Friday, October 9, 2015

マレーシア、ペナン島の反日本プロパガンダ

今、日本の雑誌に頼まれて記事を書いている。 それでペナン島での調査を記録したノートや写真をみているのだが、その中には「ペナン戦争博物館」も含まれる。

そこは博物館とはお世辞にも言えないような代物だった。

正確に 言うと、博物館というより「リプリーの嘘か実か」('Ripley's Believe it or Not’)と「お化け屋敷」、それと「サバイバルゲームのコース」をごちゃ混ぜにしたようなものだ。つまりその、いわゆる博物館は、お化け屋敷を兼ねていて、その一部としてサバイバルゲームのコースもあると言えばわかりやすい。

こんなことは博物館ではあり得ないことだ。
このお化け屋敷の中には 巨大で恐ろしげな生き物が木のてっぺんに潜んでいたり、怪談話などが詰まっていて、まったくもってこの世のものとは思われない不気味さだった。

「リプリーの嘘か実か」で言えば、たしかに原子爆弾の模型があるが、それは実物のリトルボーイやファットマンとは全く似ても似つかないものだ。 どでかい手榴弾や、神風パイロットが着用したベスト(胴着)などというのもある。
そう。それは神風パイロットの自殺用のベストなのだそうだ。

この捏造はすごい。
神風ベストの 説明には、1941年12月10日、戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスは神風特攻隊によって破壊された、とある。

言うまでもなく英国の戦艦は通常の空爆によって沈められたのであって神風攻撃によってではない。第一、神風特別攻撃隊は1944年、日本がほとんど戦争に負けつつあるときに始まったのだ。

ここでは他の反日展示場と同じように、戦時中の日本が女性達を性奴隷にしていたなどといい加減なことを言っている。

もし日本人が、「そんな理不尽なことはなかった」と異議を唱えたら、右翼の歴史修正主義者・軍国主義者・あるいはただの頭が狂った変人 などとレッテルを貼るのだ。

ベトナムの戦争博物館に行ったことがある米国人にはわかるとおもうが、米軍と米国の描かれ方に皆一様にショックを受け、悲しむか怒りまくる。私もそうだった。

戦時中の日本軍の行動についての誤った説明に、日本人も同じように反応して憤る。すると我々は、彼らを歴史修正主義者だといって非難するのだ。

嘘は嘘だ。嘘を受け入れてはいけない。その嘘がたとえかつての敵についてのものであっても、だ。








=========================================



寄付のお願い DONATION Please!




Anti-Japanese Propaganda on Penang Island, Malaysia 
I am working hard on a magazine article for a Japanese magazine. 
In doing so, am going over notes, photos, etc., from our Penang research. Part of that research included visiting the Penang War 'Museum.'
'Museum' is a generous term. 
It was more a mix of 'Ripley's Believe it or Not', a haunted house, and a paintball course. Yes, it actually doubles as a haunted house, and there is a paintball course as part of the museum. 
Cannot make up this stuff.
The haunted house part includes big, scary creatures up in a tree, spooky stories, and more. Truly weird. 
As for the "Ripley's Believe it or Not" aspects, there is a mockup of an atomic bomb that does not resemble Little Boy or Fat Man -- not even vaguely. There is the giant hand grenade, and much more, including the suicide vest for Kamikaze pilots.
Right. Suicide vest for kamikaze pilots. 
Cannot make up this stuff.
And then the sign above the 'suicide vest,' stating that Kamikaze destroyed the Prince of Wales and Repulse on 10 December 1941. 
The British ships were destroyed with normal airstrikes, not Kamikaze. 
The Kamikaze 'Special Attack Force' did not crank up until the war was nearly lost in 1944.
This same museum makes equally spurious claims about Japanese taking sex-slaves. 
And if any Japanese stand up and say this is all nonsense, they are labeled rightwing revisionists, nationalists warmongers, or just kooks.
Americans who have travelled to Vietnam and toured war museums -- as have I -- are often shocked, saddened, or angry at the portrayal of US troops and the United States. 
Yet when Japanese express the same feelings about lies towards Japan -- obvious lies -- we say they are revisionists.
Lies are lies, and we should never accept them, even when those lies are about former enemies.






12 comments:

YK said...

南京大虐殺が世界遺産登録になりそうです。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6176991

国連は解散してほしい。
中国、ロシアが拒否権を持っていては
日本にとって何のメリットはない

MM said...

国連には何も期待できないですね。少なくともユネスコからは脱退すべきです。
ルール重視の先進国より、賄賂で動く後進国のほうがずっと多いのですから中国の思うままですよ。
先日は国連総会の議長まで逮捕されました。パン総長は「ショックを受けてる」とか言ってるけど、賄賂大国の韓国人がショックなんて受けるか(笑。
http://www.sankei.com/world/news/151007/wor1510070036-n1.html

世界遺産登録なんて、審査する国連担当官を中国に招いて接待攻撃をして「熱意」を見せる中国に、日本の正攻法なんて何の役にもたちませんね。国連職員の多くが後進国で賄賂文化にどっぷり浸かってますから。

カリフォルニアの高速鉄道で中国に敗れたのは、価格面だけでなく、この「熱意」が影響したとも言われてます。

こちら韓国ですが、これを読むと彼らのやり方がよくわかります。

WC卑劣な誘致工作 ドイツの記者の告発
http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/11357a5220fad94bdb22530c3180913f


JP Michael Yon said...

UNESCOは中国のプロパガンダマシンに成り下がった。
UNESCOはノーベル平和賞を受賞するだろう。
どうせどちらも価値が無い。
日本はUNESCOへの拠出金を見直すべきだ。


UNESCO bites the dust by joining Chinese propaganda machine
Maybe UNESCO will get the Nobel Peace prize for something. Both are now worthless.
Japan should stop contributing to UNESCO.

'Rape of Nanjing' inscribed in UNESCO Memory of the World register

IMA said...

外務省は中国とユネスコに抗議をすると述べる一方で、「この件で日中関係が悪化するのは本意ではなく、感情的に反応すべきではない」と指摘しています。

こういう及び腰な態度だから舐められる。
ここは中国なら、「中日関係に影響するのは避けられない。その責任は全面的に日本にある。」という反応でしょう。
どうしてもっと毅然とした対応ができないのか。つくづく外交が分かっていないと思う。嘆かわしい。

YK said...

国際連盟で中国は南京での「死者は2万人」と演説してました。
正式な演説記録が残ってるはずです。
http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/image-12082669746-13449747511.html

中国が2万人というなら、ほんとはもっと少ないでしょ。中国兵まで数に入れてるだろうし。

kukuri Fujita said...

ペナン島のことを私は知りません。勉強不足です。

日本に不都合なことがあっても、私は明らかにして欲しいと望みます。
敵同士、戦って死んでいった兵士たちの望みでもあると思います。

Takeshi S said...

どうしてこのような嘘が蔓延してしまうのだろうか・・・?
いつの時代にもほら吹きがいる。

事実を残す活動よりも
ほら吹きの方が広報能力が高い、ということだ。
特に外務省の責任が重い。あまりにも無能である。

MM said...

慰安婦問題も南京「大虐殺」も靖国問題も元をたどればすべて朝日新聞に行き着く。本田記者が書いた「中国の旅」の中味は中国のプロパガンダそのもので、いまや本人も認めている。
朝日の罪は重いが、起きた時点で適切に対処をしなかった外務省も同罪だ。彼らには「国益を守る」という毅然とした姿勢が欠けているのだ。殴っても殴り返してこないと見れば相手は増長するばかりだ。
今回は、最低でもユネスコの搬出金は凍結し(この点は米国を見習うべき)、最終的には脱退してもいいと思う。
クマラスミ報告書への反論文をお蔵入りさせた腰抜け外務省が今回どう対応するのかみものである。

YK said...

それにしても、急な決定で驚きました。
軍艦島の時は、採決に時間がかかったのに。。。

中国がお金を出したという話が出ているようです。
なんでも、お金ですね。
そのうち、国連は中国のための組織になってしまいそうで怖いです。

日本は日本で戦争資料館を作ってほしいし、
国連から撤退してもいいと思う。
アメリカも、国連への資金を凍結していると聞きました。

ネットで調べると
日本人に、大虐殺肯定説を支持してる人が多くて悲しいです。
日本では、この登録にあわせて、
中国の南京大虐殺を支持するテレビ番組が
日本兵による中国人捕虜虐殺を特集したようです。
五千名を揚子江の沿岸に連れ出し、機関銃をもって射殺したと。
この話は、国民党軍が射殺したあとに日本軍が到着したという説もあるのに
その説は報道してないようです。
アメリカでも、同じようです。

せめて、日本では両方の説を報道してほしいです。

日本では、大虐殺を否定する説はテレビ新聞では扱われません。せいぜい産経新聞だけ。
否定説を扱うと、軍国主義者というレッテルを張られます。
そして、過去の戦争を反省していないと責められます。
どんどん、知らず知らずに、マスメディアの話が心に刷り込まれていきます。
実は、私もそういう一人でしたが、私の場合は自分で調べたので
中国の話を全て信じることはできません。

ただ、日本の世界遺産好きもいいかげん、うんざりです。
あほらしいし、南京大虐が登録されたので、
他の登録が汚れました。能天気に、日本がシベリア拘留を遺産登録していて
あきれました。

MM said...

YKさん、
>急な決定で驚きました。
軍艦島の時は、採決に時間がかかったのに。

世界遺産と「記憶遺産」はプロセスが異なるそうです。
世界遺産は反論の機会があるのに対し、記憶遺産の方はそれがなく決定のプロセスが極めて不透明とのこと。これでは国連が中国に乗っ取られるのも時間の問題かも。
http://www.sankei.com/life/news/151010/lif1510100015-n1.html

yayoi kisaragi said...
This comment has been removed by the author.
yayoi kisaragi said...

YKさん
> 国際連盟で中国は南京での「死者は2万人」と演説してました。
> 正式な演説記録が残ってるはずです。

詳細はこの本に、国際連盟の議事録(日・英)とともに載ってますよ。

南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった by 日本の前途と歴史教育を考える議員の会 (2008) http://www.amazon.co.jp/dp/4817406674/ref=cm_sw_r_tw_dp_B-8gwb06GGAAT