にそれらの新しい文書のみの再調査なるものもあるのかもしれませんがFinal Report 2007には載っていません。

レポートの中に幾度となく、日本に関する書類は少ない。今回機密解除された書類(14万くらい?)は全部が戦争犯罪についての文献ではない。むしろそのうちのわずかなものが関連したもの(戦争犯罪関連ではないけれども機密にしておかなくても良いものを多数公開したと言う事)。と言っています。そうして記録の少なさについて興味深い理由・仮設を述べていたりしますが、それは置いておいて、これも何度か繰り返して(二人位で言っていたのかな?)報告しているのが、これによって歴史が覆されるような新発見はなかった。今まで既に一般に知られていること以上の発見は無い、と言う事です。

その発言にはどういう意味があるのでしょう。

新しい発見がないのだから、今まで見つからなかった慰安婦性奴隷強制連行、虐待に対する証拠が見つからなかった。
むしろ、ヨン氏が紹介してくれた書類(名前忘れましたが)には堂々と、慰安婦は売春婦だと報告されていますよね。その後もいろいろとその説を裏付けてくれる資料も出てきていますし。ほとんどの日本戦争犯罪の証拠に使われた書類は東京裁判の時の証拠として機密分類もされずに保管されていて、とっくの昔に公開されていて、残りも1982年に解禁されていたそうです。
("Many captured Japanese records were used in court exhibits and otherwise integrated into the war crimes records in the United States.", "Most of these records were never security classified, and those that were had been declassified by 1982.")(pg8)

ちなみに、「南京での中国国民党などによる他国の戦争裁判の記録はもともと米国政府の保管していた文書でもないので今回我々のあずかり知らぬ処である。」(pg7)と(もうちょっと柔らかくではありますが)言っていますから、もしかしたら、何か台湾に残っているかも?書類なんか持ち出してる暇はなかったろうから駄目でしょうかね。

もう一つ特筆すべきは産経さんの記事にもあった、序文でのIWG代表の言葉。
”Among the disappointed will be those who had hoped for a voluminous release of U.S. records relating to Japanese war crimes. My understanding of the depth of feeling surrounding this issue changed dramatically in 2001, when I spoke to a meeting of the Global Alliance for Preserving the History of World War II in Asia.” (xii)
残念がる面々の内には、米国の記録から多量の旧日本軍戦争犯罪関連の文書が解禁されることを期待していた人々があるだろう。この件について回る深い思いについての私の理解度は2001年の会議で世界抗日戦争史実維護連合会の方々と話しをした事で劇的に変わりました。

そもそも
>クリントン政権時代に成立した「1998年ナチス戦争犯罪開示法」と「2000年日本帝国政府開示法」
の出てきた理由がレポートに書いてありますが、これがまた…ひどい。


aliscah said...

上のコメントで結構誤字多すぎでした。日本軍の「軍」ぬかしていたり、「公」文書が間違っていたり、「政府」所を政治とタイプしてしまっていたり、ちょっと注意力散漫でした。読み辛くしてしまい、申し訳ありません。

>再調査と2007年レポート
上ではIWGの主な仕事が再調査ではない、と言いましたが、訂正しておきます。(本人たちが機密文書の公開が仕事であるとは言っていますが)。確かに幾つかのエッセイとして2004-2006年に日本の事について触れた書類を制作してあるようです。ただ、気になるのは公開された日本関係の書類の探し方の教本の様な物みたいな物とかCD-ROMとか作っている所です。
NARA archivists attest that the real problem with Japanese documents from World War II is not that they are few in number, but that they are largely underused by researchers. To encourage the full review of these records, the IWG published Researching Japanese War Crimes: Introductory Essays.  With this volume, we hope to expose the interested public to the breadth of previously declassified or unclassified records within the National Archives that bear on these subjects and that remain to be fully exploited by scholars, journalists, and other researchers.

研究者たちに日本関連の文書が使用されなさすぎなのが問題であるらしい。日本の罪を暴くために興味のある学者などが使ってくれるように、とかそういう意図が見え隠れしている様な。


aliscah said...

>1998年ナチス戦争犯罪開示法、2000年日本帝国政府開示法
1998 Nazi War Crimes Disclosure Act and the 2000 Japanese Imperial Government Disclosure Act.

情報を手に入れるためにナチスの戦犯が米国政府によって匿われている証拠を見つけるために機密書類うぃ公開せよ、と言うのが始まりらしい。二人の議員のサポートにより1998年に法案に大統領がサインしました。1999-2000辺りまでナチスの情報を探していたのですが、2000年にさらに日本の戦犯記録も追加する法案が…。

1999年にカリフォルニア州の議員が「州に住む多くの民の切望する声を無視することはできない」、と言いながら、日本軍の生物、化学兵器の実験に関連する文書を公開する法案を提案する。多くのカリフォルニアの人々と言いながらも、手紙の次の段落では「特に中国系アメリカ人たちに未だに残る傷を癒すため」だ、と言っています。
”The legislation I introduce today is eagerly sought by a large number of Californians who believe that there is an effort to keep information about possible atrocities and experiments with poisonous gas and germ warfare from the public record. [...]
I introduce this legislation to try to heal wounds that still remain, particularly in California's Chinese-American community.” (Appendix 12)

この議員はその手紙の中に、彼女のところに届いたカリフォルニア州立大学の歴史学名誉教授の手紙を引用します。彼は:

”自分が1991年にユタ州はダグウェイ市(Dugway) の Dugway Proving Ground図書館にて公文書の閲覧を拒否された。ユタ州の衆議院議員の介入によってようやく図書館の利用を許可された。日本軍の医療実験についての書類のほんの一部しか見せてもらえなかった。そのわずかな文書だけでもかなり(great deal)の医療的戦争犯罪の情報を調べることができた。そのしばらく後にダグウェイの内情にに詳しい人から、私がそこに行っ直接の結果、機密の文書が処分された、と言われた。”(ibid.)

と述べています。更に:

”メリーランド州のフォート・デトリック(Fort Detrick)においてアメリカでのほとんどの調査をしていました。そこの広報官の方は大変良くしてくれていましたが二週間前に新しい方に代わり、フォート・デトリックはもうその過去の調査の件については話しません。と言われ、その後、同日中に前任の広報官に電話をしました。そこで彼は引退する折に仲間から「あれは捨ててしまえ。」と言われた。あれ、とは日本軍の医療戦争犯罪の証拠の事を指していました。” (ibid.)

更には、

”ここ、二週間以内には、ペンタゴンから保管スペースの都合で1949年以前の生物兵器に関する全文献を破棄する事に決定した、と伝えられた。この日付けは重要だ。告発された日本の戦犯達は1949年までに全ての戦争裁判を打ち切りにさせている。”
”Within the past 2 weeks, I was informed that the Pentagon, for ’space reasons’、decided to rid itself of all biological warfare documents in its holdings prior to 1949. The date is important, because all war crimes trials against accused Japanese war criminals were terminated by 1949.” (ibid.)

少し悪意がある翻訳のように思えるかもしれませんが、原文が悪意があるとしか思えない言い草に読めますのでこう意約しました。裁判を終了させている、completedか finishedならともかく、terminatedで打ち切りにさせた、とか、不当に切り上げて、と口惜しそうに聞こえるんですよね。  更にこの教授は面白い手紙の終わらせ方をしています。

”あなたの提示した法案は緊急で裁許されなくてはいけない。日本の戦犯らの被害者たちは老人なのです。毎日のように何人かは亡くなっています。彼らの苦しみは認識されるべきであり、保証を受けるべきなのです。しかも、歴史が騙されているのです。書類が消失するにつれて太平洋で犯された戦争犯罪の物話は述べにくくなります。その結果はゆがめられた事実です。歴史家としてこの避けられない事柄に強い抗議をせずには居られません。” (ibid.)

1999年の手紙だと思います。
この方、シェルドン・ハリス教授 (Proff. Sheldon Harris)は、1994年にFactories of Death: Japanese Secret Biological Warfare, 1932-45, and the American Coverup. という本を出版しています。上の手紙で自分の著作の執筆に使った資料のいくつかが政府機関に秘密裏に廃棄処分されて無くなった。と言ってますよね。

実は、この方のこの1994年の本や、アイリス・チャン(Iris Chang)女史のThe Rape of Nanking: The Forgotten Holocaust of World War II、1997年出版、や被害者の体験談などメディアによって拡散されているため、日本の戦争犯罪に民間の関心が高まっている、とIWGの代表者が2007年の最終レポートの序文で言っています。(pg20)

ただ...この二人の著者の方々、2007年で紹介されている時点で両者とも鬼籍らしいです。

ついでに、CIAにIWGがもっと文書を公開しろ、と食い下がった折、CIAは仕方なしにお上の人にお伺いを立てたらしく、その後48時間以内に電話があったそうな。その時から態度ががらりと変わり、元CIA局員が「模範的な市民」として協力をしてくれた...のはいいですが、その方は2006年に急死なされたとか。 (pg87)

最後に、上記のハリス教授が手紙の中で自分の使った資料が秘密裏に廃棄されてしまている。と訴えていたので、IWGはDugway Proving Ground とFt. Detrickで少なくともいくつかの文書が移動されたか、廃棄処分にされた、それについて返事がほしい、と防衛庁と陸軍局に連絡したらしい。(pg53-54)

なかなか返事をしなかった陸軍ではあったが、

「そのような事実はない。」「日本軍細菌戦実験の全ての記録は国立公文書記録管理局(NARA)に転移した。」(pg54)

とのこと。どちらが嘘をついているのでしょう。


他にもいろいろあったような気がしますが、忘れました。あ、あそらく、米国政府がやけに日本の罪を隠蔽するのに力を入れていて、ダブルスタンダードだ。ドイツよりも日本の方がそれほど大事なのか、とかいう様な事言っていましたね。(pg105)
長文駄文失礼しました。誤字脱字があったらすみません。

mc^2 said...

aliscah さん
コメントありがとうございます。

> 上の手紙で自分の著作の執筆に使った資料のいくつかが政府機関に秘密裏に廃棄処分されて無くなった。と言ってますよね。

そもそもの発端初耳でした。この調査でハリス教授のインチキが暴露されてしまったと。こりゃまたトンデモないことです。

> そうして記録の少なさについて興味深い理由・仮設を述べていたりしますが、

慰安婦については、当時米軍は売春の延長と(彼らの主張だといわば)誤認して十分調査しなかったせいなのダーと来た、と報じられてますね。

> 新しい発見がないのだから、今まで見つからなかった慰安婦性奴隷強制連行、虐待に対する証拠が見つからなかった。

はい。で、慰安婦以外については取り上げられないのが?だったんですよね… Yon 氏は慰安婦について調査していましたし、産経も単に慰安婦に分類された(されているのでしょう)文書だけ「確認」したのかもしれませんが。慰安婦以外の件の多くは軍事法廷で取り上げられており既に公開済、あるいは米国以外が提起して公式資料が無い、等、 IWG では関連する文書すら殆ど出てこなかったとか(??)。

> 研究者たちに日本関連の文書が使用されなさすぎなのが問題であるらしい。

使えそうな文書が出てこなかったので従来の資料を有効活用してくれという。ご親切なことです。

aliscah said...

mc^2様

>>そうして記録の少なさについて興味深い理由・仮設を述べていたりしますが、 ← 「仮説」です。

>慰安婦については、当時米軍は売春の延長と(彼らの主張だといわば)誤認して十分調査しなかったせいなのダーと来た、と報じられてますね。

そうです。そして、IWGはさらに、「1950-1960年代に日本に文書を返還した事によって貴重な戦争犯罪関連の記録を失ってしまったのではないかと危惧する。」とか、暗に、というか露骨に?日本側が証拠隠滅を図ったとばかりに言っています。
"The IWG was concerned that valuable war crimes information may have been lost with the return of the records to Japan in the late 1950's and early 1960's." (pg8)

この8年にも及ぶ調査の末IWGは
1)文書のカタログ(1700ページ?件?)の様な物の制作や、
2)エッセイまで作ってなぜ日本の戦争犯罪関連の資料が少ないのかの理由を述べていたり、 (←読んでいません)
3)資料のCD-ROMを用意したりと、
この人ら完璧に洗脳されてますね。な感じです。


> IWG では関連する文書すら殆ど出てこなかったとか(??)

出ていませんね。自分たちで言っています。
”IWGはアジア戦線での機密化された記録をほとんど見つけて公開することは出来なかった。なぜなら米国が未だに所持している機密書類などはほとんど存在していないからだ。”
"The IWG uncovered and released few Asian theatre[sic] records because few such U.S. records remained classified."(xii)


>Yon 氏は慰安婦について調査していましたし、産経も単に慰安婦に分類された(されているのでしょう)

おそらくその当時一番やかましかったのが慰安婦問題なので産経さんはそれにフォーカスを絞っていたのだと思います。
韓国は証拠もないのに騒げる人達だから焚きつけておいて、その間に中国は裏で南京や731部隊の資料を集めようとしていたのでしょう。

南京や731部隊の事は、この「2000年日本帝国政府開示法」で証拠を集めてやろう、と中共が裏で議員たちを操って動いていたのでしょう。しかしなかなかそちらのネタが集まらないので必死に韓国と組んで慰安婦問題の証拠を集めようとしていて、逆に応募の広告やら何やらを見つけちゃったわけでしょう。

実際2000年日本帝国政府開示法を上記のカリフォルニア州衆議院議員が提案した1999年の手紙。面倒だったので上ではフルに翻訳しなかったのですが。(太字に注目)
The legislation I introduce today is eagerly sought by a large number of Californians who believe that there is an effort to keep information about possible atrocities and experiments with poisonous gas and germ warfare from the public record. (Appendix 12)

「情報欲しさにナチスを政府が匿っている事実を民間から隠している」、と言う1998年の法案と同じようなノリで、「日本の暴虐を米政府が国民から隠している」、としています。そして何が暴虐?言えば、もちろん中共がどうしても欲しいデータ。731部隊の悪行。「毒ガスと細菌戦の実験資料」とはっきり、です。彼女が推薦したのはまさに731部隊の悪事を暴露する、そのための法案です。

ハリス教授が中共に資金や資料を援助してもらって1994年の本を書いたのか知りませんが(棒読)、1999年のこの法案を促す手紙には、「多くのアメリカの戦争捕虜たちが実験に使われた」だの、「満州建国から日本軍の中国人人体実験が始まった」だの、この手紙は731部隊に焦点を置いています。(心の声「フェインスタイン議員、それらの情報のソースは?」)731部隊の名もしっかり出しています。「カリフォルニア州の多くの人々」、確かに中国系ものすごく多いですよね...。が待ち望んでいる情報は731部隊の悪事。この議員もスポンサーがどういう方々なのか良く分かります。

>あるいは米国以外が提起して公式資料が無い

最終レポートの中で触れている、
「世界中の多くの人々はIGWが日本の悪事を暴いてくれることを待ち望んでいた。」
Many people around the world had hoped that the IWG would unearth records that would help them document Japanese atrocities. (xii)

今のところ暴けていなかったと言う事ですよね。証拠が不十分すぎなわけでしょう。

長いので短くまとめますが、
「他国の戦争裁判の記録はもともと米国政府の保管していた文書でもないので今回開示法には当てはまらない処である。
例えば南京での中国国民党による日本戦犯裁判は、そこで日本の犯した数々の忌むべき戦争犯罪の悪名の高さにも関わらず、アメリカの記録に残ることはなかった。」
The records of other nations' war crimes trials are not subject to the Disclosure Acts because they were never in the possession of the US Government. For instance, the Nationalist Chinese Government's trials of Japanese war criminals held in Nanjing did not result in American records, despite the heinousness and notoriety of the war crimes committed there by the Japanese. (pgs 7-8)

アメリカ側の所持している情報はほとんどの資料が既に公開されている、しかし、どうしてももっとすごい決定的な証拠がほしいと中共は米国政府を動かしたのでしょうが、8年も待っていたが待ち望む結果が出てこなかった。証拠を待ち望んでいた。南京での自国での裁判の折にあった(はずの)証拠では足りなかったのでしょう。アメリカが何かまだ隠しているだろうことに一筋の光を見出していたのに。

そういえば、731部隊の悪事もデマだった、とか聞きましたね。アウシュビッツも大げさにされた、とか。
何かあまり褒められたことはしていなかったかもしれませんが、規模や度合いをてんこ盛りに盛られたのかもしれません。そして尾ひれがついて、ついでに手足と羽も生えちゃったのかも。

食糧難にも拘らず捕虜にゴボウを食べさせたら木の根っこを食べさせられた、とか、ノリを渡したら黒い紙を食べさせられた、とか、点滴の代わりにココナツを使ったら、謎の薬品を実験注入された、とか、そういうやつの延長ではないでしょうね。病原菌を持った虱か何かに人をかませる、とか在った様な記憶もありますが、731部隊の事はあまり知りません。

yositune said...

その中国がプロパガンダしてる731部隊の人体実験証拠写真は、実は済南事件で殺された日本人の検視写真で、「山東省動乱記念写真帖」に載ってる写真なんですね。

昭和の日本が国際的に非難された満州事変、これ以降を東京裁判で違法行為とされたのですが、当時の流れの
一部をトリミングし日本を糾弾し、訴追し判決してるんですが、そこまでの流れがあるんですね。

1927年 南京事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6_(1927%E5%B9%B4)

1928年 済南事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%88%E5%8D%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 済南事件写真(山東省動乱記念写真帖より)
 http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%B8%88%E5%8D%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6

1931年 満州事変
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E5%A4%89

1932年 上海事変(第一次)

1932年上海事変(第一次)

---------------------------------------------------------------------
ここで1928年の済南事件は「山東省動乱記念写真帖」が国内に出版され、ビジュアルに、その惨状が国民に知れ渡り、丁度米国の9.11事件直後のような状況となったんですね。
 日本は1927年の南京事件で英国に出兵を誘われたが、幣原の融和外交時代で断った。
中国人は相手のやさしさ=弱さと解釈し、以後反撃出兵しなかった日本を狙い、テロ攻撃を仕掛けてきてたんですね。
丁度現在の反日暴動のように、国内では軍人に国民は「税金泥棒、腰抜け」と言っていた時代なんですね。
この南京事件では、今の自衛隊と同様に反撃が禁止されていた、暴徒のなすがままだった。
 この結果が済南事件に結びついた。
中国人のリンチは残酷で、「戦艦ポチョムキン」でのマコの処刑と同じで、縛り付けて、生きたまま、各部を切り刻み、苦しませながら殺すやり方ですね。(削刑)
その死体写真が済南事件の「山東省動乱記念写真帖」で知れ渡った時代。

mc^2 said...

aliscah さま

いい加減じぶんでちゃんと当たられよ、と叱られそうですのでこの辺にいたしますが…(汗)、なお、

> > IWG では関連する文書すら殆ど出てこなかったとか(??)
>
> 出ていませんね。自分たちで言っています。

上記は、慰安婦に関しては関連する文書が出てきたが、戦争犯罪に関わる資料は発見されなかった(ことを産経も「確認」)、その他については「関連する文書すら殆ど出てこなかった」といった違いでもあったのかしらん、という疑問でした。

いずれにせよ(最初のやり取りに戻りますが)、慰安婦のみならず一般市民に対する迫害・残虐行為その他についても「未公開の公式文書」は「一点も発見されなかった」ぽいですね。現時点では「確認」されてはいないようなので、調査を促した側が期待したような「新発見」は、慰安婦以外でも見つからなかった。

それから当方、先のコメで自著に使用した資料が破棄されたと偽ることで証拠の捏造を隠蔽したという読み方で「ハリス教授のインチキ」としたのですが、これは勇み足ですね。捏造隠蔽していたとすると脇が甘すぎる。詳細な調査が行なわれれば自著の信憑性を危うくするリスクがある訳で。

で、中共側も調査を促することによって自らの主張を危うくする「リスク」があるのを認識していた筈ですが(イロイロ捏造してれば尚更)、日本の戦争犯罪関連の資料が少ない理由のひとつに冷戦により米国が日本の戦争犯罪に纏わる証拠を隠匿した、という理屈を唱えていたようなので、何か出て来てくるだろうと踏んで働きかけたというところでしょうか。

軍事法廷で起訴された案件は既に機密解除されていて資料は出てこなかったということなのですが、検察側が隠したい証拠が機密となって残っていて、中共の目論見とは逆の「新発見」が、なんてことも無かったぽいのでしょうねぇ。731部隊とか。

aliscah said...

mc^2様

>いい加減じぶんでちゃんと当たられよ、と叱られそうですのでこの辺にいたしますが…(汗)

最終レポート読んだのは私の勝手ですから、その内容を他の方に紹介する事に何の問題もありませんのでお気になさらず。 こちらも長い駄文にお付き合いして頂いてありがとうございました。

>調査を促した側が期待したような「新発見」は、慰安婦以外でも見つからなかった。

事件に「関連する文書」があっても、それが証拠になる情報を秘めているかは別の問題ですので、少なくとも「証拠として挙げられる」新発見は見つからなかった、と言ってもいいのではないかと思います。例えば、関連する、と言うのは、当時の南京に関する書類、たとえそれが、その日悪天候のため、日本軍は街から出るのをやめた、とかいう感じで関係ないように思われるものであっても、該当する時期と場所と、日本軍の事であるので各政府機関がIWGに公開しなければならない物に含まれるのですよ。IWGはそうして出てきた書類の中から必死に暴虐の「証拠」を探していたのでしょうね。

開示された文書がどういう物なのか現物を見ていないので分かりませんが、(流石に14万ページなんて個人の趣味としては読みたくないです)公開されたらこちらが頼まなくても中国側が人海戦術でバッチリ調べてくれたでしょう。2007年から早8年。未だに本当の資料も証拠も挙がらないのだし、mc^2様の言う所の:

>慰安婦のみならず一般市民に対する迫害・残虐行為その他についても「未公開の公式文書」は「一点も発見されなかった」ぽいですね。

と理解しても良いのではないかと。
むろん、個人か、小人数レベルで軍法違反的なことはあったかもですがね。喜々として「証拠だ、新しい証拠が出てきた!!!それ見ろ、鬼子小日本!」、と言うのは聞いてませんから、それがどういう事かと勘ぐってみると...。

>それから当方、先のコメで自著に使用した資料が破棄されたと偽ることで証拠の捏造を隠蔽したという読み方で「ハリス教授のインチキ」としたのですが、これは勇み足ですね。捏造隠蔽していたとすると脇が甘すぎる。詳細な調査が行なわれれば自著の信憑性を危うくするリスクがある訳で。

私は出来るだけ翻訳した内容や事柄を自分の信じたい物事のように意訳して誘導したくはないので、原文の口調や使用している単語の意味合いを出来るだけ忠実に再現し、持論の時はそうだとわかりやすい形、若しくはそう思う、と断りを入れる様心がけたつもりでした。が、ハリス教授の手紙の内容などを読んだ時に即座に思った事はmc^2様の最初の反応と同じものです。もし私の書き方のせいで判断を左右されてしまったのなら申し訳ありません。私のこの件に対する感想は、

脇が甘かろうとなんであろうと、捏造していたからこそ、この度詳細な調査がなされれば、もしくはいずれ時効として解禁処置をされれば、ウソがばれる。だからきな臭くなる前に開示を称賛する証拠を作り、ついでにその時点で前もって、

「私の著書の重大な証拠に使われている資料は陸軍のせいで秘密裏に処分されてしまっていて今じゃ裏が取れないよ~。証拠物件を探したってないからね。でもこの本に挙げられている資料は本物だからね。証拠がないのはねつ造じゃなくて陸軍のせいよ。」

と弁解、と言うか、前もって「証拠を探したって無い」と言う事を記録に残して言い訳してるとしか思えない。資料を全部見せてはもらえなかった、しかし閲覧できたものだけでも充分な証拠になる資料がかなり~、と言っています。教授の著書でどのようにその資料のソースは紹介されているのでしょう。彼の本は読んでいませんので、(買って印税をあげたくありません。不買運動。)その数々の資料が、開示された文書にどれだけ含まれるのか。

自分が図書館に行った事が直接の原因となって機密文書が処分された、と聞いた後にその件について学会やマスコミに物議をかもしたりしました?黙っていたのですか?まさか全部の資料が破棄されたとか言いませんよね、教授。そもそもどうやってそんな機密書類にアクセスする権限があったのでしょうか?本の執筆のために?もしそうなら初めっから陸軍は見せる事さえ許さないでしょう?機密ですよ、機密。マル秘って、そもそも公開しちゃいけないんですよ?それを本にしたいなんて、議員がどうこう言ってアクセス出来る訳無いじゃないですか。CIAやDHS(合衆国国土安全保障省)の調査で、とか、大統領権限とかならともかく。セキュリティー・クリアレンスのレベルどこまでパスしたんですか?嘘でしょう?

と考えていました。

自著の信憑性をどこまで守りたかったのでしょう。1999年にこの手紙を書き、2000年に法案決定。調査が始まって2年後の2002年に74歳位で亡くなられています。死んだ後の事は知らない、とばかりに嘘ついていたかもしれませんし。

亡くなった方の事をとやかく言うのは良くないとは思いますが、戦死なされた英霊の方々と、残された当時の日本人から、現在の日本人たちに至るまで、全ての日本人と日系人達の名誉にかかわることですから、提示できる資料無いけれど発表しちゃった。では済まされない、と思います。

>日本の戦争犯罪関連の資料が少ない理由のひとつに冷戦により米国が日本の戦争犯罪に纏わる証拠を隠匿した、という理屈を唱えていたようなので、何か出て来てくるだろうと踏んで働きかけたというところでしょうか。

そうだと思います。
南京での戦争裁判を行ったのは蒋介石率いる国民党政権での中国でしょうか?南京の裁判の事はIWG最終報告書を見るまで知らなかったのでいつ、どの政権で、どんな内容の裁判だったのか皆目わかりません。裁判の記録もどこにあるのか、どんな物なのかも皆目分かりません。ですが、もし裁判をしたのが国民党ならば、詳しい裁判の内容や追随の証拠資料は共産党の知る由も無い処であったかも知れません。ですから、後日うわさに聞いた南京虐殺を証明しようとしても、自分達の所には資料がない。台湾からは協力が得られない。(寧ろ、逆に現在使われている南京虐殺の資料がデマだプロパガンダのねつ造だと検証してくれたり…。)後はアメリカが何か持っているだろう。隠しているに違いない。だって他には何処にも証拠が見つからないのだし。と言う流れではないか、と。

アメリカとしては、「知らないよ。南京が大変な目に合ってる、と言うのは蒋介石が言ってたことじゃん。」だと思うのですが。

>検察側が隠したい証拠が機密となって残っていて、中共の目論見とは逆の「新発見」が、なんてことも無かったぽいのでしょうねぇ。731部隊とか。

残念ながら、私は東京裁判の内容と検察側の資料を調べた事が在りませんので、どの様な罪状について裁かれているのかわかりません。死の行軍の件は入っているのは分かりますが。731部隊の件が入っているのかどうか。731部隊は南京裁判で裁かれていたのでしょうか?それともよく聞く陰謀論の、米国が実験の資料と引き換えにその件は黙殺し不問に付した、とあるように、アメリカのみが対処した件で、半永久的に開示される事が無い書類に分類されているのでしょうか?

少なくとも、731部隊は無実だった、若しくは、捕虜虐待に当たる様な活動はしていなかった、と言うような当時の調査結果がない限り、どの様な活動をしていたのか分かりませんから、日本側の731部隊の実験記録や活動日誌的な物を探してみないと何とも言えませんね。逆の新発見の方こそ開示しない様に無視されたかもしれませんし。←疑り深い。

しかし、人体実験やその他の違法行為をしていた、と言う揺るぎのない記録が見つからないのであれば、やった、とも言えません。

だから、やった、とも、やらなかった、とも証明しにくいのですよね。体験談などの証言は法的に見れば、参考と資料の裏付けにはなっても、証拠としては大した効力が無いとも聞きました。(心理学的に調査してみると、人間の記憶力はあまりあてにならない、と言う事からです。偽りの証言もしかり。)

アメリカの法律では、刑事事件の犯人も、裁判で有罪と決まるまでは無罪です。

悪行を働いた、と証明できなければ基本的にはしていない、と言う事です。



aliscah said...

yoshitune様

大変お詳しいですね。すごいです。早速リンク先の事件をチェックしてみました。

>実は済南事件で殺された日本人の検視写真

...南京虐殺の証拠捏造と同じ事してるんですね。日本人の死体を中国人の物と偽るな。と言う所ですか。

>丁度現在の反日暴動のように、国内では軍人に国民は「税金泥棒、腰抜け」と言っていた時代なんですね。

1928年と言うと1905年に終わった日露戦争からそう遠くないし、寧ろかなり英雄扱いされていても良さそうですが。既に共産党工作員とかに扇動されていたのでしょうか。

>中国人のリンチは残酷で、「戦艦ポチョムキン」でのマコの処刑と同じで、縛り付けて、生きたまま、各部を切り刻み、苦しませながら殺すやり方ですね。(削刑)

そのせいで日本軍は捕虜の扱いを国際法に基つくよう徹底させておいて、その上で自軍には、捕虜とされて死ぬ以上の苦痛と屈辱を与えられる事になる位なら潔く自決せよ、と通達が行ったわけですよね。

南京の事も、731部隊のことも、上に挙げられた各事件や、1937年の通州や1946年の通化事件とかの日本人被害者とかの記録のツギハギ捏造ですよね。日本人の蛮行、って寧ろ自分らがやってた事そのままじゃない。本当に困った人たちです。

そのうち完全にやらせで作ったシーンとかで捏造写真とか制作してきそうですね。もうすでにやっていたかな。

yositune said...

>日本人の死体を中国人の物と偽るな。と言う所ですか。

そうです。
被害者は足袋を履いており、日本人と直ぐわかるので、足の部分をトリミングして使用しています。(確信犯)


>そのうち完全にやらせで作ったシーンとかで捏造写真とか制作してきそうですね。もうすでにやっていたかな。

すでに赤子を銃剣で突き刺し、掲げてる日本兵の写真が出回ってますよ。

aliscah said...

>すでに赤子を銃剣で突き刺し、掲げてる日本兵の写真が出回ってますよ。

ぜひ、写真の出展元、ネガ、プリントのインクやフィルムの品質から写真の解像度などを含め、創造された年代を割り出さなくてはいけませんね。
日本政府、科学検証ぜひお願いします。

mc^2 said...

aliscah さま

> 脇が甘かろうとなんであろうと、捏造していたからこそ、この度詳細な調査がなされれば、もしくはいずれ時効として解禁処置をされれば、ウソがばれる。だからきな臭くなる前に開示を称賛する証拠を作り、

うーん、そうですね。文書公開の動きを聞きつけて被せてきたか。やはり当方も隠蔽説に傾いてきました(笑)。

> 残念ながら、私は東京裁判の内容と検察側の資料を調べた事が在りませんので、どの様な罪状について裁かれているのかわかりません。死の行軍の件は入っているのは分かりますが。731部隊の件が入っているのかどうか。

米国が関与した軍事法廷では起訴されてないので書き方ヘンでした。731部隊については起訴したとしても検察に不利な資料、といったところで。

mc^2 said...

証拠が見つからない理由を説明した IWG レポートの「エッセイ」、 “Researching Japanese War Crimes Records Introductory Essays” 、抄訳ですが(かなりの量)翻訳された Blog 見つけましたご参考。
http://www.suzuki-labor.com/learning_journal/2013/08/researching-jap.html

結局証拠が見つからないことが強調されて墓穴掘ったりしてますが、先生方、素直にアイリス・チャンなどインチキなのだ、と言えば簡単でしたよ。おかしな前提からスタートするから妙な理屈を捻り出さなければならなくなり、IWG の調査以前に酷い戦争犯罪が多く報告されていると印象付ける為だけのものになっている。731部隊など証拠の話すっ飛ばして予算が高額だから天皇の戦争責任ガーと一気に飛躍。目くらまし戦法。

CIA の隠蔽工作とか報告されてますが、一方でソ連や中国の資料は当てにならんとあっさり述べていたのは目に付きました(序論/エドワード・ドレー博士、過去形ですが) ※ 。

> 中国や旧ソ連によって保管されていた日本軍の部隊の記録や文書は、ほとんど例外なく、西側諸国にとっては入手不可能なものであり、 [...] 西側にもたらされた僅かばかりの資料でさえ、多くの点で信憑性に欠ける共産主義者によるプロパガンダに溢れていた。例えばソビエトがハバロフスクにおける1949年12月の裁判に関して1950年に公式の裁判記録を公表したとき、それらは731部隊が関連した文書を含んでいたが、長期間にわたってスターリン主義者が見せしめの裁判を行っていたので、西側の多くの人々は証拠の信憑性を疑っていた[11]。

中国は記憶遺産に旧日本軍将校の「供述書」提出しましたが、どう評価しますかね。

※ しかしドレー博士、資料等の提示なしにこれに続く

> そして日本側の入念な努力が731部隊や他の戦争犯罪に関する大部分の文書を隠匿しており、現時点で機密扱いの文書の量は未知であった。

とは何のことやら。エトセトラ、エトセトラ…

yositune said...

OpenID aliscah さん

>既に共産党工作員とかに扇動されていたのでしょうか。

22年テーゼ、27年テーゼ、32年テーゼと日本の国体に対す宣戦布告と同様の宣言でしょう。
このような中で普通選挙法ができたんです、治安維持法と同時にね。
横道に逸れるようですが、日本は基本構造が農業村社会なので、共産主義思想に染まりやすいんです。
季節的に同時(早朝から日没まで)に肥料、種まき、草取り、収穫と共同体として取り組み、
違うことをすれば収穫も少なくなる。
だから「違うことをして、儲けてる奴は、何か悪いことをして稼いだに違いない」と決めつけ村八分。
「同じことをしてるんだから結果は同じで平等のはず」と言う思い込みを共有する社会(=共産主義)」
違いを当然視する、牧畜社会や狩猟社会とは構造が違う。

 金持ちが贅沢をして、お金を使えば、社会が潤い、経済が回り、皆が豊かになるが、日本では金持ち
にもバブル潰しの「清貧の思想」とやらで節約を勧め、デフレにしてしまう。
 ホリエモンを生贄にした社会です。

韓国が日本を妬む構造も同様ですね。

aliscah said...

mc^2様

>米国が関与した軍事法廷では起訴されてないので書き方ヘンでした。731部隊については起訴したとしても検察に不利な資料、といったところで。

確かに実験の情報と交換にアメリカが不問に付した。と隠蔽論に挙げられているのだからその事でアメリカの裁判で裁かれているはずないですよね。少し考えてみれば分かる事なのにとっさには考えが及びませんでした。すみません。

そもそも731部隊に関する書類があったのかさえもわからないですよね。

IWGのレポートでは、直接731部隊の名を挙げて語っていないので何とも言えません。が、苦々しい、口惜しさに溢れる物言いの、悔し紛れな口調のレポートからすると、中共サイドには役に立たない情報しか見つからなかったと言う所でしょう。

IWGの制作したカタログをチェックしてみるのもリサーチの一環としては良いかもしれませんね。

>証拠が見つからない理由を説明した IWG レポートの「エッセイ」、 “Researching Japanese War Crimes Records Introductory Essays” 、抄訳ですが(かなりの量)翻訳された Blog 見つけましたご参考。

昨日の今日で翻訳版を発見したのですか。素晴らしいです。 探しに行かれると前もってわかっていたら、英語のタイトルも併記してサーチし易くしておいたのに。今度からは手抜きしないようにしますね。

>>そして日本側の入念な努力が731部隊や他の戦争犯罪に関する大部分の文書を隠匿しており、現時点で機密扱いの文書の量は未知であった。

>とは何のことやら。エトセトラ、エトセトラ…

やっぱりあれじゃないですか?ほら、あの、例の、いつもの、お決まりの、

>結局証拠が見つからないことが強調されて墓穴掘ったりして

とにかくCIAと日本が隠してるんだ~。 で、ごまかそうと。


aliscah said...

yositune様

>22年テーゼ、27年テーゼ、32年テーゼと日本の国体に対す宣戦布告と同様の宣言でしょう。
>日本は基本構造が農業村社会なので、共産主義思想に染まりやすいんです。

...22年テーゼ、テーゼ...。 *ググりに行く*

コミンテルンの活動盛んだったのですね。 人の国の事なのに余計な事を。
あながち、批判理論を挙げるフランクフルト学派がOSSに大勢いて日本の戦後に影響を与えたとかいうのも見当外れじゃ無かった訳ですね。

大学にいた頃作文のクラスの課題にアメリカ先住民の社会体制と共産主義についてレポート書いた事が在りますが、国家規模で社会主義、若しくは理想の共産主義で真の平等(今見る共産主義の独裁権制ではなく)を実現出来そうなのは日本だろうなあと思った事が在りましたね。全体の幸せのためには多少の不便を皆が耐えてくれる国民性なので。

>韓国が日本を妬む構造も同様ですね。

お金持ちが嫌い...と?

laughing Salesman said...

Regarding the Documents of the Nanking Safety Zone I mentioned earlier on this blog, I summarized the arguments as follows. A couple of new photos are also put o the page.

http://www.howitzer.jp/nanking/page08.html

laughing Salesman said...

Regarding the Documents of the Nanking Safety Zone I mentioned earlier on this blog, I summarized the arguments as follows. A couple of new photos are also put o the page.

http://www.howitzer.jp/nanking/page08.html

yositune said...

日本軍731部隊の人体実験など戦争犯罪は虚構、真犯人は中国軍

多くの旧軍兵士の証言で、上海事変で井戸に毒やコレラ菌を入れて撤退したのは中国軍が最初であり、
日本軍ではなかった。

 「朝鮮戦争でも米軍が731部隊を参考に細菌戦を仕掛けた」と言う中国軍の主張やそれを受けた
日本共産党の宣伝が、ソ連崩壊による情報公開で中国の捏造事件だったことを示す文書が見つかっ
ており、むしろ細菌戦や人体実験が中国軍により行われており、それを日本軍や米軍に擦り付ける
常套的な手法ではないか、と思います。
中国軍の捕虜となった日本兵や米兵で、洗脳され「細菌戦を仕掛けました。」と自白調書に署名し
た元兵士の存在も共通している。
--------------------------------------------
米軍「細菌兵器使用」捏造事件の教訓

(要約)
 この衝撃的な事実を知り改めて思うのは、彼らの変わらざる体質であろう。彼らは、旧日本軍は中国でコレラ菌を散布し、罪のない中国人を何万人も殺した、と今も

声高に主張している。そしてこの場合も、この事件を立証する役割を担わされているのは元「日本人捕虜」という例の構図なのである。彼らは自己の良心なるものを強

調し、中国側の寛大さを殊更に力説する。まさに先のパイロットと同一だといっていいだろう。

 目的のためには手段をえらばないという彼らの体質を、われわれは改めて認識すべきなのではないか。

http://www.seisaku-center.net/node/211



Skales Sibbons said...

Iwane Matsui deserved protection.

Anonymous Writer said...

南京も731部隊も、むしろ自分たちがやった事を告発される前に敵に擦り付けようとし、その証人は洗脳した捕虜、と言うおんなじパターンで、テンプレ通りの証言で押し切ったわけですね。そして全く同じ事を朝鮮戦争の時にアメリカにもやった、と。アメリカがそれに対してどう対処したのか気になりますね。 クリントン前大統領が公文書開示法案にサインして採択させたのも、「証拠など見つけられるものなら見つけてみろ!」と言っていたのかな、と推測してみたり。

自分の罪を誤魔化すために敵に罪状を擦り付けるとは、まるで魔女狩りの様ですね。邪魔者を排除する為に先に叫んだもの勝ちみたいな。

laughing Salesman said...


細菌戦は、ヨーロッパ人が中世からやっていたことで、別段珍しいことではないのですね。動物の死骸をカタパルトで敵の城砦に放り込むとか、中世の戦いでは珍しくともなんともない。これは異民族どうしの戦いが多かったことが原因でしょう。同民族だと、なかなか、ここまでのことはできない。

それから、石井731部隊は、給水防疫部隊だったらしい。日本と違って、大陸の水は汚いですからね。煮沸しないで呑むとすぐに腸チフスとか赤痢にかかってしまう。ケガの手当てにも、当然、清潔な水が必要なわけです。まあ、私もそんなに詳しく研究に首を突っ込んでいるわけではないので、より詳しい人の解説があれば、すぐにも白旗を揚げますが。

1937年の上海戦は8月の暑い盛りに始まり、前線の日本軍は喉の渇きに苦しんだ。で、水筒が空になった兵隊は、その辺の水溜りの水を飲んでチフスや赤痢に苦しむという例が頻発しています。こういった病気の分析・治療のためにも、当然、細菌の研究はするわけで、優れた研究があるのではないかと米軍が関心を持つのも当然なわけです。なにせ当時は光学顕微鏡で細菌の研究をしている医学水準ですからね。

だいたい、敵軍に打撃を与えるほどの細菌兵器なんて、取扱いが難しくて、へたをすると自軍が壊滅してしまいますからね、こんな間尺に合わないものはないですよ。ナパームとかマスタード・ガスは実用されているのに、細菌兵器は未だに使用例がないじゃないですか。

ブレインストーミングぐらいはやったかも知れませんがね、それ以上のものがあったとは考えづらいです。それがおかしな人体事件だの細菌戦研究だのとひん曲がって伝えられたのは、森村誠一の「悪魔の飽食」が世にでてからでしょう。で、想像をたくましくした連中が、南京大虐殺や慰安婦強制連行と同じく、日本の貶めとゆすり・たかりに使ったというところではないでしょうかね。

Anonymous Writer said...

アメリカでも、先住民の掃討のために、天然痘の病原菌付きの毛布を彼らに与えた、とか言われてますしね。南米の方でだって、白人が持ち込んだ病気で酷い目に合っています。

>日本と違って、大陸の水は汚いですからね。煮沸しないで呑むとすぐに腸チフスとか赤痢にかかってしまう。

旅先などで水が変わるとおなかを壊す、と言うくらいお水の質に敏感な民族ですからねえ。
ラッパのマークで御馴染みの、「征露丸、a.k.a.正露丸」もそう言う所からの命名でしょう。

細菌兵器を使用するには、ワクチンもキチンと同時開発しなければ、実験してる方もかなり危ないですよ。感染性と致死率の非常に高い伝染病の開発研究なのだし、レベル3以上の実験室がないと研究なんて御免ですけれどね。731部隊は人体実験をしてたと騒いでいる方たちはワクチンがちゃんと開発されていて、日本軍が予防接種済みだったとか証明してくれるのでしょうか。それとも、ものすごい宇宙服のような防護服が発見されたとか言うのでしょうか。

mc^2 said...

> 米軍「細菌兵器使用」捏造事件の教訓

「教訓」なのですが…、この件でやるせないのは、旧日本軍についてはそのまま取り残されてることですね。「米国が旧日本軍の細菌兵器と細菌戦の研究と実績を引継ぎ、朝鮮戦争で使用した」というストーリーは捏造ということになったのですが、それ以前の部分は疑問の余地は無いらしい。

中共はこの件を宣伝し始める前から、米国が進める日本の「再軍備」に絡めて、米国は旧日本軍の研究者と細菌戦を研究していると盛んに非難しており、これについても米側は一貫して否定していたようではあるのですが。そこまで。

> アメリカがそれに対してどう対処したのか気になりますね。

第三者機関の調査が必要ということになったのですが、国連が一方の当事者ということで面倒なことに。東側のプロパガンダということで押し切ってたようです。そんなんで、 yositune さんご紹介の記事で産経が報じたという内容(だと思います)は、海外でも反響を引き起こしたようです。ウイルソン・センターの冷戦国際史プロジェクトが英訳し分析を加えて会報に掲載していますが、

New Evidence on the Korean War, Cold War International History Project Bulletin 11 (Winter 1998): pp. 176–199
https://wilsoncenter.org/sites/default/files/CWIHPBulletin11_p4.pdf

> In January 1998 the Japanese newspaper Sankei Shimbun published excerpts from a collection of documents purportedly obtained from the Russian Presidential Archive [...] by its Moscow-based reporter, Yasuo Naito. These remarkable documents provide the first Soviet evidence yet to emerge regarding the longstanding allegations that the United States employed bacteriological weapons during the Korean War.
(1998年1月、日本の新聞、産経新聞は、モスクワ支局の内藤泰朗記者による、ロシア大統領公文書館 [...] から取得したとする、文書コレクションからの抜粋を発表した。これらの驚くべき文書は、アメリカが朝鮮戦争中に細菌兵器を使用したという、未だに現れる長年の疑惑に関する初のソビエトの証拠を提供する。)
(p. 176)

1998年冬号ですから、素早いですね。米軍の細菌兵器使用は否定する IWG レポートの「エッセイ」もこの報告に依拠していました(ダーキン・ヤン准教授「日本の戦争犯罪に対する証拠書類と研究:中間報告」)

眺めた程度ですが…、ここで出てきた旧ソ連の文書、「ソビエト政府と共産党中央委員会は惑わされた」「アメリカに対する非難は作り話だった」等々、捏造とするのにこれ以上は無いと思わせるような文言が出てきます。

> “For Mao Zedong
> The Soviet Government and the Central Committee of the CPSU were misled. The spread in the press of information about the use by the Americans of bacteriological weapons in Korea was based on false information. The accusations against the Americans were fictitious.”
(p. 183)

ちなみに原本の複写は禁じられていたため手書きで書き写したものをタイプしたとあり、文書の存在が他の研究者によって確認された訳ではない(その後確認されたのでしょうか)とか、当時のソ連共産党指導部内の権力抗争の影響がどうちゃら等の批判(カナダ・ヨーク大学ステファン・エンディコット教授)はあるようです。